小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

夏の終わりの花粉症

2016年08月31日 06時25分55秒 | アレルギー性鼻炎
 花粉の飛散が夏のイネ科から、秋の雑草系(キク科)へ移行する季節となりました。  スギ/ヒノキは「風媒花」と呼ばれ、風に乗って花粉が長距離飛びます。一方、ブタクサなどのキク科雑草は「虫媒花」と呼ばれ、虫が花粉を運ぶタイプなので遠くまで花粉が飛ぶことはありません(風が強い日はそれなりですが)。なので、草が生えている場所へ行くと症状がひどくなる傾向があります。小中学生は、登下校が鬼門になります(^^; . . . 本文を読む
コメント

「熱性けいれん7つの疑問に答える」

2016年08月09日 07時02分32秒 | アレルギー性鼻炎
 こんなパンフレットがいつの間にか手元にありました; ■ 診療ガイドラインが19年ぶりに改訂「熱性けいれん7つの疑問に答える」 (NIKKEI Drug Information 2015.08)・・・登録・有料サイトです。 ポイントをおさえたわかりやすい内容なので抜粋・紹介します。 その前に、熱性けいれんの概要は下記でご確認ください; ■ 熱性けいれん(当院HP) ■ 「熱性けいれん診療ガイ . . . 本文を読む
コメント

乳児のアトピー性皮膚炎の治療の鍵は?

2016年08月02日 21時25分19秒 | アトピー性皮膚炎
 当院では現在、乳児アトピー性皮膚炎を対象にプロアクティブ療法を行っています。  すると、従来のリアクティブ療法と異なり、湿疹がよくなってステロイド外用剤を離脱できる患者さんが増えてきて、その効果を実感しています。  一方で、なかなかステロイド外用薬塗布間隔を開けられず、結局副作用を熟知した皮膚科専門医へ誘導する例も存在します。  この2群はどこで分かれるか・・・初診時の月齢かな、と感じています . . . 本文を読む
コメント