フリーターが語る渡り奉公人事情

ターミネイターにならないために--フリーターの本当の姿を知ってください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

窮鳥、懐に入れば猟師も撃たず。されどサヨクは…ある人へのメール

2007-11-11 17:20:34 | 現状
最近、赤木智弘さんの議論をきっかけに、昔の知り合いと連絡をとった。
彼はいわゆる平和とか左翼とかいわれる世界の人である。
ただし、彼はメールのなかでわたしに道徳的説教をすることはなかった。
30代半ばで日雇い・派遣であることは告げたものの、それについてあてこすったり、なじったり、嫌みを言ったりしてこなかったのだ。
彼はとても上品な人だ。残念なことに、平和系のなかにこういった人は、経験的に言ってめったにいない。特に上の世代では珍しい。

相手の名前と自分の本名は伏せたうえで、そのメールの自分が書いた部分のみを転載する。
点線以下、転載。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Aさま

お返事、ありがとうございます。
返事が遅れて申し訳ありません。

いきなりややこしいことをお願いしてしまい、すみません。

いつ亡くなっても仕方ないなあと思いつつ、生きていたらいろいろできることもあるだろうなと考えています。
 
なお、自分が日雇い・派遣をやっているにもかかわらず、道徳的お説教をされなかったのは、ありがたいです。
経験的に言って、平和を唱えるリベラル・左翼・フリースクーラーたちは、懐に舞い込んだ弱った鳥に銃をぶっ放すような反応ばかりです。説教ゼロだったのはAさんがのほか、ハラナ・タカマサさんやkuriyamakoujiさんなどごく少数です。
「(派遣ではピンハネがある、労働基準法無視であるなどの)知識がないからフリーターになる(だからお前が悪い)」「日雇いのフリーターは仕事に対して責任感がない」「グッドウィルユニオンに入りたいというのは、堕落した物質主義だ。精神的価値を尊重していない。腐っている。」「(心身ともにぼろぼろになっているのに)いっしょうけんめい働く気がない」「甘えるな、ふざけるな、逃げるな」「もっと消費しろ(←吉本隆明かぶれの平和主義者)」「人間関係をよくしない(から使い捨てになる)」「(幼児的)万能感が強すぎる(ので正社員になれないでいる)」……。
この種の平和主義者風の攻撃的言辞がなかったことを意外に思うほどに、平和主義者らの非正規雇用者や就職氷河期世代に対する憎しみと見下し意識は激しいのです。
以前、イラク反戦のグループにいたのですが、失業者や半失業者らに対するいじめ・いやがらせのすごさと殺伐とした雰囲気に驚き、グループをやめたこともありました。

世の平和主義とか左翼とかいう人たちが、Aさんみたいに弱った鳥に銃を向けられない人が大勢だったなら、「希望は、平和」となるでしょう。
だけど残念ながら、どうやら大半の平和主義とか左翼やリベラルの人たちは
、懐に舞い込んだ鳥を殺そうとするような人たちみたいです。わたしたちの世代または階層は、それゆえに辛酸をなめているのです。

赤木智弘さんの結婚や家制度への過剰なこだわりには賛成していませんが、
わたしたち就職氷河期世代、ブラック企業経験者、日雇い・派遣等プレカリアートの窮状を軽視できないところまで平和・左翼・リベラルの勢力を追い込んだのは、彼の功績です。その点においてのみ、自分は赤木さんを支持します。

今日はこのへんで失礼します。お元気で。

ワタリ

トラックバック用URL:希望は戦争? 丸山真男をひっぱたきたい~Returns

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 飲水権の侵害!ーー(転載)... | トップ | しんどい »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バカ左翼の撲滅を (おいどん)
2007-11-12 16:54:18
日本の「左翼」と呼ばれる人の独善ぶり・醜悪さというのは本当に反吐が出ます。あの人たちは結局他者を貶めて優越感を持つことを目的にしているとしか思えません。
その点そいつらに一矢を報いてくれた赤木さんには本当に感謝です。
同感です (ワタリ)
2007-11-12 22:55:31
おいどんさん、お久しぶりです。

実は、mixiに赤木さんを応援するコミュがありまして、わたしも参加しています。
そこで知り合った人たちとメッセージや電話などで連絡をとると、おいどんさんと同じことを言っている人たちもいますよ。

あの人たちにとっては「(異質な)他者」とは企業や官庁のことを指すのでしょう。また、マイノリティからすれば彼ら彼女ら自身もまた「(異質な)他者」と見られていることについては驚くほど自覚がない。
企業・官庁と中産階級の自己中心主義。自らを崇拝する儀式。
それがサヨクという勢力であり、サヨクの活動なのです。
そこに真心をこめた参加をできない貧しい若者を集めては、心理的に問題だ、人格がおかしいなどと道徳的説教をやらかすわけですね。
あるいは、日本らしい勤勉さがないと決めてかかる。
なんで中卒で働いているからといって、「勉強しろ!」とか「もっと知的好奇心をもつことが大事」とか言えるのでしょうか。
今や元国立大学の理系の学部は、どんどん企業の下請け化がすすんでいるとの声もあります。
そんなふうに生産された知識を、生活もつらいわたしたちのような人間が、消費者金融で借金でもして消費しろとでもいうのでしょうか。奨学金だって返さなければならないんですよ。

赤木さんは、本当に突破口を開いてくれたとわたしも思っています。
自意識過剰・傲慢のサヨク。まるで学校みたいに中産階級の閉鎖的サークルをつくり貧乏人を排除しまくるサヨクは、他の勢力ともあわさって、いったんは岸3世の安倍を退陣させました。その功績は尊い。
ただし、こんな状態では、これからも極右への防波堤の役目ははたせないのではないでしょうか。
もっと別の勢力が大きくなる必要がありますね。

Unknown (BUNTEN)
2007-11-13 23:50:54
うーん、ヘタレとはいえサヨクのつもりの私はどう反応していいか悩みます。orz

とりあえずURL欄に「ヘタレ左翼のひとりごと」へのリンク貼っておきますね。m(_@_)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現状」カテゴリの最新記事