United Minds (Strikes Back)

2013年に解散した電子音楽ユニット、SpiSunのWeblog“United Minds”跡地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

#10 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕

2013-06-30 11:11:56 | Podcasting
1/2

音声はこちら。



〔Tumbleweed Wanderers〕
【池袋】


JR池袋駅東口を出たところにあるグリーン大通り。ここから練習スタジオに向かって歩いていきます。


我々のバンドが本拠地にしていたスタジオペンタ。


我々がここに通っている頃、このスタジオの隣はコンビニで、飲み物などを買ったりしていたのですが、現在は大学のキャンパスになっているようです。通りで若者の行き来が激しいわけだ…。


スタジオ内部に侵入。10年以上ぶりにスタジオの中を見ることが出来ました。
コメント

#10 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕

2013-06-29 23:10:22 | Podcasting
2/2

音声はこちら。
#10 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2



〔Tumbleweed Wanderers〕


バンド練習後、ほぼ毎回のように通っていたラーメン店“屯ちん”さん。あの頃と変わらず旨かったです。


21世紀に入ってからオープンし、我々スピサンに衝撃を与えたディスクユニオン池袋店。我々のCDコレクター歴はこの店から始まったといっても過言ではありません。


池袋駅東口前も、あの頃とは変わっていないようで相違点が結構あります。時代は流れる。


駅ビルに入っているこのパルコ、そして隣にあるP'パルコにもよく通ったのですが、あの頃とは入っているテナントがまるっきり違うので、今回は寄りませんでした。



〔今月の音楽〕


Magnetized / Johnny Hates Jazz


Be / Beady Eye



〔The Speaker's Notes〕

 6月も終わりかけていますが、ギリギリで何とか間に合いました。
 今回は、今から10年前に解散した我がバンドの思い出を振り返り、当時の練習日の様子を一人で再現してきました。時代が近い分、幼少時の思い出を振り返る回以上に後ろ向きな企画でしたね。
 ただ、個人的には夏に入る前にどうしてもやっておきたい事でした。過去を再確認し、清算する。来月から改めて前に向かうには、どうしても必要な作業でした。いつも以上にパーソナルな回ですが、だからこそ今月中に間に合って良かったと思っています。

引き続き出演して下さる方を募集しております。どうぞよろしくお願いします。
コメント

#9 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕

2013-05-30 00:35:58 | Podcasting
1/2

音声はこちら。



〔Tumbleweed Wanderers〕
【駒込~本郷】


最初にお邪魔した滝乃家さんの大もりそば。安くて盛りが良くおいしかったです。


その隣にあった建物。偶然隣り合っているのでしょうか?


前回の日本庭園を求める旅では行けなかった六義園にいよいよ突入。


中にあった日本家屋、心泉亭。


宜春亭。和服女性が中にいるという素晴らしいシチュエーションでした。


出汐之湊あたりから蓬莱島を望む。日本庭園らしく、全てが自然のミニチュアとして表現されています。


滝見之茶屋の近くにある滝。調べてみても滝自体の名前がどこにも載っていません。


橋の縁に立つと、亀が寄ってきます。


撮影場所の橋の名前がわかりませんが、恐らくは玉藻の磯辺りを撮っています


藤代峠の裏辺りかな?
コメント

#9 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕

2013-05-29 23:50:23 | Podcasting
2/2

音声はこちら。
#9 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2



〔Tumbleweed Wanderers〕


六義園の目の前にフレーベル館の本社ビルがありました。


最寄の神社、駒込富士神社。近所の方の憩いの場となっているようです。


段数は少ないながらも、角度が急な階段。


岩崎弥太郎の本邸にも向かってみましたが、改装中でした。何となく気持ちを削がれてUターン。


東京メトロ後楽園駅の近く、線路が真下に臨める場所。線路マニアの方々には有名なスポットだったりするんでしょうか?


結果的に最後の目的地となった出世稲荷。元々この場所が春日局の屋敷だった際、邸内の鎮守のために建てられたそうです。


現在は公園としての用途がメインのようで、我々以外にはベンチに男性が一人座っているだけ。すぐ近くに東京ドームがあるとは思えない静けさが漂っていました。



〔今月の音楽〕


Bloodsports / Suede
(前回に引き続き語っています)


Delta Machine / Depeche Mode



〔The Speaker's Notes〕

 雨のせいで不調に終わった第二回のリベンジとして、今回も日本庭園を追い求めてきました。天候にも気温にも、そして我々自身の体調にも恵まれ、結果的には大満足の旅に終わりました。
 今回訪れた時にも勿論感じた事ですが、今回このエントリーにまとめるにあたってネット上で情報を収集した結果、六義園は想像以上に素晴らしい日本庭園なのだと実感した次第。季節ごとに全く違う顔を見せる木々や草花が、日本人としてのアイデンティティを思い出させてくれるようで、様々な方が撮られた写真を眺めているだけでうっとりとしてしまいました。是非また訪れてみたい場所です。
 個人的な感想ですが、本郷は後楽園に近付くにつれ俗っぽくなってきて駄目ですね。あくまで私自身の少ない見識から感じた事なので、どうかお気になさらず。

引き続き出演して下さる方を募集しております。どうぞよろしくお願いします。
コメント

#8 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕

2013-04-30 23:59:25 | Podcasting
1/2

音声はこちら。



〔Tumbleweed Wanderers〕

【中学校~地元】


 農耕期だけあって、河川の水量も多いです。ここから長い道のりを歩いていきます。


 細い橋。元々かなり耐久性が怪しい造りでしたが、一昨年の災害で通行止めになったのでしょう。


 牛のいない牛舎。かつては多くの乳牛が入っていたのですが…眩しく陽光が差し込んでいるのが逆に物悲しい。


 この数年の間に整備されたと思しき神社。林道の入り口にあります。


 左から林道に入っていきます。細い道に見えますが、車の抜け道に使う人が意外と多い。


 そして案外簡単に目的地に着いてしまいました。昔は自転車でここまで来るのも結構大変だったのに…。


 早速、22年前と同じ構図で一枚。


 こちらが22年前の写真。うーん、若干違うかな?


 鉄塔の下は草が刈り取られ、ちょっとしたスペースになってます。


 そしてこちらが22年前の同じロケ地での撮影の様子。私はこの頃と精神年齢が全く変わっていません。ご愁傷様。


 私達が小学生の頃から存在する「ゴルフ場反対」の文字の名残り。


 低い土地の千葉県においては貴重な看板かもしれません。帰り道、リスらしき生物が私の前を横切っていったのには驚きました。小型のイタチだったのかな?


 春の光が差してきました。草木の匂いが心地よかったです。


 林道を抜けた帰り道、道の死角から威勢良く吼えてきた犬。カメラを向けると逃げ出し、目を背けてしまいました。
コメント