小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

佐橋紀男氏のスギ花粉着床状況フィールドワーク2018

2018年01月27日 08時24分32秒 | アレルギー性鼻炎
 佐橋氏は「花粉 Learning」というHPを主催し、長年自分が現場に足を運んでスギ花粉の着き具合を調べる現場派の学者です。  気象庁やウェザーニュースなどの大手は、近年の飛散実績や前年夏の日照時間などから計算で花粉飛散予想を割り出しますが、やはり「スギが実際にどれだけ花粉を着けているか」という情報に勝るものはありません。  毎年私は彼の報告記事を待っています。  なかなか掲載されないと、御高齢 . . . 本文を読む
コメント

OAS(Oral Allergy Syndrome), PFAS(Pollen-Food Allergy Syndrome)

2018年01月03日 08時36分34秒 | アレルギー性鼻炎
 口腔アレルギー症候群(Oral Allergy Syndrome, OAS)のわかりやすい&詳しい解説記事を見つけたので紹介します。  病名から口の中の症状に限定されると思いがちですが、中には重篤な症状が誘発される患者さん(アレルゲン・コンポーネントのLTPに反応する人)もいるので、甘く見てはいけません。 <ポイント> ・OASの概念:即時型食物アレルギーの特殊型で、食物摂取時に口腔・咽頭粘膜 . . . 本文を読む
コメント

1960年以前の家畜への抗菌薬入り飼料によりペニシリン耐性が始まった。

2017年12月26日 05時55分18秒 | アレルギー性鼻炎
 耐性菌は人に臨床応用する前から存在していた、そしてその理由は家畜への抗菌薬使用だった、と推論した「The Lancet Infectious Diseases」掲載論文を紹介します。  現在でも家畜飼料に入れる抗菌薬が問題視されており、未解決問題です。  医師が「抗菌薬適正使用」しても、これを防ぐことはできません。 ■ アンピシリン耐性菌は臨床導入前から存在していた? (HealthDay N . . . 本文を読む
コメント

米国の季節性アレルギー性鼻炎ガイドライン2017

2017年12月25日 06時23分35秒 | アレルギー性鼻炎
 季節性アレルギー性鼻炎とは、花粉症のことです。  日本のガイドラインは「内服薬ありき」ですが、米国では「ステロイド点鼻薬ありき」とちょっと異なります。  また、免疫療法は「注射」(皮下免疫療法)とあり、日本で普及しつつある「舌下免疫療法」は認可されていないのでしょうか。 ■ 季節性アレルギー性鼻炎の薬物療法に新ガイドライン (HealthDay News:2017/12/25:ケアネット)   . . . 本文を読む
コメント

健康ライフ「アレルギー性鼻炎を本気で治すために」(浦長瀬昌宏Dr.)

2017年11月02日 14時39分08秒 | アレルギー性鼻炎
 NHKラジオ第一放送の健康ライフから「アレルギー性鼻炎を本気で治すために」(神鋼記念病院 耳鼻咽喉科科長:浦長瀬昌宏:うらながせあつひろDr.)。  特に新しい情報はありませんでした・・・。 □ 10月16日(月)「アレルギー性鼻炎とは何か」 ・鼻閉は睡眠時無呼吸症候群につながる可能性がある。 ・鼻の中に入ってきた抗原を迎え撃つ抗体と反応し入ってこないようにするために狭くなる(鼻閉)、洗い流 . . . 本文を読む
コメント

水害に学ぶ医療支援の課題

2017年11月02日 08時31分57秒 | アレルギー性鼻炎
 災害時はすべては混乱します。  医療も例外ではありません。  下記記事を読み、災害医療を効率的に行うには、平時からあらかじめ準備・シミュレーションしておくことが必要とあらためて感じました。 ■ 水害に学ぶ医療支援の課題 効率化に必要な連携とは 日医総研が報告書 (共同通信社2017年11月1日)  2015年9月の関東・東北豪雨では、茨城県常総市で鬼怒川が決壊して市街地が水没し、死傷者が出たほ . . . 本文を読む
コメント

肩こりと枕

2017年10月29日 06時09分03秒 | アレルギー性鼻炎
 「枕の上手な選び方」解説。  読売 vs 朝日、どちらがわかりやすいですか?  まずは読売新聞の記事; ■ 頭痛、肩こり…枕が原因? (鈴木敦秋/取材協力=山田朱織・16号整形外科院長、岡田晃・枕工房「待夢」代表) (2017年10月18日;読売新聞) 体に合ったものに替える   Q  眠りが浅くて、夜中に目がさめる。朝から体がだるいし、集中力もないよ。   ヨミドック  原因は、枕かもしれ . . . 本文を読む
コメント

N Engl J Med の食物アレルギー総説(2017)の紹介

2017年10月24日 07時31分49秒 | アレルギー性鼻炎
 食物アレルギーに関して、重要な総説の解説記事を見つけました。  抜粋・引用させていただきます。 ■ アナフィラキシー死亡の最大原因はエピネフリン投与の遅延である!! 西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正 (2017年10月20日:メディカル・トリビューン)  N Engl J Med (2017; 377: 1168-1176)に食物アレルギーの総説(Clinical Practice)がありま . . . 本文を読む
コメント

「ワクチン否定派はツイッターに集まる」らしい。

2017年10月23日 08時59分43秒 | アレルギー性鼻炎
 人の悪口は楽しいモノで、現代の井戸端会議としてのツイッターでは盛り上がる盛り上がる。  一度悪評がたつと、その後正式に否定されても記憶としてはインパクトの強い「悪口」の方が残りやすいのは人間の性らしいです。  記事の中での「ツイッターでのワクチン否定派の主張を知ることで、ワクチンに関する懸念や誤解を解く手がかりを得ることができる」という記載には頷けますね。  ワクチン反対派の欠点は「自然感染 . . . 本文を読む
コメント

ペットから人に感染する、あなどれない感染症「SFTS」

2017年10月12日 06時06分56秒 | アレルギー性鼻炎
 重症化しやすい重症熱性血小板減少症候群(SFTS)。  死亡率は約20%!  本来はマダニに噛まれて感染する疾患ですが、ペットを介した感染もあり得ることがわかってきました。  先日、野良ネコに噛まれた女性が死亡したことが報告されましたが、今回は飼い犬から、それも噛まれたエピソードはないとのこと。   ■ マダニ感染症、ペットから人に感染 世界で初確認 (2017年10月10日:朝日新聞)  野 . . . 本文を読む
コメント