小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

「アトピー性皮膚炎を治す漢方療法」

2008年09月16日 08時56分13秒 | アトピー性皮膚炎
田中盛久著、1995年、池田書店発行。 西洋医学のアトピー治療に限界を感じる今日この頃、漢方治療の本はないものか・・・そのものズバリの題名の本を見つけました。 著者は日本漢方のメッカの一つである北里研究所の先生です。アトピー性皮膚炎の漢方療法について具体的に、そして微に入り細に入り懇切丁寧に解説しています。これほど詳しく、そしてわかりやすく書かれた内容は専門書でもあまりありません。ただ、盛りだく . . . 本文を読む
コメント

「アトピーは専門病院でここまで治る」

2008年09月13日 23時21分02秒 | アトピー性皮膚炎
岡部俊一著、1998年、現代書林発行. アトピー性皮膚炎専門病院の皮膚科医が一般向けに書いた解説本です. 著者名をみて「どこかで聞いたことがあるなあ」と思ってパラパラめくってみたら、なんと私の出身大学の先輩でした. 学生実習で皮膚科を回っているとき、漢方使いの一風変わった先生がいて、彼が岡部先生なのでした. 懐かしさも手伝って購入・読了. 岡部先生も前出の江部先生同様、アトピー性皮膚炎は軟膏治 . . . 本文を読む
コメント

「アトピーカウンセリング」

2008年09月11日 08時59分06秒 | アトピー性皮膚炎
正式名称:やさしい治療+こころのケアの「アトピーカウンセリング」ー記入式ーアトピーを治すもう一つの治療法。  野村有子(皮膚科医)、内田恵理子(臨床心理士)著、2005年、日本医療企画発行。 日々子どものアレルギー疾患の診療にあったっていますが、従来のアトピー性皮膚炎治療ガイドラインに沿った環境整備・スキンケア・軟膏療法では上手く管理できない患者さんがいます。何が足りないのか自問自答しているとこ . . . 本文を読む
コメント

「アレルギーなんかこわくない!」

2008年09月06日 07時39分26秒 | 食物アレルギー
三宅健著、2001年、講談社発行. 小児アレルギー界では有名な先生の肩の凝らないアレルギー解説本です. 彼の診療のポイントは「症状が出るに至ったストーリーを考える」こと. アレルギーの患者が悪化したとき、「なぜ悪くなったんだろう?」としつこく探求します. 犯人が見つかると、それを避ければ症状は出ないのです. これを繰り返していると、だんだん症状に悩まされない生活スタイルが出来上がります. すば . . . 本文を読む
コメント

「花粉症は環境問題である」

2008年09月02日 02時49分12秒 | 花粉症
奥野修司著、2008年、文藝春秋社発行(文春新書). 著者はジャーナリストであり花粉症患者でもあります. 日本国民5人に1人が花粉症の時代、著者自身の花粉症体験からふとした疑問を持ち、いろいろ調査・取材しているうちに出来上がった本です. なぜこんなに患者が増えたのか、治療法は百花繚乱であるが根本的な治療法であるアレルゲン除去はなぜ議論されないのか? 取材を進めるうちに、スギ花粉増加は戦後に植林し . . . 本文を読む
コメント