横浜地球物理学研究所

YOKOHAMA GEOPHYSICS RESEARCH LABORATORY
地震予知・地震予測の検証など

村井俊治氏らの『週刊MEGA地震予測』の的中率は、わずか10% 【再掲】

2016年03月03日 | 地球物理学一般

※ 2016/3/6 放送のフジテレビ『Mr.サンデー』において、村井俊治氏らの地震予測が紹介されるとのことですので、本記事(昨年12/25に公開したもの)を再掲します。

 
電子基準点のデータを使い、有料メルマガ『週刊MEGA地震予測』で地震予測サービスを行っている、東京大学名誉教授の村井俊治氏(JESEA・地震科学探査機構)という方がいます。特に今年は、彼の地震予測がテレビや週刊誌などで多く取り上げられ、最も注目された地震予測研究と言えるかも知れません。

この村井俊治氏らのメルマガ『週刊MEGA地震予測』は、実際にはどの程度の予測精度があるのでしょうか。最近のメルマガの内容を、以下に検証してみましょう。


 ■

2015年9月9日発行の『週刊MEGA地震予測』が、あるサイトで公開されていましたので、こちらを検証してみることにします。この号では、以下の10ヶ所に地震予測を発しています。

   

このメルマガでは予測期間は最大でも3ヶ月で、当該号のメルマガ本文でも、ほとんどの領域について「1、2ヶ月のうちに地震」、長くても「3ヶ月後まで警戒を要する」等と記載されていますので、この号の発行から既に3ヶ月以上を経過した現在であれば、客観的な(甘目の)検証ができることになります。


 ■

では、当該メルマガ発行から3ヶ月間に、以上の10ヶ所のうちで、予測どおり震度5弱以上の地震が発生した地域を以下に挙げてみます。

   
   (9/12に、東京湾の深さ57kmを震源とするM5.2の地震が発生、調布で震度5弱)

…この1件だけです。ほかの9件は、全てハズレです。的中率で言いますと、わずかに10%です。この1件も、震度5弱を観測したのは調布市のわずか1点のみで、ギリギリ的中と言えるものに過ぎず、それほど大きな地震ではありませんでした。

以上に示したメルマガからの引用でも分かるように、10か所もある予測地域のそれぞれが、「東北・関東」や「南海、東南海」などと、非常に広範囲です。しかも今回、3ヶ月以上の猶予を持って、予測を検証しました。それでも、たったの10%しか的中していないのです。

以上のことから、客観的にみて、村井俊治氏らの『週刊MEGA地震予測』は、単に下手な鉄砲を数多く打つことによって、大きな地震があった後で、「この地震は予測していた」と主張できるようにしているだけであると思われます。つまり、村井俊治氏らの地震予測は、ほとんどデタラメを脱していないと結論できます。


 ■

なお、村井俊治氏らJESEAの地震予測については、以下の記事においても検証していますので、ご参照ください。


村井俊治氏(JESEA)の地震予測を検証します(2015年1月~5月)
http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/b51f1ea8bcc23fc4109748dd16474e1b

村井俊治氏の地震予測を信じてはいけません(3)
http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/51b8dd178cae1a58be6cb9a3bf70c304



また、村井俊治氏らの理論のそもそもの疑問点については、以下をご参照ください。

「週刊MEGA地震予測」の内容は、全く信頼できません
http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/98691b7b417e3670144d0d61fe544e41

村井俊治氏の地震予測を信じてはいけません(2)
http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/47e78b9471e8cbc740b0c0efa0ef710a

 
コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

『地震の癖』(角田史雄著、講談社+α新書)の内容について

2013年11月29日 | 地球物理学一般
埼玉大学名誉教授である角田史雄氏が著した、『地震の癖』(講談社+α新書)という本があります。ひと言でいうと、プレートテクトニクスという定説を真っ向から否定する内容です。まとめますと、

・「地震は、プレートの沈み込み運動によって起きる」という定説は、ウソである
・地震は、熱による地殻ブロックの隆起によって、ブロック境界部で発生し、熱の移動とともに震源も移動していく


といった主張がなされています。幾つか有益な考察もあるのですが、総じて本書の内容は信頼できません。「真実を探求すること」よりも、「やみくもに定説に反対すること」を目的としてしまっている感があり、鵜呑みにされないほうが賢明かと思います。

 ■

この本で角田氏は、「従来のプレートテクトニクスは間違いである」、「プレートは海溝部で沈みこんでなどいない」、と一貫して主張しています。そして、「太平洋プレートは、実は時計回りに回転しているだけである」としています。

ところが、その根拠が、たった3点(ハワイ、アラスカ、日本)のGPSデータだけなのです。しかも、「ハワイと日本の間も縮まっているが、ハワイとアラスカの間も少し縮まっているから」、という極めて大雑把な主張を根拠にしています。これでは、信用しろと言うほうが無理です。

ちなみに近年、太平洋上の離島や岩礁にもGPS装置が設置されてきており、角田氏の説に反しプレートは定説どおり動いていることが分かっています。

 ■

また角田氏は、上空からみた視点のマントルトモグラフィー画像を提示し、マントルがもぐり込むなら低温になるはずの海溝部が、高温になっていると指摘します。そして、この事実から、マントルの熱は対流しておらず、プレートは海溝でもぐり込んでなどいない、と断定しています。

しかしながら、マントルトモグラフィー画像で直接的に分かるのは、温度ではなく、あくまで地震波速度です。原則的には地震波速度が遅いほど温度が高いのですが、プレートもぐり込み部は、高圧により低温にもかかわらず地震波速度が遅くなると解釈されています。

なお、上空からではなく、日本を南から断面でみて、プレートもぐり込み部が見事に低温(地震波速度が大きい)になっていることを示す、有名なマントルトモグラフィー画像もあります(近年はどの教科書にも載っています)。ところが角田氏は、こういった画像の存在については全く触れておらず、なぜか本書のどこにも出てきません

 ■

さらに、プレートが海溝部で沈んでいないとする根拠として、丹沢山地を挙げています。丹沢山地は地質的に、かつて海底であったことが明らかなので、プレートテクトニクス理論が正しければ既に沈み込んでいなければおかしい、というのです。

ですが、この考察はいささか的外れです。たしかに、丹沢山地は海底が隆起したものなのですが、採取される貝や放散虫の化石から、丹沢山地は「温暖な南方から北上して来た」ことがほぼ明らかになっているからです。つまり、角田氏が言うようにその場で隆起したのではなく、プレート運動に乗って北上し、沈み込めずに付加して隆起した付加体であると考えられるのです。

この種の「沈み込めなかった付加体」はあちこちで見つかっていて、実際、日本列島の地質のかなりの部分が付加体であることが分かっています。プレート運動を否定する角田氏の理論では、この地質を説明できません。

 ■

また、中国内陸部で起こる四川地震について、「プレート理論では原因が説明できない」と述べていますが、これも嘘です。

そもそも、四川省一帯の地震は、インド亜大陸を北上させるプレート運動により引き起こされるものとして、従来から合理的に説明されています。さらに、最近の地殻運動の解析によって、中国南部は揚子江プレートという一種のマイクロプレートに乗っており、四川地震の震源はユーラシアプレートと揚子江プレートとの境界付近であることが分かっています。

つまり、プレート理論で、四川地震は説明できているのです。

 ■

そして、角田氏の言う「地震の癖」として、熱の移動に沿って地震が移動しているとしています。その根拠として、日本国内での幾つかの地震が移動しているように見えると述べています。

ところが、その実例として列挙している一連の地震に、M3~4といった微小地震が数多く含まれているのです。そして、自説に都合の悪いM4以上の地震が隠蔽されています

ご承知のとおり、M3~4クラスの地震は国内のいたるところで毎日のように起きています。ですので、作為的に選べば、さも地震が角田氏の理論通りに移動しているように、幾らでも印象操作できるのです。このようなやり方は、到底容認できません。

なお、この書籍が出版された後、ここ数年の地震についてみても、角田氏の提唱する傾向に、明らかに従っていません。角田氏は、東北地方を地震の波が北上しており、2008年の岩手県内陸地震もその中のひとつであると指摘し、ここからさらに北海道へと北上するだろうと述べています。しかし、2011年に起きた東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の震源は、岩手県内陸地震の震源よりも明らかに南であり、角田氏の理論による予想は完全に外れています

 ■

もちろん、この本すべてが出鱈目だとも言えないとは思います。たしかに、プレートテクトニクス、そしてそれに伴う地震発生や火山活動には謎が多いからです。

しかしながら、GPS観測による定常的な地殻移動や、スラブに沿った地下の三次元震源分布、さらには地震前後の地殻変動などは、地震の原因がプレート運動及び沈み込みであるという定説を強く支持しています。プレートが沈み込んだ上部で火山活動が活発になることも、プレートテクトニクスでおおむね説明できます。最近になって存在が明らかとなったスーパーホットプルームやコールドプルームの存在も、マントルの対流を支持します。一方、角田氏の理論は、これらの観測結果を全く説明できず、明らかに説得力に欠けています

地震関連の書籍には、危険を煽ったり、定説を否定したりして、ことさらに目立とうとセンセーショナルな内容の本が、非常に多く見受けられます。こうした書籍は、やはり鵜呑みにするべきではないと思われます。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

神奈川県西部地震(小田原地震)に備えよ

2013年08月01日 | 地球物理学一般
前回の記事で、神奈川県西部、山梨県東部の地震活動に少しだけ触れたので、補足しておきます。

神奈川県に住む者としていま最も警戒しているのは、小田原地震です。言うまでもなく、電磁波などの薄弱な根拠で予知を申し上げているわけではありません。「また確実に起こる」と世間で言われている東海地震などの歴史地震学的な意味で言えば、小田原地震も「また確実に起こる」地震なのです。

神奈川県を中心に被害が想定されるということもありますが、東海・東南海地震や首都直下地震、さらには富士山噴火などに比べると、全国的に話題になっていないという意味でも、警鐘を鳴らしておきたい地震です。


■小田原地震の歴史

歴史的に日本の中心は京都など西方であったこと、小田原付近を支配していた北条氏が滅ぼされてしまったこと、色々理由があって、古い記録があまりない地震です。

ですが、記録が明確に残るようになった江戸時代以降、73年±1年という規則的な周期で、震度6や7、マグニチュードで言えば7前後の直下地震が、小田原付近で繰り返し起こっていることが分かっています。そのたび、城は崩れ、街が壊滅し、近隣の漁村が津波に襲われ、多くの犠牲者を出してきたのです。

1633年 寛永小田原地震 M7.1小田原で震度7?
1703年 元禄関東地震 M8.2 箱根で山崩れ、鎌倉で津波
1782年 天明小田原地震 M7.0 箱根、富士山で山崩れ
1853年 嘉永小田原地震 M6.7 山崩れ多数
1912年 大正関東地震 M7.9 関東大震災、小田原で震度7


■小田原地震のメカニズム

それぞれ微妙に震源や機構が違い、特に大正関東地震は複数要因が絡んでいると考えられていますので、ひとくくりにできない面もあります。ですが、石橋克彦氏(神戸大学名誉教授)らの研究により、これら小田原地震のメカニズムはおおよそ次のように考えられています。

フィリピン海プレートが北上し、相模トラフで関東の地下にもぐり込んでいます。ところが、小田原から西のあたりは、ユーラシアプレートととオホーツクプレートの境界でもあるため抑え込みが弱く、地殻塊がもぐり込めずに、そこで留まってしまいます。その塊は、もぐり込むプレートから引きちぎられ、断裂が生じます。なお、この「もぐり込めない地殻塊」が、丹沢山地であり伊豆半島と考えられています。

つまり、小田原直下には南北方向に断裂があって、プレートの圧力によりこの断裂面で周期的にアスペリティがずれ、直下地震が起こるというわけです。もちろん、この辺りの運動は複雑なので諸説あると思いますが、プレート構造や震源分布から、現在のところこの推定は支持されるべきと思っています。

なお、このダイナミクスに付随して起こると考えられている地震が、前回の記事で触れた山梨県東部地震(道志村地下深くで、もぐり込みに成功したプレートの境界で起こる)や、伊豆半島東方沖地震(上述した南北方向の断裂部のズレで起こる)だと考えられます。ただし、これらの頻発地震については、マグマの動きによるとする説もあります。


■次の小田原地震と被害想定

いちばん最近の小田原地震は、関東大震災を起こした大正関東地震(M7.9)です。周期的に起こっている地震のなかでもかなり規模が大きく、殆どのエネルギーが解放されたとみられます。そのため、次の地震は73年後よりも遅れるだろうと思われていました。実際、90年近く発生していません。

全国的には注目度が低いのですが、小田原市や近隣の町村では「神奈川県西部地震」としてかなり警戒されています。何より怖いのは、地震直後の津波です。上述した南北方向の断裂は伊豆半島東沖の海底にあると考えられており、震源が相模湾内となる可能性が高く、その場合は地震後すぐに(北海道南西沖地震で奥尻島を襲った津波よりもっと早く)陸地に到達する可能性があります。

なお、小田原から浜岡原発(静岡県)までの距離は120kmほどだそうです。小田原地震は直下の断裂破壊型地震となりますので、被害は比較的局所に集中すると考えられますし、震源は海底なら伊豆半島の東側となると思いますので、浜岡原発の津波被害もあまり大きくないと予想します。ただし、駿河トラフでの地震を誘発する可能性などもあり、油断はもちろん禁物です。


■小田原地震に備えよ

我々も、当該地域を震源とする地震活動を注意深く見守り、何らかの徴候がないか、気を配っていきたいと考えます。

湘南海岸、熱海、伊東といった観光地が、津波被害の想定域となります。住民の方のみならず、観光で訪れる皆様も、地震発生時の避難経路(特に津波はすぐに来る可能性がある)をシミュレーションやイメージトレーニングしておくなど、万全の備えをお願いしたいです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「天文宇宙検定」の問題の改善をお願いしたい

2013年04月08日 | 地球物理学一般
「天文宇宙検定」は、2011年に第1回検定が実施された新しい私的検定で、天文宇宙委員会が主催しているものです。これまでのところ毎年10月に検定が実施されています。

公的な検定では全くなく、何かを行う資格が得られるでもなく、あくまで趣味の域を脱しませんが、こういった検定は応援したくなります。

ですが、この検定の運営、もっと言えば出題される問題に、いまのところどうも賛同できません。昨年の1級の問題をみてみると、

 ・次の県のうち、プラネタリウム施設がない県はどこか

などという問題が出ています。科学の検定とは思えません。ほとんど高校生クイズの世界です。ほかにも、小説『天地明察』に登場しない道具は次のうちどれか、なんていう問題もあります。ハッキリ言って、出題者の意図(一般の天文ファンである受験者に何を求めているのか)が私には理解できません。

また、人工衛星に使われない素材はどれか、という問いがあり、答えが「プラスチック」とされています。これも実に不適切です。事実、世界中の大学や研究所において、人工衛星で使うためのプラスチック素材が日夜研究・開発されています。

市販されている当検定の公式問題集をみてみると、さらに茫然としてしまいました。

 ・機動戦士ガンダムのなかで、アムロが住んでいたコロニーの特徴のうち、誤っているのはどれか

なんていう問題があります。まともな検定をやる気があるんでしょうか…?

第2回検定の1級の合格率は、なんとわずか1.2%だったそうです。四者択一のマーク式で、7割以上正答が合格ラインで、1.2%の合格率ということは、「適当にマークしたのが偶然正解だったという幸運な1~2名が合格した」という状況なのではないでしょうか。

私的検定ですので、どのような問題を出そうが主催者の勝手、と言われればそれまでなのですが、検定料や公式問題集の販売で一般の天文ファンや子供たちから、少なくないお金をとっていることも事実です。誠意ある態度で検定を行っていただくよう、期待したいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加