「雨漏り修理、防水工事、屋上緑化、庭」職人社長安藤のblog

1級防水技能士、1級造園技能士、屋上緑化コーディネーター、ガーデンデザイナー、職業訓練指導員の有資格者/埼玉県さいたま市

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

必殺雨漏り修理人/職人社長安藤の現場報告 埼玉県/エントランス上の庇防水改修工事

2017-01-24 19:30:57 | 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

一級防水技能士


雨漏り修理に対する情熱はだれにも負けない!
いつも本気で真剣に雨漏り修理に取り組んでいる必殺雨漏り修理人/職人社長の安藤です。


必殺雨漏り修理人/職人社長安藤の雨漏り調査 エントランス上の庇防水



防水施工前の状態は動画の通りです。
指で押したり引っ張ったりすると、その感触はまるで大福もちのようでした。
いや、でもこのたとえが一番伝わると思います。
本当に「大福もち」だったんです。


この大福もちのような感触、膨れは以前施工した防水職人の撹拌ミスか材料自体の不具合による中途半端な材料の硬化が原因だったのかもしれません。

今回の雨漏りの原因になった防水層の不具合の原因についてです。
「大福もち」以外では、春、夏、気温上昇に伴い下地から突き上げる湿気、熱い空気によって防水層に膨れが生じたこと。

下地に使用されたボードの伸縮、地震によるボードの動きの影響を受けて、防水層に亀裂が発生したこと。

そして、その亀裂部分から雨水が侵入し、下地まで入り込んだ雨水に起因する防水層の膨れ、中途半端な硬化状態の材料は経年劣化に伴い、時間をかけて硬化していった。
そのため、本来あるべき材料の硬化状態ではなく、触ると大福もちのような柔らかい感触だったのかもしれません。


それでは既存防水層の撤去開始です。

撤去を始めてみると、下地に使用されているボードが出てきました。

接着力が悪いので、わりと簡単に撤去できる場所もあります。

このように接着が悪いということは、ボードの上に直接プライマーを塗布して、ウレタン防水を施工する方法はダメだということです。

所によっては、接着しているところもあります。

これを見ると、やはり材料はしっかりと硬化していなかったようです。
材料の硬化不良の原因は、防水職人の撹拌ミスか材料自体の不具合です。

防水材の硬化不良以外に違和感を感じるのは、内装工事に使用するボードが防水下地に使用されていたこと、下地にボードが使用されていたのに防水職人は接着力を高めるための下地処理をしていなかったことです。

防水改修工事には、知識と技術、現場経験の中で学んでこと、そしてそれを現場で活かすことが必要不可欠だと思います。


今回の雨漏りは、既存防水層の不具合が原因でしたが、その不具合が起きる原因があるからこそ発生した雨漏りです。
そして、その不具合の原因は新築時の施工でした。

今回の改修方法は既存防水の全撤去、ウレタン防水/通気緩衝工法です。
脱気筒を設置して下地に含まれている湿気を抜くこと。

下地のボードに動きが発生しても、ウレタン防水/通気緩衝工法なので、安心感があること。
ボードの下地処理も当然行っています。

これで、僕自身も安心できます。
10年の雨漏り防水保証書を発行しました。


防水改修工事は、誰が工事をするのかによって結果が違ってくると思います。
特に防水改修工事についていえば、知識と技術だけでは不足です。

現場経験を自分の知恵として活かした現場施工ができる、ということが防水改修工事においてとても重要だと考えています。

そのためには、研究熱心でなければならない、その熱い思いを維持しているか、防水改修工事をどう考えているか、自分の工事に実印が押せるか、…ちょっと熱く語ってしまいましたが、僕は重要だと考えています。


それでは、また。

職人社長の安藤



本音で語る「職人社長の安藤」のホームページはこちらでございます。クリック!クリック!



職人社長安藤への直行便はこちらをクリック!



Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
コメント

必殺雨漏り修理人の雨漏り調査報告書~防水の点検をしてみると、これがまたひどかった!

2017-01-21 19:14:13 | 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

一級防水技能士


いつでも本気で真剣! 雨漏り修理に対する情熱はだれにも負けない!
必殺雨漏り修理人の職人社長安藤です。


エントランスホールの内壁への雨漏り調査の為に、梯子でエントランス庇の上に上がってみると、これがまたなんともひどい状態でした。
そりゃあ、雨漏りしますよ。

それでは、一緒に見ていきましょう。

梯子でエントランス上に上がってみると、こんな感じです。

なんだかおかしい、ちょっと違和感を感じませんか。
膨れていますよね。
その数が気持ち悪いほど多いでしょ。

近づくとはっきりわかります。

結構不気味な感じです。
もう少し見ていくと、なぜこんな防水層になってしまったのかが見えてきます。

それにしても、ここを仕上げた防水屋さんはどんな施工をしたのか、気になるところです。

さらに見ていくと、これが膨れだけじゃなかったんです。

穴が開いていました。

防水もペラペラだし、この防水はダメです。
防水が切れると、雨水が侵入します。
その雨水が膨れの原因になるんですね。

こんな感じで切れているところも数か所ありました。

これじゃあ、雨漏りしてもおかしくありませんね。

これほどひどいと既存の防水層を全部撤去しないと良い仕事はできません。
良い仕事をするには、全撤去です。
そして、新規の防水を施工します。

防水層を撤去しても下地には水が含まれているので、そのあたりも気を付けて施工しなくてはなりません。
やはりウレタン防水/通気緩衝工法が適していると思います。


必殺雨漏り修理人の職人社長安藤の工事店は、このような現場では、まず既存のダメな防水層を撤去、防水下地処理をして、ウレタン防水/通気緩衝工法を施工します。
もちろん10年の雨漏り防水保証付です。


必殺雨漏り修理人は、いつでも工事は本気で真剣!
全力を尽くしています。



それでは、また。

職人社長の安藤



本音で語る「職人社長の安藤」のホームページはこちらでございます。クリック!クリック!



職人社長安藤への直行便はこちらをクリック!



Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
コメント