エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

現世考: 文部官僚の天下り 見え見えの悪だくみ

2017-03-31 10:45:53 | 間奏曲

 

 

 

 
悪魔とメンター
   セラピーは、全人格的  The sense of womder『不思議を感じる心』が訳了したので、どうしようかと思います。  今日からは、エリクソ......
 

 天下り。けしからんことの象徴。

 文部科学省のお役人たちが,天下りを組織的にしている,と言います。新聞,テレビでも,悪いことの代表みたいに,ニュースにしてますでしょ。

 とても違和感を覚えますね。天邪鬼だからかもしれません。

 各省が天下りを組織的にやっているはずです。財務省,建設省,経産省の方が,管轄している会社の規模が,文科省が相手にしている学校法人に比べて,けた違いに大きい。ですから,財務省,建設省,経産省の方が,文科省に比べて,けた違いの人が,けた違いに大きい会社に天下りしています。

 文科省の天下りは,政権がリークしたものでしょう。アベ・詐欺師ちゃんと悪魔の仲間達が,文科省支配を強めるためですね。いま,道徳を教科にしようとしてますでしょ。反対派の官僚(ほとんどいないでしょうけれども)を蹴落とすために,人事で脅している訳ですね。

 お役人は,人事に弱いので,すぐにオッポを振る輩が多いでしょ。天下りをリークして,文科省のお役人たちに,アベ・詐欺師ちゃんと悪魔の仲間達が言うことを聞かせよう,とする悪だくみが,見え見え,です。

 

コメント

聖書の言葉: καιρός

2017-03-31 10:18:04 | 聖書の言葉から
 
高齢者向け住宅は、高根の花 or 無料?
   セラピーは、全人格的  The sense of womder『不思議を感じる心』が訳了したので、どうしようかと思います。  今日からは、エリクソ......
 


 今朝の聖書の言葉は,再び,καιρός,カイロスです。好機。

 普通の時間とは違うみたい。

 物事は流れるまま,と言う時間しか知らない日本人には,あまり理解できない時間かもしれません。日本人には,はじめも終わりもない時間しかありませんからね。加藤周一さんの洞察です。

 でも,はじめもあり,終わりもあるのが,私どもキリスト者の時間です。はじめは創造の時,終わりは最後の審判の時です。神様の計画通り,約束通りの時間です。

 καιρός,カイロス。それは,約束で決まった時間です。

 来るに時在り,去るに時在り。

 

コメント

トラウマの,広くて長い悪影響

2017-03-31 09:33:11 | ヴァン・デ・コーク教授の「トラウマからの

 

 

 

 
口数が多いのは、隠し事があるから…
   唯名論とカトリックの凋落  唯名論は、キリスト教の世俗化に走った? Young Man Luther 『青年ルター』p190の7行目途中から。  ......
 

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ヴァン・デ・コーク教授の  The body keeps the score : brain, mind, body in the healing of trauma 虐待されたら、意識できなくても、身体は覚えてますよ : 脳と心と身体がトラウマを治療する時どうなるか?』p.1,第3パラグラフから。

 

 

 

 

 

 トラウマの影響は,トラウマに晒された人ばかりじゃなくて,その人の周りの人たちまでが,影響を受けるのですよね。先頭から戻った兵隊さんたちは,そのあまりにも激しい怒りや,逆に何にも感じないことのために,家族の人たちを驚かせるかもしれませんよ。PTSDのご主人の奥さんは,ウツになりやすいものですし,ウツの母親の子は,ビクビクした子,心配性の子になりがちです。子どもの頃の家庭内暴力に遭うと,大人になってから,安定した,信頼し合う関係を作り出すことができなくなります

 

 

 

 

 トラウマは,多くの人に長期間,悪影響ですね。

 

 

コメント

インターメッツォ: エリクソンの叡智 : 人格的真理としての心理学だけが教えてくれること

2017-03-31 08:06:18 | エリクソンの発達臨床心理

 

 

 

 
1人きりでも、独りぼっちじゃぁ、ない! または、自分の闇
   田舎と安倍政権 札束以上の価値  安倍晋三政権批判のシリーズ、最終回。何を取り上げようと思いました。 ずっとお付き合いのある障害者にしようか、それ......
 

 Toys and reasons. P.55。第2パラグラフ4行目。

 

 

 

 

 

 科学的真理ではなくて,人間が今ここで生きている,ってことに関心を払う,人格的真理を重んじた気付きだけが私どもにハッキリと示したくれるのは,私ども大人とと子どもとの関係なんですよね。その子どもは,目の前にいると同時に,私ども大人の心の中にもいますからね。

 

 

 

 

 

 統計処理でやるような,心理学もあり得ます。しかし,エリクソンのライフサイクルの心理学は,統計処理でやるような心理学では,到底手が届かない深みのある心理学ですね。

 ここでエリクソンが教えてくれているのは,≪本当の自分≫という,心の中の子どもと日々やり取りする関係が,そのまま,眼の前の子どもとの日々のやり取りの関係にイコールになる,ということです。つまり,内省しているほど,眼の前の子どもとのやり取りが豊かにできるんです。

 逆に言うと,ロクに内省もできてない,子どもっぽい大人は,眼の前の子どもとの関係が,禁止と命令になりがちです。あるいは,暴力,ウソとゴマカシでしかない知力,言い訳でしかない言語力で,子どもを抑えつけようとしますでしょ。残念ながら,臨床心理士と呼ばれる人にも,この後者の内省のない,したがって,投影だらけの,タケノコが大半です。それは以前にこのブログ聖書の言葉: ご馳走でも取り上げましたね。

 エリクソンは,実に鋭いですね。

コメント

聖書の言葉: 土の器

2017-03-30 18:45:06 | 間奏曲

 

 

 

 

 

 

 
悪だくみが行われてしまう時
   不思議を感じる心、最終回 風を感じて  不思議を感じる心は永遠です。 The Sense of Wonder 『不思議を感じる心』から p106の......
 

 聖書の言葉は,土の器

 昨日と同じ,パウロさんの手紙,『新約聖書』の「第Ⅱコリント人への手紙」第4章に出てきます。

  土の器

 7われらはこの宝を土の器に持っています。それはあふれる力が神のもので、われらからでないためです。8われらはあらゆることに苦しめられながら押しつぶされず、途方に暮れながら行きづまらず、9迫害されながら見捨てられず、倒されながら滅びません。10たえずわれらはイエスの死を体に帯びていますが、それはイエスのいのちもわれらの体に現われるためです。

 

 私ども,どんなに根源的信頼感が豊かでも,「土の器」でしかありません。途方に暮れる場合もあるかもしれません。虐められるかもしれません。人がニヤニヤしながら掘った穴に落っこちる時だってあるでしょう。私どもは「土の器」でしかないのです。

 しかし,その「土の器」でしかないのに,行き詰らない,押しつぶされない,滅びない何故でしょうか?

 それは,

13あなた方の出会った試みで、世間ありきたりでなかったものはありません。神は真実にいまします。神はあなた方が耐えうる以上に試みられることをお許しにならず、試みとともに、耐えうるよう逃げ道をお作りでしょう」(「第1コリント人への手紙」第10章13節)

 人智を超えた逃げ道も,善く見れば見つかるみたいです。

 どうぞ,皆さんもお試しくださいね。

コメント