小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

スギ花粉症の「舌下免疫療法」が効かない人/受けられない人

2014年12月31日 07時15分38秒 | 花粉症
 何かと話題のスギ花粉症舌下免疫療法(シダトレン®)。  寄せられる期待は大きいのですが、残念ながら万能ではありません。 ■ 花粉症さん待望の「舌下免疫療法」、受けられない人って? (2014.12.29 11:00 Excite Bit コネタ:田幸和歌子)  大雪被害が各地で報じられるなか、早くも春の訪れを日々望む人もいるだろう。まだまだ遠い春。でも、花粉症に悩む人は、そろそろ準備に取り掛か . . . 本文を読む
コメント

花粉症緩和米/治療米~ご飯を食べるだけで花粉症治療ができる時代が来る?

2014年12月30日 06時29分23秒 | 花粉症
 この秋からスギ花粉症に対する「舌下免疫療法」がはじまりましたが、今度は「米を食べて治す方法」が登場しそうです。  近年、「口から入ると免疫寛容」「皮膚から入ると感作」という説がメジャーとなり、これを利用した治療の開発が進んでいますね。 ■ 花粉成分含んだ米、毎日食べると花粉症が緩和? (2014年12月28日:朝日新聞) 花粉症緩和米をつかった臨床研究  スギ花粉の成分を含ませたコメを毎日食べ . . . 本文を読む
コメント

第1回総合アレルギー講習会へ参加してきました。

2014年12月22日 06時57分44秒 | 気管支喘息
 日本アレルギー学会の秋の学会が「講習会」に名前を変えてはじめての会合です。  参加費20000円なり(高い!)。  土日開催ですが、開業医はこのインフルエンザ流行期に休診にすることが難しいので、日曜日だけの参加となりました。半分だから参加費も半分にならないかなあ・・・(苦笑)。  愚痴はさておき、印象深かったのが2つの「実習」です; ■ 吸入指導(小児):長尾みづほ先生(国立病院機構三重病院) . . . 本文を読む
コメント

「小児気管支喘息治療の最新情報」(渡辺雅子/勝沼俊雄先生)

2014年12月05日 08時08分54秒 | 気管支喘息
 前置きとして、経験談を少々・・・  私は小児喘息の診療に四半世紀以上関わってきました。  その間、治療の主役となる薬物の入れ替わり~変遷を経験しました。  小児科医になった1980年代後半は、気管支拡張薬「テオリフィン製剤」の全盛期。  内服ではテオドールやテオロング、点滴ではネオフィリン。  この薬は効くのですが、有効域が狭いのが難点で、多いと中毒症状が出ますし、少ないと効きません。  そ . . . 本文を読む
コメント

「シダトレン®」の錠剤が治験中。

2014年12月03日 08時04分47秒 | 花粉症
 スギ花粉症舌下免疫療法「シダトレン®」、当院では現在2人の患者さんに使用中ですが、問題なく継続できています。  いずれシダトレン®の錠剤が発売されるらしい、との噂を耳にしていましたが、啓蒙書の紹介文にその記載を見つけました;  今回発売されたシダトレンは,液剤であるが,舌下錠剤も開発されている。現在,スギ花粉症に対して5歳以上を対象とした治験が始まっている。  また,シダトレンとは別にダニ(ハ . . . 本文を読む
コメント