癒し系

癒し系女優・癒しの空間・癒しの音楽・癒しの時間etc・・。
今では癒しが付かない言葉が無いくらい世間では頻繁に使われてます。
確かに今の生活から【癒し】が消えると・・考えただけでも不安です。
でもこの言葉、一般的に使われるようになったのはつい10年ほど前のこと。
はじめて?日本で【癒し】を使ったのはあのジョージア缶コーヒーです。
そして【癒し系】第一人者は飯島直子。記憶にも新しいので「え?」と思いますが
坂本龍一の「ウラBTTB」が癒し系音楽としてヒットしたのもこの年からで
優香も井川遥もこの後に続くように日の目を見ましたね。
ではこれよりも前の人たちは?
日常に癒しを求めていなかったのだろうかと疑問が浮かびます。
【癒し】がまだ無名だった頃の日本は、戦後の経済成長期で
真っ直ぐ上を目指している頃、目的に向かって頑張る人には
【癒し】という言葉はそれほど重要ではなかったんでしょうか。
走り続けたそんな時期があったからこそ10年後・20年後で
体を張って頑張り、働いてる人は戦っているように見えただろうし
疲労して目を閉じてる人は傷ついているように見えたんですね。
だから【一休み】ではなく【癒し】が普通に浸透したんだと思います。
ゆえに今日の【癒し】は【一休み】に格下げさせてしまった感があり少し残念。
今年もあと一ヶ月ちょっと。【癒し】の前に頑張らなきゃなって感じます。

因みに人類に【癒し】を浸透させた歴史は古く初めはイエスキリストだそうです。
貧しさ・戦乱で傷ついた人たちへ向けて使われた表現で
これもやはり崇高な宗教用語だったみたいです。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

4周年記念クラフトクイズの解答


作り手なのでクイズの難易度の判断を誤りました。
わかりません。見当も付きません。という声が多数ありました。
そんな中、正解者は5名。惜しい答えも多数。
実際にコピーして組み立てたという方もいましたし
ネットホルダーなんていう斬新なアイデアも。
今回のプレゼント当選者は正解者5名の中から
くじ引きによる抽選で和歌山県のF様に決まりました。
おめでとうございます。
製品は後日発送させていただきます。
作り手もまだ使ったことの無いモノですが
釣行時のお供にしていただければと思います。

水に弱い革製品ですがこんな風にウエダーにも使えます。
もともとは釣行時いつもノドの渇きに悩まされていた自分用に考えたモノ。
世に売られているモノは性能は良いけど外見が好みではないので造りました。
保温性はゼロですが牛革製なのでルックスは良いかと思います。
ネットクラフターらしく楢瘤のウッドビーズも付けてみました。
装着して飛び跳ねてみましたが安定性もなかなかで
ボトルの脱落もありませんでした。
結構良くできているのでショッピングカートにも載せました。
詳細データや写真はコチラ→Club-Parashutarショッピングカート
そして難易度設定を誤ったクイズにも拘らず
たくさんの応募ありがとうございました。
コレに懲りずにまた○○クイズ企画をしたいと思います。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

ランディングネット製作Pc-042とPc-044完成


全て黒檀で制作したランディングネットです。
重厚で高級感のあるネットに仕上がりました。
黒檀は代表的硬木であり削るのが大変でした。
オーナー様、水に沈むので気を付けて下さい。

■ランディングネットデータ■
■size:S■グリップ:黒檀■フレーム:黒檀
■内張り:黒檀■pirika-net■2液ウレタン鏡面仕上げ
詳細データや写真はコチラ→ランディングネットPc-042


黒檀ネットと同時に制作していたネットです。
グリップに花梨と鉄刀木を組み合わせたモノ。
久しぶりにカーブタイプのランディングネット。
コチラはショッピングカートにて販売中です。

■ランディングネットデータ■
■size:S■グリップ:花梨&鉄刀木
■フレーム:ブビンガ/黒檀/タモ■内張り:ブビンガ
■pirika-net■2液ウレタン鏡面仕上げ
詳細データや写真はコチラ→ランディングネットPc-044


Club-Parashutar4周年記念クイズを開催中です。お申し込みの期限は11/20(金曜日)です。
クイズが難解なため(面倒)で正解者はそれほど多くはありません。
粗品ですがご応募お待ちしております。問題は11/10のエントリー記事でご確認ください。

【2009-11-19追記】
イメージ画像をコピーして実際に組み立てている方が多いようですので
見やすい型紙をUPします。
出力の際はコチラをご利用ください。
注意:この大きさは実寸ではありません。
クイズ用型紙

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Club-Parashutar4周年記念クラフトクイズ

いつもClub-Parashutar並びに魚道40号線へお越し頂きありがとうございます。
開設当初は釣行日記が多くフィッシングに関わるコンテンツがメインでしたが
いつの間にかランディングネット製作記事も多くなりました。
不定期であり駄文、誤字脱字に稚拙な表現の数々
・・・
話が長くなりそうなので本題。
たしか3周年の時は忘れていたような気がしますが
今年でClub-Parashutarも開設より4年を迎えました。
日ごろのご愛顧に感謝の意を込めまして
細やかではありますがプレゼントをさせていただきます。
単純に抽選にしてしまっては面白みが無いのでまたクイズを用意しました。

【問題】
今回のブログ記事のイメージ画像はある製作物の寸法図となっています。
この図より作られるモノは何でしょうか?
但し、これは素材の図です。固定や装飾に使う材料は省いています。
お解りになった方はコチラまで。


正解者一名様にこの図の完成品をプレゼントさせていただきます。
尚、正解者が複数になった場合は抽選とさせていただきます。
ペンネーム、ハンドルネームなどで構いませんので返信用アドレスをお書き添えの上
クイズの答えをメールフォーム本文へ記入してご応募ください。
応募期間は11月20日まで。
当選者の方にはこちらから連絡をさせていただきます。
それでは、皆様の参加をお待ちしております。

【2009-11-19追記】
イメージ画像をコピーして実際に組み立てている方が多いようですので
見やすい型紙をUPします。
出力の際はコチラをご利用ください。
注意:この大きさは実寸ではありません。
クイズ用型紙

コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )

ニッパーのこれから

この犬の名前はニッパー。ご存知、Victorのロゴの犬。
フォックス・テリアって犬種でイギリスの画家の兄弟に飼われてた実在の犬。
ニッパーの名前は画廊に来たお客さんの足を噛む癖に由来している。
世間では蓄音機を聞く姿が愛くるしく親しみがあり有名ですね。
ですがニッパーが聞いているのは音楽ではないようだ。
聞いているのは病気で亡くなったご主人の声。
飼い主亡き後、弟宅へ引き取られたニッパーがその家にあった蓄音機で
懐かしい主人の声に聞き入っている姿だそうだ。
そしてそれを絵に描いた弟さんが付けたタイトルが
「His Master's Voice」
そう今日のCDショップで馴染みのある【HMV】の基となっている。
もともとは日本ビクターとHMVジャパンの起源は同じ。
合併・売却・撤退を繰り返しているうちにロゴとして残ったのが
日本ビクターのニッパーという訳。
因みに当初HMVのロゴにもニッパーの姿はあったけど
今のロゴは蓄音機だけになっておりニッパーの姿は無い。
その日本ビクターも音楽事業を売却する方向。
だからニッパーはまた飼い主を失うかもしれない。
それとも大切な蓄音機を捨て、ペンタックスのカメラを覗き込むのか。
せっかくの良い話もお金が関わると・・
ニッパーはどうなってしまうんだろう。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )