「雨漏り修理、防水工事、屋上緑化、庭」職人社長安藤のblog

1級防水技能士、1級造園技能士、屋上緑化コーディネーター、ガーデンデザイナー、職業訓練指導員の有資格者/埼玉県さいたま市

さいたま市/雨漏り修理日記~シールの仕上がりにも仕事に対する情熱、技術力、くっそ真面目さ、本気度が出るものです

2017-02-18 18:36:03 | 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

一級防水技能士


雨漏り修理に対する情熱は誰にも負けない!
いつも仕事は本気で真剣! 必殺雨漏り修理人/職人社長の安藤です。

建物の経年劣化は避けられないようです。
築10年、20年もすると、今までになかった雨漏りがする確率も高くなってきます。

紫外線による塗装、シール材の劣化、季節の気温差による材料の伸縮、地震による想定外建物の動きによって、普段気が付かないようなところが原因で起こる雨漏り。



ALC目地シールが剥がれて隙間がありているなんて、下からだとこの角度はちょっと見えにくい場所です。



シールが剥がれたり、切れている所は、やはり撤去をしてからシールをします。



梯子で施工する場合、何度も上がったり下りたりするので、時間がかかります。
それだけではなく、手が届きにくいところもあります。
梯子の移動ができなかったり、両手を使ってテーピングもできないこともよくあります。
それでも、仕上げにはこだわりたいところです。

僕はよく片手で梯子をもって、片手でテーピングをしています。
右手で貼ることができなければ、左手でテーピングをするんです。
できるだけのことはやりたいじゃないですか。



ヘラ仕上が終わり、テープを除去するとしっかりと線が出ます。
仕上げに美しさがなければ、プロの仕事ではありません。

仕上げに気を遣うのは、プロとして当然のことだと思います。
梯子から降りて、下から施工したところを見上げて、きれいに仕上がっていれば、気持ちが良いじゃないですか。



当工事店に工事依頼が来る前に、既に雨漏り修理業者は入って工事をしている現場で見かけるは、テーピングもしないで、シーリング材を塗りたくったような汚い仕上げです。

やはり仕事を見れば、現場に来た職人の仕事に対する考え方がわかるものです。
仕上げにもこだわり、きれいに仕上げること、しっかりと良い仕事をするのがプロです。


仕事をする以上、それを専門にしているのであれば、プロでなければならない。

雨漏り修理は奥が深い専門職です。

プロとしての自覚と責任がないことには、雨漏りを止めることができたとしても、良い状態を長期間維持することはできないと思います。

この差が仕事に対する情熱、技術力、くっそ真面目さ、本気度、なんだと思います。


また熱く語ってしまいました。



それでは、また。

職人社長の安藤



本音で語る「職人社長の安藤」のホームページはこちらでございます。クリック!クリック!



職人社長安藤への直行便はこちらをクリック!



Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
コメント

埼玉県さいたま市/必殺雨漏り修理人の完璧を目指す鏡を使った雨漏り調査と雨漏り修理

2017-02-13 20:13:16 | 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

一級防水技能士


雨漏り修理に対する情熱は誰にも負けない!
いつも仕事は本気で真剣! 必殺雨漏り修理人/職人社長の安藤です。


僕の小道具の一つである鏡。

新築の現場では足場もあるし、施工がやりにくいなんてそうそうないとも思います。
しかし、引き渡しがされて何年もたつ建物には新築時になかったものも設置されていたり、建物の中から雨漏り危険個所を見つけなければない時なんて結構多いことなんです。

そんな時、雨漏りの原因となる隙間、ひび割れ、穴などを見つけるために、僕は鏡を使っています。



鏡を使っても見えない時は、指で触るんです。
そんな時に軍手なんかしてません。
手は汚れてしまいますが、自分の手で、指で、実際に触ったその感触で判断することもあります。
見えない場所であっても手さえ届けば、それが安全なのか、雨漏り危険個所の可能性が高いのか、確かめることができます。



雨漏り修理の時にも足場を設置できない現場、梯子でも届かない現場、そんな時は鏡を使って見つけた雨漏り危険個所は、鏡を使って修理をするんです。

左手に鏡をもって、右手でプライマー塗布、カートリッジガンで材料を充填して、ヘラ仕上も鏡を持ちながら行うこともあります。
鏡を見ながらの施工は慣れるまでは難しいものです。
でも、何事もなれてしまえば、不可能はありません。



確かに仕上げに時間がかかってしまいますが、その場所が雨漏りと関係していると判断した場合、見逃すわけにはいきません。
時間をかけても隙間、ひび割れ、穴などはなくしておきます。


本気で真剣に、そして熱心に雨漏り危険個所を見つけること。
鏡を使って発見した雨漏り危険個所は、完璧を目指して鏡を使って修理をする。

奥が深い雨漏り調査、雨漏り修理。
時には直観も役立ちます。
天職であるこの仕事、やり続けるだけです。


工事は全力を尽くします。



それでは、また。

職人社長の安藤



本音で語る「職人社長の安藤」のホームページはこちらでございます。クリック!クリック!



職人社長安藤への直行便はこちらをクリック!



Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
コメント

必殺雨漏り修理人の現場報告書/埼玉県戸田市/既存の断熱材を活かしたウレタン防水外断熱・機械的固定工法

2017-02-08 19:26:03 | 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

一級防水技能士


雨漏り修理に対する情熱は誰にも負けない!
いつも仕事は本気で真剣! 必殺雨漏り修理人/職人社長の安藤です。


経年劣化により屋根塩ビシート防水が縮み、亀裂が生じ、そして雨漏り。
塩ビシート防水は丈夫な防水ですが、さすがに20年、25年経つと経年劣化の影響は避けられないようです。
その塩ビシート防水の下には、断熱材が入っていました。
断熱防水だったんです。



既存の塩ビシート防水だけ撤去して、既存の断熱材を活かして防水改修工事をする方法もあります。
その方が工事金額を抑えることができるし、余計な産業廃棄物を出さないですむんです。



白いのが断熱材です。この既存の断熱材をい活かした防水改修工事をするために、既存の塩ビシート防水を全て撤去します。
その上に機械的固定工法用の絶縁シートを貼り付けます。



次にこの絶縁シートを機械的固定工法で浮かし張りをして、絶縁シートのジョイント部分はクロスを貼り付けウレタン防水を施工し補強をします。



ウレタン防水塗布1回目。



ウレタン防水塗布2回目。



仕上は防水保護層を塗布します。
防水保護層(トップコート、フッ素コート、遮熱コートなど)とは、紫外線から防水層を保護する仕上げ材です。


既存の断熱材を活かしたお財布にやさしいウレタン防水外断熱・機械的固定工法。

この機械的固定工法の固定金具の取付けは、台風が来ても耐えられるように固定金具の本数を多くしたり、シート端末部の補強など、工夫が必要です。

固定ビスの取付け数を減らした工事なんて考えられません。

このような慎重な仕事、確実な仕事を要求される工事を外注に丸投げするような恐ろしいことは、当工事店はしません。
強風で防水層が飛んじゃいましたなんて、とても笑えません。
当工事店が当工事店の下に、外注・下請け業者を作らない理由は、これなんです。


ウレタン防水/外断熱・機械的固定工法は、誰でもできるわけではありません。
やはり、経験、知識、それと現場で学んだことを自分の知恵として活かすことができるか、が重要なポイントになります。

さらに言うと、防水工事は防水職人であれば、誰でもいいというわけじゃない、防水工事に対する情熱があるか、どれだけ本気で真剣に仕事に取り組んでいるかが大事なんだと思います。


今回施工の既存断熱材を活かしたウレタン防水外断熱・機械的固定工法、
もちろん当工事店の雨漏り防水保証10年が付いています。



それでは、また。

職人社長の安藤



本音で語る「職人社長の安藤」のホームページはこちらでございます。クリック!クリック!



職人社長安藤への直行便はこちらをクリック!



Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
コメント

必殺雨漏り修理人の雨漏り調査報告書~埼玉県戸田市/塩ビシート断熱防水の経年劣化

2017-02-02 19:55:04 | 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

一級防水技能士


雨漏り修理に対する情熱は誰にも負けない!
いつも仕事は本気で真剣! 必殺雨漏り修理人/職人社長の安藤です。

新築から20年、25年…、今まで雨漏りなど一度もしたことがない、建物は3階建て、ALCの外壁、屋根はどうなっているのか一度も見たこともない、それに屋根はそう簡単に上がることができない、という方も多いのではないでしょうか。

雨漏りがするということで調査依頼のご連絡をいただきました。
3階バルコニーから梯子で屋根の上に上がってみると、屋根は塩ビシート防水。



立上り部分の塩ビシートが縮んでしまっていて、塩ビシートが突っ張った状態になっているのがわかるでしょうか。
この写真の奥の右半分ですが、次の写真の方がわかりやすいでしょう。



雨漏りがして初めて知る屋根防水の経年劣化。
雨漏りがしなければ、気にすることもない屋上の塩ビシート防水もこの状態です。



切れている箇所も多数ありました。
このように防水層に亀裂箇所が多数あると、雨漏りしますね。



塩ビシート防水の端末もご覧の通りです。
経年劣化で塩ビシートが縮んでしまったので、剝がれてしまったんです。
このような箇所も多数ありました。


天端も切れています。
ここまで経年劣化が進んでいると、既存塩ビシートを全撤去しなくてはなりません。

屋根の上を歩くと少しふわふわします。
塩ビシート防水の下は断熱材があるようです。
屋根は断熱防水が施工されていたんですね。

…ということは、塩ビシート防水の下に雨水が侵入しているので、断熱材にも雨水がしみ込んでいる状態です。


このような状態の場合、○○ハウス、リフォーム業者、工務店が調査に来ると、恐らくこう言うと思います。
「既に20年以上経っていて塩ビシートも縮んで硬いですし、亀裂が多くあります。断熱材も湿っていて良い状態ではありませんので、塩ビシートと断熱材を撤去して工事をやり直すより方法がありません。」

専門家にこんな話をを聞かされると、多くの方は言われるがまま工事をして多額の工事費を支払ってしまうのではないか、と思います。


でも、本当にそうなのでしょうか?
他にほかに金額を押させられる工事方法はないのでしょうか?
全部やり替えたら、当然工事費用は結構膨らみますよ。


既存塩ビシートの状態がここまで悪いと、塩ビシートの撤去は必要ですが、断熱材まで撤去しなくてもできる工法もあります。

マニュアル通りの工法しか思いつかない担当に出会ったら、それは悲劇です。
塩ビシート、断熱材の全撤去、それから新しい断熱材を貼り付けて、新規防水、もちろん既存塩ビシート+既存断熱材+発生材の処理費+運搬費、荷揚げ荷下ろし費などの経費も膨らんでしまいます。
工事項目ごとに工事単価を記入して計算していくと、金額がさらに大きくなり、+消費税8%です。

これが○○ハウス、リフォーム業者、工務店になると、実際に施工する下請けの防水業者なので、+営業会社の利益が見積もりに乗せられます。


誰が調査に来るのか、来たのは営業会社なのか、調査に来た専門家がどういう考え方なのか、利益追求型の考え方なのか、マニュアル通りことしか言えないのか、頭がカチカチで柔らかい発想が一切できないのか・・・、結果は大きく変わってしまいます。


その専門家はお財布にやさしい提案ができるのか、気をつけたいところですね。


こちらのお宅の防水工事は、僕が提案したお財布にやさしい防水工事を施工させていただきました。
もちろん雨漏り防水保証10年付です。


それでは、また。

職人社長の安藤



本音で語る「職人社長の安藤」のホームページはこちらでございます。クリック!クリック!



職人社長安藤への直行便はこちらをクリック!



Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
コメント