エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

ジェームズ・ヒルマンにとって、聴くことと祈り 改訂版

2015-11-30 07:59:08 | 日記

 

 

 
ポスト3.11の視点で見た、蘇える内村鑑三
  内村鑑三といえば、堅いキリスト教の中でも、ことさらお堅い「無教会」(無教会キリスト者)の元祖。お堅い、偉い、近寄りがたいイメージが従来ありましたね。しかし、今...
 

 先日、ナウエン H.J.NouwenのThe Wounded Healer 『傷を背負った(霊的)治療者』を読んでましたら、ジェームズ・ヒルマン James Hillmanの、Tsimtsum ツィムツーム 「空」についての記述が引用されていて、とても大事なクリスチャンの態度であり、セラピストの態度だと強烈に感じました。その理想形だと感じたからです。

 それで、先日、ジェームズ・ヒルマンのInsearch : Psycholgy & Religion 『内観 心理学と宗教』を購入し、読み始めました。そこでもまた、大事なメッセージに満ち溢れていることに出合いましたので、皆さんで、その一つをシェアしたいと考えました。樋口和彦先生らの翻訳もあります(『内的世界への探求』創元社)。

 それは、「聴く」ことです。原文ではp.21 の第2パラグラフからになります。

 

 

 

 

 「聴く」ことは、神学者らや牧師らには、大した問題にならないでしょう。と言うのも、「聴く」ことは、瞑想や祈りに似ているからです。祈りは、意識的に沈黙することですし、あの、心の底から聞こえてくる静かな囁きに、全身全霊で、耳を傾けることです。それは、まるで、祈るものは神様に何かをお願いしたり、神様から何か頂き物をしよう、ってんではなくて、神様が私のところに来ていただけるくらいに、立ち帰って心静かになることみたいなもの、ってことなんですよね。

 

 

 

 

 

 ユングはその昔、「神を信じるか?」と問われたときに、「神様だったら、良く承知しています」と答えたとか。ジェームズ・ヒルマンは、ユングの正統的な弟子ですから、似たような境地なのかもしれません。

 私は、ここを読んだら、「ヘボなクリスチャン」等とは比べ物にならないくらいの、本物のクリスチャンだと感じます。「ヘボなクリスチャン」とは、祈りの何たるかも知らずに、「祈り」「プレアウォーク」などと称して、ゴチャゴチャと動き回っている人で、痛々しくて見ていられない感じの人のことです。多分、全く「祈り」をしたことがないのでしょうね。

 「祈り」は、いつでもイエスキリストが私の≪いまここ≫に来てくださること、再臨です。それと同時に、そうしていただけるだけ、私どもが心の静かさ、謙虚さ、真実さに立ち帰ろうとする、心のベクトルの中にこそあるんです。

 そんな「祈り」を今日も祈りながら、生きたいものですよね。

 

 

コメント

人を大事にすること≒阿吽の呼吸

2014-12-10 10:50:31 | 日記

 

 サリヴァン先生、セッスクする関係と、人を大事にする関係には違いがあることが分かったんですね。

 p86の第3パラグラフ。

 

 

 

 

 

 サリヴァン先生の概念において、人を大事にすることと人と親しくすることの意味とは何でしょうか?「人と親しくすることは2人の人が人格的価値のすべてを認め合う状況です。人格的価値を認めるには、私が共働と名付けた関係が必要です。その共働とは、自分がやることを、相手が表現したにニーズにハッキリと合わせることです。それは、次第に、この2つ、つまり自分のやることと、相手のニーズに合わせることが同じになり、すなわち、お互いに満足しあうことに近づきますし、ますます同様に安心して働きかけ合うこともできます。」私どもが、サリヴァン先生のこの言葉を、幾分含みのある言葉から解き放てば、人を大事にすることのエッセンスは、共働する状況に見られますし、そのいう状況では、2人は「私どもがルールに従うのは、私どもが自分らの特権、優越感と価値観を守るためです」と感じることができます。

 

 

 

 

 人を大事にしあう関係は、自分がしたいことと、相手のニーズの応えることが一致してくんですね。阿吽の呼吸そのモノでしょ。人を大事にしあう関係は、もう言葉を言わずとも感じ合えてくるものなのかもしれませんね。

 

コメント