ブリキ屋テツの放言

富の再分配が政治の大きな役目と思っています。
疑問を調べ、推察して発表しています。

もう一つの慰安婦問題

2017-06-21 | 戦争

 近年竹島と慰安婦問題で日韓関係も冷えていると報道されているが私はそうは思わない。 もちろん絶対値が多すぎるために韓国人および韓国という国自体があまり良く思われていない事は事実だ。 かって東日本大震災時真っ先に韓国も日本支援に動いたと言うが一部に下記のように寄付金の80%は自分たちのために使ってしまっている事実も知っておくべきだと思います。 善意で寄付した人には申し訳ないと思いますが。 

 義援金として寄付したのに後から文句を言ってきた人たちの言葉を尊重する?
国のためと言い国民の文字が欠落している日本の政治も困ったものだが全く正反対で一部のクレーマーの顔色を伺う行政もやはり困ったものと言わざるを得ない。 

 東日本大震災の発生後、世界の主要国と同様に、韓国もいち早く日本支援に動いてくれた。震災翌日の12日には救助隊を派遣し、韓国の赤十字社には1日1億円以上の寄付が集まった。韓国ではARSという電話での募金システムが普及しており、1回の電話で2000ウォン(約150円)の募金をしようと多くの人々が日本のために受話器をとったという。 

 ソウル・衿川区の職員たちも当初は、被災した日本人を思いやってくれる善意の人たちだった。衿川区は人口60万人で、日本人も63人が在住している。約1000人の区職員たちはお金を出し合い、1200万ウォン(約92万円)もの浄財が集まった。 本来ならばそのまま何事もなく日本に全額送金されたことだろう。しかし、3月末、日韓双方が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)問題が、日本の中学教科書の検定結果で明らかになったことで再び注目を集める事態になってしまった。 

 衿川区の広報課長、シン・ジョンイル氏が語る。
「独島を自国領土と捏造した内容をすべての中学校教科書に採択するような敵対的な態度を見せる日本に義捐金を送る必要などないという意見が多数出てきたため、3月31日と4月1日の2日間、職員を対象に『日本の地震被害支援募金の使用方法について』のアンケートを実施しました。330人から回答が集まり、『主旨通りに使う』が20%、『独島の守護活動を支援する』が70%、その他が10%という結果になりました」 

 衿川区長チャ・ソンス氏は4月5日、アンケート結果を尊重して、募金のうち20%を日本へ送り、70%を独島守護活動団体に、10%をなぜか戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体に寄付することを発表した。週刊ポスト2011年4月29日号また慰安婦問題に関して言えば厳密な証拠は存在しない。 そして韓国軍が1951年-1954年まで「特殊慰安隊」という名前で、固定式あるいは移動式慰安婦制度を取り入れて運用したことは韓国陸軍本部が1956年に編纂した公式記録である『後方戦史』(후방전사)の人事編と目撃者たちの証言によって裏付けられた。 

 韓国軍は慰安婦を「特殊慰安隊」と名付け、慰安所を設置し、組織的体系的に慰安婦制度をつくった。金貴玉によれば、韓国軍慰安婦の類型には、軍人の拉致、強制結婚、性的奴隷型、昼は下女として働き、夜には慰安を強要されたり、また慰安婦が軍部隊へ出張する事例もあった。また、正規の「慰安隊」とは別に部隊長裁量で慰安婦を抱えた部隊もあった。 

 日本人慰安婦も在日米軍基地周辺や朝鮮半島へ連れて行かれたこともあった[
しかし、韓国がベトナム戦争時、サイゴン(現ホーチミン)市内に韓国兵のための「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所を設置し、そこでベトナム人女性に売春させていたことが2015年3月29日、米公文書で明らかになった。

  韓国軍がベトナムで慰安所経営に関与していたことが、公文書として確認されたのは初めての事である。韓国陸軍幹部らによる米紙幣や米軍票などの不正操作事件を説明したもので、その調査対象の一つとして「トルコ風呂」が登場する。その中で米軍は、ベトナムの通関当局と連携した調査の結果として「トルコ風呂は、韓国軍による韓国兵専用の福祉センター(Welfare Center=慰安所)」と断じた。また、その証拠として韓国軍のスー・ユンウォン大佐の署名入りの書類を挙げた。その上で確認事項としてベトナム人ホステスがいることや「売春婦は一晩をともにできる。料金は4500ピアストル(38ドル)。蒸気風呂とマッサージ部屋は泊まりの際のあいびき部屋として利用できる」ことなどを指摘している。この米公文書は、週刊文春(4月2日号)でTBSの山口敬之ワシントン支局長が最初に発表した。 

 韓国軍兵士はベトナム人女性を多数強姦し、フォンニィ・フォンニャットの虐殺においてはレイプ後、虐殺するケースが多かったとされる。 韓国軍兵士によるレイプによって妊娠したベトナム人女性が生んだ父のいない混血児たちをライダイハン(𤳆大韓、ライ「𤳆(チュノム表記)」はベトナム語で動物を含む「混血雑種」を意味する蔑称)といい、その数は3万人にのぼるともいわれる。

  韓国軍が制圧した地区で殺害されなかった女性は、ほとんど慰安婦にされたといわれる。 ベトナム戦争末期にはベトナムでは30万から50万人の慰安婦がいた。アメリカ陸軍第1師団第3旅団(将兵4000名)ではベトナム女性60人が住み込みで相手した。 

  そして誇り高きベトナム人の被害者はそれらの被害に関して韓国に一切の請求すらしていない。 また今後請求するつもりもないと言っている。 この事実を韓国人はどうとらえているのだろうか?

コメント

一億総アルツ化・・・TV2

2017-06-05 | マスコミ

以前一億総アルツ化と題して、
①TV番組放映中のTVCMに番組の巻き戻しからのスタート
②TVCM放映開始時の音量の大きさ(変化)
③同じものを何度も見せられるため、記憶しないように脳が働き、思考が止まったぼっとした時間の増大を挙げました。

2017年6月の某社でそこそこ人気のあるドラマで10分おきに流されるCMの数はなんと1回に付き12本でした。 1本10秒としても2分、本編の約20%をCMで見た計算になります。
昔と違い昨今では上質の長いCMは流行りません。 コストの問題もあるのでしょうがサブリミナル効果を狙った短いイメージもしくは商品イメージアピール型がほとんどです。

自分も昔在籍していた会社でTVCMの制作と放映に携わった経験があります。全くイメージにそぐわないものでしたが中小企業では製作費数百万、放映も各局、時間帯、内容によってまちまちでしたが数百万となり、それほど1日に何回も放映できるものではありませんでした。

昨今は事情が違うのか1日に同じCMを何度も見る事があります。何もする事の少ない高齢者には酷かもしれませんが、映画はAmazon等を利用、もしくはビデオに保存し、CMの早送りをお勧めします。(早送りをストップさせるために注意しCMの内容の記憶には注視しないからです)また、できるだけTV(NHKやニュース速報は途中CMがないので別)よりPC、読書、音楽鑑賞をお勧めいたします。

人の事は言えませんがそんなに素晴らしい出来ではない頭がますますアルツ化してくるのを避けるために...

コメント