ブリキ屋テツの放言

富の再分配が政治の大きな役目と思っています。
疑問を調べ、推察して発表しています。

オオカミ少年安倍君の末路

2018-03-28 | 安倍総理

ネトウヨや安倍首相応援団、WEB等で印象操作を行っている方々の言い分の多くがモリカケ?そんな事やっている場合ではないでしょう!の一言ですが...

1.ウォーターゲート事件
米国史上最大の政治スキャンダル。裁判の過程で、ホワイトハウスのもみ消し工作、さらには、以前から政敵に対して行ってきた不法な情報活動が明るみに出された。ニクソン大統領は自ら潔白を証明するため、執務室の会話と電話のやり取りを記録したテープを提出したが、かえって疑惑を深めることにしかならず、ついに74年8月、米国史上初めて、現職大統領として辞任した。

 

2.今も元気で正義感の強い元裁判官さんのブログから
財務省の決裁文書書換えについての記事
こういうことは,これまでも,あちこちの役所で平気で行われてきていたのではないかと考えざるを得ない。
私が訟務検事時代に担当した訴訟事件の中でも,所管行政庁の担当者が持参した文書の中に後で書き換えたのではないかと疑われる文書が発見され,このようなものを裁判所に書証として提出するわけにはいかないと言って突き返したり,旧公共企業体労働争議関係の事件であったが,新任明けで赴任した某法務局で担当することになった事件の最初の打合せの席で,前任の担当者時代に既に提出されていた争議当日作成と説明されていた「現認書」が,実は訴訟になってから書き直されたものであることが判明したので,それを作成名義人の証人予定者に真正な文書と説明させる内容の所管庁の担当者が準備してきた想定問答案に基づく質問はやめにして,書証の提出を撤回すべきだという話をしていたところ,後日,上司から,「あとは私の責任で処理する」と言われて,指定代理人から外されてしまったということもあった。
弁護士きみ様のブログ2018年03月13日より一部掲載させていただきました

 

3.行政・司法・立法の三権分立の定義が損なわれている
民主主義の根幹である主権在民が軽んじられ、政府の威信が揺らぎ生命や財産など国民にとって最も大切なものが軽んじられようとしている。 安倍内閣の総務省が行政の人事権を支配し忖度せざるを得ない状況を生ませている。
司法においてもそれは例外ではない。 
先の米国を例にとるまでもなく、これは辞職で済む問題ではなく、逮捕監禁にまで相当する重大事件です。
ニクソン大統領も逮捕寸前にまで追い込まれました。

 

4.全ての責任は私にあります。
”国民に丁寧に説明していく。” 任命責任に関しても二言目には ”全ての責任は行政府の長たる私にあります”
と何度も聞かされてきました。 
しかし未だかつて安倍首相が何らかの責任をとったという話は聞いた事がありません。

限りなくグレーであっても決定的な証拠さえなければどうとでもなる。
最近一般の被疑者の取り調べにおいても黙秘が増えてきました。
国のトップが乱れれば国も乱れます。 

もはや黒か白かではなく、このような状況を生み出す元となり、国会を1年も空転させた責任を取って総裁選辞退表明が最低の責任の取り方だと思います。
あの佐川さんでさえ刑事訴追のおそれがあるいう理由で責任の言明はしませんでしたが自ら辞任したのですから...

 にほんブログ村 (ご協力お願いします)



コメント

LONDONでもRIOでも歌われた曲

2018-03-24 | 希望

今日2012年LONDONのオリンピック閉会式で歌われたイマジンをyou tubeで見ました。
オリンピックで歌われたこの曲の意思を2020年TOKYOでも是非引き継いでいただければと心から思います。 

John Lennon's Imagine @ London 2012 Olympics - Children's Choir Performance | Music Monday

Imagine (JOHN LENNON)

想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが

ただ今をきているって...

想像してごらん なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界ひとつになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっとひとつになるんだ

http://ai-ze.net/kanrinin/kanrinin5.htm

Akihiro Oba様より転載させていただきました。

にほんブログ村 (ご協力お願いします)

 

 

コメント

韓国が日本を追い抜く日

2018-03-20 | 経済

1.労働生産性に関して

1990年 OECD中最階下位だった韓国が27位に躍進しました。 決して国のTOPが有能だった訳でもなくこの数値は素直に称賛に価すると思います。この原因は何だったのでしょう?

2.PC普及率?

 

タブレットの所有率は低いです。

ノートPCも所有率が低く...

受験戦争に韓国ではPCが不可欠のせいもありダントツ1位です

携帯ゲームに関してのみ日本は1位でした。

少し資料が古いのですが、中学生での所有率が30%と最低です。
それでなくても欧米諸国と比較して言語の壁があるのに...

 

これでは受験戦争に打ち勝っても大学でアルバイト中片手間でPCを触るのがやっとの状態です。
教育機関ももっと若年層からのタブレットやPCの活用等を進めるべきではと思います。

卒業してから学習時間をとれるほど甘くはなく、PC知らない世代の麻生さんや安倍さんのような先輩に労働生産性が低い! などと怒鳴られるのがオチですから。

世界で価値のある企業50社が発表されました。
日本もTOYOTAとHONDAの2社が入っています。
しかしダントツの上位4社は全てUSAで、Amazon、Google、Apple、Facebook等のIT関連企業です。

アニメを引き合いに出すまでもなく想像力・企画力のある日本がソフト面ではUSAに、ハード面では中国に引き離されてしまったのはPCの環境に恵まれていないも一つの要因ではと思われます。

  にほんブログ村 (ご協力お願いします)

 

 

 

 

 

 

コメント

日本では報道されない政治の真実

2018-03-13 | マスコミ

日本会議の特集が、日本以外の世界中で報道、放映されている。(日本では絶対に報道されない)
フランス「ロブス」、「ル・モンド」
イギリス「エコノミスト」、「タイムズ」
ドイツ「ARTE」
アメリカ「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」

など、続々と日本会議の特集を報道している
今回また、オーストラリアのテレビ(ABC, Australia)で7分枠という異例の長さで報道された。

財務省文書削除にも登場した安倍・麻生・平沼議員が関係する日本会議は、極右のカルト団体であり、
第二次大戦の敗戦を拒否し、戦前の日本に戻そうとしている。
中国を仮想敵国化し、南京大虐殺などなかったことにしようとしている、
完全な歴史修正主義のカルト団体として危険視している。

内閣構成員の8割が日本会議のメンバーであり、
この異常事態は、驚きを持って受け止められている。 

日本会議は「男らしさや女らしさを否定する男女共同参画条例が各県で制定され、子供や家庭をめぐる環境がますます悪化」しているなどとして男女共同参画や夫婦別姓に反対。2010年3月の「日本の国柄と家族の絆を守るためストップ!夫婦別姓」と題した集会には、高市、山谷、有村、稲田各氏が参加して意見表明。同11月の集会では、山谷氏が「国民世論を無視している」と夫婦別姓に反対を表明している。 

政治評論家の森田実氏は、「そういうウルトラ右翼の内閣が誕生したわけです。大メディアは『安定感のある内閣』だとか『重厚布陣』だとか報じていますが、とんでもない。こんなアブない内閣はありません」と断じている。 

元法大教授の五十嵐仁氏は、「日本会議が安倍政権を裏で操るというより、もはや一体化しているとみるべきです。内閣に(19人中)15人も入ったのは、自民党右翼政党に変質したことの証左でもある。安倍首相をはじめとする日本会議系の右翼議員に党が乗っ取られ、内閣も官邸も占拠された。このままでは国が乗っ取られてしまいます」と、危惧している。 

 安倍内閣憲法破壊と歴史修正を強引に推し進める根源に、これら極右グループの存在があるが、2014年2月に米議会調査局がまとめた報告書は「日本会議」を名指しで警戒。「安倍氏は、戦時中の行為について、日本は不当な批判を受けていると議論するグループと連携」とし、安倍政権の歴史修正の動きや2013年12月の倍首相の靖国参拝を強行した背景に日本会議の存在があると分析している。 

 また、海外メディアでは「ナショナリスト組織」(米ニューヨーク・タイムズ)や「ナショナリスト・シンクタンク」(英エコノミスト)などと報じ、国際社会でも危険視されている。 

集団的自衛権の行使を容認し、自衛隊法の改正など有事法制を整備して、軍備強化で世界平和に貢献するという方針も、日本会議が目指す「誇りある国づくり」の一環で、それを着実に進めてきたのが安倍政権であり、改造によって、ますます日本会議が掲げる政策を「実行実現」する内閣になったのである。

 

 ※第三次安倍内閣の日本会議系団体所属状況。
(これでは現政権が解散に追い込まれても首のすげ替えにしかなりません)

※アエラ編集部

財務局の交渉経過から削除された森友学園籠池氏の名刺

日本会議大阪代表とは?

にほんブログ村

 

コメント

本業もさせてもらえない財務省【日本ブログ村日本経済カテゴリー1位獲得】

2018-03-12 | 日本沈没へのデータ

1.法人税優遇

日本は法人税が高いから外国の企業が投資に前向きになれないと某政権が言っていました。目標25%(主要国並み)と言っていましたがもうそれはとっくにクリアしています。

ところがそれで得た利益は国内に還元されず海外への投資がますます加速します。
会社が利益を得る→賃金が上がる→国内消費が進む...全くの絵空事(-_-;)

2.相続税
それでも企業や株主が利益を得れば社会に還元されるのでは?

 

平成元年を100として25年には60%に。 死亡者数は増え、相続人数は減りつつあるのになぜ?
しかも一人当たりの納付税率は一時の半分に。

 

3.お金持ち優遇
株式・不動産・金等への投資で節税対策も万全です。
相続税? 「生前贈与で私は六文銭だけ握って旅立つので払えません!」
ちなみにお金持ち程ケチなので国内の消費にも還元されません。
しっかり金や株式に投資し差別化はますます顕著になります。

 

そしてこんなに国が大変なのだからという理由で広く庶民にも負担していただくため消費税を10%にさせていただきます。

 

(-_-;)
もちろん支持してくれますよね。 だってそのために選挙で選んで頂いた訳ですから。

 

 

コメント

年金システムの崩壊【日本ブログ村日本経済カテゴリー1位獲得】

2018-03-03 | 年金

既婚女性が生む子どもの数は実は1970年代から減っていない

出生率(合計特殊出生率)の低下....合計特殊出生率とは、いわば1人の女性が一生の間に産む子どもの数であって、2.07が人口を維持できる水準とされています。
 日本では2013年時点で1.4台となっています。これについて世間では、「女性が子どもを生まなくなったせいだ」とよく言われますが、その考え方は正しくありません。

 というのも、既婚女性(有配偶者女性)だけに限った出生率は足もとで2.0台で、1970年代から変わっていないからです。
 既婚女性は生涯に平均2人の子どもを産んでいる計算になり、中長期的に見てあまり変化がないどころか、むしろ微増傾向にあります。

 なのに、なぜ女性全体の出生率が下がるのか。
 それは、女性が子どもを産まなくなったわけでも、家庭の子育てが大変になったからでもありません。
 結婚をしない女性や、「子どもを持たない」と決めた女性が増えていることが原因です。
 実際、2010年の国勢調査でわかった女性の生涯未婚率(49歳を越えて未婚の女性が対象)は10.61.%に上っており、私の試算では、2040年にこの比率は30%近くにまで達する見込みです。
ダイヤモンド・オンライン編集部より)

 

生涯未婚率男性は女性の2 

 女性の積極的な活用や個人のライフスタイルに言及するつもりはありません。 
 ただ現在の年金システムが次世代にその負担をお願いするという事自体が時代の変革に即していないのでは?と思えるのです。 
 

 生涯独身で給与も高く退職金をしっかり頂いた方がいます。 
 その片方で教育・育児に時間とお金を費やしパートで稼いだお金も子供との楽しい時間に費やしてしまい、気が付けば僅かな年金しかもらえない。

 それもこれからどんどん減額されてゆくと思ったら不安が先に立ち消費どころではないでしょう。 
 事実高齢者で現在働いている方の理由は下記内容となります。 
 なんと経済上の理由が過半数を超え、将来に備えてを加算すると80%を超えるという資料もあります。

 

 バブルを謳歌し、父がたっぷりと年金をもらって将来に希望を持っていた団塊の世代はバブル崩壊後失ったか、ローンを抱えて子育てと生活のため非正規として死ぬまで働かざるを得ない人が大半です。

 アベノミクスで企業が利益を計上しても非正規には反映されず国民消費に結びつくのはごく限られた人だけです。  
 今後は独身を貫くのであれば将来の自分に支払わられる年金ぐらいは自分たちが負担できるような制度に改め、誰もが未来に希望を持てるようなシステムに変更すべきではないでしょうか? 
 
 まあお金に苦労した事の無い二世の集まりの安倍政権にそれを期待するのは酷かも知れませんが...

 

コメント