ブリキ屋テツの放言

富の再分配が政治の大きな役目と思っています。
疑問を調べ、推察して発表しています。

動き出した百貨店業界とその影で...

2009-06-23 | 経済
夏物衣料前倒しのセール開催!
やっと動脈硬化で脳溢血の後遺症が残る組織もリハビリの効果が表れてきた?
17か月も前年割れでその原因をチェックしていたのか?

もともとここ十数年にわたり地球温暖化の影響はますます顕著になってきた。
その中で日本はもはや温帯地域ではなくなってきている。
6月に30度を超す日が続き、ゲリラ雷雨と呼ばれるスコールが発生する。

汗だくの日が続き、体が夏に慣れて猛暑を乗り越えたと思う頃、やっとサマーセールが始まる。

それでも後遺症の残る組織は昨日と同じことをしていれば責任を追及されないという体質が残っていた。 だがそれも、なぜ売れないのか? 売れるためにはどのような売り場を作成しどうアピールしたら良いのか? 真剣な意見が討論される会議となった。

自分が昔新卒の就職時代、最も初任給が高額だったのが日本橋を本店とする某百貨店だったのを記憶している。 (立ちっぱなしの接客が相に逢わないのと、身長が高い人はこの業界には向かないと先輩に言われ断念した)

JRには国鉄時代に国民が国のためと思い差し出した土地(もしくは地上権)がある。最近、その価値を活用し始め若干駅から距離のある百貨店が苦しんでいる。
国民も歩いて買い物を楽しむ余裕が無く、品揃えと価格、利便性に目が行ってしまう。

やっと目をさまし始めた百貨店達。 国や地方のサービスもこれと同じだ。
全国民の中で夫婦共働き(現実のデータ上)はかなりの比重になると思う。
なのに銀行や国、地方の行政は住民のためと言いつつ土日祝日は休業だ。
企業には有給休暇を与えろと指導しつつ、従業員がまともに従ったらどう評価され居所さえ危うくなると言うことを理解しているのか?

サービス残業、休日出勤、早朝会議などタイムカードに項目などない。
夜10時の新幹線で東京駅に近付くほど、巨大なビルと目映いほどの窓からの光が見える。 そこにいる人たちの内、何%が残業手当をもらっているのだろうか?

業績評価だけのコミッション制やグループ評価性による給与など正社員の話。
国民のほとんどが期待した民営化の影に隠れた労働力の流動性を改良するためといわれた改革も”企業のための”と言うサブタイトルが抜けていた。

ブログランキング参加中ワンクリックお願いします
コメント

UFO

2009-06-14 | 生活
よくUFOの有無に関しての情報が流れる時、ちょっと考えてしまう。 何十億年という年齢の地球で人間が宇宙に飛び出す科学を得てから数十年しか経っていない。  

同じ時期に人間と同じ知的生物が存在し同じもしくはそれ以上の科学力を持っている可能性.など限りなく0に近いのではないだろうか。 もちろんその知的生命体がその科学力を保持しつつ何十億年も生きていればUFOの存在も若干可能性は近くなるだろう。 同じ人間が3回続けて違うシーズンの宝くじを1枚づづ買ったら3枚とも全て○億円が当たる位に。

しかしあなたは今から数十億年後の人間の乗り物など想像できるだろうか? そう考えるとどうも世界中のUFOの写真、お話たるものは現代の人間の想像の範疇であるとしか思えない。

そして有史以来戦争を未だに続けている愚かな人類。 地球温暖化という生態系にかかわる問題をかかえつつ、核を道具に世界を脅す国家の存在を許している人類がとても数十億年後に生存しているとも思えないのだが....

ブログランキング参加中ワンクリックお願いします



コメント

アウシュビッツと東京

2009-06-13 | 政治

昔、映画の一シーンでユダヤの民が何の理由もなく一人の権力者の思想によりアウシュビッツに送られる場面がありました。 彼らは老若男女を問わず有蓋家畜列車に立ったまま押し込まれ不安におののきながら、それでも周りに気配りしながら移動するというシーンです。

現在の東京朝出勤時とあまり変わりないと感じてしまう今日この頃です。
朝7:30で超満員、夜10:00になっても座る事などできず数時間かかって通勤しなければならないこと。 狭い中で他人への思いやりなどなく、出入り口付近で新聞紙を無理やり広げているメタボ人間。 難聴?と思うほどipodのボリュームを大きくして携帯電話に見入ってる人。      

一番嫌なのはJR、私鉄にしてもそれが当たり前と思っている事。  列車が満員である事の改善よりも地代の高い場所に高額をかけてパウダールームを建設する。   この都市の何処が文化的生活なのでしょうか?

戦後の成長期にはそれでもいつかアメリカのような豊かな生活を夢見る事ができました。
年金もとっくに使われ、くだらない箱もののゴミの山となった日本にあるのはこれからの不安のみ。

アメリカと言う大国がブッシュJr.大統領と言う最悪な選択をしたため100年に一度という国際的金融危機の引き金を引き起こしました。  日本でも小泉劇場に期待した人々はその後の主役に思わずブーイングが出るほどです。
そしてヒール専門役者だったアソウさんを最後の主役にするのですが、問題はこれからです。  

元々観客はCOOLです。 カンバンに偽りがあれば二度と見にきません。 もっと面白い劇場があればそちらに移ります。 無党派層とは、良い演技にはひいきも関係なく拍手を送り、つまらない演技には無言の抵抗をするか、二度と見に来ない人たちなのです。

衆院選は入場無料。 無党派層で特に富裕層でない人々がどんどん増えています。
ホロコーストの悲劇とただ一つ大きく違うのは自分たちには選択する権利があると言う事です。

ブログランキング参加中ワンクリックお願いします


コメント

政治家

2009-06-02 | 政治

100年とは言わない。これから5年、10年、20年後、世界はどう変わって行くのか?
その中で日本は何をなすべきか?

それらのビジョンに基づき、とりあえずの問題点、そのための解決策を優秀なスタッフに作らせ、最良の策を決定し、その是非を国民に問う。
それが政治家という者ではなかったか?

民間では、メーカー企画の言いなりになっていた商社がその存在価値を失い消滅した。 税金を地方に回し、その巨大な組織は少しも小さくならない。
自分たちに都合のよい駄策をくりかえし、目立たないようにそのツケを次世代に回す。 この国に将来などあるのか?

目の前の政権政党になる事で頭が一杯の野党も最初はそのツケを増やすだけだろう。 その後、改めて出すビジョンにあえて期待したい。

それにしてもあまりにも公約違反が多いのでマニュフェスト等もできたのだろうがもう少し目先のもっと大きなビジョンに関する意見を聞きたい。

ヤジも含め小学生レベルの党首討論ではますます国民が政治から離れてゆく。
無党派層とは政治に関心が無いのではなく、投票したいと思う党が無い人達が殆どである事を忘れないで欲しい。

ブログランキング参加中ワンクリックお願いします


コメント