情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

徳島刑務所「変態医師」恐怖の“●●虐待”自殺した受刑者も~西岡研介@週刊現代

2007-11-06 00:56:44 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 西岡研介記者が週刊現代で、刑務所内の人権侵害を暴く記事「徳島刑務所『変態医師』恐怖の“肛門虐待”自殺した受刑者も」を掲載している。徳島刑務所の医務課長を務めている医師が、受刑者の肛門に指を突っ込むという虐待を繰り返しており、80人が告発したというものだ。その告発の内容はすさまじい。

【2、3日前より下腹部が張って痛みがあったので、医務課長、松岡の診察を受けました。いきなり直腸診をされ、当初は自分の感覚では指2本を挿入されたと思います。すると松岡は『この分やったら(便が)出るかもしれん』と言いながら4本指で便の掻き出しすべく、いきなり指4本を挿入され、激痛が走りました。『止めてください』と3回ほど訴えましたが、松岡の指示で看護師職員が脚部を押さえつけ、他の立会職員が背中を押さえつけました。あまりの激痛に我慢できず診療台でもがきましたところ、勢い余って診療台から落ちました。下半身はむき出し、便まみれとなりました。しかし、松岡は(私を)床から診療台に上げて指を突っ込もうとしました。(中略)肛門の傷は血が大腿部から足に伝って床に滴るほどひどいものでした。脱肛創が完治するまで3カ月かかりました】

【喉に食物を詰めて入院したにもかかわらず、いきなり『肛門を診ます』と言われ、指を入れられた】

中には、暴行に耐えかね自殺した人もいるという。2005年10月23日早朝、パジャマの上着の袖を輪状に結び、窓の鉄格子にかけて、縊死したT氏がA氏に託した2通の手紙が引用されている。

【体がどんどん弱ってきます。動けないことを良いことに、2日続いて暴行受けました。私の命脈も終わりが近づいております】

【今回、私を放置しようとしているのは所長の指示です。診療1回目に所長が来ていたのですが、通路に出て、あんな反抗的な奴、点滴なんか打つなと言ってました。もう、私も終わったのかもしれません。こうなるまえに松を放り出したかったのですが、命脈尽きてしまいました】

これらの告発は、刑務所内の人権を擁護する「監獄人権センター」(CPR)への告発ともダブっている。例えば、自殺したT氏については、冒頭の画像(CPR提供)のとおり次のような告発がなされている。

【「松岡の診察には行きたくないと言っているのに、毎日無理矢理診察室に連れて行かれる。診察に行っても診察なんかせずに足払いをかけられたりして、毎日松岡に暴行される。●●も一緒になってやっていて、抑え付けたりする。この体のアザを見て下さいよ。もう死にたい。所長(前所長の浅井)が“こんな反抗的な奴に点滴なんかしなくていい”と松岡に指示していました。」と泣いていました】

名古屋刑務所事件でも、消防用ホースでの放水による直腸裂開で受刑者を殺しているが、その反省はまったく見られない。名古屋刑務所事件をきっかけに生まれた民間人による「視察委員会」への訴えなども相次いでいるというが、まだまだ、刑務所内の透明性は低い。特に医療がらみの人権侵害は件数が多いようだ。外部の医師がどんどん入っていき、受刑者が相談しやすい雰囲気をつくらない限り、このような「拷問」が繰り返されるだろう。

ぜひ、週刊現代11月17日号をお買い求めのうえ、法務省、徳島刑務所に抗議の声を寄せて下さい。

西岡記者には、なぜ、このような暴行が繰り返されたのか、動機は何なのか、被害の全体像はどのようなものなのか…などなど、第2弾、第3弾で記事にしてほしい。週刊現代にも続編を読みたいと電話して下さい。

他のメディアにもぜひ取り上げるよう電話して下さい。特に地元メディアには、報道する義務があるはず。



★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしていましたが(あまり実行できなかったが…)、辞任したので中止します(ここ←クリック)。
ジャンル:
文化
コメント (13)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉の力を信じたい~大連立... | トップ | 焼け太りを許すな!~文民統... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一老人)
2007-11-06 12:02:13
いつも、こちらをお邪魔しては、すごすご引き下がるを繰り返しております。
小さい文字に、眼がついていけないのです。(文字表示を大にしても変化しません)
お忙しいことでしょうし、お考えあってのこととは思いますが、ご一考いただければありがたいです。
知りたがり屋の老人からの勝手なお願いです。
行の折り返しがなくなってます…… (仲@ukiuki)
2007-11-06 22:45:27
いつも貴重な情報をありがとうございます。
さて、ここしばらくの間、こちらのブログを表示しようとすると、何か設定が変更されたのでしょうか、行の折り返しがきかなくなっており、一行が画面の右端をはるかに超えてしまいます。これ、私のsafariだけの現象なのでしょうか?お時間のあるときにでも設定に変更があったかどうかご確認いただけるとありがたく思います。
(このコメント、ブログ画面で表示されなくてもいっこうに構いません)
お願い (ヤメ蚊)
2007-11-07 01:12:34
どなたか、上記お二方のご質問にご回答いただけないでしょうか?私の方は設定は普通にしているつもりなのですが、こうすればよいという方法がありましたら、お教え下さい。
Unknown (三日月)
2007-11-07 04:22:40
こんばんは。

■行端: ヤメ蚊さんと同じスキンを使用している他のブログ(「日暮れて途遠し」さん http://blog.goo.ne.jp/taraoaks624 など)でも、Mozilla Firefoxで表示すると本文の行端が調整されない現象があったと記憶しています(定かではありません。この方のブログは現在この現象はないですね)。

■文字サイズ: この方のブログで今日試してみたところ、文字の拡大はInternet Explorer 7では本文の文字拡大が効きませんでした(何か方法があるのかもしれませんが)。Firefox 2.0.0.9とOpera 9.1 では、ばっちり拡大できました。

■採れると思う対策: (1) 同じスキンを使っている方のスキンソースと比較して行端に関わりそうな部分を修正し、いくつかのブラウザでチェックする。(2) goo に尋ねる(もう直っているかもしれない)。
三日月さん (ヤメ蚊)
2007-11-07 07:40:14
早速ありがとうございます。
文字の大きさの点は、こちらの設定にやはり問題がありそうですね。何とかしたいと思います。
詳しくは無いけど (L)
2007-11-07 22:10:20
 一老人様へ
 私も、字が小さいサイトで苦労しています。
「タブブラウザ推奨委員会」を検索すると、いろいろなブラウザが落とせます。その中には、『ページの拡大』『ズーム』と言った機能を持ったものもあるかもしれません。
 『ぬるてぃの小部屋』という所をつぶさに読むと、ブラウザの機能を拡張するさまざまなプログラムを落とせるサイトが紹介されています。私は、そこから、『ページの拡大』『行間拡大』などを落としました。『お気に入り』に入れる形なので、IEでも使えると思います。とても便利ですよ。
L様 (一老人)
2007-11-09 12:08:49
↑の所、行ってみましたが、???、お手上げです。
ただ、私の方で、工夫する必要有りのようですね。
いろいろ試してみます。 (自信ないなぁ)
ご親切にありがとうございました。
受刑者に対する更正プログラム (アイディア)
2007-11-13 11:33:48
イスラエル、インドネシア、メキシコ、米国、南アフリカ等、世界各国で再犯率の低下を生んでいる、犯罪者更正のためのプログラム。
受刑者の自尊心を回復させ、また、社会生活に必要なコミュニケーション等の訓練を通し、社会人として復帰させる。
道を誤った個人に第2のチャンスを与える。
日本は犯罪者天国ではありません (a)
2007-11-18 20:57:09
日本は犯罪者天国であるといった誤った認識が、今ではもはや常識のようになっているが、事実はどうでしょうか?

皆様には、
http://news.livedoor.com/article/detail/3352775/
http://courrier.hitomedia.jp/contents/2007/11/post_210.html
http://blog.livedoor.jp/parumo_zaeega/archives/27520398.html
http://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/2006/08/post_c9db.html
http://www.jca.apc.org/cpr/nl27/kyodo.html
http://news.ameba.jp/2007/09/7116.php

http://www.nichibenren.or.jp/ja/humanrights_library/treaty/data/alternative_report_ja.pdf
http://tabasco-pepper.com/log/eid1210.html
http://www.tv-asahi.co.jp/hst_2006/contents/special/060113.html
http://www.geocities.jp/y_20_06/index.html
をご覧になって、日本は本当に犯罪者天国なのか再考していただければ、と思います。

http://www.geocities.jp/y_20_06/index.html
文字サイズ拡大 (三介)
2007-12-31 01:25:50
こんばんは。ヤメ蚊さん。
>文字の大きさの点は、こちらの設定にやはり問題がありそうですね

うちはDIONですけど、
以前「SEESAA」使っている方から、教えていただいたことがあります。[これは「コメント欄」内の文字の大きさの設定のことですけど、「本文の文字サイズ」も基本は同じはずです]
「まず、コメントの文字の大きさなのですが
私も詳しくはありませんが、Seesaaでは
「#comments」のあとにイロイロ続く「.comments-body」の中に
「font-size」があります。」

ですから、DIONの場合なら、「ブログ設定」の「デザイン」の「カスタムCSS一覧」で「スタイルシートのカスタマイズを行うことができます」とありますので、そこの『#本文』の「font-size」を「"font-size:15px;"」とかに大きくしてやれば、「見出し」と同じ位のサイズになるのでは?
今は「12px」ってとこでしょうかね?
うちのは「15PX」なんです。
18とか20とか、もっと大きくも(多分!)出来るはずです。
では。ヨイ(しょっと)PCソフト工作と
よいお年を。
ショートカット (sonodam)
2008-01-07 18:10:26
字が小さくて読みにくいWebページに行き当たったら、「Ctrl」キーと「+」(プラス)キーを同時に押せば一段階大きな文字で表示できますよ。二回押せば二段階大きくなります。
逆に小さくするには「Ctrl」キーと「-」(マイナス)キーを同時に押せば良いです。
sonodamさん、有難うございます (sakura)
2008-01-07 22:57:51
早速試してみましたら、凄く読みやすくなりました。

これは、本当に便利な裏技!!

字が小さいとどうしても長文を読むときにくじけて
しまうのですが、良かったです。
ナチスドイツ (ミッテル)
2008-09-15 22:42:17
僕はドイツの父と日本人の母の混血です。
今回こういう刑務所内の虐待をしって驚きました。

日本は文化先進国家でしょう?
ドイツも過去にこういう虐待をしました。それはナチスドイツのときです。おおくのポーランド人、チェコ、ロシア人を拷問にかけました。

ナチスは性的な虐待もしました。アウシュビッツ刑務所は有名ですがドイツ全土にあります。いまその刑務所はドイツ全土にあって公開して見せています。

刑務所内でのこいう性的な虐待はそれを行う人が性倒錯者であるということです。受刑者は反抗できないということ、そして密室の行為であるから、刑務官はいままで秘密に楽しんでこられたのだと思います。

彼ら刑務官僚はマゾとかサディズムという精神的な病気です。ナチスの中には戦時の特殊な環境下でそういうことを好む人が多くいました。

日本でもいまだにこういう人が国家公務員で刑務所に勤務しているということをとても驚きました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
小沢氏の不可解な行動 (現政権に「ノー」!!!)
10月30日と11月2日に、自民党の福田首相と民主党の小沢代表が密室という形で、会談が行われたのは周知の事実であるが、なぜ、このタイミングで小沢氏が「大連立」に前向きになったのか、不可解過ぎて到底理解できない。 ・参議院選挙で大勝した ・衆参ねじれ国...
ホームページ (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ こちらも是非ご覧ください。 また、ホームページまたはブログをお持ちの方で、当ページの趣旨に賛同いただける方は、もしよろしければ、ご自身のHPまたはブログの「リンク」や「お気に入り」などに当ホー...