かつてペンギンと呼ばれた鳥がいた…


TV番組で最新のクローン技術ならマンモスや恐竜の復活が可能だ
話していた。さらに絶滅した数々の動物たちも復活するかもしれない
と付け加えた。僕はマンモスや恐竜を復活させる事が余計に環境を
破壊するのではと思った。食べる者、食べられる者。
生物は三角形の絶妙なバラスンで成り立っていると学んだからだ。

■以下は毎日新聞抜粋■
かつてペンギンと呼ばれた鳥がいた■「今も居るよ」と指摘されそうだが、
あれは2代目のペンギンだ■ペンギンの由来はオオウミガラスという鳥で
あり頭の白斑を指した古代ケルト語だ■その初代ペンギン(オオウミガラス)
は1844年6月3日か4日に絶滅した■なぜ絶滅の日まで明確なのかいえ
ば最後のつがいを人が殺したからだ■生息地のアイスランド沖岩礁で抱
卵中のつがいが見つかり、
1羽は殴り殺され1羽は絞め殺され、最後の卵
も割れていた■全長80cm、体重5kgのこの海鳥の腹は白く、背は暗褐色
だった■翼は20cmほどに退化して空は飛べない■潜水は巧みで魚類
を食べ、陸上では直立して、ヨチヨチ歩きをした■要するに今のペンギン
そっくりである■かつては北大西洋に数百万羽は生息していたオオウミ
ガラスである■それを絶滅に追い込んだのは、羽毛と卵を求める人間の
乱獲だった■「石を拾うより簡単に捕まえられる。」と言われたほどだ■絶
滅寸前には、標本を高額で買い取る博物館が欲深い人間を最後の捕殺
に駆り立てた■そして人間は南極にもオオウミガラスに似た鳥がいるのを
見つけ、ペンギンと呼ぶことした■しかし最近の研究報告では、そのコウテ
イペンギンも今世紀末には絶滅すると警告する■こちらは地球温暖化によ
る海氷の減少で、繁殖が難しくなるためだ■まさかと言いたいが、人を恐れ
ず船を見るとヨチヨチ寄ってきた初代を平気で殴り殺した人間■目先の欲や
無関心がまたもペンギンを悲劇の鳥の名にしかねない■■■■■■■■
そしてもう地球上に3代目を襲名できる鳥はいない。


連鎖のバランスを壊し、生物を滅ぼしてきた。
知らないところで見たことも無い動物たちが消えていく。
そして今、ニセモノを作り出し現代に残る生物のバランスも壊そうとしている。
石を拾うより簡単に捕まえた鳥はどんな技術を使ったってもう戻らない。
正しい情報を伝えなきゃいけないTVや企業が問題の角度を歪めて矛盾を伝える。
もう何が【エコ】なのかすらわからない。

今泉忠明著「絶滅野生動物の事典」とても暗い心境になる本です。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

pirikaネット(巨大)


使用した糸は3種類。
フレームに枠糸をとめる部分はクレモナネットの構造と同じく
ダブルにして一番細い糸(50番)を使いました。
模様部分(オレンジ)は中間の太さの糸(40番)。
それ以外の部分は強度を確保するため太い糸(35番)を使いました。
軽量と強度を両立するために工夫です。

カラーも山吹とオレンジの2色染め。


大型トラウト用のpirikaネット。
フレーム規格は全長800mm/内寸(縦50mm横35mm)を想定してます。
通常のランディングネットの大きさから言うと約4倍ほどの大きさ。
少し時間がかかってしまいました。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

Cue


以前ビリヤードキューの職人さんを尋ねた事があった。
コチラの素性を説明してきちんとアポを取って話を伺った。
全面ガラスで近代的なショップの屋根裏が工房になっている。
狭い階段の上がると秘密の工具や銘杢が所狭しと並んでいた。
スネークウッドにローズウッド・べっ甲・牛角・・珍しく珍品の数々。
インレイ・カラーベニア・組木・・・興味深い技術の数々。

玉を突く一本の棒だと思っていたけどその精巧さと工程。
構成されているパーツの多さに驚いた。
Cue一本に対してパーツの数は50個を超え100個近くにもなる。
この日、ここでの出来事が今でも大きく影響していると感じる。
これから造りたいもの。道のりは長いけど楽しみで仕方が無い。

■サイズ:【S】全長395mm/内寸:縦255mm横170mm
■オリジナルカーブ
■グリップ:ウエンジュ■フレーム:ブビンガ/黒檀/シルモア
■内張り:ブビンガ■クレモナ網■2液ウレタン鏡面仕上げ

■オーナー様へ
ビリヤードのキューをイメージして作ってみました。
LandingnetPC-030

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

高級なワケ


2月14日はバレンタインデーです。
例外もあるようですが女性が好きな男性へチョコを送る日です。
でもその起源は日本の洋菓子メーカーが販売促進のために
造った愛の無い現金な日だと言うのは有名な話です。
閑話休題
今日の高級チョコの代名詞とも言える【GODIVA】の名は美しい
貴婦人の愛に由来していると言う話はあまり知られていません。

11世紀のイギリス。伯爵とその独裁に苦しむ町の人々の物語。
明日の食料を買うお金も無く一切れのパンを家族で分け合う人々。
重税に苦しむ人々を見かねた伯爵の妻は、夫に税を軽くするように言います。
しかし伯爵は「お前が真っ裸で街中を廻る事ができたらそうしよう」と一言。
美しく慎み深い伯爵夫人は一夜月の下で迷います。
意を決し伯爵夫人は翌朝、一糸まとわず白馬に乗り町を駆け廻るのです。
自らを犠牲にした彼女の行為に心打たれ町のすべての窓は
終日、開くことが無かったと言われてます。


この伯爵夫人の勇気と優しさを讃え、
洋菓子ブランド【GODIVA】の創設者ジョセフ・ドラップスは
自らのブランドにその伯爵夫人の名を付けました。

一箱、数千円もする甘味にはそれなりの理由があったんですね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

千歳・支笏湖 氷濤まつり-2009-

第31回2009千歳・支笏湖 氷濤まつり
このイベントは10年ぶり。
昔に比べてスケールが大きくなった気がする。



会場へ向かう途中の千歳川でもう釣り(Fly)をしている人がいた。
何か釣れるのだろうか?
会場は日本記録96cm12kgのブラウンでも有名な支笏湖畔。
ロッドも無いしトラウト狙いじゃないけど湖面が気になる。
入場前に湖畔を覗きに行くあの人たちもきっとフィッシャーだな。









さて氷濤まつりは今週2/15(日)まで。
2/14(土)は花火もあるみたい。
バレンタインデーだし、いい感じでないすかね。
寒いので一人または男だけで行く方は着込んだほうがいいと思う。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ