関東遠征

ガラスの自動ドアが開いたら吹き込んだ風を分けて駅へ降りる。
去年この駅を離れる時に感じたあの懐かしい風の匂い。
今も雪が降る僕の町から遠く離れたこの場所には桜が咲いてる。
これから訪ねる人たちに逢うのは1年ぶり。
だけどそんな感じがしない。
目的地までの流れる景色は去年と変わらない。
違うのは今年は隣にpirikaがいることくらい。
この町はね・・あの山はさ・・そこの川がさ・・
去年案内してくれた人の説明をそのまま、得意気に伝える。
その人の料理がね・・
あの人の巻くフライはさ・・
そのログハウスも・・
・・とにかくイイんだよ。

そのログで、あの人の話が面白くてさ・・
そうそう竹竿も凄いんだ・・
俺の大好きなシルバー細工をさ・・
僕の思い出は・・言葉だけではきりが無い。
全てが去年描いた絵をトレースしているようでいて新しい。
あっという間の週末だった。
そしてここを離れるときはやっぱりさびしくて。
結局、アマゴは今年も釣れず仕舞い。

駅を離れる時、す~っと空気を吸い込む。
「また来ます」

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

朱鞠内湖の芸術


氷点下20℃。1月にワカサギ釣りで訪れた朱鞠内湖。
漁協の管理棟の壁にに掛けられた数枚の写真。
一見すると剥製の写真の様だ。
いや、よく見るとCGであることがわかる。
近寄ってマジマジと見る。
「それはフィッシュカービングですよ。」
目を疑ってしまった。木を削って鳥や魚を作るあのカービングである。
作者は東山湖の管理人さんでフィッシュクラフトでとても有名な方。
そういえば雑誌で読んだことがある。
そのカービングを使ってデザインされたグッズは
カッコよくて可愛いくてそしてオシャレだ。
■ポストカード■
アメマス
イトウ
ワカサギ
カレンダーやステッカーやポストカードは
Webでも手に入れることができるから見たら欲しくなる。
特にワカサギステッカーがイイ感じ。
そうそう、Webサイトにはスクリーンセーバーもあった。
これもオシャレで癒されます。職場にオススメ。
北海道を代表する大自然の湖。
今年はフライロッドを手にして訪れてみたくなった。

朱鞠内湖淡水漁業協同組合

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

ストラップネット


グリップ:鉄刀木
フレーム:桜+黒檀+桜
サイズ:全長40mm幅20mm
網:pirikaネット

ずっと気になってたネット造ってみました。
簡単と言えば簡単。
難しいと言えば難しいかったです。

大きさは500円玉に乗る・・フックケースに入る大きさです。
網はミシン糸で編んでるからマスコット感たっぷりで良いです。
それに比べフレームはまだまだ改善の余地有りですね。
コレは試作品なんでお友達の携帯に付けてもらう事にしました。
余った塗料を捨てるのもったいないし端材利用にもなるから
ちょいちょい造ってはプレゼント用に配ろうかな。

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )