小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

「バイバイ、おねしょ!」(冨部志保子著)

2016年07月21日 15時42分31秒 | 小児医療
「バイバイ、おねしょ!」朝日新聞出版、2015年発行。 夜尿症関連本の紹介です。 著者はライターで、以下の夜尿症専門医を取材してまとめた内容です。 近年発行される夜尿症関連の本が少ない中、「夜尿症治療の今」を知るよい資料となっています。 ・池田裕一先生(昭和大学藤が丘病院小児科准教授) ・榎本信哉先生(えのもとクリニック院長) ・大友義之先生(順天堂大学附属練馬病院小児科先任准教授) ・河内明 . . . 本文を読む
コメント

「第33回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会」見聞記。

2016年07月18日 07時50分10秒 | 食物アレルギー
2016.7.16/17に仙台市で開催された学会へ参加してきましたので体験記を少々。 この学会は「小児アレルギーエデュケーター(PAE)制度」の母体であり、小児科医だけでなくメディカルスタッフ(看護師/薬剤師/管理栄養士など)の参加も多いことが特徴です。 会場では群馬大学小児科アレルギーグループの先輩後輩にお会いし、大学時代の同級生と旧交を温め、電子カルテで知り合ったDr.とも再会しました。 . . . 本文を読む
コメント

「夜尿症診療ガイドライン2016」を読んで

2016年07月12日 07時57分38秒 | 小児医療
「夜尿症診療ガイドライン2016」 編集:日本夜尿症学会 発行:診断と治療社、2016年 夜尿症は小児医療の中で管理が難しい疾患の一つです。 従来の教科書通りの治療を行っても、なかなか手応えがありません。 「治療抵抗例は専門医に紹介」と書いてありますが、群馬県に小児夜尿症専門医は存在しません。 夜尿症は3つの型に分類されてきました。 1.多尿型:尿が多いため朝まで持たずに膀胱から溢れてしまう . . . 本文を読む
コメント

福家先生の講演「小児アトピー性皮膚炎〜診療のポイントと治療への活かし方〜」を聴いてきました。

2016年07月01日 06時15分25秒 | アトピー性皮膚炎
 第6回群馬小児アトピー性皮膚炎学術講演会(2016.6.30)に参加し、アトピー性皮膚炎に対するプロアクティブ療法の伝道師である福家辰樹先生のお話を聴いてきました。 <参考> ■ 「アトピー性皮膚炎の外用療法-プロアクティブ療法」 (Clinical Derma, 2014年冬号) ■ 「小児アトピー性皮膚炎」(第9回 日本小児耳鼻咽喉科学会)  相変わらずまじめで腰の低い先生だなあと感心し . . . 本文を読む
コメント