ブリキ屋テツの放言

富の再分配が政治の大きな役目と思っています。
疑問を調べ、推察して発表しています。

ネット上で匿名などありえない

2020-08-29 | ネット社会

ポータルサイトを運営するヤフーは、自社ニュースサイトの掲載記事に付けられるコメント欄に誹謗中傷などの不適切な内容が多数書き込まれるようになったのを受け、専門チームのパトロールや人工知能(AI)を活用し不適切な投稿を判断する技術を導入。1日平均で約29万件寄せられる記事への投稿のうち、約2万件を削除しています。

今月1日に配信された人気女優の綾瀬はるかさんと韓国人俳優の交際を報じる記事では数時間で1万件以上コメントが書き込まれ、直接的な誹謗中傷の文言は見受けられなかったのですが、ヤフーニュースのTwitter公式アカウントに寄せられた記事へのリプライ(返信)の中には、韓国に対する差別用語を用いた中傷的な内容が散見されました。

「書くことによって評判が落ちるものや、たとえ事実だったとしても、公益目的でないものも名誉棄損(きそん)に当たります。また、公開されていないことを暴露することはプライバシー侵害に当たる」との指摘もあります。

意見や批判についても、度を越えた批判は「違法に当たる」とし、「例えば商品を否定する場合は誹謗中傷になる可能性が少ないが、人格や容姿を否定するような中傷はアウトになりやすい」としています。

一方で藤吉弁護士は「自由な意見を述べることができるのがネットの魅力であり、まっとうな批判は大事。開示手続きなどの簡素化はするべきだが、誹謗中傷(という概念)の範囲を広げる必要はない」としています。

昼間から仕事もしないでツイッター中毒になっている支払い能力のない人間や、中高生などの未成年者が書き込んだケースも多く、完全な取りっぱぐれになる可能性も高いのです。

最近は高齢者のPC使用も増えているがネット上で匿名はありえません。
時間はかかるが調べようと思えばいくらでも調べられるのです。

今回大坂なおみ選手の黒人銃撃事件への抗議による準決勝試合のボイコットがありました。
それに対し大会側、全米テニス協会、世界の女子テニス連盟と男子テニス連盟、国際テニス連盟(つまりテニスのメジャー組織)は、彼女と一緒に「社会的不公正と人種的不平等に対して戦う」と表明。
大坂なおみ選手も同意し、延期された翌日からの出場を決めました。

世界もその行動を絶賛する中、なんと日本からは
「やっぱり日本人じゃなかった」
「スポンサーに対して迷惑」
「こんなことしても無駄」
「警察に殺されるようなことをした本人が悪い」
などの心無いツイートが大量に投稿されたようです。
これらは全て翻訳され海外の人もしっかりと見ています。

スポーツに政治を持ち込むな”ツイートには、これは政治ではなく人権の問題と大人の対応でバッサリ。
世界からまた絶賛の拍手を浴びました。

ただ度重なるヘイトスピーチは誰が読んでも気持ちの良いものではありません。
発信者にはイエローカードで公平中立な制限を政治の介入なく企業努力でヘイト発言の少ない環境を期待します。
つぶやきは別にかまいませんが大声でがなり立てるヘイトはルールを守れないなら退場にして欲しいと思います。

コメント

3流の政治が1流の経済の足を引っ張る

2020-08-21 | 自民党

ソニーは2019年3月期の業績見通しで、Xperiaシリーズを展開するスマートフォン事業を含む「モバイル・コミュニケーション」部門の営業損益が、950億円になると見込んでいます。
2007年には9%あったスマホ市場における世界シェアも、現在では1%を下回るまでに落ち込んでいるとのことで、ソニーの苦境は明らかです。

ついにソニーの名が消えた日

かって携帯電話の世界でも日本が世界をリードしていたと言ったら皆さんは信じるでしょうか?
NTTは技術的に携帯電話で世界のトップを走っていました。
NEC始め、PCも世界をリード。
その後IBMがPC部門を中国に売却。
世界はGAFAはじめソフトの時代へと舵を切りました。

ここで日本の政治家は第二次世界大戦と同じ轍を踏みます。
戦争が大艦巨砲から航空機主体に移っていった事に気が付かなかったのです。
(気が付かないふりをして利権がらみの美味しい話を優先?したのかも)
技術にこだわり、東芝に当時死に体だった原子力研究所米国ウェスティングハウスを購入させ日本中に利権がらみ原発を造っていきました。

同じ頃、韓国は国を挙げて通信インフラの整備に着手。
日本がISDNだのでもたもたしている間に国中で通信網を設置。
政治の貧困が足を引っ張り、日本のソフト化はゲーム以外は沈没。

SAMSUNGが国営企業として成功する中、環境が整わず、日本のIT化はどんどん遅れて行ってしまいました。
日本では政府の思惑に騙される嫌韓の老人が多いためかSAMSUNGは弱いし日本に売る気も無いのでしょう。
だが世界では相変わらずシェアNO.1なのです。

ドイツではメルケル首相が福島原発事故を教訓として電力を再生可能エネルギー中心へと変換します。温室効果ガスの発生をも抑え、見事に成功します。
日本の失敗からドイツは学びましたが安倍政権はその後も利権がらみの原発にこだわり続けました。

経済など、1流の経済界に任せておけばいいのです。
経済界が出来ないインフラなど未来へ向けての投資こそ政治がやらなければならない事。
もちろん消費高齢化対策など現在の問題を解決する事も大切ですが...
家賃給付、目詰まり 申請29万件で実績2万件( 17日時点でわずか1%程度)
等を見る限りマスク同様期待はできそうにありません。

結局安倍政権は肝心な事は何一つしてきませんでした。
そのため日本一国だけ世界に取り残されました。

3流の2、3世議員が幅を利かせる自民党には今後も期待できそうにありません。

コメント

安倍晋三の暴挙を許したのは自由民主党のシステムの問題

2020-08-15 | 自民党

実は日本は1990年代まで、世襲議員総理大臣になることは極めて珍しかったそうです。
「世襲」という観点から戦後の歴代内閣総理大臣を振り返ると、吉田茂氏から海部俊樹氏まで、鳩山一郎氏のみを例外として14人が「出自が門閥も財力もない庶民階級からの出身」だったそうです。

逆に、宮澤喜一氏以降は、村山富市氏、森喜朗氏、菅直人氏、野田佳彦氏を例外として、10人が世襲議員でした。日本の政界では90年代前半までは、出自に関わらず優秀であれば総理大臣になれたということが言えたのです。

ただし、海部氏以前の総理の多くは現在、住友家、三井家、ブリヂストンの石橋家、鹿島建設の一族、大正製薬の上原一族、森コンツェルンの森一族、昭和電工の安西一族、住友銀行元会長の堀田一族、日本郵船元社長の浅尾一族、日清製粉の正田家といった実業界、そして天皇家まで縁戚関係となっています。これを「閨閥」と呼び、歴代首相の多くは本人が名門家系の令嬢と結婚するか、子どもの結婚で名門家系と縁戚になることで「閨閥議員」となり、総理の座に昇ったということです。

吉田氏から海部氏までの戦後総理で官僚出身者は7人。かつて、官僚となり「閨閥」入りすることは政界への最短コースでした。総理経験者以外でも、愛知揆一、津島寿一、前尾繁三郎、橋本龍伍、村山達雄、金子一平、相沢英之、山下元利、大原一三ら、戦後政治の中核を担う政治家たちが庶民階級から官僚組織を経由して輩出されてきました。

また、池田氏、大平氏らは娘婿に官僚を選び後継者としました。福田氏も地盤継承はないが、娘婿の大蔵官僚・越智通雄が国会議員となりました。首相経験者以外でも、愛知氏など娘婿を後継者としたケースは多いです。かつて政治家の地盤は親子間の「世襲」よりも、「閨閥」入りした官僚に継承されるケースも多く、庶民階級から政界入りする1つの道として確立していました。

「閨閥」入りが政界への道というのは前時代的です。しかし、このエリート選抜システムは一定の評価を与えられます。完全な自由競争・能力主義が確立できるなら一番いいですが、現実の社会には支配者層・既得権を持つ層が存在するもので、その制約下では日本のシステムは優れていたと考えられます。

日本でキャリア官僚になるには小・中学校(義務教育)→高等学校→東京大学法学部→国家公務員一種試験合格という選抜過程を経ます。重要なのは日本ではこの選抜方法を出自に関わらず誰でも知っているということです。

実力主義から当選回数至上主義へ
昔は財界や官界で出世した人物が40代以降に初当選し、即幹部に抜擢される実力主義でした。
現在は若くして国会議員に当選すると、それだけ党内での出世に有利となる当選回数至上主義が確立。

そのため二世三世議員が幅を利かす状態になってしまいました。

現在の政界は、成蹊、成城、学習院、関東学院などを出たお坊ちゃま・お嬢さまを、一生懸命勉強して東大・早稲田・慶応などを卒業した一代で成り上がった政治家官僚が支えているという構図になっています。これは、安倍首相の世代だけではありません。次世代を担う若手も変わりません。小泉進次郎環境相をリーダー格として、彼らを官僚、ビジネス、マスメディア、弁護士などを経験して一代で政治家になった議員たちが支える構図も同じなのです。

丁度1990年代後半から世界が好景気に沸き、賃金も急上昇する中、日本だけが取り残されました
先日アベノミクスも実は景気が良かったのは最初の1年6か月だけと政府が認めました。
失われた20年二世三世議員が中心となった政治で乗り越えるのは難しかったのではと推察されます。

「世襲」+「年功序列」=「逆学歴社会」諸悪の根源です。
そして、恵まれた家柄・血筋の安倍首相が、仲間とやりたい放題やっています。東大を出た優秀な官僚に責任を押し付けて平気な顔をしています。
それを批判されたら、上から目線で馬鹿にしたような態度をとります。

父の愛に飢えた安倍晋三が作り上げた世界

でも述べましたがロクに勉強もせず、本来大学を卒業すらできなかった人間がこの国のTOPになれるのです。

よく野党は政策がまとまらず、与党は一枚岩と言われます。
与党は利権と言う目標で一つになっているのですから当然でしょう。
そこに国民はおらず自分たちとって何が良いのかでまとまっているのが現在の世襲議員中心の自民党です。

そのためまともな事を言おうとしても石破さんを見れば分かるように黙殺されます。自分たちの利権が最優先されるからです。
絶対あり得ませんがもし石破さんが党のTOPになるなら私は自民党を推します。

あなたが投票してもあなたには何も帰ってきません。
アベノマスクに見られるように自分たちに都合のよい政策しか行いません。
野党の方がはるかにマシだと私は思います。

コメント

父の愛に飢えた安倍晋三が作り上げた世界

2020-08-13 | 安倍総理

2020年夏、空を覆い隠すのは入道雲でもなく、コロナでもない。
この国に広がる閉塞感政治への不信感
第二次阿部内閣発足後続いた好景気はわずか1年6カ月だったと公式に政府から今更の見解が発表されました。

戦後最長の内閣、アベノミクスと言う文字に民度が高いはずの日本国民はなぜ簡単に騙されたのでしょうか?
いったい何がこのペテンを成立させたのかを紐解いていきたいと思います。

安倍晋三さんは安倍寛の長男、父安倍晋太郎さんと妻洋子さんの間に生まれました。
安倍寛さんは尊敬される政治家、安倍晋太郎さんは真面目政治家と言うのが定説のようです。

安倍晋太郎さんはよく「俺は岸家に婿入りしたのではない。俺は安倍家の長男なんだ」とよく漏らしていたそうです。
この事からも安倍家に岸信介の娘洋子さんが嫁いだ後、岸家の影響が大きかった事がうかがえます。

小さい頃から勉強嫌いで宿題はお手伝いさんのウメさんが殆どこなしていました。
そんな彼を父安倍晋太郎が見抜いたのか父とはあまり良好な関係が作れなかったようです。
久保ウメさんが帰った後、残っている部分をお母さんが片付けた事もあったとウメさんも述べています。

父親の愛に飢え、母の過度な愛情が見て取れます。
自分を愛してくれる母と祖父東条英機と共に国家神道(天皇教)に基づく政治家の代表者であった岸信介に可愛がられたのも当然だったのでしょう。

宿題はお手伝いさんがやってくれる、という幼いころの経験は、ズルしても平気、黙っていれば分からないという心をつくります。
進学もエスカレーターですから気楽です。大学に赤いアルファ・ロメオで乗りつけます。
友人と雀荘に通い詰め、学習院大のアーチェリー部との合コンに青春を燃やしました。

複数の成蹊大学教授は、彼の勉強嫌いを困ったものと話しています。
ただし、鼻っ柱だけは強く、お爺さんの岸の話を信じて(母が岸の崇拝者)他者をやり込める攻撃性は幼いころからだそうです。

祖父は、幼いころからわたしの目には、国の将来をどうすべきか、そればかり考えていた真摯な政治家としか映っていません。

これからも分かるように岸が731部隊を率いていて3607名軍人・医者と共に鬼畜の人体実験を行った(公文書より)事も正当化されているのでしょう。

3607人の実名が記載された名簿が国立公文書館から開示されたと、西山勝夫滋賀医科大名誉教授が2018年に明らかにしました。
NHKで特集が放映された後
、なぜか関連のデータがネット上から次々と消滅しています。

皮肉な事に安倍晋三を政治に駆り立てたのは実は安保闘争
群衆の中から岸が「A級戦犯の容疑者」「安保反動の権化」「政界の黒幕」と呼ばれることに反発しながら、政治の道に入ったのです。
そしてそれを予言したのも岸信介であり父の安倍晋太郎ではありませんでした。

間違っているのは、安保反対を叫ぶかれらのほうではないか。長じるにしたがって、わたしは、そう思うようになった」(『新しい国へ』)ヒソヒソ話:どうも漢字が苦手のようです

彼がよくあんな人たちに負けるわけにはいかない!と言い、ただプラカードを所有しているだけの無抵抗な国民を違法にも取り締まるのはこのデモ隊がオーバーラップしているのだと思われます。

そして加藤節成蹊大学名誉教授が公言しているように、ほとんど授業に出ず「不可」となりましたが、それでも留年することなく裏口卒業で、大学を出ました。
家系に権力があれば、なんでもOKという体験を繰り返せば、ウソもウソとは思わず、堂々としていられる人間が誕生するのは当然です。

大学卒業後はアメリカに留学。ところが、名門である南カリフォルニア大学での勉強は1年足らずで挫折し、政治学科の単位はゼロ
ホームシックから連日、日本の自宅にコレクトコールをかけ、1か月の電話代が10万円を超えることが続いたため、父・晋太郎氏が「それなら帰国させろ」と激怒したこともあったそうです。

周りの人が自分に気をつかって、なんでもやってくれる、そういうものだ、という心。
忖度されるのは慣れっこですから、何か不都合なことが起きれば、それは忖度した人間が悪いのであり、自分は関係ない、となるのです。
非を認めず【情】がないと、お父さんの晋太郎さんはいつも嘆いていたとのこと。

彼は、多くの人は、中身・内容を検討するのではなく、顔つきや態度で物事を判断すること(内容ではなく形式が大事)を育ちの中で学びましたので、しゃべり方で乗り切る、相手を恫喝しつつも好感の得られる態度はどういうものかを学び、論敵には形式上の言い方や態度を問題にすることで優位に立とうとします。

桜を見る会でも反社との付き合いが問いただされましたが、彼自身が反社そのものだという事に気付く人はそうはいません。

そして悪しき日本人文化の見本です。
行政に携わる優秀な日本人は精神的自立のない人が多いですから、エリート家系の人間や上位者に恫喝されると手もなく従うのです・・・哀しき性。

民主政とは本質的に相いれない「戦前思想」(=国家神道)への傾倒から、戦前思想を流布するお友達、八木秀次麗澤大学教授を各種諮問委員に任命して活躍させているのは安倍首相の本質をよくあらわしています。八木は「日本国憲法」を否定し、「明治憲法」を称揚します(『明治憲法の思想』PHP新書)。
また、戦後日本をダメにしたのは、欧米がつくった人権思想であり、われわれ日本人は「人権」という言葉に怯えず「国民の伝統と常識」に戻るべきとして『反人権宣言』(ちくま新書)を書いています。

中曽根康弘首相時代に官房長官を務め、カミソリとあだ名された後藤田は、安倍君だけは総理にしてはいけないと周囲に明言していたと言われていますが、それが至言であったことは、いま、誰の目にも明らかになっています。

民主政治にとって最悪の首相が今も尚、その座にいます。彼がウヨク思想に学び身に付けた「日本の伝統」というアナクロニズムの思想を自分の宗教として政治を行うのは、個々人の対等性と自由の相互承認に基づく「近代民主政社会の原理」に反する悪行であり、これを許すなら、日本は民主国家をやめて神道国家へ逆戻りするほかありません。

文科省がその意向を受けて進めている愛国思想に基づく道徳教育により、幼いころからの馴致(洗脳)教育が進んでいます。日本人の個人としての精神の自立はますます得られなくなります。
現在の小・中学で基本的人権の尊重・平和・国民主権がなくなりました。
2022年には高校から道徳がなくなり共生となります。
個人の権利を縮小し、国に従う心を持つ(ルールを守る)中心となります。

別に私は右翼でも左翼でもありません。
ただいくらマスコミや応援団、バイトネトウヨを駆使して誤魔化しても実際の国民の暮らしは悪くなるばかりです。
国民の幸せなど眼中にない人間たちが政治を行っているのだから当然でしょう。
この悪夢から一刻も早く眼を覚ましたいだけなのです。

コメント

なぜ思ったより安倍政権支持率は高いのか?

2020-08-10 | 安倍総理

1.詐欺
地方紙など政権や電通などの影響のない情報では安倍政権の支持率は最悪です。
これは圧力により操作されているのでは?
というご意見も理解できますが証拠はありません。

2.実例
フジテレビと産経新聞は19日、内閣支持率を含む政治をテーマにした昨年5月から今年5月まで14回の電話世論調査で委託先の下請けのコールセンター責任者が架空の回答を1回につき百数十件、計2500件(総調査件数の約17%)を不正に入力していたと発表しました。
ここには記載がありませんがいったいなぜ、誰のために何をどう不正入力していたのかを知る権利が視聴者にはあると思います。

3.システムの不備
ランダムに生成された番号に架電するRDD 法では現在固定電話と携帯電話を各50%に設定しているマスコミが多いです。
現在20~30代の若者は圧倒的にスマホをはじめとした携帯保有層です。
しかも仕事で忙しくアンケート電話には答えない人も多いのでは?
そう考えると在宅でちゃんとアンケートに対応してくれるのは3K読売御用新聞とNHKをこよなく愛する団塊の層が圧倒的に多いのでは?
未だに年金がちゃんと国が管理し、自分たちが死ぬまでは大丈夫と保守的でおおらかな人が圧倒的に多い層です。
(ただ最近はPCやスマホ利用者も増えてきました。googleが自分の好みのみを表示してくれる事をご理解の上、偏見をお持ちにならない事を祈ります)

4.改革案
大隈慎吾(毎日新聞世論調査室)さんが各種インターネット調査の代替可能性を述べていました。
ただこの方はtwitterで安倍政権批判の書き込み40万件以上を何度も削除された事。
クラウドワークス等を使い官邸が大量のバイトネトウヨを集め、大量の書き込み作業やtwitterの妨害書き込みをしている事をご存じないのでしょうか?

この40万件のツイートが20万件の捨て垢だらけのバイトネトウヨによるツイートの下に表示されていた。
そして突然削除された。
この国のSNSには言論の自由は無い。
中国を笑う事などできないのです。

5.本家イギリスに学ぶ 
イギリスで最初のギャラップ世論調査が実施されたのは1930年代。
日本と大きく異なるのは世論調査のデータが全て公開され、誰でも利用できることです。
法律で禁止されているのは投票日の出口調査の結果を投票が締め切られる前に報道したり、それに基づいて選挙結果を予測したりすることだけです。
世論調査会社は2つの業界団体、英世論調査協議会と市場調査協会に属しています。

このように民主主義で大切なのは公平性が担保されているか?です。

安倍政権の下では...難しいかもしれません。

コメント

コロナ・ウィルス世界は終息方向?

2020-08-07 | 国難

4月からコロナの状況を観察しています。
まずはNYで勝利宣言を出したU.S.A。

罹患者数No.1 480万人をこえる米国。
PCR検査受診者は6000万人に迫ります。
7月上旬をピークにあくまで一時的かもしれませんが減少傾向。


罹患者数No.2 290万人のブラジル。
7月中旬からまだ期間は短いが減少傾向。


罹患者数No.3 200万人のインド。
やはり7月中旬から減少傾向に。


罹患者数No.4 87万人のロシア
5月からですがずっと減少傾向です。


世界では現在1,900万人が罹患していますがやはり減少傾向?


世界で夏季休暇に入り、減少傾向。
ところが日本ではGo to キャンペーンで政府が火に油を注いだが...
地方行政が自粛を促し、国民も堅守し、少し減少傾向に。

結論から言えば国民が安倍政権の今までの悪政に対して非難の声を上げ国会の開会を要求していた。
Go to キャンペーンを前倒しにし、国民の目をそらそうとしたと言うのは考えすぎだろうか?

罹患者増加中の中、日本に来たいと言っているベトナムの方を迎えようとしている日本。
海外渡航に関して自粛のハードルを下げた米国。
それに対し日本政府のウェルカムと言わんばかりの対応は大丈夫?

より緊張した水際対策が求められます。
お金はともかく日本にウィルスまでまき散らさないで欲しいです。

コメント