なまけもの日記Ⅲ

霧多布岬に住む「なまけもの」と野鳥や動物の暮らしなど

生後二か月を過ぎました

2018年07月19日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
ラッコの子供 だいぶしっかりしてきました。
お母さんはオッパイ周辺のお腹が毛が抜けたのか褐色になり膨らんでいます。



得意の抱っこポーズです。



おっぱいのみポーズは逆向きになります。



今日はいいところにいたのですが 雄が乱入 子供は「ミーミー」鳴き親子は逃げていきました。
ラッコの子育ては母子だけで雄はタッチしていません。

この記事をはてなブックマークに追加

気温下がり遠くも見え

2018年07月18日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
どんより曇り空が好き。
暑くなくよろしい 遠くも見えやすいし。



ホカケ岩向こうの落石岬も



沖合を通る船も



ちゃんと見えますからね。
本土の暑さが嘘のようであります。。。


この記事をはてなブックマークに追加

お立ち台のお子

2018年07月17日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
ルビー色の喉をもつノゴマは草原の鳥のスターと言えましょう。
そのスターのお子が出てきました。



親に似ぬ子ではありますが スターの子は違います。
お立ち台から離れません。



庶民のお子たちは こちらで・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

風が欲しい

2018年07月16日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
昨日と打って変わり猛暑が来ました。
本土ほどじゃないけど 外の気温計や車での温度が25度!
霧多布の住民にとっては とても暑いのであります。



こうなりゃ せめて風が欲しい!
さざ波程度じゃ「へのツッパリ」にもなりゃしませんってば。



もっと吹いてくれ~


この記事をはてなブックマークに追加

一日の雨と霧

2018年07月15日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
さらに寒い。
本土の暑さが嘘のよう・・・。

ということで 庭。



どうにもならない日であります。。。

この記事をはてなブックマークに追加

船は行く行く港の中を

2018年07月14日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
ということで 港を進んでいきます。



流れるように生き物のいる光景が動いていきます。
まずは 繁殖中のオオセグロカモメたち。



それを狙うオジロワシ。



まだいたオオハム。



さらにまだいたとは知らなんだミヤコドリ。



こうして生き物流し映像で見つつ 進んでいったのでありました。

この記事をはてなブックマークに追加

咲き変わり

2018年07月13日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
霧が退いた湿原 しっとりと。



あらま こんなとこにも子持ちがいたのかい。



エゾカンゾウは勢いを失い 今度はノハナショウブの時代です。



アヤメではありませんよ。。。

この記事をはてなブックマークに追加

白くなった

2018年07月12日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
荒れたわけではないけれど 早朝の海 ラッコの親子が沿岸で浮いていた。
生後2か月の赤ちゃん まるで宙に浮いてるように。



ん! 何か違う。
これが 生後1か月時の親子。



成長する赤ちゃんの容姿が違うのは当たり前。
だけど お母さんが。



顔が白くなってる 1か月しかたってないのに。
どちらも曇りで 天候のせいとは思えない。
子育て大変で 一気に白髪になったとか、、、、。

この記事をはてなブックマークに追加

おいしそうな名前

2018年07月11日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
船溜まりに1羽の鳥が



たった1羽で泳いでいます。



まぁ おぉハムじゃないか。



おいしそうな名前のオオハムです。
こういった海鳥が時々入ってきますが なんでだろう?
特別弱ってるようにも見えませんけど、、、調子悪いのかなぁ。。。


この記事をはてなブックマークに追加

地味な花にノビタキ

2018年07月10日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
派手な花ばかりが花じゃない。
地味な花だって花である。

ということで ノビタキたちに紹介してもらいましょう。
雄のノビタキさんはヤマブキショウマです。



雌のノビタキさんはハナウドの仲間です(ゴメン、正式な名前分かりません)。



やはり華がないかな。。。

この記事をはてなブックマークに追加