かまたさとるの今日のぶつくさ

1日の出来事や日常生活で感じることを「ちょっとだけ」ぶつくさとつぶやきます。

火の玉のように

2009年07月31日 | Weblog
今日はNTT労組九州総支部大会に出席。九州内の総支部が一本化して二回目の大会であり、今年は熊本で開催された。昨夜から九州各県の組合員と自治体議員総勢300名が熊本入りしており、熊本の夜の経済に大いなるプラス効果を与えたはずだ。

今日の大会では主催者、来賓ともにあいさつは「衆議院選挙勝利」一辺倒。手前みそかもしれないが、NTT労組の組合員は活動に真面目に取り組むので、大会がおわったら九州各地で火の玉のように総選挙闘争に頑張るだろう。。

ついに開設

2009年07月30日 | Weblog
今日は松野頼久代議士の事務所開き。昨年、解散熱がヒートアップした時には、じっと堪えて事務所を開設せず出費を抑えた。現職だからなせる技だが、、さすがにもう開設。さぁ、あと1ヶ月だ。。

よく集まった。

2009年07月29日 | Weblog
鳩山代表の街頭演説会は、心配していた雨もあがって、マルショク白藤店前という若干マイナーな場所にもかかわらず、約700人の皆さんに参加いただいた。動員もかけず、告知期間もわずかだったわりにはよく集まったものだ、と思う。

私は鳩山代表の隣に立って聴衆の皆さんを見ていたが、鳩山代表を見つめる眼差しから大変な期待感を感じた。その期待に応えるために、絶対に勝たなければならない。。

明日は、

2009年07月28日 | Weblog
今日はふくしま健一郎夫人と支援者まわり。明日の鳩山代表の街頭演説会の案内をしてまわったが、反応は上々。でも周知期間が短かったので何名ぐらい集まるか不安だ。加えて天気予報は雨、、せっかくだから降らないで欲しい。

西日本大会で

2009年07月27日 | Weblog
本日から愛媛県松山市でNTT労組西日本本部定期大会が開会。昨晩、西日本自治体議員団団長として大会での挨拶を求められた。昨年も直前だったので、もしかすると、、と思ってはいたが案の定だった。。自治体議員団も各地で総選挙に全力を尽くすことを訴えた。

さて、明後日は鳩山代表の街頭演説だ。たくさんの皆さんに鳩山代表の主張を聞いていただきたいのでご案内申し上げます。

【日時】7月29日(水)11時40分
【場所】マルショク白藤店前(市営白藤団地東側)

行けるのか

2009年07月26日 | Weblog
今日からNTT労組西日本本部大会に出席のため松山市へ。福岡空港から松山空港へ行くのだが、雨がひどすぎてJR鹿児島本線は運転見合わせなので、福岡空港まで急遽、自動車で行くことに。。はてさて、福岡空港まで行けるだろうか、そして飛行機は飛ぶのだろうか。。

(17時、無事松山に到着しました)

程度が低いのは

2009年07月25日 | Weblog
自民党の細田幹事長がマスコミからのインタビューで「国民の程度が低い」というニュアンスの発言をしたことが報道されていた。。失礼極まりない、上から目線の許せない発言だ。

最近の細田幹事長の与野党討論での発言を聞いていると、民主党の政策の財源を疑問視する発言ばかりで、自分たちが国民のために何をやりたいとか何をやるべきとかについて一切語らない。。与党らしからぬ発言内容だ、、、政権与党の程度が確実に低い…。

認識合わせを

2009年07月24日 | Weblog
鳩山代表が来週29日熊本入りすることになったので民主党県連で緊急の選対代表者会議。2区と3区で演説会を実施する。

今日は午後から保護司の研修会もあったのでバタバタしたが、明日は、ふくしま健一郎選対会議。勝利に向けた取り組みについて認識を合わせなければならない。。

期待と不安

2009年07月23日 | Weblog
今朝も県政ニュース配りをした後、1日みっちり事業所まわりを行なった。事業所まわりでは県政ニュースを配布するが、事業所の代表者にまとめて渡すのではなく極力、各自のデスクの上に配布する。配布に時間は要するが、そちらのほうが一応、目を通してもらえる。と、思ってる。だから10年間そのやり方を続けてきた。

また、各自の机のところまで行くとそれぞれの方から意見ももらえる。今日は激励も多かったが、民主党マニフェストのこども手当創設にともなう配偶者控除の廃止や高速道路無料化などへの期待と不安の声もいただいた。それでも多くの方々が変革を求めている。必ず応えなければ…

これからが、

2009年07月22日 | Weblog
今日は水俣病対策特別委員会。国会で水俣病被害者救済特別措置法が成立して初めての委員会だったが、まだ補償内容、対象範囲や判定方法など肝心なところが決まっていない。総選挙後に決まるのだろうが、被害者の理解が得られるものにするには、かなりの時間を要するだろう。法案は成立したがこれからの作業が大変だ。。