今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。どんなヤツか知りたい人はまずブックマーク「山根一郎の世界」へどうぞ

熱中症を防ぐ

2017年07月15日 | 健康

帰京したら、気温が35℃になっていた(名古屋より暑い)。

図書館に行く途中、歩道脇に夫婦がいて、夫の方は意識もうろう状態で座り込んでいて、妻が携帯で連絡を取っていた。
見た感じ、夫が熱中症で、妻が救急車の手配をしているようだった。

日中は不用意に外出しない方がよい。

私は外出時には、まず吸水ポリマーを水で膨らませた鉢巻き(100円)を首に巻き(時には額にも巻く)、遮熱効果のある日傘を差す。
いずれも体の表面温度、ひいては体温を上げないための措置。

東京の夜は数日前から熱帯夜(最低気温が25℃以上)が続いている。
私は躊躇なくエアコンをつけっ放しで寝る。

エアコンの設定温度を27-28℃程度にしておく(寝苦しくない程度に設定温度を上げる)と、睡眠中に冷気にさらされることもなく、また消費電力も極力抑えられる(朝起きて稼働中のエアコンのプラグに付けてあるワットチェカーを見たらたった5Wだった)。

要は暑くなければいいのであって、涼しさまでは求めない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害大国であることの自覚 | トップ | オーディオを買い替える »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。