バイク工房内の出来事。

バイク選びやメンテナンスのヒントを見つけていただければ。

必須なトルクレンチですが・・・

2024-03-17 | 間違いだらけのバイク選び
最近のバイクはトルク管理が必須になってきました。
そしてディスク時代はホイールの着脱にも必要です。

ホイールは 9~12N-m の締付が多いと思いますが、付属の小さなキーでは硬くて大変です。
しかし、L字型の10cmを超えるアーレンキーでは簡単にオーバートルクになってしまい、フォークやフレームの破損が発生しています


だから小さなキーを付けているのだと思います。


また、見落としがちなのが。
シャフトの締め加減でフレームやフォークの剛性が変化します。
その際には、シフトやブレーキの不調が発生してしまい。クイックの時代から、持ち込まれた不調バイクがホイールシャフトの適正な締付けでだけで解決した例は数多くありました。

また、シートクランプなどでは。
5N-m に対する 1N-m のずれはなんと20%の不適合になりますので、トルクレンチ精度が必要な作業になります。


一方で、お客様自身のメンテナンスに対する補償は、自動車業界同様 一般的に受け付けられていません。
しかも、トルクレンチを使用していないのは論外になってしまいます。

更に、使用していても。
様々なトルクレンチがある中で、各メーカーが適正と判断しないトルクレンチ(自転車部品メーカーの物は殆どだと認識しています。)では不要なツールになってしまいます。

話しは変わって。
ほとんどのバイクブランドツールは公式な校正を行っておりません。
しかし、トラブル時には校正を確認される事になるはずです。
したがって、当店ではサイクルツールブランドの販売を控え、ツール専門ブランドのツールの紹介のみを行ってきました。


一方、トルクレンチ必須の状態でも。
お客様に快適なサービスをお届けしたいと長年思っておりましたが、コロナ期で一旦断念。

ようやく、今回国内最大にして国内の裁判でも使用されるトルクレンチメーカーと。
正規代理店として取り扱いを開始できる運びとなりました。



当店ではオールインクルーシブをモットーに。
正しいトルクレンチ(論外と言われないように)
正しいビット(ここも大切です。スピードツールブランドは論外です)
正しい使用方法
・日常の点検
メーカー公正の受付(お持ち込み頂ければ 現在は4.200円で行なっております。目安は2~3年毎)

納品していての発見は。
納品時のレクチャー時や、その後の使用を拝見していると。
7~8割の方が危険な使い方をしていて再レクチャーを行います。


「トルクレンチを使った事でむしろ危ないよな~~?」


とか思ったり、お話をさせて頂いていましたが。

本当に高い確率で現実を目の当たりにしてビックリしています。

なんと言うか・・
「購入使用で全て解決!」と間違ってしまってるようです。
本当に使ったから壊す事例も発生するのだと感じました。

みなさんも是非真剣に考えてみて下さい。

価格は、1万円後半からありますので。
高くなった2~3流ツールメーカーと差がなくなりました。 

ぜひ、御相談だけでも受け付けております。     

お疲れさまでした。
読んでいただきありがとうございます。 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ビンティングペダルってどうやって選んでますか? その1

2024-02-10 | 間違いだらけのバイク選び
ってお題です!


最近モデルチェンジを果たした、LOOK KEO Blade ですが。
すでに完成していたモデルと思っていたので、進化をさせた事にビックリしましたw

さて、本題ですが。。
皆さんはペダルを選ぶ時の基準は何でしょうか?

・入手しやすさ
・重量
・デザイン
・調整方法
・着脱感
等様々あると思いますが・・・

当店では「ペダルタッチ」を最優先に説明をしています。

シューズを使用するスポーツは様々ありますが、シューズとアイテムを繋ぐマテリアルはとても慎重にチョイスされる傾向があります。
ところが日本のマーケットではサイクリングペダルのフィーリングを軽視しすぎ!と、思っていますw
プロサイクリストは、ペダルを決めている選手もいる位なのです。

「クリートが一番売っているSHIMANO」は正しいと思います。
ただ、それで選んでいる方が多数では無いと思っています。

それ以外の上記のデーター的要素は、マーケティングのギミックも多く注意が必要です。

マーケティングはどの業界も偽装をしなければ自由ですので。


これは私見ですが、スキー、ランニング、スケートブレード等。
シューズと板や刃先、ランニングではアウトソール。

多くのスポーツで足裏感覚を大切にします。

若い頃、羽前の方でスキーの教師をしていた事がありました。
その時の経験ですが、山の上(スキー場)界隈の周知の事実として使えるアイテムと使えないアイテムがありました。(プロショップでも)
マーケティングで取り込まれて買った靴を使っていた私は、「それ投げろ」と、すぐに買い替えを指示されましたw
最初は不満もありましたが、2年位掛けて感謝に変わりました。

と、知る事ができない事は沢山あります。


では、ペダルタッチ(フィーリング)とは?

人間は歩いたり運動をする時に足裏から様々なデーターを得ています。
それに大切なのが「しなり」です。
足裏にはほとんどの方に大小違えど縦と横アーチがあります。
縦がいわゆる「土踏まず」です。

そのアーチのシナリを活用して感覚を得ています。
えた情報を基に、サイクリングでは省エネや効率の高いペダリングをする事になります。
その為の入力ツールの一つがペダルであり、これがマッチしないと極上のペダリングを身体が覚えることが出来ない。

ソール作りをしていた時にアーチを硬質なソールで全て埋めると、脚(踵)のパワーは伝わりますが足裏感覚が無くなります。(感覚なのでゼロでは無いです)
アスリートはみんな戸惑います。
そこからアーチ部をソフトにしていき、好みのフレックスを作っていました。

バットやラケット、クラブもしなり具合は大切にされています。

と、言うのは私の認識です。


・SHIMANO
・LOOK
・TIME
・旧SPEED PLAY

では、これらはどんなフィーリングなのか。
かなり強めの発信なのですが個人で使用した感想を次回解説します。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

PLASMA6 Part2

2023-10-28 | カスタム
クリニックを終えたバイクを納車に向けて組み上げます。

クリニックによって各ケーブルの長さが決まるので、ここからケーブルのチョイスを行います。

トラベルのしやすさも重要ですので、併せて検討します。


DHセンターポストのカットです。
立派なツールが用意されています。


意外と目立つのでカット面を整えて色塗ります。


Di2配線とブレーキホースをフレーム内部に通します。



ブルホーン、画像はありませんがDHバーをカットしてカット完了。


バッテリーはトップチューブ内部に固定します。


DHセンターポストをハンドルに固定して、フレーム内部からハンドル内部にケーブル類を通します。

この時にヘッドベアリングにケミカルを正しく塗布しないと、お客様に負担がかかります。(お店の売上は上がる・・・)

ステアリング内部は次回!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

PLASMA6RC クリニック及び組立

2023-10-28 | クリニック


TTバイクの製作です。

まずは、クリニックで形を仕上げます。

セッティングとの大きな違いは、乗り方をプレイヤーと作り上げていきます。
巷のセッティングは凝った物でも、最大公約数を集計するシステムに個人の寸法を入力してバイクを作ります。
「さーバイクは最高の集計システムで出来上がったから、あとは乗って馴染んでいって!」って、事です。
プレイヤー合わせるシステムだと思います。

何かの力を借りての作業では仕方のない事です。

当店の EPSクリニックは、あくまで人が主体でバイクは人に寄り添います。
全身の筋肉等の緊張を見ながら人が仕上がる場所にバイクをパーツを置いていきます。

サドル高さ、サドル前後、サドル角度から始まり。


ステアリング周りは、DHパッドベース台座の位置、上記画像のDHパッドベースの無数のポジション。
DHバーの角度、DHバーの高さ、長さ。
ブルホーンバーの長さ。

組み合わせが無数からベストを探していきます。
当店では、まずプレイヤーのスタイルと目標をお伺いします。
そして、当店概念の基本を探し出しお伝えします。

そこから、いくつかの乗り方をポジションを変えレクチャーします。
あわせて、希望のスタイルを作り出しプレイヤーにチョイスを求めます。

また、100km 超でも可能なポジションも設定して提案します。
今回はイケイケスタイル。元気な体で速く走れるスタイルをチョイスされましたw

ただ、ご安心ください。
保険を掛けた作り方をしますので、ロングランニング重視仕様への変更も可能ですww


各ライダーにお褒め頂ける、無数の設定からのゴールへの到達は。
しつこさが理由だと思っています。

良いと思ったら、その周囲を試して精度を高める。
その周囲に良いゾーンがあればその周囲を探す。
あえて失敗迄探し出します。
その、失敗と理解できロジックに説明できる経験がクリニックの質を高めて来たのだと思っています。

ありがたい楽しい作業です。

つづく

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

異種ではないんです

2023-10-21 | 間違いだらけのバイク選び
こんな自転車も扱っています。

そうです!
いわゆるママチャリ。



安全・安心・完全修理を基本としておりますので、
国内大手メーカー限定になりますが扱っております。

当店で購入すると他の自転車同様、当店が責任を持って修理致します。
国家資格を持った、チェーンストアでは無い専門店のメカニックが修理します。(中高学生さんは19時半受付OKです!次の使用に間に合わせます!!)

ちなみに、私のバイトスタートはママチャリが主の自転車でして。
みっちり基本を叩き込んで頂きました。
安全重視のその考え方は今に生きています!

高級車同様に、専用ケミカルやトルクレンチを使用してゆっくりと組み上げます。
ハンドル高さ、サドル高さ、ハンドル角度他、クリニックさながら安全に使いやすい自転車を納車させて頂きます。


ちなみ、ママチャリの修理は部品準備等が主な要因で、奉仕作業になってしまうので持ち込みはお断りしています。(スミマセン)
スポーツには制限はありません。

こんな納車もとても幸せな気分になれます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする