ブリキ屋テツの放言

富の再分配が政治の大きな役目と思っています。
疑問を調べ、推察して発表しています。

マスコミが創り出した高齢者の死亡事故多発?

2019-04-28 | 高齢者

最近マスコミが”また高齢者の死亡事故”と毎日のように報道しています。
実際この国では全国で毎日10件程度の死亡事故が発生しています。
高齢者の死亡事故のみ取り上げるマスコミの報道は真実なのでしょうか?

よくブログで警察庁の資料によると、75歳以上の運転者の死亡事故件数は、75歳未満の運転者と比較して、免許人口10万人当たりの件数が2倍以上多く発生している”等と言う文章を見かけます

どこからこういう情報を持ってきているのでしょうか?

人口10万人当たり死亡事故発生件数ではさすがに80歳以上は多い方ですがそれでもむしろこの10年で1/2に減少しています。 高齢者人口は増えているにも関わらず!
WEBやマスコミではすぐショッキングな事象のみ大げさにアピールし民衆に誤解を生ませかねません。 

そして痛ましい事故や高速道路の逆走などほとんどが都市部たまに運転する方ではないでしょうか? 実際に地方で生活の足として使用している人に間違っても人波に車を突っ込んだりする機会はありません。 
しかもサラリーマン生活を終え悠々自適のゴルフに使用と未だ現役で働いている人とでは環境が全く異なります。

交通アクセスの無い地方の郊外に行けば1車線両方通行で対向車には気を配り逆走する理由もありません。
仮にアクセルとブレーキを間違えても農道から脱輪等死亡事故には至らず、他損ではなく自損がほとんどとなります。 

そして何かにつけ年齢を引き合いにだすのもどうかと思います。 確かに人間年齢には勝てませんが自分の周りでは70歳でホームページやFacebookを運営してる方も大勢いらっしゃいます。  

そして地方の過疎化が進む今日、都市部の事故を引き合いに出し生活の足を奪うのはどうかと思います。
年齢制限を設けるなら大事故の起こる可能性の高い都市部に限定すべきだと思います。
マスコミが騒いだため交通アクセスの無い地方部をごっちゃにして切り捨てるのはあんまりです。

年齢で全てが決まるならまずこの国の政治家財界人のトップの刷新からすべきでしょう。

コメント

安楽死【日本ブログ村:日本経済注目記事ランキング3位】

2016-01-12 | 高齢者

欧州の安楽死合法化

新年早々縁起でもない!...と思われる方はご遠慮ください。

今日イスラエルの”ハッピーエンドの選び方”と言う映画を銀座で見てきました。
老人ホームに住む経済的にもある程度恵まれた夫婦の物語です。

夫が友人に頼まれ、消極的積極的幇助(消極的安楽死に応じ、苦痛のない自殺手段を提供すること)を提供しました。
そのうち彼の妻がアルツハイマーに冒されてしまい、自分が自分でなくなる恐怖に怯えて来ます。
その時、彼はどういった行動をとるかがあえてコミカルに描かれています。

”人間は考える葦である”とパスカルは言いました。
「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」
その考えると言う事が出来なくなる恐怖...

医療技術の発展は健康と長寿という光の陰に夢も希望も無く、苦しみを取り除く術もない患者を生み出しました。
これに対してはある一定の条件を満たせば生命維持装置を取り除くなど合法ではありませんが黙認という方法が誕生しました。
ただ重金属などの微量での体内への蓄積等はアルツハイマーなどの病状を生み出し、これに対する積極的安楽死という術は一部の国を除いてないのが現状です。

自分の父は最後に懸念していた男の孫の誕生から数年して安らかに永眠しました。
母は予期せぬ手術中のトラブルの後、死にゆく恐怖と戦いながら永眠しました。
岳父は末期ガンで苦しみながら永眠しました。 看取った者も辛かったと思われます。
妻がガンを発症したため、商売を畳んで1年看取った友人がいます。

将来に夢も希望も無く、苦しみさえ感じる事が出来なくなるとしたら...
世界最長寿国の日本に住むわれわれこそ真剣に考えなければならない問題かもしれません。

 イメージ 2にほんブログ村 (ご協力お願いします)

コメント