かまたさとるの今日のぶつくさ

1日の出来事や日常生活で感じることを「ちょっとだけ」ぶつくさとつぶやきます。

持久戦へ

2008年10月31日 | Weblog
今朝は、玉名の電話帳を製本する事業所を訪問し、選挙のお願いと工場見学をしてきた。昼からは民主党県連の選対代表者会議。解散は先送りされたが、各候補者陣営の活動については継続することを確認した。

会議が終わって、11月23日投票の美里町長選挙に出馬予定の坂田たつよしさんの事務所に激励に行った。現職に立ち向かう選挙になるが、是非頑張ってほしい。

夕方は、ふくしま選対会議。当初は短期決戦を想定して体制を作ったが、持久戦になりそうなので明日から体制を若干見直し、期間が延びることで可能となる活動を進めていくことを確認した。。

愚策

2008年10月30日 | Weblog
麻生総理が記者会見をして衆院解散時期を明言せず、追加経済対策を発表した。解散時期は越年かどうかは示すべきである。就任以来解散をちらつかせてきたおかげで、各陣営は常に臨戦体制をひいている。

候補者陣営だけでなく、投票日を常に意識して、10月11月に予定していた様々な催しや会議などを先送りや取りやめにした自治体や各種団体も多い。

そのことによる地域経済の損失は大きいし、解散時期を示さないとこのような状態が更に続き、自治体も各種団体も困惑する。総理は解散権をもて遊ぶべきじゃない。

また、定額給付金で全世帯に現金をばらまくという地域振興券を思い起こさせる愚策をやるという。まさに究極の選挙対策であり、政権与党による国家的買収行為だ。

もっと国民が消費意識を持てるように、安定した年金制度の確立や教育費の軽減をはじめとする子育て支援など将来不安の解消という根本的な策を講じるべきである。解散先送りも追加経済対策も愚策としか言えない。。

蔓延

2008年10月29日 | Weblog
今日は事業所門立ちの後、一日中、事業所まわり。18事業所のフロアーを歩きまわったので、さすがに夕方前には、ちょっとばかし気分が悪くなった。。

でも、どこに行っても衆院解散越年の空気が蔓延していた。「1年以内には間違いなく選挙がありますので」ってことでひたすら支援のお願いをしてきた。

ただ現実問題として、解散が越年する場合に、このまま臨戦体制を維持することは不可能である。明後日、ふくしま選対会議を開き今後の体制を協議する。

身勝手

2008年10月28日 | Weblog
今朝も事業所前のチラシ配布をして、終日、ふくしま夫人と挨拶まわり。行く先々で、「選挙はあっと?」と聞かれ、返事に困ったが、「そのうちありますんでよろしく」ってお願いしてきた。

大体、ほとんどの方が、麻生総理は解散を引き延ばしてずるい。と言われ民主党への期待感を示された。解散時期を延ばせば延ばすほど、我々は財政的には辛いが、新人候補にとっては活動期間が増えて、知名度を上げることが出来る。

麻生総理は自分の総理在任期間を延ばすことだけ考えているようだが、、引き延ばし戦術は、決して自民党議員に選挙で有利には働かないだろう。なんて身勝手で情けない大将だ。。

冷めた?

2008年10月27日 | Weblog
今朝は冷え込んで犬の散歩は寒かったが、衆院の解散熱もぐーんと下がったようだ。日テレ情報では麻生総理が解散先送りを与党幹部に告げたとのことだが、真相はわからない。

民主党県連では夕方、緊急に選対代表者会議を開き、選対の現状と今後の対応を協議したが、解散の方向性がはっきりするであろう31日に再度会議を開いて対応を協議することとした。。

弱腰

2008年10月26日 | Weblog
今日は「力合地域市民の集い」で朝から力合中学校体育館へ。飛び入りで「力合青年会」の展示ブースを設け、ハッピや旗、写真を展示させてもらった。

ところで、朝、家を出る前に非通知の電話がかかってきたので出てみると、コンピュータによる総選挙に関する世論調査だった。

たぶん自民党が今週解散するか否かを判断するために全国的にやってるんだろうと思って、わざと自民の支持率が上がるように答えようかとも考えたが、やっぱり嘘はつけず正直に答えてしまった。

麻生総理は今日は秋葉原で街頭演説をしている。全国の自民党青年局に動員をかけて会場を埋めたみたいだが、、アキバの演説で弱腰姿勢から少しでも気持ちを高揚させて衆院解散の踏ん切りをつけないかなぁ。。

打上げ

2008年10月25日 | Weblog
今日は一日、ふくしま健一郎夫人とあいさつまわり。午後は早めに切り上げて明日の「力合地域市民のつどい」の準備。中学校の体育館に椅子を並べたり作品展示の机などを搬入した。

そして、今から力合青年会の河尻大祭の打上げだ。大いに盛り上がることだろう。下がり馬の写真をHPにアップしましたのでご覧下さいませ。。

どうするか

2008年10月24日 | Weblog
今朝も事業所県政ニュース配布。終了して、ふくしま健一郎の関係で荒尾、玉名地区に入った。まだまだ知名度的には厳しいが、各地区選対では一生懸命取り組んでもらっている。

夕方は、ふくしま総合選挙対策本部の会議を開いた。衆院解散の見通しが立たないので、ゴール目指してさぁ行くぞ、、ってやれないのが非常に辛い。来週にはアクセルを踏みこむかどうかの難しい決断しなければならない。

がむしゃらに

2008年10月23日 | Weblog
今朝も事業所前で1時間、県政ニュースを配布した後、NTT労組退職者の会の定期総会に出席し、日頃からのご支援のお礼と衆院選のお願いの挨拶をさせていただいた。

そして、私も「退職者の会」の最年少の会員なので、総会と終了後の懇親会にも参加し、久しぶりにお会いする先輩方から色々な激励やアドバイスをいただいた。

夕方は大津町で開催された「ごとう英友と語る会」に参加し、党を代表してご支援のお願いを申し上げてきた。会場には座りきれないほどの人が詰め掛けていて、正直、驚いた。

後藤氏の決意表明も力が入っていた。昨日の党本部の二次公認には入ってなかったが、これから気持ちを更に引き締め、がむしゃらに頑張ればいい勝負ができると思う。。

居座り

2008年10月22日 | Weblog
今朝も県政ニュース配布で事業所門立ち。その後、事業所まわりをして、午後からは熊本市職員組合の定期大会に出席。

それにしても総選挙の時期が定まらない。いくら解散を先延ばししても相手にとって好材料は見つからないだろうに、、麻生総理の居座り戦術には呆れてしまう。福田前総理も自分は何のために禅譲したんだろう、って悔やんでるんじゃないだろうか。。