かまたさとるの今日のぶつくさ

1日の出来事や日常生活で感じることを「ちょっとだけ」ぶつくさとつぶやきます。

時間が~

2007年01月31日 | Weblog
 朝から辻立ちをして、終日あいさつ回り。あいさつ回りも集中してできると結構リズムにのって、はかどるが、途中で会議等が入るとバッタリ、、ペースがおちる。 県議選は告示まで58日だ。その間に議会も開催される、、時間がもっと欲しいなー。

 

ガセぴあ

2007年01月30日 | Weblog
参院選熊本選挙区の民主党の候補者擁立を巡って、マスコミ各社の動きが昨日から慌ただしくなった。誰か?という詮索をされてるが、マスコミの側からは、まったく意外な方の名前があがってきて、こちらが驚いている(+_+)

どんな取材をしてるんだろうか、、色んな情報が入ってくるんだろうが、ガセ情報に振り回されてる感がある。ホントにお疲れさまです!

1人区の選挙を闘うのは容易ではない、だから擁立には時間もかかる。でも今の国政の状況をみれば絶対に闘って勝たねばならない。マスコミの皆さん、、決まればきちんと発表しますので、もう少し静観して待っててください。

なんちゅう発言だー

2007年01月29日 | Weblog
一昨日、柳沢厚労大臣が講演で「女性は子どもを産む機械」という発言をしたことが国会で問題になっている。これは大臣としてはもちろん、議員としても人間としても許さない発言だ。

女性は子どもを産むことに対して、身体的なことでも経済的なことでも大いに悩み、そして実際の出産では私にはわからないが、大変な痛みをこらえて、産んでいる。そして人によっては不幸にも流産や死産ということもある。

機械や装置なら悩むこともなく、痛みを感じることもない。そう考えると、とてもそのような表現はできないと思う。

このような発想をお持ちの方が厚生労働大臣として、少子化対策や女性が働きやすい労働環境づくりをしていくことはとてもできないだろうし、できるとしてもゆがんだ政策になるだろう… 潔く辞任すべきだ。

命は大切に

2007年01月28日 | Weblog
あの徳島の崖っぷち犬の飼い主が決まったそうだ。徳島県内に住む66才の女性とのことだが、早速お孫さんに相談して「リンリン」と名付けられた。よかった、よかった。

小さな命が助かってホッとしたが、今朝の朝刊では、厚労省の調査で、子どもの治療を親が拒否する「医療ネグレクト」で二人の子どもの命が亡くなったという記事が載ってた。

親が子どもの治療を拒む場合、医師が児童相談所に通告し、家庭裁判所に親権停止が認められて代行者の同意があれば治療ができるのだが、なかなかその定義が難しいとのこと。医療ネグレクトに対する取り組みが求められる。

救う命もあれば、捨てる命もある。って、命は捨てたら絶対ダメだ!

う~ん

2007年01月27日 | Weblog
朝からず~っと挨拶まわりで、夜はまたもや新年会だった。。う~ん、疲れた(@_@)

招き猫ちゃん

2007年01月26日 | Weblog
この招き猫ちゃん、なんとも可愛いでしょ~? 近所にお住まいのうちのワンちゃんとおんなじコーギーを飼ってる反後さんからのプレゼントでーす。

招き猫は色んな福を引き寄せる、ってことで、出仲間にある招き猫専門ショップの「花鳥風月」って店で買ってうちの事務所にプレゼントされた。どうもありがとうございますm(__)m 招き猫ちゃん、票をいっぱい招いてネ(^^)

さて今夜は地元の力合体協ゴルフ部会の新年会だった。ほとんどの方が自分の父親とほぼ同年代の先輩ばかりだが、みーんなパワフルだ。

これはゴルフ部じゃなくて、カラオケ部かーー、って勘違いするほど、次から次にみなさん歌う歌う。曲目に年代の違いを大きく感じたが、、あの美声とパワーは見習いたい。

戦前かっ

2007年01月25日 | Weblog
「子どもたちに古典や偉人伝などの読書、民話や神話・おとぎ話、茶道・華道・書道・武道などを通じて、徳目や礼儀作法、形式美・様式美を身につけさせる」これは昨日、政府の教育再生会議がまとめた第一次報告だ。

古典はわかるが、神話は必要かー? 徳目って何、、そんなの自分も知らないけど、、全然不都合ないゾ。教育再生会議の報告はさっぱり理解できない。

右って言ったら全員が右を向く国民をつくろうとでも思ってるのだろうか…、時代錯誤もはなはだしい。そんな一部の為政者の自己満足のための教育をしても、子どもたちは、現代社会でも将来社会でも生きていけないだろう。

まったく、ヤンキー先生、、期待してたのにぃ~、もっと教育現場の問題にしっかりと手だてできるような方策を議論して欲しい。

う~ん

2007年01月24日 | Weblog
時が過ぎるのは早いもので、県議選投票日まであと74日だ。毎晩寝る前に今日の過ごし方はこれでよかったんだろうか、、と不安になる。限られた日数のなかでどのような活動を行なえば効果的か、ってよく考えるが、いくら考えても正解は投票日にしかでない。う~ん選挙ってホント難しいーー

久しぶりっ

2007年01月23日 | Weblog
今朝は4日からはじめた早朝ニュース配布のひとまずの最終日。かなり冷え込んだ朝もあったが、総じてなんとか耐えれる寒さだった、と思う。明日からこれまでできなかった辻立ちをやろっ!

夕方はドコモの労組の退社時集会に参加させてもらったが、、そこで懐かしい人と再会した。現在、ドコモ労組の九州総分会の副総分会長をやってる大坪さんだ。

彼は15年位前に、NTTグループ会社がやってたダイビングショップのインストラクターをやってて、私は彼から講習を受けて資格を取得した。その後、何回かダイビングに引率してもらったが、NTT業務の縮小によりダイビングショップが閉鎖し、それっきりとなった。

今日久しぶりに会って話したが、お互いダイビングはもうやってない。でも彼はトライアスロン、こちらはサーフィンと、42才のおじさん同士、体力づくりには今も努力しているっ。。

そのまんまでは駄目

2007年01月22日 | Weblog
宮崎県民は県政のリーダーにそのまんま東さんを選んだ。 でも、立候補当初の宮崎県民の東氏に対する反応は冷ややかだった、と思う。

しかし、1週間前の世論調査を見せてもらったが、その時点では大きくリードしていた川村氏に、残り1週間で大差をつけて東氏を勝利させた県民の民意は「そのまんま」ではなかった。

東氏も、タレント色を完全に払拭しパフォーマンスに頼らず真面目に県民に訴え、その姿はたけし軍団でバカなことをやってた以前のそのまんま東「そのまんま」ではなかった。

当選後のインタビューでも浮かれることなく神妙な面持ちで答える東氏の姿を見て、私もこれからの東氏の県政の舵とりに期待を持った。

宮崎県の昨年度の公共工事の落札率は95.8%と全国ワースト1位(ワースト2位は熊本県ですが…(ToT))。未だに変えられない談合体質を「そのまんま」にしておかない改革を必ずやるだろう。