横浜地球物理学研究所

YOKOHAMA GEOPHYSICS RESEARCH LABORATORY
地震予知・地震予測の検証など

“科学的根拠”とは? 〜正反対のアプローチで自虐コントを披露し続ける村井氏〜(寄稿)

2020年02月27日 | 地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)
(BD3様より寄稿頂きました記事を以下に掲載致します。今回も、「地震を予測できる」と主張してメディアに再三登場する村井俊治・東大名誉教授に対する鋭い批判がありますので、是非ご一読ください)


1. はじめに

前回2019年7月の寄稿では、東京大学名誉教授村井俊治氏が、高度なニセ科学な手口を巧みに弄して不公正なビジネスを展開している事実を紹介しました。

村井氏の不公正なビジネスの主体であり、村井氏が取締役会長を務める「株式会社地震科学探査機構」(JESEA)という営利団体のWEBサイト(https://www.jesea.co.jp/company/)には、以下の経営理念が掲げられています。




ここに出てくる「科学的根拠」という言葉について、具体的に何のことを指すか、きちんと説明できるよ、という方はどれくらいいらっしゃるでしょう?少し前の私もそうでしたが、信憑性や信頼性といったなんとなく良さげな印象はあるけど説明はできない、という方は結構おられるかもしれませんね。

「科学的根拠に基づく地震予測」があるからには、その対偶に「科学的根拠に基づかない地震予測」もある訳です。出だしからいきなりキナ臭い気配が漂ってきて、気分がワクワク高揚してきたでしょうか?

さて、はやる気持ちをおさえつつ、こんなシチュエーションを思い浮かべてみれば、科学的根拠とは何らかの判断基準を指すのだとわかります。

 「なるほど、そこまで検証したなら科学的根拠ありですね。」
 「残念ながら、検証がそこまでだと科学的根拠にはなりません。」

十人十色と言われるとおり、人の考え方には多様性や信念の違いがあるため、これに基づいた判断結果には属人的なブレ幅が含まれる弊害が伴います。これに対し、人の意思を介入させることなくデータを機械的に処理するだけで結論が導かれる、つまり誰が判断しても必ず同じ結論にしか至りようがないブレない判断基準が科学的根拠です。これなら議論が不毛な水掛け論や平行線にこじれてしまう心配も無用です。良いことづくめですね。

ということで、科学的根拠とは何か、私の下手な長文を最後まで我慢して読み終えていただいた皆様には、これをきちんと説明できる「お土産」を持ち帰っていただけることを祈りつつ筆を執る次第です。しばしのお付き合いをいただけましたら幸甚に存じます。

今回の寄稿の目的は、村井氏が科学的根拠という言葉の意味を取り違えて、自ら掲げた経営理念に背いて科学的根拠に基づかないニセ科学を続ける矛盾を読者の皆様と共有すると同時に、村井氏ご本人には、科学的根拠の正しい意味を理解いただき、ニセ科学から科学に方針転換されるよう提案すること、の二点です。


2. とある別ジャンルの例、その1

今まさに世界を深刻な状況に陥らせている新型コロナウイルスによる感染症について、海外の複数の国で、エイズの発症を抑える「抗ウイルス薬」を患者に投与したところ、症状の改善が見られたとの報告があるそうです(出典1)。

医学や薬学の心得のない我々素人でも、症状が改善された原因として

 a) エイズの発症を抑える「抗ウイルス薬」投与の効果
 b) 患者自身が持つ自然治癒力(投与は無関係)
 c) その他の要因(投与は無関係)

の3つくらいは、すぐに思いつきます。この報道に接し、a)であってくれと願う気持ちは、きっと誰もが同じでしょう。そう願う気持ちだけが先走って、検討不十分なうちからa)を重視すると同時に、b)やc)を軽視する考え方が、ニセ科学です。

投与の効果の検証に必要な観点は、いうまでもなく

 「この薬には、この症状への改善効果が期待できるか/できないか」

です。そんなのあたりまえじゃないか、と気にも留めない方の中にはきっと、これを意味の異なる

 「この薬はこの症状に効くか/効かないか」

と同じ意味だと誤解してしまう人がいらっしゃるのではないでしょうか。さらには「症状が改善した事例をなるだけたくさん集めること」が、その検証になると誤解される人もまた、きっとおられるでしょう。これらの誤解をされた方には、村井氏のニセ科学に騙されてしまう危険が潜んでいるのです。ご用心、ご用心、、、

なぜ、「この薬はこの症状に効くか/効かないか」ではダメなのか、「症状が改善した事例をなるだけたくさん集めること」では検証にならないのか、その理由を人に説明できるくらいちゃんと理解しておくことは、これからの人生でニセ科学を見破るための便利な拠り所になりますから、面倒な説明がもう少し続くのをお許しください。

投与後の特定の患者さんの症状が確かに改善した症例において、その原因を突き詰めれば、投与の効果によるものか、投与と無関係に自己治癒力その他の要因によるものか、のいずれかですが、その真相は神のみぞ知る領域であって人には絶対にわかりっこありませんよね?この「真相不明」をベースにしている以上、症状が改善した事例をどれだけ集めてきても、投与の効果の検証にはならないのです。

これに対し、「投与群」と「非投与(正確には、偽薬を投与したプラセボ)群」の各集団の症状の改善状況のデータの塊を統計分析手法の計算式に投げ込むと、両群間の症状の改善状況の有意差の有無が定量的に算出されます。両群間に有意差があるなら「この薬には、この症状への改善効果が期待できる」という結論が自動的に導かれます。これが科学的根拠です。

薬の投与の効果を検証する考え方を紹介しましたが、地震予測手法に対する検証も考え方は全く同じですので、対比しながらおさらいしましょう。察しの鋭い方ならすでにお気づきのとおり、検証のたたき台に載せるべき対象は、検証のやりようのない「地震予測」ではなく、検証のやりようのある「地震予測手法」のほう、つまり、注目すべきは「個々の地震予測を的中させたか/はずしたか」の各論ではなく「この手法には地震を予測できる効果が期待できるか/できないか」の総論のほうです。

予測どおりの地震が発生した、いわゆる「的中」ケースについて、その実態が、予測理論の仕組み通り起きたのか、偶然当たっただけなのかは、神のみぞ知る領域であって人には絶対にわかりっこありません。ですから、一件ごとの「的中実績」を何年/何百件、蓄積し続けたって、その実態は「当たった錯覚」という自己陶酔感の重ね塗りでしかなく、地震予測手法の検証には一歩たりとも踏み込んだことにはならないのです。にもかかわらず、世のほとんどの地震予知/予測研究家の皆さんが、訳がわからないままこれを検証だと誤解しています。

予測手法の価値は、「その手法で導いた予測群(薬の投与群に相当)」と、「何の手法も用いず導いた非予測群(薬の非投与群に相当。予測でいえば放っておいても勝手に的中する実績。例:サイコロの目ならデタラメに予測しても1/6は的中する)」に有意差があるかどうか、で定量的に算出されます。

有意差が、あり、と算出されれば「この地震予測手法には、地震を予測できる効果が期待できる(薬の投与には、症状の改善効果が期待できる)」という結論が自動的に導かれます。

有意差が、なし、と算出されれば「この地震予測手法では、勝手に的中するのと変わりないから意味なし(自己治癒力による改善率と変わりないため、投与の意味なし)」という結論が自動的に導かれます。

これが科学的根拠です。そしてこの項の結びにもう少しだけ。

・その薬の化学組成/有効成分/症状改善メカニズム、といった「技術的な仕組み」
・多くの患者の命を救いたい/1日も早い病気の根絶は社会の要請/自分はこの研究に生涯を捧げた、といった「人の想い」

これらが研究の根幹や動機として欠かせない大切な要素であることに異論はありません。ただし「投与群と非投与群」の有意差の算出という工程には一切関与しません。むしろ完全にシャットアウトすることで、そういった事情に流されないことがこの手法の利点です。科学的根拠という切り口に求められるのは、技術的な仕組みでもなければ人の想いでもなく、それらからの独立性を冷徹なまでに担保した有意差のほうだから、です。

結論「予測手法における科学的根拠とは非予測群との有意差のことであり、それがないのは科学的根拠なし(=ニセ科学)」

JESEAの関係者または村井氏を支援される皆様へ:
メルマガやTwitterや講演での村井氏の発言を拝見すると、村井氏はビッグデータの中に自説に当てはまる断片を見かけた瞬間「科学的根拠あり」と勘違いして舞い上がるタイプの方だと判ります。データが膨大であればあるほど、そう見える断片が勝手に混入してくるのは必然でしかなく、こんな程度のことは統計学の基本です。予測を扱う本物の科学者なら誰もが、科学的根拠とは有意差の確認プロセスであることを知っています。村井氏がこれをご存知なく稚拙な発信を繰り返すことは、予測を扱う科学者として持ち合わせるべき最低限の資質が欠けていることを村井氏が自ら語って落ちる残念な行為であることがご理解いただけるはずです。無知を恥じ入るレベルでは済まされない、JESEAの事業の根幹に関わる致命的な問題です。一刻も早く村井氏にこれをお伝えいただき、基礎から建て直す必要を村井氏が自発的に気づかれることを祈るばかりです。


3. とある別ジャンルの例、その2

トルコ共和国の遺跡で、1985年から35年以上の長きにわたって、「製鉄の起源」というテーマで考古学の発掘調査をしている、中近東文化センター附属アナトリア考古学研究所長の大村幸弘氏という方がおられます(出典2)。

調査の目的は年表の作成であり、出土品を地層年代と地域の三次元に順序良く並べて歴史の変遷を読み取る手法をとっているそうです。出土品は年代/地域いずれもおいても連続的に出土するはずなどなく、飛び飛びでしか手に入りません。出土品のない隙間部分は、周辺から推測した仮説で暫定的に補完せざるを得ないため、新たな発掘調査の目的の中に、その仮説の裏付けも含まれることになります。新たな発掘調査で自分が立てた仮説通りの出土品が見つかれば万々歳ですが、中にはそうでない場合があります。

大村氏には35年間温め続けてきた仮説がありましたが、ついに2019年3月、その仮説に反する出土品が出てきてしまいました。さすがに当初こそ、発掘が間違っているのでは、とさえ思ったそうですが、大村氏の科学者としての姿勢が尊敬に値するのは、この新事実と真摯に向き合い、自説に都合よく歪めて解釈する愚を犯すこともなく、35年間来の自説は誤りであったと自ら潔く否定し、新たな説を編み直す方向に直ちに舵を切り直した点にあります。

大村氏の視線は「正しい年表を作る」という大義に向いており、「自説の裏付け」のごとき小義には向いていなかった、ということです。

考古学の分野での事例を紹介しましたが、自説に都合の悪いデータや耳の痛い指摘を糧として、誤りを正してゆく仕組みを科学と呼ぶのであって、これはあらゆる学問分野の共通基盤です。

「ある事象Xの予測」という研究分野での仮説の検証方法は、以下が一般的です。

 1) 自説が正しいなら、データ中の「ある値Y」の出現頻度は、ある事象Xの発生前に増えるはず。
 2) 自説が正しいなら、データ中の「ある値Y」の出現頻度は、それ以外の期間中に減るはず。
 3) もし、1)と2)の間に有意差がないなら、データ中の「ある値Y」の出現で事象Xを予測することは不可能、すなわち自説が間違いである。

これまで述べた通り、1)と2)の有意差を調べる手間をかけることの価値への理解と、3)が出た場合に潔く受け入れて自説を否定できる客観性が「科学的根拠」の本質です。

これに対し、ビッグデータの山の中から苦労に苦労を重ねてようやく1)を見つけただけで、もう自説の正しさが証明できた、と舞い上がってしまえる村井氏の軽率さが、ご自身の研究に似て非なる取り組みをすべて台無しにしているのは、はた目に痛々しいのみならず、学術界が村井氏の研究を相手にしない本当の理由がここにあります。村井氏本人や支持者が口にする「畑違いだから村八分にされる」「地震計を使ってないからバカにされる」「新進気鋭の異端児は目障りだから」「いまだ予測も予知もできないくせに予算を食いつぶすだけの地震学者のひがみ」「学術界に多い保守的な考え方とはマッチしない(出典3)」など、素人受けしやすいストーリーを鵜呑みにしてしまうのは、本人サイドによる印象操作の思う壺ですから気をつけましょう。

誤解のないよう申し添えますが、私が憎むのはニセ科学による不公正なビジネスや社会のミスリードであって、村井氏個人ではありません。望むことは科学的根拠が正しく取り扱われること、ですからもし将来、村井氏が科学的根拠(有意差)を伴った予測手法を公表した際、保守的な学術界がこれを相手にしない、といった事態が万にひとつでもあるとすれば、私は全面的に村井氏の成果を支援し、保守的な学術界を厳しく批判することをお約束しておきます。

結論「自説にとって都合の悪い観測データや耳の痛い指摘に向き合おうとしないのはニセ科学」

JESEAの関係者または村井氏を支援される皆様へ:
かつて村井氏が、謙虚な姿勢で上記の2)や3)に向き合ったことは一度でもあったでしょうか?これには、ただでさえ苦労した1)に要した何倍もの手間が必要ですし、自説が否定される判定が容赦なく、そして頻繁に出てくるのが普通で、たいへん辛いものですが、世の中の実用レベルに達したあらゆる予測手法が例外なく揉まれてきた厳しい試練です。予想をテーマとする以上、どんな分野の研究であろうとも、また、その予測手法がどれだけ斬新かつ画期的であろうとも、この試練が免除される抜け道はない、というのが「科学的根拠」の公平性です。これを「古い考え方」だとか「保守的な石頭が新進気鋭の研究者をつぶそうとする中傷」などと解釈して居直る悪質なニセ研究者が、学術界から相手にされることは決してありません(ただし、前回種明かししたとおり、それでも特許なら取得できるんですよね。審査の観点が違うからです)。

なお、2)や3)には数理統計学の知識が必要ですから、ご多忙な村井氏自身が一から勉強を始めて挑戦する必要はありません。メルマガ売り上げで十分な収益があるはずですから、その一部を投資して数理統計学の専門家と委託契約を結び、あとは必要なデータを渡せば良いだけなので、その気になりさえすればとても簡単です。この投資は、これまで村井氏が一度も向き合ったことがない本物の「科学的根拠」を初めてもたらすものであり、村井氏の研究に似て非なる行為が、ようやく初めて研究と呼べる取り組みにステップアップするために必須の経費です。くれぐれも、その投資を出し渋ったり、企業秘密のデータは外に出せないから、などの子供じみた言い訳を選択しないことを祈るものます。


4. 最近の村井氏の自虐コントの例

さて、読者のみなさま、お待たせしました。堅苦しい話に長々付き合っていただきお疲れさまでした。ここからは肩の力を抜いてクスッと小さく微笑んでみるコーナーです。

私がポケットマネーをドブに捨てる覚悟でやむなく購読しているMEGA地震予測ですが、当然ながら、本文である「1.地震予測」の章に見るべきものはほとんどありません。かわりに冒頭の「地震予測サマリー」や後半の「コラム」には、科学の何たるかを完全に履き違えた村井氏が、ほぼ毎週のように自分で自分を貶める自虐コントを披露されていますので、そのチェックが楽しみ、だったりするかもしれません。毎週発行しているのに、よくその自虐ネタが尽きないものだという驚きは、漫画週刊誌の作者に対する敬意と共通するものがあります。

MEGA地震予測 2020年2月19日発行「3.コラム」より
地震の前兆現象として一瞬のピーク値が複数の衛星に同時刻に現れるのは全く新しい発見でした。 そこで2011年に起きた東日本大震災以後に起きたマグニチュード6以上でかつ震度6以上の大きな地震8個を選んで、 果たして地震の前に大きな異常ピークが現れたか否かを検証しました。

解説1:「一瞬のピーク値が複数の衛星に同時刻に現れ」たという現象をどう検討したら「地震の前兆現象」と結びつける関連づけに至るのか、その経緯は全く示されていません。まさか両者の発生順と時間差だけが唯一の理由?など妄想するしかありませんが、関連あってのことなのか/たまたま偶然そうだっただけなのか、いずれか一方に絞り込むためには、もう一方を排除しうる誰もが納得できる客観的な理由を提示するのが科学的根拠です。しかも「全く新しい発見でした」と自画自賛とするその発見が本物なら、世界中の地球物理学者がびっくり仰天の偉大な発見です。そんな大発見をしながら、決して学会には発表せずメルマガでひっそり報告するだけという行動原理は、1984年の嘉門達夫の名曲「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」の中で、ファンから涙ぐみつつ称えられる川口探検隊長の奥ゆかしさそのものではありませんか。冗談はさておき、これで思い出すのは、私が前回指摘した「科学的事実が世界的に認められている前兆現象(中略)白金測温抵抗体を利用した温度計の気温に擬似的に異常が現れる」で、オームの法則とファラデーの電磁誘導の法則という二大法則を何ら疑問を抱くこともなく易々と粉砕してしまえた村井氏の軽率さです。自分の思いつきに陶酔する村井氏の暴走は、科学者として全くありえない驚きに満ちています。

解説2:「そこで2011年に起きた東日本大震災以後に起きたマグニチュード6以上でかつ震度6以上の大きな地震8個を選んで、 果たして地震の前に大きな異常ピークが現れたか否かを検証しました。」とはまさに上で述べた「ビッグデータの山の中から苦労に苦労を重ねてようやく1)を見つけただけで、もう自説の正しさが証明できた、と舞い上がってしまえる村井氏の軽率さ」そのものです。この目的で後追い検証したいなら、続いて2)との有意差の確認まで済ませて、ようやく初めて何らかの価値が生まれます。

MEGA地震予測 2020年2月12日発行「地震予測サマリー」「今週の注目ポイント」より
この1週間で震度3以上の地震は起きていません。静穏状態と言えます。 静穏の後で大きな地震が起きるケースが多々あります。

解説3:「静穏の後で大きな地震が起きるケースが多々あります。」とのコメント自体は、嘘偽りない事実ですが、「多々ある」というだけなら、他にも以下のケースだって多々ある訳です。

・静穏状態の後で大きな地震が起きず、小さな地震が起きたことによって静穏状態がシレッと明けるケースが多々あります。
・静穏状態でないときに大きな地震が起きるケースが多々あります。

部分的な抜き出しにより、自分のシナリオに都合の良い誤読を誘導する手口は、世間をミスリードすることを生業とするタブロイド紙や週刊誌の常套手段、すなわち不公正な誇張表現です。したがって、まともな科学者なら、うっかり気づかず使ってしまっていないか、文章を念入りにチェックするものです。あるいは「静穏の後で大きな地震が起きるケースが多々あります。」という表現の中に、普段以上に危険が高まっている、という注意喚起の意図があるなら、あらかじめ他のケースと危険性の有意差の確認を済ませた内容とセットで示すのが科学的根拠を伴う文章です。

MEGA地震予測 2020年1月29日発行「3.特集:2019年の震度5以上の地震」より

JESEAでは毎年、前年に起きた震度5弱以上の地震の捕捉検証を行っております。 2019年の地震について行いました。

解説4:検証と称して、2019年に発生した震度5弱以上の計9つの地震に対する村井氏の思いつきと思い込みが述べてあります。前提がそれですから、予測が空振りに終わった全てのケースが「なかったこと扱い」で黙殺されているのは言うまでもありません。また、9つの地震について、予測理論どおりの発生なのか/予測理論のモレを突いた発生なのか、という誰もが知りたい核心に明確な言及がなく失望しましたが、支持者の皆さんはこんなもので満足されているのでしょうか。それより何より、今回指摘した有意差の確認が全くありませんので、予測手法そのものの価値という観点での検証が未実施なのは例年通りです。

MEGA地震予測 2020年1月22日発行「2.コラム」より

科学的根拠を明らかにした地震予測には観測データに基づく前兆検知が必須です。

解説5:今回述べた通り、予測にまつわる科学的根拠とは予測群と非予測群との有意差の提示以外に何もなく、そこに踏み込まなければ何の価値もありません。また、「観測データに基づく前兆検知」とは、改めて言う必要のない当然のことに過ぎません。村井氏の取り組みが、観測データに基づいている程度のことは、先刻誰もが認めることであり、いまさら争点にすべきことでもないでしょう。村井氏が批判されているのは、せっかくの観測データを自分の仮説に都合良い重み付けによって好き勝手に歪めている不正行為です。ついでに言えば、冒頭の経営理念の「科学的根拠に基づく地震予測を確立することにより」は、日本語が間違っており、正しくは「科学的根拠に基づく地震予測手法を確立することにより」であるはずです。

村井氏が確立すべきは「予測」でなく「予測手法」なのですが、村井氏はその違いを理解できるでしょうか。そして大切な看板の脱字が訂正されるのはいつになるでしょうね。また、看板を訂正される際、そのついでに、フレーズ冒頭に一言追加して「有意差検定による科学的根拠に基づく地震予測手法を確立することにより」としておけば、その瞬間から学術界からの風向きが一転するはずですよ。

MEGA地震予測 2020年1月15日発行「2.コラム」より
Guo先生の教えからJESEAでは「ひまわり」の熱赤外画像を検索して独自に地震予測に役立てるための検証研究を始めました。 後追い検証ですが、2018年9月6日に起きた北海道胆振東部地震(M6.7、震度7)の前の衛星画像を調べたところ 確かに地震雲と思われる画像が確認できました。」

解説6:「確かに地震雲と思われる画像が確認できました」と結論づけるのに、地震前の衛星画像だけ調べたのでは片手落ちです。ここまで述べてきた通り、そこに意味が生まれるのは「このような地震前の衛星画像」と「それ以外の期間の衛星画像」の両方を調べて、その間に有意差ありと確認できた後、です。

MEGA地震予測 2020年1月8日発行「2.コラム」より
Guo(郭)先生は(中略)最初の頃は日本のどこで地震が起きる可能性があるという予測情報のみを送ってきました。この情報だけでは科学的根拠がないので、宇宙からどのような地震雲が現れたのかを教えてもらうことにしました。

解説7:Guo先生とやらの地震雲にまつわる独自理論が、村井氏の軽率さと合体してパワーアップした内容が、この後に紹介されていますが、自然界でこのようなメカニズムが現実に機能して雲の形成に結びつくようなら、これは「断熱膨張」「露点」「飽和」「凝結」といった基礎概念がその根底から転覆することを意味し、世界中の全ての気象学者と物理学者がビックリ仰天のトンデモな「大発見」なんですが、そんな一大事とも気づかずあっさり納得できてしまい、平然と配信してしまえる村井氏にとっての「科学的根拠」とは、「それっぽい用語を、思いつきに任せてそれっぽく切り貼りしただけの、一見ありがたみのありそうな文章」程度のことなのかもしれません。一方、本物の科学的根拠に欠かせない有意差の確認行為が村井氏のニセ研究行為の中には一切登場しないことは、今回もう何度も述べてきましたので、皆さんぼつぼつ飽きてきた頃でしょうか。

え?なんですって?こんなティーザー広告をチラつかされたんじゃ、MEGA地震予測を購読したくなっちゃった、ですって?こともあろうに私がJESEAの売り上げに貢献するなんて、なんたる皮肉でしょう。


5. また会う日まで

村井氏が、自身で掲げた「科学的根拠に基づく」とする経営理念に背きながら、自虐コントを配信し続けている滑稽な矛盾を正しく認知でき、科学的根拠に基づいた取り組みをいつになったら始めるのか、JESEAの中にはこれを村井氏にきちんと注進できるまともな科学者が在籍するのか、「科学的根拠」の正しい意味を共有する皆様方とともにこれからも見守り続けることといたしましょう。

今回は、前回予告していた、捕捉率とされる統計のトリックを見破る、とは違うテーマになりましたがいかがでしたでしょうか。次回はまたいつになるかわかりませんが、前回予告の内容も含めながら、もっと基本の「予測とは、そもそも何であるか」を明らかにすることで、村井氏のビジネスは、実はそこにも全くかすりすらしていないという、今回より一層根幹に斬り込むテーマで構想中です。

新型コロナウィルスが収束するのと、次回作で皆様とお会いするのは、はてさて、どちらが先になるのやら・・・



--------
出典1:NHKオンライン記事「新型ウイルス感染患者にエイズ発症抑える薬投与 治験へ」 2020年2月15日 6時38分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200215/k10012286651000.html

出典2:解説委員室アーカイブス 「製鉄の起源を探る」 (視点・論点) 2019年7月29日
https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/372469.html

出典3:今年、東日本大震災級の大地震発生の兆候か…伊豆諸島で土地の異常な高さ変動観測(文=鶉野珠子/清談社) 2020年1月25日
https://biz-journal.jp/2020/01/post_138166.html
コメント

村井俊治氏の「東日本大震災の直前と同じ兆候出現」との主張を信じてはいけません

2020年01月06日 | 地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)
 
電子基準点の座標値の変動を見て地震を予測する「MEGA地震予測」なる有料メルマガを配信している、村井俊治・東大名誉教授が、2020年の年初に夕刊フジと週刊ポストに立て続けに登場し、「2020年は東日本大震災と同規模の地震が起こる可能性がある」と地震予測を披露しています。


  測量学の権威が警鐘 「東日本大震災の直前と同じ兆候出現」(週刊ポスト2020年1月6日)
  https://www.news-postseven.com/archives/20200106_1518049.html

  MEGA地震予測「いま最も危ない」3エリアはここだ! “驚異の的中率”地震科学探査機構が解析(夕刊フジ 2020年1月4日)
  https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200104/dom2001040002-n1.html


村井俊治氏の主張は、伊豆諸島にある電子基準点「青ヶ島」において、11月10日から16日までの1週間で81cmもの高低変動が見られ、それが巨大地震の前兆だと言うのです。

しかしながら、この主張は荒唐無稽です。説明するまでもなく、1週間で81cmもの地殻変動が青ヶ島で起きたはずもないので、これは明らかなデマと言って良いでしょう。以下に説明します。




村井俊治氏は、青ヶ島に国土地理院が設置している電子基準点が、1週間に81cmも上下動したと主張しているのですが、ハッキリ言ってこれはありえません。単なる測位ノイズか、解析上のエラーでしょう。

このときの実際のデータを見ますと、青ヶ島の電子基準点の座標値が動いたのは、実は11月10日のわずか1日だけであり、次の日には元に戻っているのです。

  
      (国土地理院が公開するデータより作成。値の跳びが村井氏の主張する81cm(速報解)と数値が異なるのは、
       国土地理院が同サイトで発表している値が最終解だからです)



もしこれがノイズや解析エラーではなく実際の地殻変動だとしますと、ある日、突然、青ヶ島が1mほども沈んで、次の日にはピョンと元に戻ったことになります。地震の前兆だなどという話以前に、大発見で大ニュースです。

もちろん、実際にはそんなことが起きたわけもありません。もし起きていたのなら、その日の青ヶ島の港は海水下に没し、大きなニュースになったのではないでしょうか。

※2020年1月7日後記:
この値の跳びについて国土地理院に問い合わせたところ、回答を頂けました。青ヶ島の電子基準点の受信アンテナの不調により、受信衛星数が確保できなかったことが原因だそうです。もちろん、実際の地殻変動ではないですし、大地震の前兆でももちろんありません。回答して下さった国土地理院の担当者の方、ありがとうございました。





村井俊治氏は、週刊ポストなどの記事のなかで、青ヶ島の電子基準点が1週間に81cmも上下動した、という言い方をしています。しかし、実際のデータを見ると、青ヶ島の電子基準点の値が異常だったのは、上述したとおり11月10日の1日だけなのです。このことから分かることは、村井俊治氏は、実際の変動だとは信じられないような大きな異常値が出たにもかかわらず、元のデータをきちんと確認していないということです。確認さえすれば、異常は1日だけで次の日には元に戻っているので、単なるノイズかエラーであって実際の地殻変動ではないとすぐに推測できたはずです。

村井俊治氏には、このような明らかな荒唐無稽な話を吹聴してしまう行為を、即座にやめていただきたいと思います。また、夕刊フジや週刊ポストといったメディアにも、他のまっとうな専門家や国土地理院に裏取りすることもせず安易にセンセーショナルな記事を書くことを、今後は控えて頂きますよう強く望みます。もちろん、このようにいい加減なデータの取り扱いに基づいて有料の地震予測メルマガ「MEGA地震予測」を配信し続ける、地震科学探査機構(JESEA)も、強く批判されるべきではないかと思います。

コメント (7)

「亥年は大災害がよく起きる年」は本当か?

2019年12月06日 | 地震予知研究(その他)
 
今年2019年ももうすぐ終わりますが、今年の干支は亥でした。ところで、亥年は大地震などの災害が良く起きるという説があるそうです。たとえば「FNNプライム」では、次のように言及されています。

 「イノシシ年は災害の年などと言われる。過去には1923年に関東大震災が発生。
  1995年には阪神・淡路大震災。2007年に、新潟県中越沖地震が起きるなど、
  大地震が発生している

  https://www.fnn.jp/posts/00049297HDK/201912052033_livenewsit_HDK


実際のところは、どうなのでしょう。簡単に調べてみました。


 ■

まず、比較的詳細な記録が残る明治以降について、大災害が発生した年の干支を、犠牲者数順に見てみます。カッコ内は、死者・不明者数を四捨五入したものです。


 関東大震災(10万5千):

 明治三陸地震(2万2千): 申

 東日本大震災(2万1千): 卯

 濃尾地震(7千): 卯

 阪神淡路大震災(6千):

 伊勢湾台風(5千):

 福井地震(4千): 子

 枕崎台風(4千): 酉

 昭和三陸地震(3千): 酉

 北丹後地震(3千): 卯



…たしかに、関東大震災、阪神淡路大震災、伊勢湾台風による被害が、亥年に発生しています。しかしながら、亥年だけにそれほど偏っているわけでもありません。

実は、12面体のサイコロを10回振ったとき、その全てで違う目が出る確率は、わずか0.3%です。同じ目が出てしまう確率のほうが、圧倒的に高いのです。つまり、ある干支に大きな災害が数回重なってしまうことは、確率的に言ってごくごく当たり前のことで、単なる偶然であると言えましょう。


 ■

ついでに、明治より前の主な大災害の発生年も見てみますと、以下のとおりとなります。


 安政江戸地震(1万?): 卯

 善光寺地震(9千): 未

 島原大変肥後迷惑(1万5千): 子

 慶長地震(1万?): 巳

 八重山地震(1万2千): 卯

 宝永地震(1~2万?):

 明応地震(数万?): 午

 永仁関東地震(2万3千?): 巳



…このなかでは亥年は宝永地震だけで、他の大災害は他の干支の年に起きています。亥年が特段、大災害が集中する年には、やはり全く見えませんね。

 
コメント (2)

【再掲】地震予知に関する特許について

2019年09月21日 | 地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)

意外と思われるかも知れませんが、幾つかの団体や個人が、地震予知の方法についての特許出願を行い、そのうちの多くが審査を経て既に特許を取得しています

ためしに、特許検索サービス「J-PlatPat」で、適当なキーワードで検索してみるだけで、以下のとおり、登録された特許が幾つもヒットします。



  (J-PlatPatより作成)


たとえば、本ブログでもたびたび取り上げている村井俊治・東大名誉教授ら地震科学探査機構(JESEA)は、地殻変動の監視による地震予測法についての特許を取得しており(特許番号3763130「地震・噴火予知方法」)、「自らの地震予測方法は特許を受けた方法である」と強調して、サービスを展開しています。彼らの特許は、上のリストでは10番目のものです(※なお、この特許については、明細書に不備がある点などについて、以前の記事でもご紹介しています)。

このように特許として認められた方法ですと、多くの方が「地震の予測実績がある、信頼できる方法なのだろう」と思ってしまうのではないかと危惧しています。そこで、改めて強調したいのですが、実はこのような考えは全くの誤解です。

 ■


一般的に言って、特許出願は、同じような内容の発明が他者によって公開されていなければ、たとえ何の役に立たなくても、特許登録されるのです(もちろん、特許明細書に意味がわからない記載がある等の不備がある場合も拒絶されますが)。

言い換えますと、特許登録されているからといって、信頼できる技術というわけでは全くなく、デタラメの理論であるかも知れないわけです。特許明細書に書かれているとおりに実際に発明が作用するかなんてことまでは、特許庁の審査官が個々に審査できないからです。また、明細書に書かれているとおりのことをやっても、絶対に地震がひとつも予測できない、と断言できなければ、審査官は地震予知方法の発明を拒絶できません。100万個の地震のうち1個でも予測できるかも知れないのであれば、審査官としては拒絶できないのです。

このように考えますと、「特許技術」とか「特許取得済み」などという宣伝文句は、商品やサービスの信頼性を全く保証しないことが、お分かり頂けるかと思います。実際、一流企業の商品などには、最近はこうした宣伝文句は使われなくなっています。こうした宣伝文句は、無名の二流企業の商品に付けられることのほうが多いのです(私などは、こうした宣伝文句があると、逆に商品の信頼性を疑ってしまいます)。


 ■

ところで上述の村井俊治・東大名誉教授は、著書『地震は必ず予測できる!』のなかで、自らの地震予測方法の特許出願について、以下のように記述しています。


 もちろん、特許出願もあきらめずに続けていた。一回、二回、三回と意見補正をしたが、すべて拒絶が来た。その拒絶理由の一つは、…(中略)…「地球物理学で有名な学者の本に、…(中略)…隆起して次に沈降する反転現象がすでに書かれている」というものだった。我々はその理解の浅さに閉口しながらも、根気よく説得した。…(中略)…

 しかし特許庁の拒絶は続いた。先方の拒絶はもはや難癖に近いものだった。二度目など、「三角網を使った地震予測など誰でも考えられる」という横柄なものであった。…(中略)…

 …(中略)…さすがに心ない三度目の拒絶が来たときは、私は…(中略)…敗北感に満たされた。おそらく地震の専門家が審査員なのであろう。それは大いに予想できた。…(中略)…私は地震学者と張り合うつもりはまったくなかったが、このときばかりはその料簡の狭さにため息が出た


(村井俊治著『地震は必ず予測できる!』(集英社新書)35~37ページ)

      
…いかにも、「権威にイジメられてきた異端の自分の武勇談」として書かれていますが、あまりにも的外れで、ため息が出るのはこっちだと言いたくなります。

まず、審査官が地震学者であることは、ほぼあり得ません。特許庁の審査は、審査専門の特許庁審査官が、基本的に1人で行います。地震学者たちが研究の合間に行うようなものではありません。地震学者が転職して特許庁の審査官になった、という話も聞いたことがありません。そういった実情を全く無視し、いかにも「異端な自分が、無能な正統派の地震学者たちにイジメられた」とでも言いたげな文章で、こういうのを読まされると本当にうんざりします()。


※実は、上記の特許情報プラットフォームでは審査記録も参照することができますので、村井氏らによる特許出願を担当した審査官の名前もわかります。1回目と2回目の拒絶理由通知は本郷徹審査官、3回目の拒絶理由通知は高見重雄審査官です。いずれも、特許審査第1部材料分析(当時)所属のようですので、地震学者とは全く関係ない審査官です。こうした情報は、そもそも拒絶理由通知書にきちんと記載されているのですが…。なお、村井氏の記述のなかにある「地球物理学で有名な学者の本」とは、審査記録をみると、力武常次先生の「破壊防止と安全の確保 地殻歪と地震発生予測」という非破壊検査学会(当時)の論文のようです。


また、おおむね半分以上の特許出願は、少なくとも1回は拒絶理由通知を受けるのです。それに対して意見を主張して、特許として登録される、という過程を踏むのは、ごくごく普通のことです。つまり、村井氏による特許出願のように、何度か拒絶されて、それに対して意見を主張して、ようやく特許登録される、というのは、極めて普通のことに過ぎません。なのに、いかにも「権力と戦って権利を勝ち取った」という書き方になっていて、本当にイヤラしいなと思います。

いずれにしましても、上記した2名の審査官による拒絶理由通知を、「難癖に近い」とか「横柄なものであった」とか「心ない」とか「料簡が狭い」などと、著しく不適切に誹謗中傷していることは見逃せません。彼らの名誉のためにも、村井氏の著書における上述の記載が極めて的外れであることを、ここで強調しておきたいと思います。そして、村井氏らの特許出願が登録されているからと言って、彼らの地震予測が信頼できるという証拠には全くならないのだということも、繰り返しておきます。
 
コメント (2)

高度なニセ科学の数々の手口に当てはまる村井俊治氏の地震予測ビジネス手法 (寄稿)

2019年07月22日 | 地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)

(BD3様より寄稿頂きました記事を以下に掲載致します。「地震を予測できる」と主張してメディアに再三登場する
村井俊治・東大名誉教授の講演会に参加された様子をはじめ、貴重な情報と洞察がありますので、是非ご一読ください)



1. はじめに

東京大学名誉教授、村井俊治氏が有償メルマガ「週刊MEGA地震予測」で展開する地震予測ビジネスは、支持者を順調に増やしつつあるようで、村井氏の2019年5月の新刊「地震予測は進化する!(集英社新書)」(以下「著書」と称す)P14によると、いまや購読者数は約5万人にものぼるそうです。これほど多くの方々からの支持を得た理由として、以下のような実績の世間一般への浸透が考えられるでしょうか。

 ・複数の特許取得
 ・テレビや週刊誌などマスコミが「驚異の的中率」と称賛
 ・株式会社NTTドコモが電子観測点の設置運営に協力
 ・活発な講演活動
 ・メルマガの読者増(ラーメン屋の入店待ち行列が長ければ、それが宣伝効果を生むのと同じ理屈)

一方このサイトの上川氏のように村井氏の取り組みをデタラメとバッサリ批判する向きも無視できません。真っ二つに割れた真逆の評価の真相を知りたいと思った時、どんな事実に基づいた場合にそれを「妥当な判断」と呼べるでしょうか。

私は2019年7月2日に開催された日本環境教育研究機構主催の村井氏の講演会に参加した者ですが、これを振り返って確信したのは、

 ・研究には遠く及ばない「ずさんな手法」
 ・研究者なら備わっているはずの「資質の欠如」
 ・この2つを補ってなお余りある、村井氏のしたたかなビジネス手腕

の3点でした。

最初の2点だけなら、自称地震予知/地震予測研究家によく見かける、おなじみの「ただのニセ科学」です。3点めによって「高度なニセ科学」にまで高めたのが、他のニセ科学とは一線を画す村井氏の特徴といえるでしょう。我こそは村井氏を応援する、とおっしゃる方々は皆、村井氏の巧みな戦略に乗せられている、ということをここで明確に申し上げておきます。現在、社会問題になっている特殊詐欺とも共通しますが、被害者には当初被害者としての自覚がなく、むしろ詐欺犯のことを、この先自分に降りかかる災いを事前に教えてくれて、予防してくれた恩人であるかのように信じ込ませるテクニックというものがあって、そこにつけこむ村井氏のテクニックも一流といえるでしょう。

この寄稿は「ニセ科学」とは一線を画す「高度なニセ科学」の種明かしに興味関心を持っていただければ、との切り口で書いてみました。「自分は村井氏を支持するが、詐欺に引っかかるマヌケではない」という自信のある方にこそ、お読みいただきたい内容となっています。長文になりますがお付き合いいただけるようですと幸いです。

私はただの会社員にすぎず、相手は日本の研究者としての最高権威「東京大学名誉教授」ですから、肩書きは雲泥の差です。道端の泥に過ぎない私が、雲の上の村井氏の予測ビジネスをニセ科学と批判する以上、あらゆる方が納得できる客観的な事実でお示しする義務が私にはあります。客観的な事実をお示しすれば、それはケチや中傷でないことも肩書が関係ないこともご理解いただけると信じます。有償メルマガ「週刊MEGA地震予測」は¥216/月(税込)で、前述の通り約5万人の読者がおられるということは、このビジネスは毎月約1,000万円を稼ぎ出している計算になります。ひとりひとりの被害額は微々たるものとはいえ、こういったニセ科学が一般の方々を騙して甘い汁を吸う不正を許容しない社会を目指し、ニセ科学を見抜ける力を持つ人がひとりでも増えることを望んで、寄稿の筆をとった次第です。


2. 白金測温抵抗体の異常値は前兆現象として科学的事実が世界的に認められたか

この著書をお持ちの方はお手元に用意いただき、ぜひご一緒にご確認ください。P68に以下の記載があります。

 「科学的事実が世界的に認められている前兆現象には、以下のものがある。
 (中略)
  ④ 白金測温抵抗体を利用した温度計の気温に擬似的に異常が現れる。


(ちなみに、自然科学系の書き物なら、この手の記載には必ず引用元が紹介されるものですが、この書籍には引用元の紹介が一切ありません。これはニセ科学による成果物を見抜くのに便利な観点でもありますから、覚えておきましょう)

冒頭で紹介した講演会では、①から⑧を列挙した中で④は特に有力であるとして村井氏は予測手段の中にすでに取り入れ済みである旨、重点的に紹介されていました。その概要はP74で以下のように述べられています。

 「地震の前に発信される異常な電磁波が、気象庁の白金測温抵抗温度計の微弱な電流に擾乱を起こし、
 擬似的に気温の異常変化を起こしているのではないか、という仮説が導かれる。


この時点では、まだ「科学的事実が世界的に認められ」る前の仮説段階だったと村井氏は述べています。では、この仮説がどんなプロセスを経て「科学的事実が世界的に認められ」た定説にまで高められたのか追ってみることにしましょう。

科学のプロセスに従うなら、この仮説の証明に必要な手順は以下の通りです。

 1. 実験室で、白金測温抵抗温度計に様々な「周波数(波長)」と「強度」の電磁波を浴びせて、温度測定結果に2〜4℃の誤差を起こす条件をつきとめる
 2. 地震前兆として発生する電磁波の「周波数(波長)」と「強度」の実測値または理論値が1.と矛盾しないことを確認する

これに対し、村井氏の全く異なるアプローチをとります。P74によると

 「気温の異常波形と地震発生の関係を調べると、こちらも高い相関があった。

ことを根拠として仮説を証明できたと判断していますが、書籍には、どんな標本データからどんな相関係数が導かれたか、という肝心のことは書かれていません。


3. 「高い相関」の呆れるべき正体

講演会の質疑応答では、聴講者からまさにこの点について「高い相関とは、具体的にどんな相関係数だったのか」の質問がありました。村井氏はこれに対して

 ・相関係数は計算していない。
 ・100%である。なぜなら8箇所で調査し8箇所とも出たから。


と回答したため、質問者からは、そんな稚拙な手法で相関に言及するのは論外であると厳しく批判されました。

村井氏の研究は「大量の観測データを分析して傾向を見出す」タイプといえますが、この回答は、何年間もこの研究に携わってきた村井氏が

 ・統計学上の「相関」という用語の正しい意味
 ・相関とは、計算で求めるものであること

のいずれも知らないまま現在に至る、あるいは知りつつ怠った、のいずれかであることを公にした点で、大きな意味を持ちます。

研究の舞台裏になじみのない方にはピンとこないかもしれませんので補足しておきましょう。膨大な観測データの中には、自分の仮説どおりの関係性や傾向を示したかのように見える部分が必ず含まれるものです。そのため

 ・本当に関係性や傾向があるのか
 ・関係性も傾向もないが、そう見えるだけなのか

を見分ける必要があり、どんな工夫でその客観性を確保したか、その仕事の丁寧さの開示が研究行為の本質のひとつです。人は誰でも、自分の仮説をひいき目に甘く見てしまいがちであり、研究の場ではそれが事実を歪めてしまう弊害、すなわちニセ科学を生んでしまった失敗を、何世紀にもわたる科学の発展の歴史の中で人類は学んできたからです(リケジョブームに水を差した2014年のSTAP細胞事件の核心もこれと同じ)。「甘く見てしまうひいき目」を取り除く実用的なツールのひとつが統計学であり、関連や傾向を探る研究テーマの場合、これを導入して錯覚や思い込みを取り除くこと、言い換えれば、自分の仮説に対して懐疑的なスタンスを保つことが不可欠であり、これを科学的手法と呼びます。自然科学を研究対象にする理系大学生には必須の基礎知識のため、教養課程でしっかり叩き込ます。統計ツールの導入を怠りながら「仮説を裏付ける相関が見られた」と判断した、ということは、その理由が悪意なき不勉強であれ、悪意による意図的なものであれ、その正体は客観性を欠いた手前味噌すなわちニセ科学でしかない、と見るのが正しい解釈です。

村井氏の上の回答は、研究者としての自身のレベルが、卒業論文に取り組む大学生、あるいは教養課程の大学生の足元にすら及ばないことを自らの口で語ったという意味を持ちます。同時に、過去に村井氏が「相関あり」を根拠に研究成果としてきた全てについて、その実態とは果たして何だったのかという重大な疑惑を生む、さらに深刻な意味も持ちます。村井氏とて、かつて東京大学の教養課程でこの程度の基本を修得したはずですが、それをどこに置き忘れてきたのでしょうか。

もうひとつ、あらゆる分野の科学の現場で研究行為に携わる全ての人たちが共有している基本ルールがあります。それは「相関関係ありと判定されても、それは因果関係を示すものではない」ということです。仮に村井氏が妥当な統計分析手法を導入して、「気温の異常波形」と「地震発生」の二因子間に0.7を上回る相関係数が得られたとしても、それは「地震前の電磁波」が「白金測温抵抗温度計の電流に擾乱を起こす」という二因子間の因果関係の証拠にはならない、という意味です。そもそも因子自体が別物にすり替わっているため、二重の間違いを犯していることになります。この基本ルールを知らずに結びつけてしまったのか、知った上で巧みに混同したのか、いずれにせよ村井氏の「高い相関」論法には分析とは呼べないお粗末な手法で導かれた重大な欠陥があり、これはニセ科学の典型的な手口そのものでもあります。

(少し脱線:この温度計の設置当事者である気象庁は、気温観測データには、もともとこういった異常値が混入することを承知しており「気象観測ガイドブック」https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kansoku_guide/guidebook.pdf P39から4ページの紙面を割いて解説しています。センサー異常データに何らかの意味づけする場合、これら既知の異常原因に該当しないことを確認するのが科学的手法です。この確認は相当な手間のかかる一仕事であり、重要な成果のひとつですから、書き忘れたり、紙面の都合で省略したりなど、決してないはずです。しかし著書にはこの確認を済ませたような記述はありません。最悪のケースとして、村井氏が思い至らなかったこれらの原因について一切検討漏れ、というお粗末な状況もありえますが、これは推測にすぎません。)


4. 特許成立は「予測手法の信ぴょう性や実用性を国が認めた」ことを意味しない

村井氏がこの予測手法の正当性をアピールする、大きな根拠がもう一つあります。それは上の文に続く

 「二〇一八年一二月に特許証が交付

です。村井氏の予測手法を国が特許として公的に認めた事実は確かに存在しますが、その意味について大半の方々は「予測手法の信ぴょう性や実用性を国が認めた」ようにイメージされるのではないでしょうか。実はそのイメージは特許に対する過大評価であり間違いです。なぜなら特許の審査対象は「アイデアが新しく独創的か」だけであり、「予測手法の妥当性」や「予測内容の確かさ」は審査の対象外だからです。まともな研究者が研究成果を世に問う目的で選ぶ手段は「論文発表」か「学会発表」しかありません。「特許取得」は内容の確かさとは無関係に、そのアイデアは他の誰よりも先に自分が思いついた、という権利を守るための手段ですから、目的が全く違うのです。

村井氏はことあるたびに、予測手法を正当化する文脈の中で、特許取得をアピールしますが、これは一般の方々が特許に対して誤って抱く誇大イメージに便乗した狡猾な戦略と見破るのが正しい解釈です。

論文発表や学会発表を避ける一方で、特許ばかり取っている研究っぽい取り組みは、すなわちニセ科学と判断して間違いありません。もっとも特許取得にはそれなりの費用と独特のテクニックが必要ですので、ただのニセ科学には少々ハードルが高く、簡単には手を出せません。特許取得をクリアできるのは、本気度の高い「高度なニセ科学」と言えます。ではなぜ村井氏は、自分の成果を論文発表や学会発表で世に問わないのか、むしろそれを意図的に避けるのか、そこにはニセ科学のパラドックスとしても知られている稚拙な理屈が登場しますが、今回のテーマからは逸れるため、また機会を改めて紹介できればと考えています。

村井氏の発明内容は「特許 第6438169号」で公開されていますので、興味のある方は特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」のWEBサイト(https://www.j-platpat.inpit.go.jp)でこの番号で検索して内容の全文や図版を確認してみてください。当該箇所はP3に以下のように書かれています。

 

震源周辺からの電磁波によって~検知する技術が提案されることはなかった」とする9〜11行めには突っ込みどころが満載ですが、脱線ばかりで話が進みませんので、ここもまた別の機会に譲ることとしましょう。

発明者らは、測温抵抗体が電磁波に反応することを見出し、測温抵抗体温度計が電磁波擾乱の検知に有益であると考えた。つまり、実際には温度変化がないにも関わらず測温抵抗体温度計による観測結果に変化がある場合、その変化は震源付近からの電磁波によるものと推定できると考えたわけである。」とする16行めでも、アイデアの独創性を述べるにとどまり「科学的事実が世界的に認められ」のくだりや、その推定をどんな手段で証明したかといったプロセスや事実は提示されないままです(特許には不要だからですね。おさらいです)。もっとも注目したいのは、それに続く最後の一文です。


5. 「オームの法則」と「ファラデーの電磁誘導の法則」の否定が前提

 「しかも測温抵抗体温度計は極めて高精度に温度計測することから、繊細な電磁波の擾乱の検知も可能であると考えられる。

前半の19行めでこのセンサーの安定性を述べた次の瞬間、その安定性を否定する矛盾を述べた後半の20行目に結びつけていますが、ここで村井氏が述べているのは「オームの法則」と「ファラデーの電磁誘導の法則」の否定です。この2つを学んだ高校生以上の人すべてが村井氏の勉強不足と思いつきの拙さに呆然となる場面です。もっとも

 「私は「あらゆる可能性を排除しない」ことにしている」(著書P74より)

という村井氏の姿勢は、既存の枠に囚われず常識とされてきたものに懐疑的であれ、という科学者のあるべき姿です。そういう意味では、オームの法則とファラデーの電磁誘導の法則を疑ってみるのも悪くはないです。ただし過去2世紀にもわたり、電気や電磁気のあらゆる応用分野を基礎中の基礎として下支えしてきた実績であるこれら2大法則を否定するなら、誰もが納得できる裏付けを整えるのが科学というものです。

そもそも、白金測温抵抗体の特徴はJIS C 1604:2013(国際的にはIEC 60751:2008)に記述され、世界中のさまざまな過酷な現場で広く用いられている実績が示す通り、我々の日常生活圏に飛び交う程度の電磁波なら、いくら浴びても全く影響を受けない精度と安定性が特徴です。村井氏の仮説が正しいとして、電磁波測定専用のセンサーですら検出困難な地震前兆の極めて微弱な電磁波によって2〜4℃もの大きな誤差が生じるとしてみましょうか。これは白金測温抵抗体が

 ・電磁波測定センサーとしては、既存の専用センサーよりも鋭敏に電磁波を検出してくれる優秀なセンサーであること
 ・温度計としては、測定限界以下の微弱な電磁波ですら誤動作して実用に耐えない不安定なセンサーであること

を意味します。電気や電磁気を扱う全ての分野が転覆してしまう一大事です。地震予測といった狭い領域だけに閉じて済むような、のんきな話ではありません。

また「科学的事実が世界的に認められ」ているくらい周知のアイデアでは特許が取れませんから、世界が科学的事実を認めたとすれば、そのタイミングは、特許成立後という順序になるはずです。もし2018年12月の特許成立から2019年5月の著書出版までの半年も満たない短期間で、電気や電磁気の分野で村井氏が学会発表または論文発表を行い、これが国際的に認められた事実が仮にあったとすれば、オームの法則とファラデーの電磁誘導の法則がひっくり返る、という世界中が驚く2世紀ぶりの快挙ですから、皆様にアピールすべきは、日本国内で地震予測だけに閉じた特許なんてちっぽけな話でなく、当然こちらのほうです。


6. 自然科学に向き合う研究者が備えるべき資質とは

村井氏には、ふと思いついたアイデアが、世界をひっくり返す一大事に等しい意味を持つことすら気付かず、本来やるべき検証を一切怠り、そのアイデアで特許を取っただけで、

 「科学的事実が世界的に認められている前兆現象には、以下のものがある。
 (中略)
  ④ 白金測温抵抗体を利用した温度計の気温に擬似的に異常が現れる。


などと浮かれ舞い上がってしまえる奔放さ、それを出版までしてしまえる軽率さ、そしてまっとうな批判をTwitter上で「ケチをつけに来た方」と評する姿勢

 

そのわずか数日後、「相関」という統計学用語の誤用を改めようとしない強情さ

 

が兼ね備わる事実をご理解いただけたはずです。これらは、自然科学と向き合うあらゆる分野の全ての研究者で共有する資質の明らかな欠如ならびに東京大学名誉教授という肩書きに対する世間の期待や信頼への背信行為に他ならず、5万人もの有償メルマガ読者を擁する研究者としての根幹が揺ぐ一大事です。村井氏がどんな人物であるかという現実について、これで皆様と正しい認識を共有できたはずです。

すでに長文になっていますが、最後にもうひとつ、7月2日の講演会の中で多くのウソが述べられた中から、見過ごせないひとつも紹介しておかねばなりません。


7. ウソをついてまで「気象庁=悪者」とのイメージ誘導を企む村井氏


著書P75の「図25 熊本地震の5日前に阿蘇山に現れた擬似的異常気温」にある、阿蘇山の2016年4月11日の10分毎の気温変化の折れ線グラフをスクリーンに投影した際、村井氏は

 ・気象庁は、二週間後には、異常値を均(なら)したデータに改竄してしまった
 ・だから早くダウンロードしないとデータが失われてしまう


というウソをついて客席をドッと沸かせてみせました。

問題の10分ごとの値のデータは今でも公開されており、誰でも入手できます。

 

公開されているデータをExcelに貼れば、以下の通りP75と同じ折れ線グラフが再現できます。これが改竄などされていない証拠です。

 

講演という公の場で、このようなウソをついてまで気象庁を悪者扱いしてイメージ誘導を図った先には、相対的に自分をどう見せたい演出意図があったのか、ぜひともご本人にうかがってみたいものです。


8. また会う日まで

村井氏が率いるJESEA(地震科学探査機構)のWEBサイトは「過去5年に発生した震度5以上の地震の約9割を捕捉」とする実績を、以下の数値とともに公表しています。

 
 (https://www.jesea.co.jp/about/より)

この数値を根拠として
「悪意に満ちた貴方達が、そのような御託を並べて村井氏の足を引っ張ったところで、村井氏が予測的中させてきた実績は揺るがない」
と反論される人がいらっしゃるかもしれません。

「捕捉率」として紹介されている上の数値は、世間の人たちを欺くのに便利な統計のトリックでしかなく、その正体は、ほぼ意味のない数字の遊びです。

このような統計のトリックを正しく見破れることもまた、ニセ科学を見抜く大切な技術です。もし読者の皆様からのご希望や上川様のお許しがいただけるようでしたら、これについても機会を改めて寄稿させていただければと考えております。

最後になりましたが、長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

この寄稿では、村井氏が書かれた文章と発言内容の事実に基づき批判してきましたが、もし事実に反する記述がありましたら、お詫びして訂正させていただきますので、どうかご遠慮なく、厳しくご指摘いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

また、村井氏におかれましては、少々の心得のあれば容易に見破れる、こんな稚拙なニセ科学の典型的手法からは早々にご卒業され、科学的手法に切り替えられることを切に願うものです。
コメント (14)