練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

換気システムのお手入れ

2019年10月20日 12時00分00秒 | メンテナンス

今日は日曜日。

現場はお休みです。

先程、先日お電話を戴いたOB宅にお邪魔してきました。

築16年目のお宅です。

「キッチン天井にある排気口にティッシュを吸い込まれてしまいました。」

「えっ、ティッシュ

珍しい状況だと思います。

事情を聴いてみると、排気口のお掃除をしていたようです。

つい、うっかりティシュを持つ手を放してしまったとの事。

こちらのお宅では、パナソニック(当時は松下電気産業)のセントラル気調システムを採用しています。

いわゆるダクト式第3種換気に該当します。

システムの概要は上図の通りです。

天井排気口にはフィルターが付いていて、埃や浮遊塵のダクトへの侵入を防止してくれます。

通常なら、ティッシュが入る事はありません。

フィルターを外し、排気口内部を拭いていたようですね。

その構造上、吸い込まれたティッシュが通るルートは以下のようになります。

①50Φのダクト

②分岐チャンバー

③100Φのダクト(吸気側

④換気システム本体

⑤100Φのダクト(排気側

⑥外壁に設置された排気フード

⑦家の外

でも、⑤⑥⑦はまず無いと思います。


換気システムは洗面脱衣室の天井裏に設置されています。

早速、脚立を立てて天井点検口を開けてみました。

まず目につくのが、本体下部に取り付けられたドレンパンです。

これを取り外さなければ、本体内部を見ることが出来ません。

四隅のビスを抜き取り、ドレンパンを外そうとしましたが外れません。

そうだ、ドレンパイプが繋がっていたんだっけ・・・。

このシステムには、結露水用に排水配管があるんです。

ドレンパンには塩ビパイプ(VP管)が繋がっていました。

これが抜けなくて困りました。

接着はされていないんですが、中々抜けません。

予想外に時間がかかってしまいました。

なんとかパイプを外し、ドレンパンを外します。

ドレンパンを外す際に、時々パラパラと黒い埃の塊が落ちて来ます。

困りました。

外したドレンパンを見て、納得です。

黒い綿埃がたくさん・・・。

「入居以来、そこは掃除していません。

「と言うか、その必要性も知りませんでした。

「方法もわからないし・・・。

そうなんです、当時は排気口・自然給気口に付いているフィルター清掃はお願いしていましたが、本体の清掃まではお願いしていなかったんです。

そもそも、こんなに面倒だったら掃除なんて出来ないですしね・・・。

本体を覗いて見ましたが、ティシュはありませんでした。

100Φのダクトの中も覗いてみましたが、見つかりません。

50Φダクト・分岐チャンバー・100Φダクトのどこかに引っ掛かっているんでしょうね。

さすがにダクト内を確認する術はありません。

風量を上げてみましたが、出てくる様子もありません。

状況を説明し、ドレンパンを取付、点検口を閉じることにしました。

ついでに本体およびドレンパンの清掃を行いました。

念のため、風量を通常モードに戻し、排気口の風量を確認しましたが充分確保されています。

ティッシュを一枚用意してもらい、排気口の下にくっ付けてみると、見事に張り付きます。

「十分な風量が出ているし、問題ないと思われます。

「今の要領で、年に1回程度点検&清掃をお願いします。

「もしかしたら、ティッシュが出て来るかもしれません。

それにしても、きれいな排気口です。

ご主人が、週1回の割合で丁寧に掃除しているそうです。

凄い・・・。

次は、玄関ポーチ上の照明です。

点灯しなくなったとの事。

電球交換をしようといじっていたら、埋め込んであった本体が落ちて来たそうです。

ダウンライト本体を一旦取外し、天井板を挟む金具を再調整して、無事再取付完了です。

やはり電球が切れていました。

そう言えばレフ球でしたね。

まだ買えるのかな?

電球の交換の仕方を説明して、帰ってきました。


換気システムは、メンテナンスが重要です。

でも以前のシステムって、メンテナンスがしづらいんですよね。

結局、専門業者の手を借りることになります。

お金が掛かるから、ついつい見ない振りをする事もあります。

その点、最近の物は簡単に出来るから安心です。

最近の換気システムのメンテナンス要領です。

わずか4アクション、工具も必要ありません。

天井裏に設置されているので、脚立は必要ですが・・・。

そうそう、リニューアルされて2階床の点検口から覗けるタイプも発売されたそうです。

益々メンテナンスがやりやすくなりそうです。

やっぱり、こうでなければいけません。

http://www.assetfor.co.jp

posted by Asset Red 

所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

トイレの臭い戻り

2019年10月03日 06時39分01秒 | メンテナンス

先日の会議の席で、こんな話題が提供されました。

FPの家グループ工務店の集まりでした。

「タンクレストイレから下水の逆流臭がする。」

「何か対策はありませんか?」

簡単に言えば、こんな感じでした。

トイレには『封水』と呼ばれる、『下水管からの臭いが逆流しないようにする水』が便器内に溜まっています。

この封水が少なかったり、切れていたりすると下水管からの臭いが便器の外まで逆流するようになります。

最近の節水型タンクレスタイプの場合、排水時に短時間の封水切れが起こるようですね。

この際にトイレ内が負圧状態だと、臭気戻りが起こり得るようです。

取説を見ると、こんな事が書かれていました。

室内において極端な負圧が生じないようにご注意ください。

排水能力低下や、便器洗浄時に排水配管から異臭が上がってくる恐れがあります。

負圧が生じないように、十分な換気を行ってください。

第3種換気システムを採用していれば、極端な負圧もあり得ます。

レンジフードを使用している時間であれば、猶更負圧になる筈。

ムムム・・・。

由々しき問題です。

でも幸いなことに、弊社ではこうした事例は出ていません。

自然給気口を多めに設置しているのが、良かったのかな?

差圧式の給気シャッターをトイレに設置すれば、良いかも・・・?

こうした問題を共有できる機会って、いいですよね。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

恥ずかしながら・・・

2019年10月01日 08時00分00秒 | メンテナンス

今日と明日はアセットフォーの定休日。

でも、2日とも休むことが出来ません。

FPの家グループ工務店の集まりがあるんですよね。

日本橋まで足を運ばなければなりません・・・。

 

昨日は、ちょっとしたハプニングに見舞われてしまいました。

開店準備をするために打ち合わせコーナーに近づくと、床が濡れているんです。

どうやら、パネルシェードから漏水しているらしい・・・。

弊社打ち合わせコーナーの写真です。

向かって左の白い竪格子状のパネルが、問題のパネルシェードです。

ヒートポンプで作った冷水や温水を格子状のパネルの中を通して、室内を快適にする『輻射式冷暖房装置』となります。

恐らく、ドレンホースが詰まったんでしょう。

なにしろ設置してから約2年、一度もメンテナンスを行っていません・・・。

パネル下部のカバーを外してみました。

やっぱり・・・。

夏季、パネルに付着した結露水を受ける皿(ドレンパン)が水でいっぱいです。

底にはドレンホースに繋がった排水口が見えます。

でも、ストレーナが塞がってる・・・。

取外してみると、ヌルヌルした黒いスライムが付着していました。

「スライム イラ...」の画像検索結果

スライムとは、ねばりのあるゲル状のもの。

もちろん、ゲームのキャラクターではありません。

ここでは、ドレンパンなどに発生する粘液状のドロドロした微生物の塊(バイオフィルムと呼ばれる物質)を差します。

スライムは栄養素と水があればどこにでも発生します。

埃や汚れが栄養素になることも多く、冷房期であれば結露水が豊富なため、汚れたドレンパンはスライムの格好の発生場所になるんです。

パネルシェードもエアコンと同じ仕組みですから、ドレンパンの清掃を怠ればスライムまみれになってしまいます。

さあ、ドレンパン清掃の始まりです。

まずはスライムを取り除き、ストレーナをきれいに掃除しました。

そして次は、ドレンホースです。

中を覗くと、やはり黒いスライムが付着しています。

排水管洗浄剤を投入し、しばらくしてからお湯を注いでみました。

ドレンホースの先を見ると、ブヨブヨしたゼリー状のものを含む結露水がたくさん出て来ます。

これを数回繰り返しました。

次に、ドレンパンの清掃を行います。

割り箸と雑巾を使いました。

エアコンと違い、ドレンパンやドレンホースを直接見ることが可能です。

清掃も比較的簡単・・・。

自分で、定期的なメンテナンスが可能です。

やり甲斐あるなぁー、エアコンもこうなら良いのに。

ついつい実感しちゃいます。

やっぱり、メンテナンスのしやすさって重要ですよね。


濡れたタイルカーペットの水分は、新聞紙を使って取りました。

その後は送風機の風を当てて乾かします。

こうなる前に、清掃しておけば良かった・・・。

お恥ずかしい話です。

 

posted by Hoppy Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

白い外壁

2019年09月30日 15時37分03秒 | メンテナンス

今日もOB宅にお邪魔して来ました。

昨年夏にお引渡しをされた方ですから、築1年目となります。

白いスイス漆喰のお宅でしたが、きれいなままでホッとしました。

緑の多い地域のため、土埃が気になります。

すぐ脇には緑道があって、ひっきりなしに車も走っているし・・・。

茶色&灰色に変色していても不思議ありません。

きれいなものでしょ?

雨染みひとつありません。

だって天然100%のスイス漆喰ですから、静電気が起こりません。

大気中の埃や塵を引き寄せないんです。

強アルカリ性による還元作用で、有機汚れを分解・漂白します。

カビや藻だって大丈夫!

漆喰の原料である石灰の結晶は透明なんだそうです。

重ねて塗る事で、乱反射を招き白く見えるんだとか・・・。

築5年を経過したスイス漆喰の家を見ましたが、白さは変わっていませんでした。

スイス漆喰って、凄いですよね。

室内に入ってみましたが、特に不具合はありませんでした。

でも、びっくりした事があります。

自然給気口のフィルターを全く掃除していないんです。

覗いてみると、かなり汚れていました。

「そろそろ、交換した方が良いと思います。」

「内壁が汚れちゃいますよ。」

幸い給気口の回りに汚れは出ていませんでした。

放置しておくと、黒い筋が付いちゃうんです。

拭いてもきれいに落ちません。

さすがにあそこまで黒くなっちゃうと、フィルターを洗っても白くならないだろうなぁー。

月イチで掃除していれば、3年は使えるのに・・・。

夏涼しく、冬暖かい家で快適に過ごせているようです。

節電のためのアドバイスを少しだけさせて戴きました。

塗り壁にとって一番の天敵は水(雨)です。

だって、外壁は雨と紫外線で劣化しますから。

また、多湿な状態はカビが発生しやすくなります。

住人の健康にも良くありません。

ご存知ですか?

スイスは欧州の中にあって、降水量の多い国なんです。

 

意外なことに日本の気候と似ているそうです。

だから、スイス漆喰を使うのは正解みたいですよ・・・。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

永く使いたいですよね。

2019年09月27日 17時04分36秒 | メンテナンス

築16年のお宅にお邪魔してきました。

午前中に電話を戴いたんです。

「2階のトイレから水漏れしています。」

早速、様子を見に行ってきました。

傍らには雑巾が置かれています。

「床掃除をしていて、気付いたんです。」

どうやら、給水管から分岐した洗浄便座へのホースから漏れているようです。

「ウォシュレット...」の画像検索結果

矢印の部分が濡れています。

拭いても拭いても、雫がホースを伝い床に垂れています。

お話を聞いてみると、2階トイレはほとんど使っていないそうです。

ご了解を得て、給水管の栓を閉めさせて戴きました。

これで漏水は止まります。

でも、使えません。

「この部品を交換すれば直ると思います。」

早速、修理の依頼を戴きましたが・・・。

「最近、メーカーの廃盤が早いんです。」

「もしかしたら、部品供給も止まっているかもしれません。」

「その時には、便座の交換となりますよ。」

念のため、お伝えして帰って来ました。

早速、事務所に戻ってからメーカーに電話しました。

案の定・・・。

「申し訳ありません。」

「既に廃盤となっており、部品の供給も止まっています。」

「修理に伺うことはできますが、部品が無いので何も出来ない場合もあります。」

結局、便座交換を行うしかないようですね。

後継品の品番を教えてもらいました。

良かった・・・。

便器の交換もあり得ると危惧していたんです。

最近、この手の話が多いですよね。

お客様にお伝えすると、エアコンの話を蒸し返されてしまいました。

「このエアコンもそうだったよね。」

「調子が悪くなったから、修理の依頼をしたのに、部品が無いから直せないと言われちゃったでしょ。」

確かに最近の衛生陶器や水栓金具って、昔に比べて長持ちしなくなりました。

修理もメーカーに依頼しなければならないし・・・。

部品をホームセンターで購入する事も出来ません。

アメリカみたいに、住人がホームセンターで部品を購入して、ご自分で修理できる体制になれば良いと思います。

各メーカーは共通の部品を利用していて、それを継続的に使い続けます。

もちろん、その部品はどこでも簡単に手に入ります。

修理の方法もマニュアル化されていて、しかも出来ない人の為の施工代行を請け負う人もいます。

単価もほぼ決まっていて、依頼先によって変わることはありません。

ボッタクリの心配もないようですよ。

中古部品を取り扱う業者がいてもいいですよね。

そんな社会になればいいなぁーと、いつも思います。

これぞ成熟した社会って感じでしょ?

さあ、見積作成です。

便座交換の費用を算出して、お伝えしなければなりません。

消費税8%は無理だろうなぁー・・・。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

外壁の藻

2019年09月24日 16時27分14秒 | メンテナンス

築10年目のお宅にお邪魔してきました。

「そろそろ10年だし、色々聞きたい事もあるし、時間がある時に見にきてよ。」

という電話を戴いたんです。

時間を約束し、その時間にピンポンを押します。

「まずは外壁の具合を確認します。」

特に傷んでいるところは見られません。

チョーキングも無いし、目地シリングの劣化もありません。

チョーキングとは、主に塗装表面が暴露状態の際に紫外線・熱・水分・風等により塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョークのような粉状になって現れる現象や状態をいいます。

外壁表面を触り、手に白い粉が付けばNGとなります。

目地シールの劣化とは、目地の亀裂やヨレを言います。

表面に粉が噴いている状態も、良くありません。

これらは、外壁メンテナンスの目安となります。

「まだまだ大丈夫!5~7年位はいけそうです。」

「でも、1点だけお願いがあります。」

北側の外壁下部に『藻』が発生しているんです。

一部が緑色になっていました。

元々、風通しの良い訳ではありません。

でも新築当初は駐車場だった東側隣地に、建物が建ったのも原因のひとつかもしれません。

藻って、風通しや日当たりが悪いと発生します。

そのまま放置しておけば、カビやコケの発生に繋がる場合もあります。

見た目が悪いばかりではなく、外壁を傷める事だってあるんです。

「ホームセンターに行けば、防藻・防カビスプレーが売っています。」

「それをスプレーするだけでも、効果ありますよ。」

藻が生えている事すら、ご存知なかったようですね。

もっとも、隣地と建物の間隔が狭く、かに歩きをしなければ歩く事も出来ません。

見に行くのも容易では無いんですよね。

続いて、室内の様子を確認させてもらいました。

換気システムは正常に稼働しているようです。

異音もないし、換気風量もちゃんと出ています。

フィルター清掃も、マメに行っているようですね。

レンジフードは、先日ダスキンさんに清掃してもらったとの事。

壁のオガファーザーの白さにびっくりしました。

誰もタバコを吸わないせいかもしれません。

でも、あまりにもきれい・・・。

当分の間は、塗り直しの必要もありませんね。

無垢の床もいい感じに色が変わっていました。

10年を超えると、什器のトラブルが散見されます。

その際のポイントをいくつかご説明しました。

定期的に床の排水口回りや水栓回りのチェックをする事で、床・壁を漏水で傷めることが無くなります。

日頃のチェックを怠らないよう、お願いしました。

そして、最後のお願いをしつつ帰ってきました。

最後のお願いとは、玄関脇に立て掛けられていた合板についてです。

ネダノン合板のようですね。

庭仕事に使うつもりで、置いてあったようです。

でも裏返すと、すでに腐朽が進んでボロボロになっていました。

シロアリの食害こそありませんでしたが、腐朽菌の臭いってシロアリを招き寄せるらしいんです。

そうなる前に見つける事が出来て、良かったと思います。

「こちらで処分しましょうか?」

「いいんですか?」

「小さくしないと、持っていってくれないんで困っていたんです。」

良く見掛けるんですが、庭に木材を置きっ放しになっているお宅があります。

木材を地面に付けておくのはNGです。

すぐに腐ってしまいます。

建物の近くで猶更やめてください。

ご入居の際に、ご注意していると思いますが、建物の周りに物を立て掛けるのは厳禁です。

基礎パッキンからの通気を妨げることで、床下環境がシロアリの好む環境に変わってしまうかもしれません・・・。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

エコキュートの交換

2019年09月22日 12時00分00秒 | メンテナンス

築11年目の弊社OB宅のエコキュートを交換しました。

まだ早いなぁーとは、思いました。

普通は15年位で交換を考えるんですよね-。

でもお客様の意向ですから・・・。

370リットルタイプの角型を採用しています。

貯湯タンクと熱源機、コントローラーの構成です。

それぞれ単体の交換が出来ればいいのに・・・。

いつも思うんですよね。

でも大抵のメーカーは、単体で頼むと部品扱いでかなり割高になります。

保証の問題もあるし、ついついフルセットで交換しちゃうんですよね。

既存のエコキュートを撤去して、新しいエコキュートに交換する。

書くほど簡単な工事じゃないんです、コレが・・・。

ご存知の通り、エコキュートとは大気熱を自然冷媒である二酸化炭素に集めて、その熱によってお湯を沸かす機種の総称です。

CO2を冷媒として熱を作るヒートポンプユニットと、作られた熱で温めたお湯を貯蔵しておく貯湯タンクで構成されています。

正式には『自然冷媒ヒートポンプ給湯機』というらしい・・・。

エコキュートというネーミング自体は、日本の電力会社・給湯機メーカーが使用している愛称で、関西電力の登録商標なんだそうです。

知りませんでした・・・。

エコキュートが採用されている理由は以下通り。

①従来のヒートポンプと異なり、二酸化炭素を冷媒として採用。オゾン層破壊・温暖化ガス排出の抑制につながる。
②昼間よりも割安な夜間電力を使用。高効率なヒートポンプと組みあわせることで、ランニングコストを低減できる。
③大気熱を利用。お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べて約3分の1の電力消費量で済む。

ようするに、『環境に優しく、しかも省エネ効果が高い』給湯機なんです。

でも、デメリットもあります。

とにかくデカいんです。

置き場に困るし、搬出入も大変です。

当然、交換費用も高くなります。

新築工事ならまだしも、リフォームとなれば猶更大変です。

そんな大変さの一部をご紹介したいと思います。

トラックで運ばれてきました。

基本、運転手が一人で来ます。

荷受け人は私です。

取り敢えず、運転手と二人で邪魔にならない場所に荷物を降ろしました。

工事日は大抵土曜日になります。

日曜日は職人さんが休みだし、平日はお客様の都合が悪い事が多いから。

でも、土日・祝祭日の配送はありません。

よって前日の荷受けになります。

荷受けの為だけに職人を呼ぶわけにはいかないし、担ぎ屋を呼ぶのも勿体ない!

以前は、土曜日に配達してもらいました。

配達前に既存エコキュートを撤去しておいて、運転手と設備業者の3人で設置場所まで運んでいたんです。

でも今は、前日に配送されたエコキュートを運ぶために応援を依頼しています。

つまり設備業者が3人掛かりで運ぶ訳です。

写真は、熱源機を運んでいる様子です。

ここは、割と搬入経路が広い方なので助かりました。

いつもはもっと狭いので、より大変なんです。

今まで活躍してくれていた貯湯タンクです。

そして、こちらが熱源機。

お疲れさまでした。

そしてこちらが新しいセットです。

撤去した後に、既存の配管を新しい配管に切替えています。

無事、据え付け完了。

既に、夕方になっています。

ほどなく電気業者が到着して、200V電源の接続を行いました。

これで、エコキュートの交換工事完了です。

ここからは、私の出番です。

そう、エコキュートの試運転&使用説明をしなければなりません。

試運転は、貯湯タンクの中の水を浴槽いっぱいに張らなければならないので、1時間程度かかります。

その間、説明を加えつつ、機器の様子を確認しつつ、割とちょこまか動き回ります。

試運転完了は、ほぼ6時でした。

結局、1日掛かりでした。

最後に注意事項です。

ちなみに、この日の入浴は昼間の電力で沸かしたお湯を使うので割高となります。

しかも、5時間後の11時頃にならないとお湯張りは出来ません。

工事中はお湯を使う事が出来ません。

水は大丈夫です。

前日の入浴後もお湯が使えません。

だって、エコキュートの電源を落として貰うようにしていますから。

そうしなければ、深夜電力を使って、いつも通りにお湯を沸かしてしまいます。

朝になれば、捨てられてしまうのに・・・。

タンク一杯のお湯を捨てる時間も惜しいんですよね。

という訳で、寒い時期の交換はお勧めできません。

いかがでしたか?

省エネで、環境にも優しいエコキュートですが、交換にはそれなりに苦労が伴います。

だから、タンクを分割して、搬入が楽に出来るタイプの開発を切に願います。

メーカーさん、よろしくお願いします。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

ガラスの中の錆

2019年09月20日 08時00分00秒 | メンテナンス

先日の事です。

弊社OB宅にお邪魔していました。

目的は定期点検です。

特に何事もなく終わる筈でした。

ところが・・・。

奥様の思い掛けないひと言に唖然!

3階ベランダに面した掃き出し窓のガラス外側に異変が・・・。

わかりますか?

網入りガラスの真ん中に錆びがあるんです。

ガラス切断部のシールが甘く、そこから鉄線に錆びが回るという話は聞いたことがあります。

錆びは鉄線の体積を増やしますから、ガラスを中から割ってしまいます。

錆び割れという現象です。

でも、ガラス中央の鉄線に錆びが出るなんて・・・。

早速、メーカーに電話しました。

「網入りガラスの錆びですか?」

「製造方法上、時々起こるんですよ。」

そしてFAXで送られて来たのが、『製品保証について』と書かれた書面でした。

そこには『免責事項』として以下の文章が書かれていました。

商品または部品の経年変化(使用に伴う消耗・摩耗など)や経年劣化(樹脂部品の変質・変色。変形など)、またはこれらに伴うさび・かびなど、その他類似の不具合

熱割れが免責というのは、知っていました。

でも、まさか錆びまで免責とは・・・。

これ、該当するのかな?

お引渡し2年で経年?

疑問をぶつけて、交渉を重ねましたが、無償対応は出来ないと言います。

製法上仕方がないって・・・。

調べてみると、『ロールアウト法』という製法がとられているようです。

1920年頃に登場した、網入りガラスや型板ガラスを作るときの工法らしい・・・。

溶融ガラスを上下から2本のロールで挟み、引き伸ばして板ガラスにします。

 網入りガラスの場合はガイドロールという装置を使い、金網をガイドロールに沿わせて、溶融ガラスと合体させます。

この時に、鉄線の回りに空気が入ることがあるようです。

ふーん、そうなんだ・・・。

あきらめて、ガラス交換の見積を依頼しました。

弊社負担で交換するしかありませんから。

上がって来た見積を見て、さらに唖然としました。

ガラス交換に十数万円も掛かるとの事。

これ、定価でしょ?

電話で聞いてみると、間違いないそうです。

3階までガラスを上げる事が出来ないので、障子ごと交換するつもりらしい。

なんとか説得して、ガラス交換にしてもらいましたが、それでも思ったよりも高い金額です。

搬入・施工費が割高になっていました。

階段を上がり下がりするため、2人掛かりで対応しなければなりませんから・・・。

朝から残念なお話で、すいません。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分


コメント

ウォーターベッドのようでした。

2019年09月19日 17時44分07秒 | メンテナンス

先日、お電話を戴いたお宅のベランダ床を見て来ました。

築30年位のお宅でしょうか?

躯体跳ね出しベランダの床は、グレーのFRP仕上げです。

床の上に乗ってみると、ふにゃふにゃしています。

幸い、階下への漏水は無い様子。

お話を聞いてみると、以前に防水工事を行ったらしい・・・。

恐らく既存のFRP防水層の上に、新しいFRP防水層を重ねたと思われます。

双方の接着に問題があり、剥離した部分が摩擦で欠損、そこから雨水が侵入してに違いない!

侵入した雨水は、既存防水層があるため逃げ場がありません。

溜まった雨水の上を歩けば、まるでウォーターベッドです。

さっそく御見積書を提出し、工事を行いました。

工事写真はありません。

文章だけで、お伝えしたいと思います。

まず最初に行ったのは、上に作られた防水層の撤去です。

ケレンを行い、設着不良の防水層を撤去しました。

次に行ったのは、撤去部分へのパテ処理です。

無収縮モルタルを使いました。

充分に乾燥を行ったら、次にFRP防水層の表面をサンディングします。

ここで、付着した汚れもきれいに拭き取ります。

最後はプライマーを塗布し、ウレタン防水を掛けます。

ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応して硬化することにより、ゴム状で弾性のある、一体性のある防水膜を形成する防水工法です。

 

液体状の不定形材料を使用し現場で塗る工法なので、下地に馴染みやすく、シームレスで継ぎ目のない完全な防水膜を形成できます。

水密性の高い連続皮膜を求められる、ベランダ床に最適なんです。

でも塗膜防水の塗り厚が薄いと、紫外線や熱により早期劣化が生じやすくなります。

また地震や気温の変化による建物の伸縮から発生する下地の挙動にも追従できません。

ペンキのような薄っぺらい施工では長持ちしないので、所定の材料使用料を守り、均等に塗布することが大切です。

でもウレタン防水って、表面がラバーみたいにペタペタするんですよね。

そこで今回はこの上にトップコートを上塗りすることにしました。

ついでに珪砂を撒くことで滑り止めにも配慮、ウォーターベッド状態も解消です。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

やるしかないでしょ!

2019年09月13日 12時00分00秒 | メンテナンス

以前にエアコンの交換を行った方より、電話を戴きました。

「ここにきて、エアコンの効きが悪い気がしていたんです。」

「ついに、止まってしまいました。」

エラーメッセージを聞くと、『A5』との事。

ネットで調べてみると、『エアフィルターの汚れ』が原因らしい・・・。

「エアコンのフィルターを清掃すれば、すぐに解決しすよ。」

電話でお答えすると、奥様は言います。

「フィルター清掃なんか、した事がありません。」

「やって貰えないかしら?」

仕方ありません。

脚立を持って、現地に向かうことにしました。

今回問題となったのは、2年前に設置したダイキン工業の壁掛けエアコンです。

えっ

2年間もフィルター清掃をしていないの

ちょっと、びっくりですよね。

現地に到着。

早速脚立を立て、エアフィルターを取り外しを行います。

あれれ・・・、エアコンが大型テレビの真下にあります。

まずはテレビを動かして、脚立を立てるスペースを作らなければなりません。

ここで写真をお見せしたいところなんですが、とにかく綿埃がビッシリと付着しています。

黒いフレームと灰色の綿、追わず呟いてしまいました。

「これは凄い・・・。」

掃除機をお借りして、フィルターに付いた綿埃をきれいにしました。

上の画像はネットから拝借したイメージです。

この位、きれいなら良いですね。

取扱説明書によれば、エアフィルターのお手入れは約2週間に1度行う必要があるそうです。

他の意見として、冷房を使う時期は2週間に1度、暖房を使う時期は1ヶ月に1度の頻度で行うというものもありました。


お手入れ方法の一例を挙げてみました。

是非、参考にしてください。

まずは、電源プラグを抜いてください。

そして、以下の要領で清掃を行いましょう。

前面パネルを上に跳ね上げ、フィルターを取り出します。

この時、下に大きめのビニール袋等を敷いておくと、床が汚れません。

またパネルが汚れているようであれば、水または液体中性洗剤を含ませた軟らかい布で軽く拭きましょう。

②取り外したフィルターの綿埃を掃除機で吸い取ります。

③汚れがひどい時は、液体中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗います。

④水洗い後は、軽く水を切り、日陰でよく乾かします。

最近は、光触媒集塵や脱臭フィルターが使われている機器もあります。

こうした機器の場合には、水洗いをすることで使えなくなる事もあるので、取説を確認するようにしましょう。

前面パネルの取外し・取付要領も挙げておきます。

乱暴に行うと、ツメを割ってしまう事があります。

やさしく、丁寧な作業を心掛けた方が良いと思います。

パネルを閉めたら、電源プラグを差し込みます。

そしてリモコンをON。

正常に動く事を確認して、作業終了です。

「やはり、フィルター汚れが原因でした。」

「こんな感じで、せめて季節の始まりには清掃をしてください。」

とお願いをしました。

「高所作業は危ないでしょ?落ちて怪我でもしたら大変ですから・・・。」

「ダスキンに依頼する方法もありますよ。」

「依頼すると、高い料金を取られるでしょ?」

「・・・。」

定期的に、お掃除に来るしかないのかな?

まさか、無料サービスという訳にもいかないし・・・。

調べてみると、やはり1万円前後の費用が掛かるようですね。

意外と高いんだ・・・。

でもフィルター清掃をサボっていると、電気代が高くつきます。

夏であれば結露の原因にもなるし、変な臭いの発生だって心配です。

だから面倒でも、定期的に行うことをお勧めします。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

洗面化粧台からの漏水

2019年09月08日 13時00分00秒 | メンテナンス

先日、弊社OBより連絡を戴きました。

「洗面化粧台から水が漏れているようです。」

築10年のお宅です。

漏水には、まだ早いですよね。

早速、様子を見に行ってみました。

排水管は、こんな感じです。

触ってみると、確かに濡れています。

「排水管のおそうじ、サボってるでしょ?」

「えっ、排水管なんて1回も掃除していませんよ。」

「排水口から届く範囲を、歯ブラシでゴシゴシする程度です。」

「パイプ洗浄剤は、配管を傷めるから使わない方がいいんでしょ?」

確かにメーカーのメンテナンス担当者に聞くと、そうした答えが返ってきます。

早速、洗面器と雑巾をご用意いただきました。

トラップを外し、配管内の汚れ具合を確認しようと思ったんです。

取説を抜粋してみました。

排水トラップのお手入れ方法です。

でも今回はドレンキャップだけではなく、トラップ部分を全て外してみました。

明けてみると、中は灰色のドロドロでいっぱいでした。

髪の毛も詰まっていて、配管の内側はヌルヌル。

奥様にご確認いただいて、掃除をする事にしました。

「今、やったようにトラップをばらして掃除をすればいいんですか?」

コレ、よく聞かれるんですよね。

でも、あまりお勧めできないんです。

以前に、同じ質問をメンテナンスの方にぶつけたことがあるんです。

その時の回答は、こうでした。

トラップのオスネジ・メスネジは、共に樹脂製です。

頻繁に開け閉めすると、それが漏水の原因になる場合があります。

だから止めた方が良いとの事。

でも、パイプ洗浄剤も良くないんでしょ?

配管内なんて、掃除出来ないじゃん!

「御酢を適量流すくらいにしてください。」

と、申し訳なさそうに言われました。

だったら、トラップをもっと丈夫に作ればいいのでは?

最近の什器って、本当に長持ちしませんよね。

廃盤のサイクルも早いので、部品供給もすぐに止まってしまいます。

基本的な部品に関しては、各メーカー共通にするべきですよね。

それをホームセンターで購入出切るにして貰いたいと思います。

お手入れのスケジュールを抜粋してみました。

配管のお手入れについては、特に触れていません。

そんなに汚れるとは想定していないのかな?

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

続 雷おこし?

2019年08月28日 08時00分00秒 | メンテナンス

今日はアセットフォーの定休日。

先日投稿した、拙ブログの続編を書きたいと思います。

アプローチのスロープが、雨の日に滑って困るという投稿です。

そう、雷おこしネタです。

先日、剥離した雷おこしのケレンを無事終えました。

そして下地表面の洗浄・乾燥も行い、朝から防塵塗装と珪砂の散布を行いました。

写真はシーラー塗装を終え、1回目の防塵塗装を行い、表面に珪砂を撒き、乾かしているところです。

表面にカメラを寄せてみました。

ザラザラ感が伝わるでしょうか?

防塵塗装は、主に床面を塗装する塗料です。

コンクリートやモルタル面に塗装する事で、砂やホコリがつきにくくなります。

しかも、下地の風化を防ぐことも出来るんです。

モルタルとかコンクリートって、どんどん砂埃が出るんですよね・・・。

靴の裏で擦れてるんだと思います。

耐久性や耐磨耗性が強く、密着力に優れるのが防塵塗装の特長です。

だから駐車場でも使われているんです。

そして、これが珪砂です。

珪酸塩類を主成分とする砂質の堆積物や風化生成物のうち、とくに石英粒を多量に含む白色粗粒の砂らしいですよ。

サラサラしていて、ガラスの粉という感じです。

これを塗装面に撒くと、塗料と固着し、滑り止めになります。

あと1回、防塵塗装と珪砂撒きを行って作業は完了です。

塗装屋さんの隙を見て、表面を触ってみました。

大丈夫!

乾いて硬くなっています。

表面もザラザラしていて、滑りにくそうです。

塗装屋さん曰く、砂の粒が大きいと、すぐに取れてしまうそうです。

細かい珪砂を撒けば大丈夫!

ナルホド・・・。

防水ベランダの床にも珪砂は使われていますが、これが取れたという話は聞きません。

これで、一安心です。

宅配業者や郵便局員、新聞配達員も喜んでくれるでしょう。

塗装屋さんが、呟いていました。

「雷おこし、ヤバいですよ。自分も滑って転ぶところでした。」

 

posted by Hoppy Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

雷おこし?

2019年08月24日 18時57分45秒 | メンテナンス

土曜日、今日は晴れました。

先日、こんな相談を受けました。

「アプローチのスロープが、雨の日に滑るんだよね。」

「危ないから、何か対策無いかな?」

こんな仕上げです。

以前は、時々採用していましたが、製品名は忘れてしいました。

個人的には、雷おこしと呼んでいたんです。

「雷おこし」の画像検索結果

なんとなく、似ているでしょ?

調べてみると、『DCSファイバー』というらしい・・・。

「DCSファイバー」の画像検索結果

こんな仕上がりです。

エポキシ樹脂と天然石砂利を組み合わせた樹脂舗装材です。

透水性・排水性を有していて、耐荷重もけっこうあります。

洗い出しの風合いがおもしろいんですよね。

でも、雨の日は滑りやすいので使わなくなりました。

表面の凹凸に水が溜まり、樹脂が滑りやすくなるんです。

聞いてみると、宅急便や新聞配達員もしょっちゅう転びそうになっているそうです。


さて、対策です。

塗装屋さんにお知恵を拝借しました。

①表面を高圧洗浄し、付着した汚れを落とします。

②しっかりと乾燥させた後、プライマーを塗布。

③防塵塗装+珪砂散布を3回ほど重ねます。

お客様に聞くと、色は問わないとの事。

とにかく滑らないようにして欲しいそうです。

そして、より安価に!

聞いてみると、塗装屋さんがグレー色を在庫していました。

前回使った残りなんだそうです。

手間賃だけでやってくれるとの事。

ありがたい・・・。


そして、いよいよ工事日です。

①の作業を終え、②の作業を行いました。

翌日に③の作業を行うつもりでした。

 

ところが・・・。

 

ここで、アクシデント発生です。

プライマーを塗布した部分に穴が明いてしまいました。

どうやら、溶剤系プライマーが樹脂を溶かしてしまったようです。

試しにケレンを行うと、簡単にめくれてしまいます。

急遽、予定を変更しました。

表面の雷おこしを剥がします。

そして、再度①の作業からやり直し・・・。

なんで、溶剤系プライマーを使ったんだろう?

水性プライマーを使えば良かったのに・・・。

もう、後の祭りです。

でも、結果的には良かったのかもしれません。

きれいに剥がせたので、当初よりも良い仕上がりになると思います。

明日も作業を行うことになりました。

③から行います。

いゃー、失敗でした。

お恥ずかしい限りです。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

コロニアルを葺き替えました。

2019年08月04日 11時36分22秒 | メンテナンス

今日は日曜日。

現場はお休みです。

先日拙ブログに書かせて戴いた、メンテナンスに関するお話を書きたいと思います。

某社のピュアベスト・レサスという彩色スレートを採用した、築16年の弊社OB宅の話です。

レサスはノンアスベスト屋根材として初期段階に販売された商品です。

1999年から7年弱販売されていました。

元々はブラック色ですが、先日の高圧洗浄でご覧のような有様。

しかも経年劣化で反り返ってしまい、乗ればバリバリ割れてしまいます。

これでは、いけない!

梅雨も明けた事だし・・・。

屋根の葺き替えを行いました。

古い下葺き材をめくってみると、野地合板はしっかりしています。

当初は心配もしていたんです。

もし野地合板が腐食していたら、どうしよう・・・。

だって最近は、この手の話が多いんですよ。

イラストのように室内の湿気が小屋裏に上り、冬季の冷気で冷やされた屋根下地で結露します。

野地板に付いた水分は、本来であれば外に排出されます。

でも防水素材である下葺き材が邪魔をして、野地板と下葺き材の間に留まることになります。

この状態が続けば腐朽菌の繁殖を招きかねません。

でも、FPの家なら大丈夫!

理由が知りたい方は、先日の拙ブログをご覧ください。

屋根から降ろした、既存屋根材です。

アスベストを全く含んでいないので、普通に処分場に運ぶことが出来ます。

良かった・・・。

結局、新しい下葺き材を、古い下葺き材の上に重ねることにしました。

湿気の滞留問題は心配ないし、防水性の向上を図ることに・・・。

今回採用した下葺き材は『PカラーEX+』、既存下葺き材と同様に改質アスファルトに分類されています。

長期に渡り、防水性を維持してくれるでしょう。

当日は曇天でした。

朝一番、屋根に上がってみると暑い・・・。

東側屋根の下葺き材表面温度は67.3℃もあります。

だめだこりゃ!

マメに水分を補給しつつ、休憩も多めに取るよう指示しました。

この上に『ガルバニウム鋼板』で作った屋根材を段葺きします。

フライパンの上に立っているようです。

けらば板金や軒先板金を取り付けて、いよいよ段葺き開始です。

雪止め金具も設置します。

ガルバの表面はツルツルしていいます。

雪の滑落が心配です。

下から上に葺き上げていきます。

あっという間に完成です。

換気棟も多めに設置しました。

ガルバは耐久性が高いのが特長です。

アルミが混入されているので、錆に強いんです。

軽量ですから、耐震性も向上します。

遮熱性も高いので、夏の暑さ対策にも有効です。

でも、雨音が気になりそうです。

建物の中では、ほぼ聞こえません。

気密性が高いし、断熱材が音の侵入を遮ってくれます。

でも、隣近所の方々に迷惑を掛けるかも知れません。

バタバタとした雨音が辺りに響く事になるかも・・・。

3階の屋根だから、大丈夫だと思いますが。

足場を外せば、作業完了です。

みなさん、お疲れさまでした。

水分を十分採って、しっかりと身体を休めてください。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

コロニアルの葺き替え

2019年08月02日 08時00分00秒 | メンテナンス

弊社OB宅の話です。

某社のピュアベスト・レサスという彩色スレートを採用した、築16年のお宅です。

レサスはノンアスベスト屋根材として初期段階に販売された商品になんです。

1999年から7年弱販売されていました。

元々はブラック色ですが、先日の高圧洗浄でご覧のような有様。

しかも経年劣化で反り返ってしまい、乗ればバリバリ割れてしまいます。

これでは、いけない!

梅雨も明けた事だし・・・。

昨日より屋根の葺き替えを開始しました。

棟包板金を外してみると、防腐貫板が出て来ました。

良かった・・・。

健全な状態を維持しています。

棟包板金を外し、上から順番に屋根材を剥がしていきます。

写真の黒い部分は、上の屋根材で日光を浴びなかった部分です。

当然劣化はありません。

でも日光を浴びた部分は、逆目釘を抜こうと釘抜きを当てるだけで割れてしまいます。

でも、良かった・・・。

下葺き材とくっついてはいないようですね。

弊社でも、他所の工務店が手掛けたコロニアル葺きのお宅の屋根を葺き替える事がたまにあります。

こうした家では、コロニアルと下葺き材がくっついてしまい、屋根材を剥がすのが大変なんです。

当然屋根材を剥がすと、野地板が剥き出しになっています。

でも今回は違いました。

お客様の意向で、いつもよりグレードの高い下葺き材を採用したのが、良かったのでしょう。

下葺き材の耐久性って、グレードによって違うんですよね。

今回、改めて思いました。

触ってみるとわかるんですが、全然劣化していません。

下葺き材の下の野地合板も同様です。

①換気棟が多めに設置してある。

②野地板の裏に35mmの遮熱2層通気層がある。

③通気層の裏には、硬質ウレタンの層が105mmある。

④気密・防湿層は断熱材の内側にしっかりと施工されている。

これらの条件が、野地板と下葺き材の間の結露を防いでくれたんでしょうね。

場合によっては、野地合板の交換も考えていましたが、このままで問題なさそうです。

良かった・・・。

屋根材の撤去が終わると、下葺きの状態確認&野地合板の状態確認を行います。

何の問題も無ければ、新しい下葺き材を重ね葺きします。

そして新しい屋根材を揚げ、並べ、葺き込みます。

この続きは、日を改めてさせていただきます。

お楽しみに・・・。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)