United Minds (Strikes Back)

2013年に解散した電子音楽ユニット、SpiSunのWeblog“United Minds”跡地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トルコに行きたい。ト ル コ に 行 き た い 。ト ル コ に 行 き た い 。  〔by ラウド〕

2007-01-31 03:35:21 | JEF United Chiba

ここはおっそい更新ですが、今年もトルコ・キャンプですね。
一昨年はただただワクワクしながら伝えられる情報を心待ちにし(国王伝説発祥の年)、去年はマリオのベリー・ダンスに爆笑しつつも、大量失点でのTG連敗に徐々に暗くなり…と、この時期の風物詩になりつつあります。

ウチの場合は外国籍選手獲得の場を兼ねてもいるわけで、アマルと唐井さんにはアンタルヤの夜の酒場で大いに活躍してほしいもの。

下村トミーも決まったし、ひとまず一安心。黒河・ヨーダ・ぶっさん・松ヶ枝の去就は気になりますが。

 

さて、僕の嫁ことチコさんの“魂の裏側”も更新してますね。

これ、面白い写真ですよね。今年はこんな感じの集合写真になるのか、って楽しみになります。さすが智子さんですな。
しかし下の写真の貴重なコーキの長袖キット姿、ポーズが何だかかわいいな。これでまた女子サポのハートを鷲掴みでしょう。
しかし水野様の携帯公式インタビューのあまりの奔放さに、やはり勇人と同じ匂いを感じてしまうのであった。一筋縄ではいかない男たちが今年のジェフの主役じゃ。

しかしそうだよな。ファン感にはジェフ番組の取材でレポーターが来るんですよね。もうちょいうまく予定組んで行けば良かった…と嘆いても後の祭り。
あの臨海の開放的な雰囲気の中でチコさんと会ってしまったら、僕はどうなってしまうんだろう。
(キモオタ声で)「智子さん!ぼ、僕とお、お、お付き合いしうわなにをするやめqあwせdrftgyふじこlp」→おロープ頂戴…って感じでしょうか。
ま、結局チキンだから近付きもしないんでしょうけど…。

でもかわいいよなぁ。

 

また関係ない音楽の話。今日こんなの買ってみた。

『捺子頂上』なっちゃんPEAK

勧められるままに買ったという感じ。まぁ、勿論悪くはないし、とてもいいと思う。彼らはアルバムはこれ一枚で解散?
ただ、衝撃というほどではないです。こないだ受けた衝撃に比べれば、へでもありません。

2003年、細野プロデュース『ビデオ・ゲーム・ミュージック』の「リブルラブル」「ギャラガ」に深く深く感動し、Y.M.O.『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』の「Absolute Ego Dance」にシビレまくった僕は、「ゲーム世代の僕らにしか語れない音楽があるはずだ!ゲームミュージックのキッチュさとテクノポップのアッパーな感覚を、ポップミュージックの枠内に収めた曲をやろう!」と感涙に咽びながら息巻いていました。
しかし、同年5月にデビューしたYMCKに結構近い形ですぐさまそれをやられ、「ぬはははは」と力なく笑うしかなかった僕がいます。彼らを知ったのは勿論もっと後ですけどね。

まぁ、僕が思いつくくらいだから皆それぐらい考えているわけで、結構今はそういう“80年代テクノ歌謡に過剰なポップさとエレクトロニカと音響と萌えを加えてみました”みたいなテクノポップの亜流(悪い意味ではないですよ)みたいのがとても多いですね。CapsuleとかPerfumeとか。

スピサンではポップ担当とされてる僕だから、無条件でそういうのに耽溺していると思われがちですが、実際に聴かせてもらうと、そればっかだと飽きるなという感じ。甘いもの大好きだけど、合間合間に柿の種なりいかくんなり食わないと辛い、みたいな。勿論好きなんですけど。
だから、関係ないけどスピサンも二人が同じ方向を常に向いていては駄目だと思うのです。そもそも二人の拮抗と相反こそがスピサンの原動力だったのではないか、と。そういう意味では近年はそういう健全な流れに戻ってきたような気がします。
まぁ、二人揃ってビートルズ・オアシスもどきをやっていたのも貴重な経験なんですが。

ともかく、そんなこんなでこの手の作品を買うのはこれが初めて。まぁ、たまにゆっくり浸かってみるのもいいですね。電波歌とかと同じで。

追記;サカモには金曜あたり行きます。今アレなので。来月は結構行けるはず。

あー、早く終わらないかな、今の仕事。何か空気がおかしいです。すんなり辞められた人たちが羨ましい。

僕をスケープゴートにすればいい、みたいな流れもウンザリ。いつまでも笑ってると思うなよ。

コメント

今日思った事 〔by ラウド〕

2007-01-27 02:34:07 | Life

 

◆明日はジェフのファン感かぁ。行きたかったけど、法事で実家に帰ってるので無理です。皆さん楽しんできてください。
 去年の今頃は、腹が立ったこと・楽しかったこと・緊張したこと・ほろりとしたこと・悲しかったことが数日の間に凝縮されていて、ある一つのストーリーの集結に向けて一気に進んでいたのかなぁ、と思った今日。

◆今月はHMV・アマゾンに結構注文し、今日タワレコで飯島真理さん再発盤などを買っているから、大手販売店には軒並み金を支払うことになる。CDを聴くのも勉強であり糧です。僕にとってはね。
前に、同僚から怪鳥音の如き高い声で「CDを買って何になるんですか?CDは困った時に何も助けてくれませんよ?」と言われた事があったけど、説明するのが面倒なので「困ったらこれを食うんですよ。ははは」と適当に答えたことがありました。確かに、無職になる人間としては節約しなければならないのですが…。
そういえば幼き日に、祖母が買い物ついでに“レコードチョコ”という、アナログ盤を模した菓子をよく買ってきてくれたのを思い出しました。
カカオともポリフェノールとも縁の薄いチープなチョコレートなのでしょうが、程よい厚みとレコードの溝のガリガリした食感がたまらなく好きでした。
あぁ、もう一度食べてみたいな。たまに、本当にアナログを食ってやろうかと思うことがあります。
で、調べたらすぐ出てきた。これだぁぁぁぁぁっっっっ!!!懐かしいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!

◆実家に帰る途中、ラジオで江原氏の番組をやっていた。こういう“スピリチュアル・カウンセラー”という職業の人たちを見るにつけ、僕らのユニット名やブログ名を自己啓発団体か何かと誤解している人がいたら嫌だなぁ。
そもそも、このユニット名って馬論の思い付きですからね。あくまで当初はバンド内ユニットだったから、僕もそんなにまじめに考えていないのです。
でも、かといって変えるのもどうかなぁ、と思っています。 愛着とまではいかないけど、他にいいのもないし。

◆ジェフの事。
新キット=結構いい。シンプルはベストなり。河童様GJ。
新背番号=黒部と新居が来ましたね。クラブの象徴的な番号が空いているのは、まぁ仕方ないね。
新加入選手=オフィシャル・トップ、新たなるジェフの始まりを告げる顔触れです。色々あったけど、これを見て期待せずにいられようか。共に歩もうこの時を、ですよ。黒部も新居もかっこいいですね。特に黒部は、何故か鹿島にいた黒崎と顔がごっちゃになっていたので。ショウヘイヘーイの表情も、意気込みの表れでしょう。つーか、アマルちっちゃ!選手達が大きく見えます。戦うオーラはしっかり感じたぜ!
新スポンサー様=富士電気様、ありがとうございます。よろしくお願いします。オートウェーブ様、QBハウス様、今までありがとうございました。特にQBハウス様は秋葉原デパート内にあった頃、よく行ったな…。
あとはDVD発売と間瀬さんコーチ就任ににんまり。間瀬さん、またあなたのバク宙が見たい!

◆最後に、某巨大掲示板で見つけた、山本アナ、そしてカズへのパスティーシュ。二人ともリスペクトしている自分としては、これを実際に聞いたら号泣するだろうな…。

実況 NHK:山本浩

彼ほど悔しい思いをしたサッカー選手がいたでしょうか
彼ほど非難の的になったサッカー選手がいたでしょうか

自分の力ではどうにもならない悲しさ、
異国の地で孤独に押しつぶされそうになった夜
彼はそれらを全て前に進むためのエネルギーにしてきました。

今、彼ほど日本中から愛されている男はいません。
そして、彼ほどサッカーを愛している男はいないでしょう。

彼は1人ではありません。
彼が胸の前で握りしめている拳の中には我々の魂が握られています。

キングの称号を持つ男が、今ピッチの中へ走り出していきました。

三浦知良、ワールドカップ、デビュー戦です。

コメント (4)

悩んで、進んで、スプートニクで 〔by ラウド〕

2007-01-26 04:15:12 | SpiSun

体調をちょっと崩していました。

ジェフは練習開始ですな。下村トミーの件は気になりますが、黒部が高評価なのが頼もしい。新居も頑張れ。

 

さて、実は一昨日、個人的に音楽に関してなかなか衝撃的なことがありまして、色々と考え込んでいたのです。
今までのやり方を変えなければならないのだろうかとか、周りの人のように模範的に創作すべきなのかとか、才能というやつとどう対峙すればいいのかとか、ポップである事の定義とはどんなことなのかとか、そんなことを。

しかし、幸いにして僕は独りで音楽を創っているわけではありません。馬論と話し合ったら、すぐさま気持ちが切り替わりました。これが複数の強みですね。ビートルズが「エルヴィスは1人だったけど、僕らは4人だった」と言った意味がわかった気がします。あ、例えが上等すぎるという突っ込みは黙殺しますので。

こういうのも刺激として、糧として進んで行きたいもの。今年からはもう簡単にはへこみませんよ、僕は。

加えて、これはあくまで個人的な意見の域を出ていませんが、そろそろ新メンバー探しに本腰を入れようかなとちょっと思っています。ライブやるときにせよ、曲作るときにせよ、可能性が広がるのは間違いないでしょうから。
女性がいいな。変な意味ではなく、今までの僕らの音楽人生に決定的に欠けていたファクターなので。ヴォーカルは勿論、女性らしいセンスもほしいな、と。
初心者でも喜んで迎えますが、テクノポップ(エレポップ)を志向して、ビートルズを消化出来て(好きならそれでいいです)、ある程度弾けて歌える…という要素が必要なので、若干門は狭くなるかもしれませんが。
あ、別に男性でも僕らと合えばOKです。

まぁ、この話もいつも通り流れそうな気がしますが…。


さて、せっかくお客様がいらっしゃったので、飯島真理さん再発の残り2枚の紹介を。


『Blanche』84年発表のセカンド。吉田美奈子プロデュース。
キュートなジャケとは裏腹に、美奈子氏的アーティスティック世界が全開。評価は分かれます。


『Midori』85年発表のサード。清水信之プロデュース。
ポップ職人・清水信之ここにあり!真理さん曲との相性は教授も真っ青。
「ジャケが某クリニックの広告みたいだ」などと言って僕の真理を貶す奴は許さねぇ。

これは『Blanche』の中の写真なのですが(写りが悪くてすみません)、とてもいいです。

美奈子お姉様に甘える真理たん、みたいな。

 

…こんな妄言ばかり吐いているのに女性メンバーが入ってくれるなんて思っている馬鹿は、富士の樹海にでも行ったほうがいいのかもしれない。

コメント (5)

今日は何の日~ とぅっとぅっわ~ 〔by ラウド〕

2007-01-23 05:38:31 | Life

今日は、あのspiritual soundsの未来派野郎、ジョニー馬論さんの産まれた日となります。

誕生日おめでとうございます。

あー、今更特に書く事もないやね。意味のわからない画像を貼っているし。

ここまできたら、わけのわからないところまで行ってやろうぜ、と。もう何言われたって構いやしねぇ。偉そうに講釈垂れられてもWhat?よ。

まぁジョンや教授に憧れるのはいいですが、将来嫁をスタジオに連れ込んであれこれ僕に指図させたり、隠し子作ったりしないようにしてください。困ります。

これからもよろしく。

「お××りCD」とか『巫××××ー×』とか、変なものに手を出しそうな僕を生温く見守り給え。

コメント (8)

出会いを喜ぶ人生でありたい 〔by ラウド〕

2007-01-20 06:26:58 | JEF United Chiba

黒部光昭選手加入について

噂になってた黒部、ついにきましたね。ジェフ・キラーのイメージが強く苦手な選手だったんですが、ジェフの公式より先に自分のHPに移籍を載せる意気込みの強さや、前所属チーム公式での「次のシーズンは、レッズ戦でゴールして、悔しがってもらうという形で恩返しできたらなと思ってます」発言の頼もしさにノックアウト。
もう誰がなんと言おうと仲間だ。全力で応援する。

京都(名古屋)の角田にオファーを出してるという話もあるし、下村は都並の引き止めで難航しているものの(坂本を思うと、この事実に心が重くなる…)、移籍濃厚とのこと。今年は動いてるねぇ。まぁ去年動かなかったから当たり前なんだけど。

徐々に今季の布陣が固まってきていますね。いつまでも別れを嘆いてはいられない。

しかしどこも新体制発表でニューモデルのキットが次々に発表されていますが…なんつーか、今季は個性的ですなぁ。横浜FCはヒュンメルだから、敵ながら期待してたんですが…なかなかびっくりしました。
ウチのカッパ様はどうなるんでしょうねぇ。美津濃様に馴れているから、やっぱり予想しにくいですね。すごく楽しみなんだけど。

あとは、トルコキャンプで獲得する外国籍選手にも期待です。今季は特に重要になりそうですからね。

 

 

また音楽の話。


飯島真理さんの初期作品が紙ジャケ再発されますね。今年もリイシューからは逃れられない運命です。
ボートラはないようなので、紙ジャケってだけ?せめてリマスターはしてほしいもの。現行CD、音があんまり良くないですので。
金がないので、リュウイチ・サカモト全面プロヂュースの傑作1st.『Rose』と廃盤だった4th.『Kimono Stereo』だけ買います。それ以外はまたあとで考えるとしよう。

あとはKula Shakerの新譜か。クリスピアンにとってThe Jeevasってなんだったんでしょうか。個人的には最初のシングル「One Louder」に大興奮し、次のシングル「One Upon a Time in America」の軽快な皮肉に良い流れを感じていたので、1st.アルバムにはかなりガッカリしました。だってあまりに淡白なんだもの…何を聴けばいいのかわからなかった。そんななんで2nd.は結局買わず。

その他には、ミカ・バンドと寺尾聰を復活させたキリンラガービールのCMにY.M.O.出演とのこと。正直、再結成は無いとは思いますが…。

コメント (5)