魚道40号線

Flyfishingとランディングネットの製作など

日本の鳥獣フライマテリアル販売のお知らせ

2018年03月24日 | マテリアル
日本の渓流で日本の渓魚を日本のフライマテリアルで釣ってみたいと思い作りました。
まず第一弾は、リングネックフェザント(コウライキジ)のコンプリートスキンです。

マテリアルの素材となる鳥獣(鳥の羽)は知り合いの猟師さんから入手しています。
本来、捕獲された鳥や獣は食用とされますが羽や革は廃棄させてしまうことがほとんどです。
フライフィッシング、強いてはタイイングをする方にはまさに宝な部分。
捨ててしまうにはもったいない!
そんな想いから生まれたのがフライフィッシャーがつくるフライマテリアル。


テイル部分はキジマテリアルのもっとも代表的な部分。フェザントテイルです。
ニンフには欠かすことのできないマテリアルです。一羽からは4枚が付いています。


クイル(風切り羽)はウエットフライのウイングに最適です。#6~#12フックまで幅広く使えます。
またフランクフェザー(胸やお腹)は大型のウエットのボディーハックルとして使えます。


ネックからショルダーにかけてはウエット、ニンフ、ストリーマーなどのハックルとして使えます。
光沢があり角度によって妖艶な色を放つチーク材に最適です。
ショルダーやブレスとフェザーはドライフライのソフトハックルとしても使えると思います。


ヒップ部分は毛足の長いランプパッチにあたる部位です。ストリーマーのテイルやウエットフライのネック、
サーモンフライのウイングとしても使えると思います。


パッケージはこんな感じです。でかいのでミチミチに入ってますw
防虫、消臭剤を入れていますので、他のマテリアルと同じように使用、保管できます。


ちなみにマテリアルを製造し販売するには様々な許可や登録、免許も必要になります。
当工房は鳥獣法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)に基づき、許可をとっております。
コメント