練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

バスタイム

2019年12月05日 23時05分50秒 | 健康住宅

 

我が家では、入浴剤を使いません。

でも昨日、初めて使いました。

「貰いものですいません、よかったらコレ使ってください。」

知人から戴いたんです。

中々良いですね。

香りがリラックス効果を生むようです。

他にも様々な入浴効果が期待出来るそうですよ。

入浴剤の仕組みと効果を調べてみました。

以下、日本浴用剤工業会のHPからの抜粋です。

入浴剤の基本的な効果は、入浴そのものによって得られる温浴効果

身体を温める

痛みを和らげる

清浄効果

汚れを落とす

皮膚を清浄にする

等を高めることにあるそうです。

今回使った入浴剤は炭酸ガス系に分類されるようです。

炭酸ナトリウム・炭酸水素ナトリウム等とコハク酸・フマル酸・リンゴ酸等を組み合わせています。

このタイプは炭酸ガスの血管拡張作用を有効利用しています。

湯に溶けた炭酸ガスが皮膚から吸収され、直接血管の筋肉へ働きかけ血管を拡げます。

血管が拡がると末梢血管の抵抗が弱まるので血圧が下がり、血流量が増えます

その結果全身の新陳代謝が促進され、疲れや痛み等が緩和すると同時に温かい湯に入っているならば血液が体表面の熱を全身へと運び、身体の芯まで温まることになります。

なお皮下内に入った炭酸ガスは、肺から呼吸によって体外へ出されますので、身体の中に蓄積するようなことはありません。

また薬用植物系でもあるようです。

センキュウ・トウキ・ボウフウ・チンピ・カミツレ・ハッカ葉等の生薬を配合していて、生薬をそのまま刻んだものや生薬のエキスを取り出して他の成分と組み合せたもの等、種類が豊富です。

 

このタイプの効果は生薬の種類によって異なります。

生薬に含まれている成分の働きと独特な香りの働きから成り立っています。

そもそも生薬は、それぞれ長い歴史の中から生まれ、その効果は医療薬として日本ばかりでなく欧米でも高く評価されています。

またお茶の水女子大学と日本浴用剤工業会の共同研究により、トウキ・トウガラシ・ウイキョウ・センキュウ・チンピ・ショウキョウには、血行促進効果が認められています。

そのメカニズムについても最近盛んに研究がなされ、徐々に解明されつつあるようです。

もう1つの効果『香り』については、生薬に限らずアロマテラピー(芳香療法)が注目され、研究の対象にもなっています。

香りによるリラックス効果は脳波や自律神経等の測定により解明されつつあるようです。

入浴剤利用による入浴効果の改善は素晴らしいと実感できました。

でも、コレを使っても根本的な問題は改善できません。

コレです。

高齢者の入浴事故って、相変わらず少なくないんです。

ヒートショックが原因とも言われています。

寒い脱衣室と洗い場、そして熱いお湯。

この温度差が、血圧の上昇・下降を急速に繰り返させ、様々な症状を引き起こす訳です。

その結果、立ち眩みや気絶→溺死ナンテケースもあるようです。

熱い湯に長時間浸かることで、熱中症を引き起こす事例も多いそうです。

気になるお宅では、脱衣室にストーブを置いたり、入浴前に洗い場を暖める習慣をつくるといいでしょう。

温度計を設置して、21℃程度を目安にするといいですね。

勿論、我が家は大丈夫です。

脱衣室で裸のまま長時間居ても、寒くありません。

高断熱・高気密住宅のメリットです。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分 

 

コメント

寒くありませんか?

2019年12月02日 08時00分00秒 | 健康住宅

 

毎朝寒いですね。

あなたの寝ている寝室の今朝の温度は何度になっていますか?

すぐに布団から出ることは可能ですか?

こんなグラフがあります。

冬季の寝室の平均気温を都市別にプロットしたものです。

大半が12℃を下回っています。

深夜から早朝にかけては相当低温になっていることでしょう。

こんなデーターもあります。

温暖地といっても、冬はやっぱり寒いんです。


人体に深刻なリスクが現れるのが16℃、高齢者の低体温症が現れるのが10℃と言われているのをご存知ですか?

寝室の温度は18℃以上が好ましいそうです。

でもこの温度を超えているのは、金沢と札幌くらい・・・。

もはや冬の暖房は必須です。

寒くなったら暖房する、これを間欠暖房と言います。

寝ている間に寒くなったら、どうしますか?

ちゃんとタイマーを活用していますか?

寒い所で暖房する、これを局所暖房といいます。

暖かい部屋と寒い部屋をつくっていませんか?

部屋間温度差をヒートショックと言います。

これ、危ないんです。

家中、ずーっと暖房する、これを全館連続暖房と言います。

健康的には望ましいけど、省エネ的にはどうでしょうか?

断熱性能・気密性能が低い家で、全館連続暖房を図ると増エネになります。

でも断熱・気密性能の高く、正しい日射対策を行った家であれば、健康で省エネ性の高い家も可能です。

すまいの性能向上はご家族の健康に関わる大きな問題になりつつあります。

ご家族の健康を守るのは、あなたの使命です。

寒い家って、重大な人権侵害だと思います。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分 

コメント

知って欲しい事があります。

2019年11月28日 08時00分00秒 | 健康住宅

だんだん寒くなってきました。

この季節だからこそ、知って欲しい事があります。

からだにいい家

の基本は暖かい家です。

言い換えてみましょう。

寒い家に居たら病気になってしまいます。

嘘ではありません。

こんな記事を見つけました。

https://medical-careerchange.com/blog-entry-429.html?fbclid=IwAR2q_z45HoVVX7BPdCaB0unM_7lhE-9nmtMxeiJEKZUYH0hfe7a4g3pbV3U

こんな内容のページです。

是非ご覧下さい。

ちなみに、私の平熱は長い間、36.2℃でした。

今の家に住み始めて8年余り、いつの間にか体温は36.7℃に変わっています。

こんな事あるんですね。

特別なことはしていません。

暖かい家にいるだけです。

確かに風邪をひかなくなりました。


ご存知ですか?

鳥は癌にならないそうです。

これも高い体温に起因するらしい。

体温を上げるなら、食事と入浴、そして暖かい家です。

マスクも有効だと思います。

冷気を吸い込むと、肺や胃が冷たくなりますから。

寒い部屋で、厚着して布団被っていてもダメ!

部屋を暖めて、マスクをしましょう。

最後にいつもの調査結果を挙げておきます。

寒い家から暖かい家に転居した方にヒヤリングした結果をまとめたデーターです。

これを見ると、様々な症状が改善されています。

温活&腸活、あなたもやってみませんか?

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分 

コメント

寒さと健康の関係

2019年11月27日 08時00分00秒 | 健康住宅

今日は定休日、アセットフォーはお休みです。

最近、急に寒くなりましたよね。

この季節は風邪をひく方が多いんです。

空気の乾燥がウィルス感染を増加させている訳ですが、低い気温そのものも影響がある事をご存知でしょうか?

このグラフは住まいの暖かさと冬の風邪の発症率の関係を調べたもの。

住んでいる家の断熱性能が高い人ほど自宅を暖かいと評価することが多く、その得点が高いほど風邪をひく割合が下がることを示しています。

なるほどなぁーと思います。

暖かい家は気密性が高いため、換気が効果的に行われている場合が多いので、ウィルス等を含んだ空気の排出も行われているのかもしれません。

こんな調査をしてくれる方、いないのかなぁー。

http://www.assetfor.co.jp

posted by Hoppy Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

漆喰の歴史

2019年11月11日 08時00分00秒 | 健康住宅

先日、漆喰の話題が出ました。

せっかくですから、弊社がお勧めする『スイス漆喰』について書きたいと思います。

以下、販売元(株式会社イケダコーポレーション)の資料からの抜粋・転載となります。

世界で最も良質で高純度な石灰がとれるのが『アルプス山脈』。

アルプス山脈から採掘される『石灰岩』がスイス漆喰の原料です。

アルプス山脈の石灰岩は3億年前に、サンゴやアンモナイトが堆積して形成されました。

つまり、アルプス山脈は石灰岩の山脈といえるほどの良質な石灰岩でできている訳です。

でも、そうした豊富な石灰岩の中でも漆喰にできる良質な石灰岩はわずかしかありません。

ほとんどはモルタルやセメントの原料にしかなりません。

わずかな石灰岩からできる、貴重な漆喰。

それが『スイス漆喰』なんです。

製造方法は中世から変わっていません。

ドイツ・フランス・イタリア・オーストリアなどの周辺各国で、その伝統的製法は守り続けられているんです。

昔から親しまれているスイス漆喰は、石灰石を主原料にした建築材料です。

ここからは、スイス漆喰および漆喰の歴史となります。

もっとも古い漆喰の建築は、1万2000年前のメソポタミア文明遺跡で2009年に確認されています。

当時は壁材としてではなく、『ペースト状なのに堅牢になる』という特長から『石と石をつなぐ接着剤』として使用されていました。

欧州で壁材として本格的に使われるようになったのは、5000年前から。

高機能な漆喰はお城から一般住宅まで木や鉄と同じように幅広く使われ、一般的な建材になったといいます。

石灰石を焼き、水や繋ぎを混ぜて漆喰を作る。

秘伝の漆喰製法は、シルクロードから火薬技術などと一緒に1400年前の日本へ伝わったとされています。

当時日本へ渡ってきた漆喰は、調湿・堅牢・空気浄化など優れた機能を持っていました。

でも、お城や豪族の蔵など一部の資産家の建物にしか使われなかったそうです。

だって、良質な石灰石の産地が日本には5か所しかありませんから・・・。

そもそも、石灰全てが漆喰に精製できる訳ではありません。

漆喰は希少な素材です。

だから、大変高価。

関東以北で建築に使われることはほぼありませんでした。

一般市民が使えなかった漆喰ですが、ある時期から使われるようになります。

これが、今から300年前(江戸時代)の話です。

当時は密集した居住区における火事が多く、それが社会問題となっていました。

20万人の人口の内、3万人が火事により命を失う有様だったといいます。

そこで登場するのが、時の将軍『徳川吉宗』です。

彼は、一般住宅へも『土蔵造りによる耐火性の高い建物』を増やすことを推奨しました。

でも土壁のままでは耐久性がありません。

そこで漆喰を表面に塗る必要がありました。

当時の漆喰は石灰石から作る希少素材です。

栃木県にまで足を運ばなければありません。

そこで時の左官職人により開発されたのが『貝殻を焼いて石灰石の変わりにする技術です。

『貝灰』といいます。

貝殻につなぎのスサやワラを混ぜ、海藻糊を加え熟成させます。

こうした貝灰が、急激に増えた漆喰需要への対応を可能にした訳です。

でも現在流通している漆喰が、この貝灰とは限りません。

合成樹脂を含有する製品も多いんですよね。

ここからは、スイス漆喰と一般的な漆喰の比較をしてみましょう。

漆喰のアルカリ性は原料に含まれる石灰の純度と比例します。

スイス漆喰の原料である『スイス産の石灰石』は世界で最高品質と云われています。

その石灰純度は90%以上、pH 13.5。

いっぽう、一般的な日本の石灰純度は30~60%、pH 10程度といわれています。

ちなみに貝灰のphは一般的な漆喰と変わらないようですね。

アルカリ強度の違いは殺菌性を高めます。

だから、スイス漆喰は殺菌性が高いんです。

有機汚れであれば、その還元作用が分解・漂白してしまいます。

逆に合成樹脂を含んだ漆喰は、帯電するため空気中の埃を引き寄せてしまいます。

つまり防汚性が低い。

この樹脂が不燃性も低下させます。

そもそも不燃の筈の漆喰に混ぜられた樹脂は、燃えると有害物質を放散することに・・・。

漆喰の純度により、吸放湿量や空気の洗浄性も異なります。

こうして挙げてみると、スイス漆喰と一般的な漆喰って随分違いますよね。

どうせ使うのならば、良い漆喰を使いたいと思うでしょ?

以上が弊社がスイス漆喰をお勧めする理由です。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

あなたの家のお風呂の湯温は何度ですか?

2019年11月01日 08時00分00秒 | 健康住宅

昨日は久々のZEHセミナーに参加してきました。

最近は断熱と健康の関連性をZEHに絡めて話題にしているんですね。

こんな話題が沢山出ていました。

家庭内の死亡事故の多くが寒い時期の入浴中に起こっています。

家の中や浴室が寒いと、より熱いお湯に長時間入浴しがちです。

そうすると、のぼせなどの意識障害が起こり熱中症になる可能性もあります。

暖かい家の方が入浴事故のリスクの抑制に繋がります。

上図は、居間または脱衣室の平均室温が18℃未満の場合と18℃以上の場合における湯温を42℃以上にする割合を示しています。

やっぱり、家が寒いと熱いお湯に浸かりたくなりますよね。

「あなたの家のお風呂は何度ですか?」

こんな質問をすると、家の暖かさがわかるそうです。

一般的には、冬の湯温の方が夏の湯温よりも高くなっているそうです。

ちなみに我が家のお風呂の湯温は、夏冬ともに39℃です。

10分も浸かることはありません。

裸でフラフラしていても、寒くありませんよ。

ちなみに消費者庁では、入浴事故防止のため湯温41℃以下で湯に浸かる時間は10分までを目安にするよう呼び掛けているそうです。

http://www.assetfor.co.jp

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

寒い家の弊害

2019年10月26日 13時01分58秒 | 健康住宅

今日の練馬・板橋は秋の空。

湿度も低いし、青空も抜けるように高いから気持ちいーっ。

そうそう、毎日がこんな天気なら良いのに

毎月26日は『風呂の日』なんだそうです。

2(フ)6(ロ)の語呂合わせ、苦しい・・・。

でも、確かに入浴が恋しい季節になりました。

今朝、何気なく見つけた記事があります。

https://www.sankei.com/life/news/190708/lif1907080004-n1.html

お時間のある方は、上記ページをご確認ください。

『高齢者入浴中の事故、熱中症8割超 ヒートショックは1割未満』

という記事です。

冒頭文をコピペさせていただきます。

入浴中に浴槽で体調を崩した高齢者のうち、8割以上が熱中症かその疑いのあることが7日、千葉科学大の黒木尚長(ひさなが)教授(法医学・救急救命学)の調査で分かった

急激な温度差が体に悪影響をもたらす「ヒートショック」は1割未満だったことも判明。

死亡事故の場合も同じ傾向があるとみられる。

入浴の際にはヒートショックの危険性が指摘されてきたが、定説が覆る可能性が出てきた。

本文を読むと、特に結論はありません。

だからどうなの?

と私は感じました。

高齢者の入浴時の事故が多いのは周知の事実です。

だからこんなイラストを引用して

これを『ヒートショック』と結び付け、『寒い家は危険です!』と私たちは訴え続けてきました。

でも、この原因はヒートショックではなく、熱中症だという訳です。

だから、「寒い家だからといって入浴時の事故が増える訳ではないよ!」なんて言われても困りますよね。

文中に、そんな事は書かれていません。

でも、こうした事を言い出す方々がいるかもしれません。

そんな意見が一笑に賦される世の中なら良いんですけど・・・。


自分自身の経験も踏まえて、私たちは実感しています。

暖かい家に住んでいる方は、お風呂の温度をあまり高くしません。

そして寒い家に住む人は、お湯の温度を高くする傾向にあります。

当然ですよね?

家が寒ければ、冷えた身体を暖めるのに熱いお湯が必要です。

暖めた身体を冷たい布団に入れ、暖かいうちに寝入ってしまえ!

という方もいるでしょう。

こうした熱いお湯に起因する熱中症が、高齢者の事故を増加させていた訳です。

これって、寒い家の弊害ですよね。

ヒートショックが原因でも、熱中症が原因でも同じでは?

私は、そう思います。

でもヒートショックが原因ならば、血圧や血中脂肪が問題になってきます。

両方とも問題ないから、大丈夫!

という方がいるかも知れません。

油断大敵・・・。

でも熱中症であれば、健康な人でも危ないと思います。

注意する人が増えるでしょう。

そういう意味では、良い記事なのかもしれません。

ただ、間違いは正しておきたいというところなのかな?

残念ながら、記事の意図するところはわかりません。

でも、色々な意味で問題を提起する記事ではあると思います。

気になって、書いてみました。

皆さんは、この記事をどう捉えますか?


さて、今日の現場です。

弊社近くのマンションリフォームに動きがありました。

電気配線が無事終わったんです。

早速、天井用の石膏ボードが納品されました。

現場はマンションの6階にあります。

エレベーターの天井高さは2.4m。

しかも小さいんです。

だから、羽柄材も予め長さをカットした物を搬入します。

石膏ボードも3×6板限定です。

そして写真のような器具を使い、少量づつ搬入します。

担ぎ屋さんを使う事も考えましたが、一度に大量の資材を入れても保管する場所が無いので諦めました。

ジャストインタイム、必要な物を必要なだけ運び込みます。

費用は掛かりますが、仕方ありません・・・。

石膏ボードの搬入中、大工は天井下地の施工をしていました。

裸のグラスウールを充填したり・・・

気密・防湿シートを張ったり、石膏ボードを張ったり・・・。

噂には聞いていましたが、裸のグラスウールってゴミが少なくて良いですね。

残ったのはコレだけです。

せっかくですから、コレも天井に充填する事にします。

なんなら、上に載せても構わないでしょう。

結局、梱包用の外袋だけがゴミになっただけです。

従来の耳付きグラスウールって、端材が結構出るんですよね。

チクチクしないのも、良いと思います。

床下点検口の設置も完了。

天井ボードの施工が終われば、次は壁ボードの施工です。

納品の手配をしなければなりません。

http://www.assetfor.co.jp

posted by Asset Red 

所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

ショック・ショック・ショック。

2019年10月16日 08時00分00秒 | 健康住宅

アセットフォーの3連休3日目。

今日は悲しい話を書きたいと思います。

先日、後輩のお通夜に参加しました。

まだ45歳の方です。

病気だったらしい・・・。

お子様だって、まだ未成人。

残されたご家族も大変だと思います。

ショックでした。

帰路、乗り換え駅で寄り道をしました。

昔通っていた居酒屋で精進落としをしようと思ったんです。

親子3人で続けている小さなお店です。

いつものホッピーを呑みながら、お互いの最近を報告しました。

ショック!

厨房に立っていた息子さんが、今年の2月に亡くなったそうです。

入浴後に、自室で脳梗塞を発症!

寒いので、お風呂の温度は高めだったそうです。

風呂上り、上半身裸の恰好で倒れていたとの事。

元々高血圧気味ではあったそうです。

でも、まだ47歳ですよ・・・。

医師によれば、ヒートショックが原因としか考えられないそうです。

こちらのお宅は、10年位前に家を建て替えています。

私が以前お世話になっていた地元のビックビルダーで、建てている筈。

このビルダーは、今も現行省エネ基準程度の家しかつくっていません。

しかも、気密性能を表すC値は3~5だと云います。

当時の家も、同程度の性能でしょうね

現行省エネ基準の家って『高断熱住宅』なんて言われることもあるけど、無暖房室って結構寒いんですよね。

しかも、上下階や室間温度差が大きい。

本来は家中を19℃以上に暖めていなければなりません。

上図は英国保健省2009年次報告書による、室温と疾患リスクの関連性を示しています。

いまさら説明の必要はないと思います。

断熱性能・気密性能を高め、自然室温を高く維持できる建物であれば問題ありません。

でも省エネ基準程度の家であれば、非居室も含めて暖房が必要となります。

当然、暖房費が嵩むでしょう。

これを抑えていれば、家の中の温度は低くなります。

寒いからお風呂の温度を高くするし、入浴時間も長くなります。

入浴後に温度が急激に下がれば、ヒートショックもあり得るでしょう。

なんだか、『知人の死』に自分も加担している気がします。

寒い家をつくってはいけません。

改めて、そう思いました。

悲しいですね。

残念に思います。

ショックの後のショック、そして最後はヒートショックでした・・・。

 

posted by Hoppy Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

血圧と健康

2019年10月06日 08時00分00秒 | 健康住宅

血圧とは、心臓から押し出された血液が血管の壁を押す力のこと。

心臓の筋肉を収縮させて血液を送り出す時が、最も血圧値が高い『収縮期血圧』。

大動脈の弁が閉じて心臓を膨らませ、血液をため込んでいる時が、最も血圧値が低い『拡張期血圧』といいます。

厚労省の調査によれば、循環器疾患に結び付く高血圧と推定される日本人は全国で4000万人以上。

実に日本人の3人に1人は高血圧とされています。

血圧と健康と住宅環境の関係にも、色々とあります。

今回は『仮面高血圧』について書かれたものをご紹介したいと思います。

診察室で測定した血圧は正常でも、診察室以外では高血圧を示す病態を仮面高血圧と言います。

仮面高血圧に最も多いのが起床後や朝に血圧が上昇するタイプです。

これを抑制するためには、食事・運動・睡眠と並び、住宅内の室温が重要な役割を担うことがわかってきました。

人間の自律神経系には、血圧や脈拍を増加させる交感神経系と、反対に血圧や脈拍を減少させる副交感神経系があります。

通常、夜になり眠りに就くと、副交感神経が優位となり血圧も低下していきます。

朝に近づくと徐々に交感神経が優位になっていくため、通常の状態でも朝になると血圧が上昇する傾向があります。

加えて、起床後に寒冷にさらされると交感神経が刺激され、血管が収縮することもあります。

例えば、冬季に裸足で冷たい床に触れた時や冷水で顔を洗った時などです。

血管が収縮すると、さらに急激に血圧が上昇する懸念がある訳です。

その一方で住宅の室温にも配慮する必要があります。

早朝高血圧は冬季に発症しやすいことが分かっています。

気温や室温の低下などによって血管が収縮することが主な要因です。

とくに高齢者の方々は、冬季の早朝に血圧が上昇することが分かっています。

出典:自治医科大学 内科学講座 循環器内科学部門 狩尾研究室

これから徐々に朝の気温が下がる筈。

室温のコントロールに気を配り、早朝高血圧にならないように工夫をしてみましょう。

暖かい家は、健康の第一歩という話でした。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

室内空気環境の測定を行います。

2019年10月04日 17時47分19秒 | 健康住宅

またしても台風が近づいています。

勘弁して欲しいなぁー・・・。

『FPの家 H邸』

スロープがきれいに終わっています。

濡れた時に滑るのが怖いので、100角タイルを採用しました。

目地が細かく入る分、大判タイルよりも滑りにくいんです。

念の為、滑り止めの付いたタイルを採用しました。

 

今日は朝から、現場見学会後の再クリーニングを行ないました。

弊社の場合、見学会後にもう一度クリーニングを行います。

工事完了後同様に木部用のソープと樹脂部用のクリーナーを支給し、同じ要領でクリーニングを行うんです。

一般的に使われている合成洗剤や石油由来のワックスを使うことは禁止しています。

わざわざ自然素材を使っても、これらを使ったら意味がありません。

クリーニング後に臭いが残っても困りますよね・・・。

気密性の高い家ですから、必要以上に気を遣っている積りです。


確認審査機関による完了検査も、無事完了しました。

いつも通りに、確認申請図書と現場に相違がないかを確認してもらいます。

間取りはもちろんですが、細かい部分までチェックをしてもらいます。

和室天井に設置された火災報知器。

洋室天井に設置された火災報知器。

換気システムの給・排気口の確認や、防火設備の確認も行います。

今回はホームエレベーターを設置しているので、こちらの検査もしてもらいました。

ホームエレベーターの施工を頼んだ工事業者が立ち合いをしてくれます。

チェックシートの受け渡しから始めます。

色々な点を確認するので、予め呼び出しボタンが外されていました。

まずは、製品名・品番の確認や室内各部分の寸法を確認からスタート。

続いて籠を上げ、ピットからの寸法等の確認を行いました。

次は2階に上がり、籠上部の寸法を確認します。

電圧の確認等も、ここで行いました。

停電時に籠が下階まで下りるかどうかの確認も行います。

この時に、担当者に聞いてみました。

「バッテリーって、どの位もつんですか?」

「2年位ですね、定期メンテナンスの際に交換します。」

「いえ、違います。充電された電力で、何回位昇降出来るんですか?」

「あー、そっちですか。1回下りたらオシマイです。」

ついでに聞いてみました。

「IP電話をエレベーターに接続しても停電時動かないんでしょ?」

「ハイそうです。」

「別途部品を接続すれば、充電した電力で使えるんじゃないの?」

「IP電話は無理ですね・・・。」

やっぱり、IP電話は無理なんだ・・・。

そうこうしている間に検査が進められています。

検査員が籠の中に入り、下階に降りる途中で分電盤のブレーカーを強制的にOFF。

しばらくすると、1階に籠が下りてきて扉が開きました。

良かった・・・。

問題ないそうです。

エレベーターも含めて、検査合格しました。


そして夕方・・・。

室内空気環境の測定を行いました。

いわゆる『VOC測定』です。

弊社では、㈱オーピスの測定バッジを使います。

ホルムアルデヒド用のバッジと、トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレン・パラジクロロベンゼン用のバッジです。

こんな形状をしています。

赤い方が前者、そして後者が緑色をしています。

測定方法も簡単だし、費用もたいして掛かりません。

精度も高いようですよ。

日本・アメリカの両国で特許を取得しているそうです。

また国土交通省の『室内空気環境に関する実態調査』に、平成12年より5年連続で採用されているらしい・・・。

その他、多くの機関にも認められています。

ちなみに弊社では、平成16年以降の現場全てで測定をしています。

かれこれ15年かぁー・・・。

そんな測定バッジを使った測定方法は以下の通りです。

測定バッジは35℃以下の常温で保存しなければなりません。

①測定バッジの袋を開封すれば、測定は始まってしまいます。

開封したら速やかに設置しなければなりません。

②バッジ側面のフィルター部分から化学物質を吸着しますから、設置の際にはフィルターを塞がないようにします。

設置場所は部屋の中央付近です。

床から1.2~1.5mの高さ(息をする高さ)がちょうどいいそうです。

今回は1階リビングに設置しました。

設置高さは1.2m、脚立の上部に取り付けてあります。

③測定時間は8時間以上40時間以内です。

これ以下でも、これ以上でも分析することが出来ません。

24時間以上が基本となりますが、それ以下の場合には14~15時が測定時間の中央になるように、開始時間・終了時間を設定する必要があります。

今回の開始時間は17時14分でした。

明日の17時13分が終了時間の予定となります。

④測定終了と共に、バッジをすぐに袋に入れファスナーを閉めなければなりません。

設置場所の近くに袋を置いておきます。

⑤測定中の立入は厳禁です。

戸締まりをしっかりと行い、工事キーも一旦回収します。

これで、誰も立ち入ることが出来ません。

念のため、玄関ドアに『立入禁止札』を貼って作業終了です。

⑥測定が終わったら、分析機関に郵送します。

後は分析結果を待つのみです。

たぶん大丈夫だと思います。

厚労省の指針値を上回ることはありません。

でも、より小さい値を期待しちゃうんですよね。

結果が出るまでドキドキです。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

疲労回復に針葉樹の床!

2019年09月16日 08時00分00秒 | 健康住宅

今日から3日間、アセットフォーはお休みです。

このところ身体を動かすことが多かったせいか、全身が筋肉痛・・・。

ゆっくりと身体を休めたいと思います。

でも、そうはいかないんだよなぁー。

多分、家庭サービスが待っている筈・・・。

せめて、『充分な睡眠&ゆったり入浴』くらいはしたいですね。


 そうそう、『α-ピネン』が漂う部屋で睡眠を取ると、疲労回復が早いそうです。

α-ピネンはマツ、ヒノキ、スギなど多くの針葉樹に含まれていて、特有の香りを持ち香料や医薬品の原料として広く使用されています。

その効果には、森林浴効果・強壮作用・血行促進作用・うっ滞除去作用・抗菌作用・免疫向上作用などがあるとか・・・。

疲労度を測定するフリッカー値の測定でも、その効果は明らかになっています。

フリッカーは労働科学分野における疲労度の測定や、眼科臨床による視機能の測定によく用いられます。

点滅する光が連続して見えるのか、ちらついて見えるかの境目の周波数を把握することで、高等な情報処理をおこなう大脳皮質の活動状態を確認することが出来るそうです。


疲労回復だけではありません。

以下、森林総研  研究成果 2017年紹介からの抜粋です。

近年、木の香りがもたらす生理的リラックス効果が明らかになりつつありますが、におい成分が人体に及ぼす影響に関するデータは少ないのが現状です。

木のにおい成分の一つであるα-ピネンは、ヒノキやスギ等に多く含まれ、木質内装の居室や針葉樹林内の空気中に存在しています。

α-ピネンが人の体にもたらす影響についてのこれまでの研究は、20代男性の血圧に関する報告に限られていました。

そこで、本研究では、対象を20代の女性に広げ、近年開発された自律神経活動の指標である心拍のゆらぎ計測(心拍変動性)を用いて、α-ピネンが人にもたらすリラックス効果を明らかにしました。

人工気候室内(温度25℃、湿度50%、照度230ルクス)で、女子大学生13名(平均年齢21.5歳)にα-ピネンあるいは空気(対照)を90秒間嗅いでもらい、その間の生理応答として心拍間隔と心拍数を計測しました。

またにおいを嗅いだ後に、嗅いでいた時の気分状態を質問紙に回答してもらいました。

その結果、副交感神経活動の指標である心拍のゆらぎ(心拍変動性)における高周波成分は、α-ピネンの吸入によって、空気の吸入と比較して46.8%有意に上昇し (図1)、心拍数も2.8%有意に低下しました。

質問紙の結果でも、α-ピネンの吸入によって「快適である」と感じていることが示されました。

α-ピネンの吸入は、生理的リラックス効果をもたらすことが分かりました。

木材がもたらす生理的効果に関するデータ蓄積が進むことによって、これまで経験的に知られていた「木材の良さ」が科学的に証明され、木材の利用促進につながることを期待します。

実は、我が家の自宅の床は無垢の松材です。

松材って針葉樹です。

調べてみると、α-ピネンの含有量は25~50%。

期待できそうです。

写真はリビングを写したもの。

建具や造作材も無垢の松材を使っています。

しかもフロアの厚さは21mm。

さぞかし、α-ピネンがたくさん放散されている事でしょう。

その割には、疲れが取れない気がするんですよね。

やはり、歳には適わないのかなぁー。

 

posted by Hoppy Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

ご存知ですか?

2019年09月08日 08時00分00秒 | 健康住宅

ご存知ですか?

室内空気は人間が一日に摂取するものの中で、最も大きな割合を占めています。

その割合は実に57% 

凄いですよね。

しかも、家で過ごす時間が長い幼少期のお子様は、室内空気の摂取量が大人の2倍にもなるそうです。

これって、大問題ですよね。

『シックハウス症候群』という言葉を聞いたことがあると思います。

住宅の高気密化や化学物質を使った建材の使用などにより、室内空気汚染がおこり、居住者の体調に影響を及ぼす症状をさします。

ホルムアルデヒドの放散が少ないF☆☆☆☆の建材が普及し、シックハウスで悩む方々は減少したと思われがちですが、実は未だに新築住宅やリフォーム後の住宅で体調を崩すケースがあるんです。

その原因のひとつに、室内温度上昇に伴うホルムアルデヒド濃度の上昇があります。

F☆☆☆☆の建材でも、室内温度が30℃になると規定の値を超えるものがあるからです。

また居住後に購入した家具からのホルムアルデヒド放散も原因のひとつです。

なぜなら、居住後に運び込まれる家具にはホルムアルデヒド濃度の規制がありません。

上資料は、東京都がインターネット通販で販売されている収納家具を対象に実施した商品テストの結果です。

家具を室内に設置し、1日後にホルムルデヒドの室内濃度を測定したところ、室内濃度指針値(0.08ppmを上回る商品が30検体中6検体(20%)もあったそうです。

特に1検体では、指針値の4倍以上の濃度になったとも言います。

こうした現実を鑑みて、弊社では自然素材の多用や機能する換気システムの採用を行ってきました。

でも残念ながら、ご入居後に運び込まれる家具・カーテン等からのホルムアルデヒドには手が付けられません。

例えば、上の写真です。

我が家のクリーニング帰りの洋服のVOCを簡易測定してみました。

そのホルムアルデヒド濃度は0.848mg/㎥。

深刻な汚染となりました。

だからこそ、ご入居前に行う『室内空気環境の測定』と『換気風量測定』を完全実施し、その結果をご入居される方々に開示することをお約束しています。

弊社OB宅の測定結果となります。

ホルムアルデヒド濃度・・・0.01ppm、指針値は0.08ppm。

トルエン濃度・・・0.02ppm、指針値は0.07ppm。

エチルベンゼン濃度・・・0.01ppm、指針値は0.88ppm。

キシレン濃度・・・0.01ppm未満、指針値は0.05ppm。

スチレン濃度・・・0.01ppm未満、指針値は0.05ppm。

このくらい指針値を下回っていれば、一安心でしょ?

VOCを放散する建材を極力採用しない。

接着剤や化学塗料の使用を控える。

ホルムアルデヒド対策品と謳われた、吸着機能のある建材に頼らない。

そして何より、全ての給排気口の風量を測定し、理想的な換気が行われるように調整をしてお引渡しを行う。

これらを行うことで担保できるのが『安心できる室内空気環境』だと思います。

あなたの家の空気、大丈夫ですか?

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

PPKとNNK③

2019年08月29日 08時00分00秒 | 健康住宅

昨日に引き続き、首都大学東京の星丹二名誉教授のお話をご紹介します。

特別講演 健康住宅を創りましょう の中の一部を抜粋・転載させていただきました。

2014年の人口動態統計によれば、夏季に比べて冬季の死亡増加率は、北海道が最も低くなっています。

北海道が低いのは当然で、しっかりとした寒さ対策を打たなければ、冬の厳しい寒さで人の命が奪われてしまうからです。

北海道では、行政・学術機関が冬季の死亡者数を減らすために、住宅の高断熱化を有効な手段として極めて積極的に推進してきました。

一方で、北海道は肺がんによる死亡率が有意に高い地域でもあります。

その原因のひとつとして、気密性を高めた室内でホルムアルデヒド等の有機溶剤を出す開放型の石油ストーブを使用した事と、喫煙率の高さがあると推定しています。

物事には多面性があり、今後は住宅内の空気質についても拘る必要があると考えています。

厚労省が循環器系疾患に対する対策として進めているのは、一次予防として塩分調整、二次予防としての血圧測定です。

確かに、これらにも一定の効果はあります。

でも、もっと効果が高いのは、しっかりと断熱の施された『寒くない住宅』に住むことです。

私はこれを『ゼロ次予防』と呼んでいます。

ゼロ次予防とは、病気の早期発見・早期治療よりも、日々の生活を重視した根源的な予防を指します。

例えば、たばこを原因として肺がんで亡くなる人を減らす根本的方策としては、たばこの自動販売機を撤去するというのがコレに当たります。

住宅については、寒くなく快適で、温度や湿度差のない空気質の良い環境を担保することがゼロ次予防です。

慶應義塾大学の伊香賀俊治教授らと共に、寒い家から暖かい家に住み替えた場合の追跡調査を約1万軒で実施しました。

この調査では、ほとんどのアレルギー性疾患・血管性疾患・糖尿病などが改善傾向にあるという結果が得られました。

これは、主として結露しなくなりカビが減るからです。

お子様の喘息やアレルギー湿疹でお悩みの方は、子供部屋の壁を漆喰、床を無垢フローリングに変えてみてください。

調湿作用によってカビ・ダニが減り、ホルムアルデヒドなどの有機溶剤を漆喰が吸着することで、間違いなく改善していきます。

寒くない快適な家に暮らすことがゼロ次予防である。

背中を押して戴いた思いです。

そして、壁に漆喰、床に無垢フロアーを使いなさい。

自然素材を活かした住まいづくりを推奨している弊社にとって、心強い一言だと思います。

こうした真実が、徐々に明らかになってきました。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

PPKとNNK②

2019年08月27日 08時00分00秒 | 健康住宅

昨日に引き続き、首都大学東京の星丹二名誉教授のお話をご紹介します。

特別講演 健康住宅を創りましょう の中の一部を抜粋・転載させていただきました。

健康を規定する要因として

収入

学歴

幸福感

健康感

健康寿命

地球環境

住居環境

食生活と生活習慣

平和

身体的・社会的・精神的健康

などが考えられます。

またWHO(世界保健機関)では、健康にとって大切な要因として、平和についで住宅を挙げています。

しかし日本では、住宅を健康の観点から捉えた『健康住宅』に向けた取り組みが中々進んでいません。

実はWHOが健康において住宅を重視するに至る経緯として、長野県の佐久総合病院の若月俊一病院長の活動成果が背景にありました。

脳卒中を始めとする循環器系疾患の現在の死者数は、年間1.7万人と推計され、冬季に増加しています。

一方で熱中症の死者は2017年で635人、つまり寒さで亡くなる方の方が多いことがわかります。

佐久総合病院のある長野県では、1970年には年間で約5000人の方が脳卒中で亡くなっていました。

この本質は、当時のトイレや浴室がとても寒い母屋の外にあったことでした。

若月病院長らは、トイレと浴室を家の中に入れ、居間を南側にして、床を上げて湿気を無くし、暖かい部屋を1部屋つくるという、県内における住宅の改善に取り組みました。

これにより、冬季の寒い中に屋外に行かなくても済むようになり、壮年期や前期高齢期の脳卒中死亡者数が劇的に改善していきました。

これらの活動成果が背景にあり、WHOが住宅を健康の重要な要因として取り入れた訳です。

続く・・・。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

PPKとNNK①

2019年08月26日 08時00分00秒 | 健康住宅

昨日に引き続き、首都大学東京の星丹二名誉教授のお話をご紹介します。

特別講演 健康住宅を創りましょう の中の一部を抜粋・転載させていただきました。

厚労省が昨年7月に発表した簡易生命表によれば、2017年の日本の平均寿命は男性が81.09歳、女性が87.26歳。

相変わらず、世界で一番の長寿国となっています。

一方、健康上の問題がない状態で、日常生活が制限されることなく、自立して生活できる期間である『健康寿命』は、男性が72.14歳、女性が74.79歳。

つまり平均寿命と健康寿命には、それぞれ8.95歳と12.47歳の開きがあり、10年前後の長い期間『NNK』の状況が続いています。

NNK(ネンネンコロリ)とは、私の造語です。

少しずつ人々の間に浸透してきた『PPK(ピンピンコロリ)』、つまり健康で長く生きることに対して、要介護で長生きした終末となることを意味します。

ここで、『〇』『×』で答えられる簡単な質問を8つ用意しました。

皆さんも、是非考えてみましょう。

①健康は医学で決まる。

②地方よりも都市の方が長生きだ。

③好ましい生活習慣へ行動変容すると長生きする。

④命は収入が直接決定する。

⑤我が国の公害は終焉した。

⑥NNKよりPPKが多い。

⑦我が国の住宅は健康住宅だ。

⑧我が国は幸福度が高い国だ。

いかがでしたか?

③については、前回答えを書いてしまいました。

⑥については、先程のデーターをみれば分かりますよね。

その他はどうでしょうか?

正解は、全て×です。

健康は医学では決まりません。

更に言えば、病院は安全なところでもありません。

EU事務局が報告した患者安全報告『Patient Safety in the EU 2014』によれば、EU全体で年間15万人が病院の医療事故で亡くなり、EU市民の53%が病院を危険だと認識しています。

また日本ほど薬を服用する国は無く、ある意味で寝たきり患者を医学が生み出しています。

私は、健康でいられるかを決めるのは、医学ではなく『日々の暮らし』だと考えています。

日本一の長寿県は長野県で、地方の方が比較的長生きです。

医者と病院が少なく、蛍がいるような環境の良い地域の方が長生きする人が多いのです。

また、たとえ生活習慣を変容させても、その背景に夢や意思が無ければ、すぐに生活習慣はリバウンドしてしまうでしょう。

我が国の住宅は、健康住宅とは言えません。

英国政府は、冬季に室温を18℃に保てない賃貸住宅には改善命令を出し、従わなければ解体命令を出します。

我が国の住宅にこれを当てはめれば、9割が該当します。

更に、国際連合の関連団体が発表している『世界幸福度ランキング2019』によれば、日本は156か国中58位、G7(主要7か国)の中では最下位となっています。

是非NNKではなく、幸福感を持ってPPKで最後まで元気に生きていただきたいと思います。

そのために必要なものは、暮らしです。

暮らしとは、すなわち住宅です。

仲間や家族などによる手当であり、地域のネットワークとも言えます。

続く・・・。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)