エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#学習したこと

2024-02-23 10:41:00 | ヴァン・デ・コーク教授の『トラウマからの解放』

「発達トラウマ障害 Enpedia」
は、内閣府情報調査室が情報操作をしているだろうGoogle検索ではなさらず、
MSN検索、あるいは、 Bing検索にて、ご参照ください。
としましたが、1日で、MSN検索、Bing検索にも、内閣府情報調査室が施したであろう、情報操作が入りました。
それだけ、「発達トラウマ障害 Enpedia」の真実が大事。
 ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 『粗末にされたら、意識できなくても、身体はその傷を覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』 は,翻訳が終わりましたが,印象的な言葉を適宜拾ってみようと思います。 
p.280から。
 
 
 
 攻撃するのも,落ち込むのも,高慢ちきなのも,指示待ちであることも,すべて学習したことだと と見做すことは,実に実り多いことです。
 
 
 
 たいていのことは,学習したことでしょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

#眼を配ってね

2024-02-23 09:52:38 | エリクソンの発達臨床心理

 

「発達トラウマ障害 Enpedia」
は、内閣府情報調査室が情報操作をしているだろうGoogle検索ではなさらず、
MSN検索、あるいは、 Bing検索にて、ご参照ください。
としましたが、1日で、MSN検索、Bing検索にも、内閣府情報調査室が施したであろう、情報操作が入りました。
それだけ、「発達トラウマ障害 Enpedia」の真実が大事。

Childhood and Society 第3章  p.141 ブランクから。

 
    D 「ものにすること」と素質
 
 スー族のインディアンの子どもの中には,言葉で伝えられる最初の厳しいタブーで,嘲りという厳重な網でそうせざるを得なくなってきたタブーは,身体やお手本に関することではなく,いろんな親しむ関係に関することです。5歳が過ぎた発達の舞台になりますと,兄弟と姉妹は,異性の兄弟姉妹を面と向かってみたり,声かけたりしないようにしなくてはなりませんでした。女の子なら,女の子の遊びをするようにしなさい,お母さんと内のそばに居なさい,というわけです。たほう,男の子は,最初は遊びで,次に実際の狩りで,目上の子どもの仲間になる元気を貰います
 遊びについてのことば。私が一番興味を持ったものは,インディアンの子どものおもちゃを見ることと,彼らの子どもが遊ぶのを観察することでした。初めは,当局の近くのインディアンのキャンプに踏み入ったときに,注意深く,まるで関心を抱いていないようにつかづ来ました。それは,少なくとも何人かは,遊びの邪魔をされたと思わずに済むためでしたし,小さな女の子たちはテントに走り込んで,膝小僧を隠して,伏し目になってお母さんのそばに座るためでした。
 
 
 
 
 エリック・エリクソンは,男の子のすることにも,女の子のすることにも,眼を配っていることが判ります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

#一層包括的な人々と一体感

2024-02-23 09:08:08 | エリクソンの発達臨床心理

 

「発達トラウマ障害 Enpedia」
は、内閣府情報調査室が情報操作をしているだろうGoogle検索ではなさらず、
MSN検索、あるいは、 Bing検索にて、ご参照ください。
としましたが、1日で、MSN検索、Bing検索にも、内閣府情報調査室が施したであろう、情報操作が入りました。
それだけ、「発達トラウマ障害 Enpedia」の真実が大事。 
 Toys and Reasons『おもちゃ と 賢慮』
 p.75 から。

 
  選民意識 と 毎日礼拝

 第1部の結論においてお示しましたのは,人類を上下2つに分けるウソの条件そのものでしたでしょう。人類を上下2つに分けるウソの条件そのものとは,人間が陽気で楽しくしていることが,場合によっては,人が自由になることもあれば,人を縛ることにもなる,ということですし,人と人の関わりが増すことにもなれば,ウソとゴマカシが増すことにもなります,気高い暮らしにもなれば,ジェノサイドにもなります。一番古くからある遺産,すなわち,自分を憎むと人を憎むことになる運命的な関係と結びついて,人類を上下2つに分けるウソは,現代,すなわち,核の時代に至るまで,人類の歴史を支配してきました。しかし,私が光を当てたいのは,人類全てが,あるいは,その一部が,人類を上下2つに分けるウソ「である」,と言っているんじゃないことなんです。私が申し上げたいのは,人間には,人類を上下2つに分けるウソに嵌る傾向が埋め込まれているということですし,その消し去りがたい人類を上下2つに分けるウソに嵌る傾向は,一定の条件を満たせば,あたかも勝ち組の人種みたいな顔をして振舞う,ということなんですよ。

 でもね,「ウソ」って何でしょうか?  「ウソ」は,腹立たしい言葉で,その場合,でっち上げや悪意に満ちたダマシを示します。自然主義的な意味が,もっともらしく,この世にない,似て非なることに割り振られると,それだけ説明的でしょう。次に,人間のフリの中で私どもが考えなくてはならないのは,あらゆる種類のイメージと行為だということであり,それは,純粋な役割行動と創造的演技から 意図的で政治的な騙しまでいろいろある訳です。人間の行動がバタバタするのは,成長するにつれて,無意識の働きに合わせる術を身につけなくてはなりませんし,「仲間」が抱くイメージや話し言葉との間に生じる葛藤にも,合わせる術を身につけなくてはならないからです。「仲間」が抱くイメージや話し言葉が決まってくるのは,その民族が,地理や歴史に占める位置付けと,文化や工業技術を発展させている舞台によります。と申しますのも,アーネスト・メイヤーによれば,私ども人間は,「(様々な環境に適応できる)万能動物」なのですから,様々な環境,様々な文化社会の中で成長できる力をもって,生まれてきているわけです。私どもの「人種をバラバラに分ける」が,技能の面でも文化の面でもそれなりの環境に適応していますが,生産と消費の点で特別な意味がありますし,運命と生き方の点でも,特別な意味がありますが,「人種をバラバラに分ける」ことによって,その支配的な種(新しい人 新しい人の最初)がまるで宇宙の中心にいる,宇宙の中にある唯一の人間であるかのように振舞うことが許されることになります。もちろん,歴史は,(いろんな帝国,いろんな宗教の中で)こんなバラバラな時代と,代わりばんこに 主旋律になりますが、同時に,このバラバラな時代を1つにもしてきましたし,だからこそ,一層包括的な人々と一体感を創造してきたわけです。

 

 歴史は,一つの人類に向けて,一層包括的な人々と一体感を創造してきたわけです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

#素直でいたい #福音の神秘

2024-02-23 08:14:00 | 聖書の言葉から

「発達トラウマ障害 Enpedia」
は、内閣府情報調査室が情報操作をしているだろうGoogle検索ではなさらず、
MSN検索、あるいは、 Bing検索にて、ご参照ください。
としましたが、1日で、MSN検索、Bing検索にも、内閣府情報調査室が施したであろう、情報操作が入りました。
それだけ、「発達トラウマ障害 Enpedia」の、あるいは、 Bing検索にて、ご参照ください。

生きているのに
死んでいるあなたへ    

今朝は本田哲郎神父様の言葉から
 
 
 
貧しく小さくされた者たちをとおして
 
絶え間なく神は働きかけておられ 福音は告げ知らされているのに
 
わたしたちは素直さを欠くために それを福音として受け入れられなくなっているのです
 
ローマの人々への手紙 第11章
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

#生きるお稽古  #その3

2024-02-23 07:16:30 | 聖書の言葉から

 

「発達トラウマ障害 Enpedia」
は、内閣府情報調査室が情報操作をしているだろうGoogle検索ではなさらず、
MSN検索、あるいは、 Bing検索にて、ご参照ください。
としましたが、1日で、MSN検索、Bing検索にも、内閣府情報調査室が施したであろう、情報操作が入りました。
それだけ、「発達トラウマ障害 Enpedia」の、あるいは、 Bing検索にて、ご参照ください。

生きているのに
死んでいるあなたへ    

今朝は,ティグ・ナット・ハーンさんの言葉から

 
 
息を吸い込むと 生かされている歓びがあります
 
息を吐くと 生かされている歓びがあります
 
これも私どもの生きるお稽古です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする