小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

「舌下免疫療法で重篤な副反応はなし」

2015年05月26日 04時31分58秒 | 花粉症
 昨年秋解禁になったスギ花粉症舌下免疫療法。  実際に行った症例報告が第116回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会でなされ、頻度は多いけど治療を中止するほど重篤なものはなく安全な方法であることが示されました。  興味深かったのは、胃腸症状が出た際は飲み込み法から吐き出し方へ変更することによって解決したということ。  食物アレルギーの急速減感作療法を行う小児科医からは、治療中の胃腸症状が好酸球性胃 . . . 本文を読む
コメント

新興感染症に「地名」「人名」「動物」含まれる名称はNG,WHOが指針

2015年05月12日 05時30分07秒 | 予防接種
 なるほど、と頷けるニュースが流れました。  病名にはいろいろな由来がありますが、偏見を助長することがあります。  四半世紀前の研修医時代、総回診の際に「点頭てんかん」という病名でプレゼンしたら、上司から「“てんかん”という病名はできる限り患者の前では使うべきではない、別名の“ウエスト症候群”を使いなさい」と指導されたことがあります。  病名を使う場合、ある人々にとっては聞きたくない名前である可 . . . 本文を読む
コメント

麻疹罹患による免疫抑制は「最大3年」続く恐れがある

2015年05月09日 20時23分42秒 | 感染症
 麻疹(はしか)に罹った後は約1ヶ月間、免疫力が抑制されると教科書に書いてあります。  そしてこの病態は、予防接種も麻疹罹患後1ヶ月の間隔を開ける根拠となっています。  ところが、この一過性免疫抑制状態は、より長期間続くというニュースが流れました; ■ はしかの免疫抑制、最大3年続く恐れ (2015年05月08日:AFP)  麻疹(はしか)が免疫系に及ぼす悪影響は最大3年にわたり持続する可能 . . . 本文を読む
コメント