ブリキ屋テツの放言

富の再分配が政治の大きな役目と思っています。
疑問を調べ、推察して発表しています。

都知事選で今回の後出しジャンケンが負ける理由

2016-07-23 | 政治

      

東京都知事選も3有力候補の戦いが熾烈になってきた。 最初に立候補した小池候補は自民党が煮え切らないので先に立ち上がった。
その後自民党は増田候補、民進党はじめ野党は鳥越候補を担ぎ出した。 

よく選挙は後出しジャンケンの方が勝つなどと言われている。でも今回は例外だろう。 小池候補は初めから都知事に立候補すると宣言していた。 後の2人は最後まではっきりせず、いかにも有力な政党に頼まれて仕方なくといった雰囲気が見え見えだ。

何のビジョンも無く、土壇場になって有力政党の作製したプログラムを連呼するだけでは、もし都知事になっても有力政党の言いなりになるのは目に見えている。 それより”出る杭は打たれる”のごとく、やり過ぎて党内の老害とも言われる人たちに睨まれてしまった。 それにも屈しない小池さんの方が実にたくましく感じられるのは私だけでしょうか?

ちなみに後出しジャンケンとはマスコミを操り、初めから自分の胸中を見せずに最後に計画的に立候補して勝利した方たちの事です。 今回の最後に慌てて立候補したお二人はその範疇には入らないと思われます。

コメント