内和農園ドタバタ日記

夫婦で農業、土木の備忘録てきなことを綴ります。

SHIBAURA SD3943T ICレギュレータ内蔵オルタネータ化 その1

2017年06月22日 22時09分05秒 | 重機&農機具修理
一昨年までのSHIBAURAトラクターは耕起のみでした。
昨年は、ロータリー故障で仕事なし。
今年からSHIBAURAトラクターは耕起と代かきすることになりました。
お陰様で稼働時間がのびたからバッテリーが過充電で溶けました。
2個とかしたので、レギュレータの修理をすることにしました。

外付けレギュレータは社外品で旧車用に売ってましたが、1万前後します。
それならばと兄に頼んでモダンなICレギュレータ内蔵オルタネータに換装することにしました。


元のオルタネータとオフセットが同じものを探してもらえたので交換は簡単にできました。
回路がわからないから裸にして回路を眺めました。




インパネにはチャージランプとバッテリーランプがあります。


教科書通りの回路構成みたい。



レギュレーターに付いてるコネクター外して 2箇所短絡させればいけると思われ。
兄曰く、配線図で行けば IG-F L-E でいけるでしょうと。

結果、こうなるみたい。


これが上手くいけば、あとは、リア車軸のオイルシール交換とロータリーの深耕装置制作です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バッテリーハンドル | トップ | SHIBAURA SD3943T ICレギュレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

重機&農機具修理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL