小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

ミャンマーではインフルエンザが夏(7〜9月)に流行る。

2018年09月24日 15時29分53秒 | 感染症
日本では毎年、12月〜翌年3月中心にインフルエンザが流行します。一方、南半球では日本とは逆の季節になるので、インフルエンザ流行も日本の夏に当たる5〜8月に流行します。では、熱帯・亜熱帯ではどうでしょうか?インフルエンザの迅速診断キットが普及してから、小児科医の間では「沖縄では1年中インフルエンザが小流行している」ことが常識になっています。しかしそれがなぜなのか、という問いに対する答えは、まだわかっていないようです。 . . . 本文を読む
コメント

入園してからずっと風邪を引いているんです・・・。

2018年09月01日 15時15分22秒 | 感染症
 新しい年度が始まる4月。  保育園に入園する乳幼児の中には、登園開始後、風邪をもらって治ってを繰り返し、登園日数より休んだ日数の方が多いお子さんも散見します。  すると、ご両親は心配になり、「うちの子、どこか悪いんでしょうか?」と相談に来られます。  たいてい、風邪の反復です。  私はずいぶん前から「入園症候群」とネーミングして説明してきました。 (2012年04月28日)「入園症候群」が気 . . . 本文を読む
コメント

朝日新聞記事「おたふくワクチンの葛藤」を読んで気になったこと

2018年08月06日 07時01分40秒 | 感染症
 2018.8.3の朝日新聞に「おたふく風邪の葛藤」(科学・医療社説担当、行方史郎氏)という囲み記事が掲載されていました。  しかし、小児科医の私から見ると、調べが足りない印象が無きにしも非ず。  一部抜粋しながらコメントさせていただきます(以下、茶色い字が記事です); (社説余滴)おたふくワクチンの葛藤 行方史郎  2015~16年に300人余りの患者を調べた日本ログイン前の続き耳鼻咽喉(いん . . . 本文を読む
コメント

致死率75%の「ニパウイルス」

2018年07月08日 06時49分41秒 | 感染症
 聞き慣れない「ニパウイルス」という病原体。  インドでこの感染症発生し、なんと致死率75%と報告されているため、取り上げました。  昨今のグローバル化で、遠い世界の感染症がいつ空輸されるかわからない時代になりましたので。 ■ 致死率75%、ワクチン未開発の「ニパウイルス」、インドで感染拡大の可能性(2018.5.23 YAHOO!JAPANニュース)より ■ 「ニパウイルスで3人死亡、40人以 . . . 本文を読む
コメント

「小児抗菌薬適正使用支援加算」を複雑な思いで見ています。

2018年04月08日 09時33分53秒 | 感染症
 はじめにお断りしておきますが、抗菌薬とは抗生物質のことです。  この話の基本として「抗菌薬は細菌を退治する薬物であり、ウイルスには効かない」ことをまずご理解ください。  近年、「抗菌薬適正使用」が叫ばれ、国の施策として実施しています。  メインの目標は「耐性菌対策」であり、これは世界規模で行われています。  さて、2018年4月から件名の「小児抗菌薬適正使用支援加算」が発効しました。  これは . . . 本文を読む
コメント

キノコが原因になる病態はアレルギー?感染症?

2018年03月25日 09時09分03秒 | 感染症
 「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」(ABPA)という長い病名があります。  今から四半世紀前にアレルギー学会専門医試験の勉強をしているときに、「アレルギー疾患なのに熱が出る病気があるんだ」と驚いたことがあります。  一般的に、病原微生物が体内で増殖して体に悪影響を及ぼす病態を「感染症」。  病原性がない異物が体内に侵入してそれを排除しようとする免疫反応が体に悪影響を及ぼす病態を「アレルギ . . . 本文を読む
コメント

ノロウイルス集団感染と対策

2018年02月17日 13時59分27秒 | 感染症
 ノロウイルスの集団感染がニュースにならない年はありません。  各施設、対策は取っているのに、なかなか征圧できない感染症の一つです。  朝日新聞からの事例報告と、読売新聞の感染対策の解説記事を紹介します。 ■ 病院でノロウイルス集団感染 患者ら18人 福岡 (2018年02月15日:朝日新聞)  福岡市は14日、南区の病院で18人が下痢や吐き気などの症状を訴え、うち5人からノロウイルスが検出さ . . . 本文を読む
コメント

ジフテリアは過去の感染症ではない。

2018年02月10日 20時17分47秒 | 感染症
 日本では過去の病気と考えられているジフテリア。  喉の強い炎症で窒息死する怖い感染症です。  3種混合の予防接種開始後に激減し、現在の四種混合に引き継がれてその状態が維持されています。  思い起こせばソ連崩壊後、予防接種率低下に伴いロシアで流行したことを記憶しています。  さらに近年、迫害されている民族「ロヒンギャ」の間で発生しているという記事が目に止まりました。 ■ バングラデシュでジフテ . . . 本文を読む
コメント

「エンテロウイルスD68」感染症の多様性

2018年02月04日 06時49分23秒 | 感染症
 エンテロウイルスD68は、はじめアメリカでポリオ様麻痺を後遺症として残す感染症として2014年に注目されました。  その翌年の2015年秋、日本で喘息発作を起こすウイルスとして注目されました。  どんなウイルスなのでしょう?  “エンテロ”とは“腸管”という意味です。  エンテロウイルスとは腸管で増殖するウイルスという意味を含んでいるのですね。  小児科医にとって、エンテロウイルスは夏風邪の原 . . . 本文を読む
コメント

加湿器によるレジオネラ感染

2018年02月02日 06時25分54秒 | 感染症
 従来「レジオネラ感染症=循環風呂」というイメージがありました。 ■ 「広島入浴施設でレジオネラ集団感染、死亡例も」 (2017/5/8:日経メディカル)  しかし今回は加湿器が原因でした。  「塩素系洗剤ですべての加湿器のタンクなどを洗った」ものの、それでも感染者が出現し、「洗剤を使っても、菌がぬめり(生物膜)の中で守られていた可能性」が指摘されました。 ※ 下線は私が引きました。 ■ . . . 本文を読む
コメント