今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。どんなヤツか知りたい人はまずブックマーク「山根一郎の世界」へどうぞ

宇都宮沿線の放射線量計測結果のまとめ:表の一部修正

2011年03月17日 | 東日本大震災関連
3月17日に実施した宇都宮線沿線の放射線計測(実況的詳細は以前の記事参照)結果をまとめてみる。
屋外で計測した地点(駅)の値(nSv/hr)と福島第一原発からの直線距離との関係を表にした
(表の単位はn(ナノ)Sv/hr。μSv/hrに直すなら、9500nSv/hrは、9.5μSv/hr)。
「那須塩原」は新幹線ホームでは2000を超えた数値も出したので、もっと高い値かもしれない。


地点の放射線量は、理論的には距離の自乗に反比例する(拡散面が拡大して密度が減少するため)。
2倍遠ければ、量は1/4に減る。
なので距離が遠いほど、値が下るのは当然。
逆にいえば、距離が半分になると量は4倍になる計算。
でも距離200kmの大宮と、距離100kmの那須塩原の差は10倍になっているし、
黒磯は那須塩原と原発に5キロ近い(5%の接近)だけなのに、不自然な上昇率。

黒磯>那須塩原>宇都宮以遠 のそれぞれの不等号は、直線距離以外の要因がはたらいているようだ。
まず、実際の拡散は、直線移動ではなく、風によって運ばれるので、風の流線に沿う。つまり曲線に移動する。
たとえば山地は迂回され、盆地などでは合流する。
ただ黒磯の風向は、アメダスで確認すると、12:00-13:00は北北西で、原発が風上ではない。

風以外の要因としては、地表面からの放射線の影響である。
なにしろ、地表面からは空気中の4倍以上の値が検出された。
黒磯の地表を測定しなかったのが悔やまれる。

とにかく、理由は不明だが黒磯の値は、群を抜いて高い。
私のガイガーカウンターでは歴代第1位を記録した。
それまでのトップは秋田の玉川温泉のとある岩盤の7200nSv/hr。
岩盤は地表面だが、トップになった今回は空気中。
10000nSv/hr=10μSv/hrは年間安全値の単位時間での上限11.4μSv/hrに近い。
つまり、安全圏内ではあるが、アップアップだ。

私が行きたかった福島の白河は、まさか那須塩原→黒磯の増分の延長上にはないと思うが、
黒磯より低いという可能性は低い(原発との直線距離は20km短い)。
黒磯と同じでも地表面は 40μSv/hrに達している可能性が高い。
今日は雪という。
地表の放射性物質は覆ってくれても、雪自体が新たな放射線物質を運んでいる。

※黒磯の住民の方は、この値をみてご心配になると思います。私以外の他のどなたかに、もっと時間をかけて計測を依頼されるのを期待します。あるいは放射線の測定ができる方でどなたか黒磯に赴いていただければ幸いです。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
放射性物質 ガイガーカウンター 福島第一原発
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 地面の放射線物質に注意 | トップ | 不確実な未来に翻弄されずに、今... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでした! (きりん)
2011-03-17 23:21:27
ご無事に戻られてよかったです。
わかりやすい表までupして頂きありがとうございます。
テレビではあえて?言わない被曝上限(年間上限÷365日÷24時間)である、約11μSv/hrをさらりと言ってくださって、より山根さんに信頼を寄せています。

現在は遠方住まいですが、一昨年まで屋内退避の指示がでている福島県の双葉郡で勤務していたので、職場の仲間を心配しています。

那須塩原や黒磯であの数値だなんて…

体をはった行動、本当に尊敬します!ありがとうございます。
はじめまして (匿名)
2011-03-17 23:49:48
はじめまして。
記事を拝見させていただきました。

私は現在、黒磯駅付近に住んでいます。

記事の内容を読み、放射線量の値を知り、非常に不安になりました。

マスクや換気をしないなどの予防はしているのですが、
まだ安全な数値の間に、避難したほうがいいのでしょうか・・・。

不安な毎日をすごしています。
Unknown (山根)
2011-03-17 23:57:16
きりんさん、那須塩原の値は私にはほぼ予想(1-2μSv/hr)内でした。でも黒磯のあの高値がわからない(前の晩の福島の風向きと地形のせいかも)。あの値だとかえって福島の人のことが心配になります。ただ、双葉郡の住民の避難先では2μSv/hrだと聞きました(テレビ経由)。
Unknown (山根です)
2011-03-18 00:12:47
黒磯の値には私も首をかしげています。私は通りすがりの簡易計測なので、真の値を確認するには、もっと長い時間かけて計測すべきでしょう。ただ、あの値が正しかったとしても、一年間浴び続けても安全であるという基準を突破してはいません。でも地面はさらに高そうなので、土ほこりを屋内に入れないようにしてください。
Unknown (きりん)
2011-03-18 00:54:31
山根さん返信と、優しい心遣いありがとうございます。
屋内退避だからか未だ避難していないようです。
計測値が低くなっていくことを願って、毎日ブログをのぞかせて頂きます。
これからも宜しくお願い致します。頑張って下さい!
貴重な情報をありがとうございます! (ジョーン)
2011-03-18 10:42:39
素人て申し訳ありませんが、どのくらいの計測値がでたときに退避すべきでしょうか…
もしお時間があったら久喜、東鷲宮もおねが いします。
Unknown (山根)
2011-03-18 11:29:24
きりんさん、今日の電源復旧工事がポイントですね。
ジョーンさん、屋内退避開始の規制値は5000μSv(=5mSv)ですが、実際にはもっと低い値で指示が出ています。ちなみに昨日の久喜・東鷲宮あたりは、上の表から類推すると、200nSv/hr(=0.2μSv/hr)程度でしょう。つまり真に退避が必要になるのは、現在の2万倍以上になった場合です。個人的には20μSv/hr(現在の100倍)になったら外出は控えた方がいいでしょう。
黒磯駅 (ぱいん)
2011-03-18 13:20:23
初めて読ませていただきました。

駅の放射線量を測っていたとは知りませんでした。
私は、黒磯駅から1U+339E圏内に住んでいます。
那須塩原との差がかなりあったので驚きです。

黒磯に住んでいても、あまり放射線の事に関しては不安に思っていませんでしたが、自分なりにしっかり考えなくてはと思いました。

勉強になりましたm(__)m
Unknown (山根)
2011-03-18 15:01:13
ぱいんさん、黒磯の値の理由は私も考え中です。福島の避難先でも理由不明で値が高い所が1つありました。一般的には放射線源からの距離以外には、風向、地形、地盤が考えられます。那須火山の麓なので地盤は影響ないと思います。あと放射線を多量に浴びた物体が、私が計測した場所付近に停滞していか、とか。
Unknown (松原)
2011-03-23 21:00:27
本当に参考になりました。関東各県庁が測定している放射線量をみて、私の住んでいる宇都宮は案外、低いレベルだな、と思っていたのですが、先日の降雨後の放射線の上昇がほとんど見られず測定値の信頼性に疑問を感じていました。そして、測定している場所の地面からの高さを確認したところ、地上20mとのこと高すぎると思いますが、いかがでしょうか。県によって測定地点の地表からの距離が全く違うようです。地面に近いところで生活しているのですから、それに見合った測定値を発表して欲しいものです。今後の計測結果、また発表してください。その結果の
評価もしていただけるので、有難いです。
なるほど (山根)
2011-03-23 21:27:17
松原さん、貴重な情報です。普通は生活空間に合わせるため地上1mで測ります。これに統一するため、福島県内の測定地点では、建物の上から地上の駐車場に移動しています。諸般の事項でそれが困難なら、高さ(3階屋上とか)を明示すべきでしょうね。近接地点間でも値が大きく異なるのは、高さが統一されていないからかもしれません。いただいた情報は共有させていただきます。ただ私の17日の測定では、宇都宮はそれ以北よりはかなり低かったですが。
コメントへの返事有難うございました (松原)
2011-03-25 01:22:24
今、お返事拝見しうれしく思いました。実は、昨日、栃木県庁に電話してモニターリングポストを低い位置に置いて貰えないか提案してみたのですが、文科省で屋上に設置するように委託されており難しいと言われてしまいました。諦めずに文科省の担当にさらに電話し放射線事故の時のモニタリングは地上近くで施行するようにご指導をと言ってみましたが、その意味を理解して貰えず、ポストの運用は各県に任せてあると言う答えでした。一艇条件下でないモニタリングの値の絶対値はあまり意味がないことになります。何とかならないかと、今朝、朝日新聞社の地方局に事情を説明したところ、もしかすると取材をするかもといってましたが、どうなりますか??分かりません。先生のようにモニターしたところ値を公開している方が栃木県内になん人かいらっしゃるといいのですが。朝日新聞も宇都宮市内の放射線値として県庁の発表しているあの地上20mのポストでの測定値を、他の県の地上近くの測定値と一緒に引用しているので、 読者が的確な判断、評価ができないと思うのです。実際にどの地点の放射能レベルが高いのかをしりたいです。真実を知らなくては正しい行動がとれません。将来の子供達 のためにも、とりあえず情報を集めなにか
行動せねばと考えています。また、何かアドバイスが有れば御教示下さい。
Unknown (山根)
2011-03-25 08:38:05
松原さん、
福島県では、最初は屋上に設置していたのを、松原さんがご指摘されたまさにその理由で、地上に移しています。その結果、たとえば郡山では値がかなり上がっています。私のリンクの「各地(福島、郡山、いわき」の「原子力災害情報」側の「県内各地方 環境放射能測定値(第nnn報)についてNEW!」内にその件が明記されています。このpdfを添えて、福島の例を”前例”として指摘されてはいかがでしょう。
Unknown (山根)
2011-03-25 10:14:05
上の件に関して、場所によっては地上に設置するのは管理上難しいかもしれません。「つくば」では昼間だけ地上に置いて、毎日夕方になると外しているようです。なのでせめて「地上20mの値で、地上ではもっと高いかもしれない」旨は記してほしいものです。どれくらい値が高くなるかは、つくばの値が参考になるでしょう。ついでに宇都宮以外も設置してある場所・高さを記してほしいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。