小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

妊娠中の服薬に関する情報

2016年10月26日 11時45分42秒 | 医療問題
 お役立ち情報です。 ■ 妊産婦に強い薬への抵抗感、正しい薬の知識の普及を――持病を抱える妊婦は医師、薬剤師との相談が不可欠 (HealthDay News 2016年10月24日)  妊婦や授乳婦は、胎児や新生児への悪影響を懸念して、市販薬だけでなく処方薬でも服用を我慢するなど、薬に対する抵抗感が依然として強いことが、くすりの適正使用協議会が行った調査でわかった。先ごろ、東京都内で開かれたメ . . . 本文を読む
コメント

予防接種による副反応の障害認定(2016年10月)

2016年10月26日 11時37分11秒 | 予防接種
 厚生労働省から公表されました; ■ BCGやHPVなど11件の疾病障害認定- 厚労省が公表、急性脳症も (2016.10.25:CBニュース)  厚生労働省は、疾病・障害認定審査会感染症・予防接種審査分科会の審議結果を公表した。結核に対する予防効果があるBCG や子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)などを接種した15件について審議した分科会は、11件で予防接種と疾病との因果関係が否定で . . . 本文を読む
コメント

ダニによるアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法の効果

2016年10月20日 08時10分48秒 | アレルギー性鼻炎
 ダニに対するアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法の治療薬は、2016年10月時点の日本では2種類発売されています。 □ アシテア®(塩野義製薬) □ ミティキュア®(鳥居薬品) ※ 『ミティキュア』と『アシテア』、同じダニアレルギーの減感作療法の薬の違いは?(わかりやすいブログ)  処方するには一定の資格が必要ですので、どの医療機関でも扱っているわけではありません。  最低でも数年間毎日使用すると . . . 本文を読む
コメント

ワクチンに対する不信感の大きい国ランキング2016 ・・・日本は何位?

2016年10月18日 08時13分19秒 | 予防接種
 こんな報告が目にとまりました。  日本は上位に食い込んでると思いきや、なんと「安全と考えている国」の上から3番目!  世界の中で見ると、日本におけるワクチン反対派は少数派であることを確認できました。  そして、栄えある第一位は・・・フランス!  ヨーロッパ諸国が「ワクチンを信じていないランキング」上位を占めている一方で、アジアは全体的にワクチンを信じている国が多いと報告されています。 ■ ワ . . . 本文を読む
コメント

A群レンサ球菌咽頭炎に最良の抗菌薬は?

2016年10月17日 06時00分26秒 | アレルギー性鼻炎
 古くて新しい話題、溶連菌性咽頭炎の治療に関する論文を紹介します。  従来、ペニシリン系抗菌薬10日間投与がスタンダードでした。  しかし、別系統のセフェム系抗菌薬5日間でも治療効果は変わらないことが報告され、現在は混在しています。  当院では長らくペニシリン系抗菌薬で治療してきましたが、約5%に薬疹が出現するため、「ペニシリンアレルギーを作っているのではないか?」との疑問が拭えず、数年前にセフ . . . 本文を読む
コメント

第53回日本小児アレルギー学会(2016.10.8-9)へ参加してきました。

2016年10月10日 10時29分54秒 | 小児医療
 今年は群馬県前橋市(ベイシア文化ホール他)での開催です。  地元ですが、土曜日は午前診療終了後に前橋に向かう予定も疲労でたどり着けず、10/9のみの参加となりました。  最近、アレルギー関連学会に参加すると「食物アレルギー」と「アトピー性皮膚炎」のセクションばかり聴いてきたので、今回は違う分野の最新情報を仕入れて明日からの診療に役立てようと考えました。  乳児喘息関連では、目新しい知見はありま . . . 本文を読む
コメント

卵は早く開始した方がアレルギーになりにくい?

2016年10月03日 07時27分51秒 | アレルギー性鼻炎
 上の子が食物アレルギーやアトピー性皮膚炎だと、弟や妹が生まれたとき、アレルギーが心配で卵やピーナッツなどを食べさせないようにしがちです。  しかし近年、摂取開始を遅らせる方がむしろ危険であり、早期から摂取させる方が食物アレルギーになる率が低くなると報告されてきました。  なんだか逆説的でピンときませんよね。  これは2008年に発表されたLackらによる「二重抗原曝露説」(人体にアレルゲンが入る . . . 本文を読む
コメント