エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

天候や社会情勢によって、人は鬱になりやすい

2015-07-31 07:42:07 | アイデンティティの根源

 

 憂鬱に対して、ラテン人とゲルマン人では、その見方が正反対になるのは、生まれ育った場の気候も影響するんですかね?

 Young Man Luther 『青年ルター』p215の第2パラグラフの9行目途中から。

 

 

 

 

 

これ(憂鬱に対する態度が、ラテン人とゲルマン人とで正反対なこと)が事実ならば、気候がこれと関係するのかもしれませんね。太陽が、北欧の冬に、2度と姿を現さないのじゃぁないのかな?と思うくらい、ハッキリと沈んでしまう程、いつまでも続く闇と、運命を左右する程の寒さが、それだけ長く続きますから、元に戻らないんじゃぁないのかな? という感じになっちゃったり、そんなダメかもしれないことに対して、とにもかくにも、全面的に合わせなきゃ、ということにもなっちゃう。ルターが、定期的に繰り返し鬱になったことから、ルターは絶望も病も「しょうがない」と思ったり、死を差し迫った危機だと思ったりしたのと、同じように、ルターが哀愁に満ちて、哲学的に一番賛成できない考え(個人の運命は、あらかじめ決まっちゃってて、個人の努力では変えられない、という考え)によって、あの、どん底の冷たい岩のような気分やら、あの背景をなした全くの闇やらを、表現したのかもしれませんね。それはそれは、北国育ちの人々にとっては、春が来る条件ともなります。

 

 

 

 

 

 でも、ここにあるのは、本当のことなんですね。鬱でも、北国特有のものがありますからね。冬が雪雲のドンヨリした日が続きますとね、確かに鬱になりやすい。お天気からでも人間は、こんなに影響されんですから、日々の生活状況からは、もっと影響される方が普通ですね。日本でこんなに鬱や自殺が多いのは、日本の社会が心貧しい社会で、しかも、「個人の力では変えられない」と思い込む人が多いことと、直結した問題です。

コメント

≪究極的な見通し≫が、人生を左右するのにね

2015-07-31 07:20:45 | エリクソンの発達臨床心理

 

 高齢者が、「ひどい目にもあったけど、人生は上手く出来てるね」と感じるのか? それとも、「良いこともあったけど、人生に何の望みもありゃしない」と感じるのか? という危機にある時、今まで身に着けてきた人間力は、新たな価値を帯びると言いますね。

 The life cycle completed 『人生の巡り合わせ、完成版』、p64の 10行目から。

 

 

 

 

 

要するに、自我が、よりスムースに働いても、自覚的な≪私≫をまとめ切ることなど、できないんですね。社会的な絆があってもね、究極的な見通しなしで済ませられるものではありませんよ。究極を見通すことは、歴史的には、宗教的な価値、あるいは、政治的な価値によって、イメージされてきたものですね。

 

 

 

 

 

 ≪究極≫は、日本人には、ほとんどなじみのないものなんですね。非常に大事なことなんですが、それを意識することは、日本人はあまりないのが残念です。

 究極と言うのは ultimate は、ラテン語の「ultimatus アルティマトゥス」 に由来し、その意味は「一番遠い」、「最後の」という意味です。ですから、ultimateも、「最後の」、「根本的な」、「最高の」などという意味があります。これは、時間、歴史をどうとらえるのか、ということと結びついた ものの考え方なんですね。

 ユダヤキリスト教では、歴史は神が作った「天地創造」のはじめと、「終末」がありますから、その「終末」をどう見るのか?ということが、≪究極の見通し≫になります。ところが、日本は、歴史は、「天地創造」の始めもなければ、「終末」の終わりもなく、歴史はあくまで、一本の無限の線みたいなものです。ですから、≪究極の見通し≫がありません。

 ですから、過去の教訓、規範から、≪いまここ≫を点検したり、≪究極的な見通し≫やヴィジョンから、≪いまここ≫を意味づける力が、一般に日本人は、非常に弱いんですね。

 詳しくは、加藤周一さんの『日本文化における時間と空間』(岩波書店)をご参照下さいね。

 

 

 

コメント

裸の王様には、本当という一撃を!

2015-07-31 02:54:10 | エリクソンの発達臨床心理

 

 

 
≪いまここ≫を生きる現代の礼拝
 治療的儀式化=新しい儀式化→新たな物の見方・価値の創造2013-07-30 03:06:57 |&n...
 

 「裸の王様」として有名なアンデルセン童話は、本当のタイトルは「皇帝の新しい着物」と言います。意外に知られていないかもしれませんね。岩波文庫の赤740-1『完訳 アンデルセン童話集(一)』p.157-165にあります。

 ストーリーは有名ですし、その結末も有名ですから、ここで再話しなくてもいいかもしれませんね。そこで、この寓話の意味を要点だけ、メモリアル的に記しておこうと思います。心理学的メモリアルです。

 この王様は、「大変着物がお好きな皇帝」と言われます。私は、ファッションにはあまり時間とお金を掛けない主義(貧乏だからだけかもしれません)。でも、ファッションには、ある哲学を感じる場合が少なくないです。むしろ、ある哲学を衣装にしていると言えるのかもしれませんね。でも、この「大変着物がお好きな皇帝」は、いかさま師にやられます。いかさま師は、「言ってること」と「やってること」が違う人ですね。言葉を換えますと、「表側」と「内側」が違う。「表側」の着物は本来、その「内側」と一致する時に、一番輝くと思うのですが、いかさま師にやられる皇帝は、この二つが一致していなかったのじゃぁないかしらね。いかさま師と同じように、「言ってること」と「やってること」が別だった、「表側」と「内側」が別だった。しかも、この皇帝はそのことも分からなかったんだと思います。だからこそ、いかさま師にやられた。いかさま師が言ったウソは、ここで改めて申しません。そのウソを真に受けるほど「表側」と「内側」の一致、ということに、この皇帝は意識が向いておいで出なかった! ですから、見えるはずのない着物が「見えない」、と思っても、「私には着物が見えません」とは言わずに、黙ってた。逆に、心の中とは裏腹の「(その着物は)なかなか見事じゃのう!」と言っちゃった!

 いかさま師にマンマとやられて、大枚を巻き上げられた皇帝は、そうとも知らずに裸のマンマで、悦に入っていた。その着物は行幸用、つまり、行列に着る着物でしたから、大勢の人の前に、この皇帝は、裸をさらすことになった。だけど、皇帝は、本当の自分を、ハッキリと認めて、言葉にすることができなかった。

 そして、子どもの登場です。先の本には「小さな子ども」と出てきます。その子が、何のてらいもなく「だけど、なんにも着てやしないじゃないの!」とハッキリと言った。本当を子どもが言うんですね。子どもは、「表側」と「内側」が一致している人のことでして、年齢は関係ありません。ですから、単純に見て感じたままを、言葉にした訳ですね。それでも、この皇帝は、裸の行進は止めなかった!

 ここから、どんなことを学ぶべきか? 

 それは、皆さんが考えてくださいね。

 


 

コメント

「毎日憂鬱」と言うあなたへ

2015-07-30 07:51:56 | アイデンティティの根源

 

 いろんな価値は、コッソリ神のような顔をします。危ない、危ない!

  Young Man Luther 『青年ルター』p215の第2パラグラフから。

 

 

 

 

 

 人によっても、こういった憂鬱な状態が、その人自身の理由から、毎日だ、という人もいますよね。拝み屋はこういう人から人を集めをすんですね。全ての人は、この憂鬱と言う発展する可能性のある状態から、「世界はこんなもの」というイメージを、何とかして作るんですね。ウィリアム・ジェームズは言っています、「ラテン人は、簡単に悪の圧迫を打ち砕いて、『いろんな病や複数形の罪業を、粉々にして取り除くことができる者にしてしまいます』。だけど、ゲルマン人は、『単数形の≪的外れ≫と大文字のS』を一つ立てて、生まれながらの主体性を根っから無視して、少しづつ手当して取り除けくことができない」と。

 

 

 

 

 民族によって、憂鬱に対する態度が違ってきます。南国育ちのラテン人と、北国育ちのゲルマン人とでは、憂鬱に対する態度が正反対ですよね。

 ここで、拝み屋というのは、その憂鬱に付け込む輩です。病院や福祉施設に、信者を集めに来る人が、「拝み屋」と呼ばれている、と昔、西村秀夫先生から聞いたことがあります。患者や利用者から、軽蔑的に「拝み屋」と呼ばれてたんですね。それはどんなヴィジョンを持ちたいのか? 分かち合いたいのか? で決まってきます。拝み屋は決して、信頼を強めたりはしませんよ。むしろ、弱弱しくしか信頼できないところを利用とします。

 私どもは、弱弱しい信頼も、頼もしい信頼に変えていただくために、子どもと関わりたいですね。

 

 

コメント

心理臨床の面白さ

2015-07-30 06:58:53 | エリクソンの発達臨床心理

 

 高齢者の課題も、人生の各舞台の課題と関わりが深いものです。

 The life cycle completed 『人生の巡り合わせ、完成版』、p63の 最後の行から。

 

 

 

 

 

 私どもは、こういったいろんな疑問に最終章で戻ることにしましょう。ここで、ついでに私が強調しておきたいことは、老年期にあっては、過去に身に着けたあらゆる人間性は、新しい価値を帯びる、ということです。その人間性は、それ自体において、研究した方が良いってこと、それ以前に身に着ける人間性においてばかり 研究するんじゃぁないってことです、それは、その人間性が、健康か、あるいは、病んでいるかに関係ありません。いっそう実存的な言葉においては、人生千秋楽の舞台で、不安神経症のanxiety 「『この先どうなるか、わかんない』という心配事」から比較的に自由になることは、生死の怖れから免れている、という訳じゃないってこと。子どもの頃のguilt 「『自分はダメな子』という罪責感」は、それぞれの人がそれぞれの仕方で体験しているevil 「『自分が悪い』という感じ」を失くしてくれはしないってこと。それは、identity 「対人関係の中で心理的に自分を確かにさせること」は、実存的な≪私≫を先取りするわけじゃないのと、同じです。

 

 

 

 

 キッパリしてますね。その年齢の舞台にふさわしい危機的課題があって、その課題はその年齢において研究した方が良い、ってことです。しかし、臨床ですから、常に二律背反的で、それと同時に、他の年齢の舞台との繋がりの中でも考えることも大事なわけなんですね。ここが心理臨床のダイナミズムですし、また、とっても面白いところでしょ。

 

コメント