情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時給に換算すると487円〜刑事弁護の実態【中日新聞】…赤字事件も多数

2008-04-29 12:08:19 | 適正手続(裁判員・可視化など)
 国選刑事弁護に対する締め付けが厳しくなっている。旧聞に属するが、記録としても残しておく必要があるので、ご勘弁。中日新聞(※1)によると、【刑事裁判の被告に国選弁護人をあっせんする日本司法支援センター(法テラス)の愛知地方事務所の石井三一副所長(弁護士)が、弁護士過疎地域での弁護活動補助をめぐる本部の方針変更に抗議し、辞任していたことが分かった。被告の弁護に必要な証拠書類のコピー代について、法テラスが行っていた肩代わりを本部が廃止したためだ】という。

 ここでいう必要な証拠書類とは、刑事裁判の手続きが始まる前に、検察側が証拠として裁判所に提出したいと考える書類(現場検証の記録や、証人・被告人本人の供述を記録したものなど)として、弁護人に示すもののことだ。

 弁護人は、裁判が始まる前に被告人と打ち合わせて、示された書類のうち、どの書類については裁判所に提出することを認め、どの書類については裁判所に提出することに反対するか(反対した場合、その書類を作成した人や証人が裁判所に来て証言することとなる。弁護側は反対尋問をしてその証言を崩そうとする)、を決めなければならない。

 したがって、原則として、示された書類をコピーしてじっくり読み、場合によっては被告人本人に差し入れて読んでもらう必要がある(個人的には、被害者保護、証人保護の観点から住所などをマスキングしたうえで、被告人にもコピーを渡すのが原則だと考える)。

 そこで、弁護人は、示された書類のコピーをすることとなる。

 ところが、検察庁でのコピー代が高い。場所によって違うが、1枚40円くらい。

 ということは、1000頁くらいの書類をコピーすると、それだけで4万円、さらに被告人用に自分でコピーすると1枚10円として1万円、合計5万円かかる。

 他方弁護士の報酬は、200頁までは基本弁護料(公判1回の事件=7万円、2回の事件=7万7000円、3回の事件=8万4000円)に含まれており、それ以上の分について、1枚20円でカウントされる。つまり、800頁×20円=1万6000円となるため、5万円から1万6000円を引くと3万4000円は弁護士の自己負担になるわけだ。


 もう少しわかりやすく説明すると、たとえば、否認事件で公判を10回行ったとしよう。目撃者や警察官、鑑定人などを尋問したが、有罪となった。この場合の報酬は、公判3回までの事件分としての8万4000円に加え、その後1回平均3時間の公判を行ったとして、1回2万500円となるので、7回×2万500円=14万3500円で、合計22万7500円となる。

 1回の公判あたり、倍の時間を準備に費やしたとすると、10回×3時間(これは公判の時間)+10回×6時間(これは準備の時間)=90時間。22万7500円を90時間で割ると2527円となる。これが時給だ。

 ここから、上記のようにコピー自腹分を差し引くと、22万7500円−3万4000円=19万3500円。これを90時間で割ると時給は2150円となる。

 さらに、弁護士の活動している間も事務員さんの給料や事務所の賃貸料はかかっている。事務員さんの給料が時給平均2000円とし、事務所の賃料を時間あたり2000円とすると…。

 2150円−2000円−2000円=完全な赤字…。

 せめて、コピー代くらいの負担はしてくれよ、そうでないとコピー代をけちる弁護士が出てくるじゃないか…という叫びはよく分かる。

 個人的には、本格的に争う事件では完全な持ち出しというのが実感だ。


 中日新聞は次のように続けている。

【弁護士過疎地域での裁判では都市部から弁護士が出向く。距離の離れた地検の現地支部には頻繁に行けないため、証拠の十分な閲覧ができず、全部コピーせざるを得ない事情がある。膨大な量になることが多く、赤字になるケースも。

 こうした国選弁護人には、法テラスがコピー代を全額負担する特例処置を実施。愛知地方事務所管内では、名古屋地裁半田支部で行われる事件に名古屋などから国選弁護人が行く場合が対象だった。

 しかし昨年11月、法テラスの本部が特例措置廃止を通達。愛知地方事務所は、国選弁護人のなり手がいなくなると反対したが方針は変わらず、同月、石井副所長が抗議の辞任をした。

 本部は「報酬の規定改正で、出張手当が出るようになったのでコピー代はいらないと考えている」としている。

◆豊川・幼児連れ去り公判では時給487円
 法テラスによるコピー代金の肩代わりの維持を愛知地方事務所幹部が求めた背景には「国選弁護人への報酬があまりにも低い」との指摘が弁護士の中からあるからだ。

 報酬は、地裁の単独事件で、実質的な公判の開廷数が3回以上の場合は最大で8万4000円。200枚までのコピー代金も含んでいる。

 愛知県豊川市で2002年、幼児が連れ去られ海岸で水死体で発見された事件。殺人罪などに問われた被告の国選弁護を担当した名古屋市の弁護士の一審裁判の支出は、心理鑑定費用35万円やコピー代金16万円などで計約72万円。

 報酬は弁護士1人当たり40万円とコピー代金の実費支給で赤字ではなかったが、時給に換算すると、487円。裁判所から法テラスに国選弁護人のあっせん機関が代わるのと同時に報酬基準が改定されたが「前より2割ほど減った」との指摘もある。

 愛知県弁護士会のある弁護士は「来年から被疑者段階で国選弁護人が必要となる事件の枠が広がり、弁護人の負担はさらに増す」と指摘。「司法改革の一環で弁護士が増えて競争激化が予想される状況で、赤字になる可能性がある国選弁護を引き受ける弁護士が地域によってはいなくなってしまう恐れもある」と訴える。】



 弁護士を増やすだけでは充実した法的手続きを浸透させることはできない。法的手続きに必要な費用に対する公的な援助(リーガルエイド)を充実させなければならない。

 しかし、実際には、法を身近なものにするという触れ込みで法テラス(法務省管轄)ができた後、刑事弁護費用で明らかなとおり、リーガルエイドは縮小しているのが実態だ。



※1:http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008033102099696.html









★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刑務所での物品販売を独占してい... | トップ | ポルノ、暴力を突破口として政府... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日の記事と較べると、酷さがヨク判る…。 (田仁)
2008-04-29 14:00:04
んで!今日の記事にもチラッと出て来る情報格差!!!
検察は情報隠し放題でも、弁護側がソレを探るには多大な労力を要する。
ソレと全く同じ構図が、与野党間にも!ってか、本当に警察は野党と弁護士を同じ扱いですから。
そもそもソコから、状況の有利・不利は明白なんですがね…。
誰が被害者なのか (こやぶ)
2008-04-29 14:15:51
法の下に平等とか、国民は裁判を受ける権利があるとか、さらには三審制であるとか、看板だおれで中身はインチキというのが大日本極悪司法の現実だ。

  最近の裁判所の動きは「バレたか!」といわんばかりのコソコソぶりと、かかってこんかえ〜といわんばかりの開き直りである。

弁護士になれば金持ちになって家の2−3軒もたてて、特権階級になりあがれると考えてるフシがある。

タレント弁護士は金金亡者で、その先は知事や国会議員をめざす。 権力側に立つことができても司法の不正や冤罪被害者問題、記者クラブの弊害、ジャーナリズムの腐敗に切り込むそぶりは全く無い。

依然判決は99.9%有罪で、冤罪と簡単に解っていても弁護を引き受けたがらない。 無罪を立証する証拠を出しても、判決は有罪で弁護士に成功報酬はない。

結果、納税者たる国民は、真剣に弁護するものもなく、体裁を繕うやる気のない弁護士と勝てるはずもない裁判を戦うのみである。


この問題の真の被害者は、主権者たる国民ではないのか。




つけたし (こやぶ)
2008-04-29 22:08:38
富山冤罪事件は実はこの典型ですよ。
国選 (井之上 琵)
2008-05-02 00:20:37
国選弁護士なんて仕事しませんよ。 否認事件はとりたがらない、シャンシャン事件のみとりあうんです。 国選で否認なんてあたろうもんなら、長時間待って短距離客乗せたタクシー運転手みたいなもんですよ。 プリプリして何もしませんよ。 これでいいんですか日弁連?
現実はどうなんでしょう (森)
2008-05-05 01:12:20
逆に質問です

 弁護士はこの状況で真剣に仕事できるんでしょうか?

 十分な検証や証拠分析、事件理解はできるんでしょうか?

 いくら頑張っても99.9%有罪であるなら、やるだけムダではないのでしょうか?


 これ以上は時間をかけれないとか、これ以上はやれないと言うことになるのでしょうか?


 
国選弁護の報酬を改善すべき (ヤメ蚊)
2008-05-05 14:53:28
だという主張を日弁連はしています。指摘されるとおり、現状の報酬体系では、まじめに国選弁護をしたくても経済的事情からできない人が増えるし、国選弁護をしても手抜き仕事をする人が増えるでしょう。もちろん、大多数の弁護士は、赤字覚悟で真剣に取り組むとは思いますが、そういう人は減っていくでしょう。

そこで、まっとうな国選弁護を実現するためにも、より多くの市民の方にこのような実態を知ってもらい、国選弁護報酬を改善するよう政府に要求してほしいのです。
大問題 (森)
2008-05-06 00:57:34

本質的な疑問です。

現在或いは過去に、国選弁護士に不当な扱いを受けて、無実の人が有罪になってしまったことはありましたか?

あったとしたら大問題です。 日弁連の存在意義が根底から崩れます。 


あったはずです、それも大量に。 違いますか?


人権大国にっぽん!!
…日弁連の問題? (ヤメ蚊)
2008-05-06 02:10:32
予算を組むのは法務省ですから、政府の問題ではないでしょうか?
立場を変えて考えてください (森)
2008-05-06 02:26:35

金が少ないからまともな仕事ができない。 ゆえに無実の人が有罪で終わってもしょうがない。 こんな論理が通りますか? 

裁かれる無実の人はどうなるんですか?

立場の弱い人ほどやられてるんです、金のない社会的弱者ほどやられてるんです。 ご存知でしょ。

日弁連が本当に人権を大切にするのならば、日弁連が精鋭弁護士を手配して事の真相を究明するくらいは、あってしかるべきかと思いますが?

もしかして日弁連も同じアナのムジナですか?


そのお金は… (ヤメ蚊)
2008-05-06 02:45:23
【金が少ないからまともな仕事ができない。 ゆえに無実の人が有罪で終わってもしょうがない。 こんな論理が通りますか? 
裁かれる無実の人はどうなるんですか?
立場の弱い人ほどやられてるんです、金のない社会的弱者ほどやられてるんです。 ご存知でしょ。
日弁連が本当に人権を大切にするのならば、日弁連が精鋭弁護士を手配して事の真相を究明するくらいは、あってしかるべきかと思いますが?】

…弁護士会はどうやってその予算を捻出するのでしょうか?それぞれの弁護士は、事務員だって雇っているし、事務所を借りる費用だってかかりますよ。そういう零細事業主たる弁護士が支払う会費が弁護士会の予算です。

そもそも、コピー代すら弁護士に負担させる制度に問題があるとは思いませんか?

国選弁護をまじめにすることで十分に事務所を経営できるような報酬にすることがまず大切ではないでしょうか?
結局、本質は日本も中国も変わらなくて。 (田仁)
2008-05-06 15:59:02
GHQのG2はリベラルな理想に燃えて随分と今でさえ先進的な文言を憲法に入れてくれたんだけど、ぶっちゃけた話、刑事訴訟法とかにさえ描かれない運用面とか、過去の明治憲法下の雰囲気が罷り通りましたからねぇ。
日本の宇都宮弁護士とか、中国の体を張ってる(恐らく後には『救国英雄』とか名誉回復されるであろう)若手弁護士の皆さんとか、ソレはソレは偉いんですけど、全体的な構図は要は「法治国家」の「大義名分」ってポーズの為のシステムに過ぎなくて。
そも無理があるものを、99.9%の有罪率とか、元来弱い立場に設定されている弁護士のセイにして見ても、一時の憤懣が晴れる効果はあるか知れないが、却って問題は解決が遠退くでしょう?野党が不甲斐無いと言ってた、郵政選挙自民圧勝の国会みたいに。
(今でさえ、捻れ国会が悪いとか、庶民感情に真逆な事を言ってるマスコミはさて置き。)
そりゃあ、弱者のセイにすれば、何でも便利ですよね?巨悪に立ち向かうリスクは負わなくってイイし、自分が強者の心算になってれ精神衛生上もイイし、ね?でもソレって麻薬みたいなモンじゃ?最終的なツケはより一層大きくなって、しかも必ず自身に降掛って来る。
にっにっにっ日弁連って (森)
2008-05-06 21:54:01


日弁連って「弁護士友の会」みたいなもんだったんですか?
むつかしい問題ですね (伊賀 敏)
2008-05-06 22:35:26
弁護士の友だちが言ってましたが
弁護士も経済的に苦しい
こうなれば国選もおいしい収入源だ。

やっぱり弁護士にとって国選は収入源なんですか?
人権擁護委員会 (森)
2008-05-08 01:21:48


日弁連が友の会だったら


日弁連の人権擁護委員会なんて機能するはずないよね〜


期待して損した、看板だけはデカイからね〜


「日弁連人権擁護委員会」、、、、なんか正義の味方のように聞こえるじゃないですか。
Unknown (どあ)
2008-05-22 01:02:51
コピーって
デジタル化してCD-Rではいっ
とかできないのか、書類ってどのようなものなんでしょう?
IT化とかいってウィルス対策も出来ないような人を乱造しておいてこういったことは結構できていないものなんですね。

そもそも1000頁もやっていたらコピー代だけでなく時間だけでも大変、金銭と時間の大いなる無駄な気がする。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
真実はどこにあるのか? (ダブルムーンの独り言)
 大学生活が、始まって、なかなか更新できませんでした・・・山口県、選挙に民主党が勝って、本当に良かったなと思います。  ところで、4月22日、光市母子殺害事件の判決が出ました。死刑判決でした。  この事件は、マスコミ等によって大きく報道さ...
謄写費用すら出さない法テラスの「効率化」 愛知地方事務所副所... (ろーやーずくらぶ)
 日本司法支援センター(法テラス)の愛知地方事務所副所長であった石井三一副所長が国選弁護で謄写費用を支給しないと方針転換するなど、国選弁護の費用に抗議し、副所長を辞任しました。中日新聞  法テラスは、独立行政法人のスキームを借用していますので、業務運営...
08年4月29日 火曜日   昭和の日 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年4月29日 火曜日   昭和の日 今日は昭和の日。        考えると、昭和一桁はこれからは受難の年代で、国の将来に不安を残すのみ。  本日は同人誌の若き友が遠方から訪ねてこられ、久しぶりの来客で若返りました。と言うわけで今日は映像のブログを送り...
わが国の無期懲役 (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
○わが国の無期懲役 無期懲役刑とは  はじめに、無期刑そのものの性格について説明したい。無期刑(Life imprisonment)とは、刑の終期(満期)の無い、一生の期間にわたる自由刑という意味であり、単に刑期を決めていない絶対的不定期の刑罰という意味ではない。「...
また「米国公文書」から発見された事実−「砂川事件」に米国介入。 (ニッポンを改造するBYかんすけ)
= 今日は「夜なべ」です。 = 福田首相の「朗読」を聞いてから増税については書こうかと。もしくは明日発行のメルマガを見てから? 両方だな(爆)。 '''砂川事件'''をご存知でしょうか。 私はいかんせん若い(といっても30超え)も...
08年4月30日 水曜日  道路特定財源と法の解釈 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年4月30日 水曜日  道路特定財源と法の解釈   日本は法律の解釈をその時の為政者や行政府によって都合の良いように解釈する。  その一番てに上がるのが憲法九条だ。  今日の朝ズバに道路特定財源からの無駄遣いの一つを紹介していた。その中の文字スーパーと...
何勝、何敗、何分けの弁護士さん ― 弁護士の実力を法律で明示せよ ― (鳥居正宏のときどきLOGOS)
いろいろな法律事務所や、各地の弁護士会の弁護士さんの、何百人という人のプロフィール紹介のページをみましたが、皆が皆、自分が「関わっ...
発足1年。法テラスの偽善と傲慢!−弁護士を庇い被害者を鞭打つ組織− (鳥居正宏のときどきLOGOS)
このことは、各方面で指摘をされていた弊害なのですが、それを私はついに、衝撃的な実体験をしてしまいました! 2007年10月9日、私が抱えてい...
法廷からのレポート(最終回) ― 5.1の決断! 控訴断念のご報告 ― (鳥居正宏のときどきLOGOS)
きょう(2008年5月1日)は、労働者の日、メーデーですね。 私も、大阪城公園で開催され、その後、デモ行進も行われる労働者の祭典に参...