小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

インフルエンザワクチンの効果が薬に左右される?

2015年11月17日 16時16分29秒 | 予防接種
 インフルエンザワクチンの効果が薬により左右されるという報告を紹介します。  ステロイドの全身投与(内服や注射)や免疫抑制剤使用中は、生ワクチンは発症する危険性あり、不活化ワクチンは危険ではないけど“やり損”になる可能性があることは有名です。  しかし、他の薬剤でも影響が出ることがわかってきました。  注目すべきはイミキモドクリーム(商品名ベセルナ)。  尖圭コンジローマや日光角化症,基底細胞が . . . 本文を読む
コメント

IgE高値 ≠ アレルギー

2015年11月17日 06時46分39秒 | アトピー性皮膚炎
 アレルギー検査信仰がはびこっています。  「アレルギー検査と症状は必ずしも一致しません」「食物アレルゲンの特異的IgE抗体が陽性でも食べて無症状のこともありますし、弱陽性でもアナフィラキシーを起こすことがあります」と繰り返し啓蒙しても、保育園/幼稚園から「検査結果がないと対応できない」「毎年検査するように指示された」という相談を良く持ちかけられ、小児科医はうんざりしています。  IgE高値の子 . . . 本文を読む
コメント