情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポルノ、暴力を突破口として政府によるネット規制を既成事実化させるな~独立行政委員会の早期設置を!

2008-05-01 01:50:34 | インターネットとメディア
総務省の「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」(座長:堀部政男一橋大学名誉教授)がこのほど「中間とりまとめ」(※1)を発表した。フィルタリングソフトやレーティングソフトを使って、ポルノや暴力表現から青少年を保護しようというもので、その発想自体には賛成する。確かに、インターネットを利用することによって簡単にそれらの情報にアクセスできるようになったため、弊害が出ているだろうから、某かの対策は必要だし、その際、フィルタリングというのは、非常に便利な道具として使えそうだ。

 しかし、問題は、その道具をどこが管轄するかということだ。ことは表現の自由に関わる問題なので、簡単に政府にやってくださいよ、って頼むわけにはいかない。

 冒頭の図(※2)をみてほしい。ここではレーティングは「デマ率」を基準としているが、いま、政府が導入しようとしているのは、そこを「ポルノ過激率」とは、「暴力度」とかにしたものだ。

 こういう誰も反対できないところからででも、レーティング・フィルタリングという「武器」をいったん、政府が入手したら、それから先は、政府にたてつく情報を「デマ率」でまとめて封じめようっていう発想になるまではそんなに時間がかからないと思う。

 表現内容の規制に踏み込むのであれば、管轄は総務省でなく、独立行政委員会によるべきだ。米国ではFCC,英国ではBCCなど、世界では当然のように独立行政委員会による規制がなされている。

 中間とりまとめでは、その管轄主体に関する議論が抜け落ちている。しきりに第三者機関によるフィルタリングの運営などを強調し、政府から独立したものができるかのような幻想を振りまいているが、その第三者機関を管轄するのは、政府ではなく、独立行政委員会であるべきなのだ。

 最近、硫化水素による自殺がやたら騒がれている。それもインターネットで情報が流れていることを問題視している。もちろん、問題はないとは言わないが、もっと問題なのは、年間3万人もの人が自殺している事実だ。硫化水素による自殺を図った人は、もし硫化水素に関する情報が入手できなかったら、自殺をしなかったのだろうか?そんなことはないと思う。なぜ、メデイアは3万人の自殺について日々語らず、ネットの危険性をあおり立てるような記事を書き立てるのか?

 また、学校裏サイトの問題点についても紙面に登場しない日はないくらいの勢いだったが、本当に改善するべきは、差別をさせず、相互に尊重しあうことを教育するシステムをいかに現実化するかということであり、学校裏サイト単体の問題ではないはずだ。

 フィルタリング規制を政府が管轄することの危険性、そして、それらを書かないでネットの危険性を書くマスメディアのあり方に疑問を持ったら…

【PR:ぜひ、「マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか」をご一読ください。メディアリテラシーにも最適と好評。店頭にない場合は、http://www.amazon.co.jp/dp/4877983716/まで】


※1:http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/pdf/080425_6_bt2.pdf


※2:「マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか」より。








★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時給に換算すると487円~... | トップ | 三浦さんの釈放を求めて米大... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
硫化水素はね!絶対! (田仁)
2008-05-01 20:38:43
この4月から物価高に急激に転じた、その影響だと思いますよ!
まあ、ソレを遠因としてお先真っ暗に感じた、芥川龍之介みたいな「ぼんやりした不安」もあるか知れないけど。
でも絶対に、物価高は滅茶苦茶関係が深い!!!に違いないと思ってます。
ソレを仰る通り、随分不謹慎にもネット規制利権のツールに使ってます!人命を。
認めたくは無いが、多分学校の裏サイトだって、不況に喘ぐ親の背中も結構効いてるんだと思いますけどねぇ!
Unknown (Unknown)
2008-05-02 00:05:25
硫化水素自殺は高確率で他人を巻き込む自殺方法だから取り立てられてるんじゃないの?
ポルノ規制の筈が漫画・アニメ規制と囁かれる訳 (田仁)
2008-05-02 00:06:25
単純所持やアニメ・ゲーム・ネット規制が堂々と言及されてる以外に、もしかしたら「コードギアス」ってアニメも理由か知れないです。
神聖ブリタニアって仮想米国が日本を11番目の州に併合したとの設定の、レジスタンス物語ですが。
Unknown (Unknown)
2008-05-02 08:53:36
フィルタリングは全ての情報の統制に繋がる、真実から遠ざけるもっとも簡単で効果の高い方法である。独立行政法人であっても、政権の息のかかった者がそれをおこなえば、それは戦前戦中の大本営発表と同じである。最良なのは保護者に対して子供が有害な情報に触れないよう、世論を高めることである。権力者はその立場を守るために、未成年ではなく成人に対する規制を掛けようとしているのである。
硫化水素の報道洪水は典型的な過ち (田仁)
2008-05-02 22:43:56
一向に、自殺報道の有害でない方法を、日本メディアは学びませんね!有名芸能人の自殺報道の洪水が、連鎖反応を引き起こして来た、過ちから。
兎角、センセーショナルが第一で、売れればOKと、社会責任が無いと思い込んでる!って、まあ、上に立つ靖国原理主義与党が元来そうなんで、下々もそうなって当然か知れません。
ただ部分的には、緑色の遺体になっちゃう、とのネガティブ情報も有りますが。
最近、秋田県の取り組みが経済的要因による自殺を食い止める成果を上げた報道がされ、ソレを見るにツケ、この連鎖の遠因と直接的原因は物価高で、もっと直接的原因はセンセーション報道で、ツールがネット情報と思います。
そも靖国原理主義与党的には物価高も不況も『天災』で、責任無いと思い込んでるから、当然『自殺も過労死も自己責任』でしょ?だから他人の言う事も気にしなきゃイイのでは?バスティーユにシトワトヤンが押し寄せる、その日迄。
インターネット規制の始まり?。 (sakura)
2008-05-21 19:38:31
5月21日、19時30分からのNHKのクローズアップ現代。

まさにインターネットの規制を児童ポルノのの
規制から始めようとする動きなのでしょうか?

本を読ませていただいてからは、ニュース、報道
新聞など全てが作り上げられた報道のように
思えています。


どんどん私たちの知らないところで、動き出している規制。

自殺サイト、児童ポルノ、、、誰が聞いても
納得する方向から、じわりじわりと既成事実を
作り上げるのでしょうか。。。。

その動きが私たちには、見えないことが、非常に不安です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
08年5月1日 木曜日  やじ馬 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
8年5月1日 木曜日  やじ馬  昨今、魚のとり過ぎで、漁獲量が減った話しか聞かない。今日の番組で、読売新聞にサワラが昨年の漁獲量の1000倍も増えたと書いてあったと言っていた。       どおりで、スーパーに行くとサワラのみそ漬が何時もの年より多くて安い...
状況は限りなく最悪としかいいようがありません (チラシの裏(3周目))
児童ポルノ「単純所持」に1年以下の懲役も…与党チーム 関連:ネットから児童ポルノ遮断、接続業者に義務化…与党改正案 朝のニュースでは単純所持規制云々でミスリードを誘うような記事がでていましたが、即効それを覆すような事態がまたでてきましたね。...
読書:「マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか」(日隅一雄 現代人文社) (ニュース・ワーカー?)
 弁護士の日隅一雄さんから新著の「マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか」を送っていただきました。日隅さん、ありがとうございました。  何よりも、新聞と放送の2大マスメディアで働く第一線の記者にぜひ読んでほしい1冊です。本書は「権力に縛られたメディア...