白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

買ってきました

2011年08月26日 20時54分44秒 | モンコレ
全体にカードを見てみると、
ほとんど偶数レベルばかりなんですね。
レベル1の魔法生物が打ち消し効果なのはそれだけ使い辛いだろうということですか。

どうも戦闘スペルの威力がアンバランスだと思います。
異常に使いやすそうなダメージスペルがいくらでもあるのに
消失を伴う効果になると極端に使い辛くなります。
ダメージのみの効果は確かに防ぎやすいデメリットはありますが、
これだとそういうスペルばっかり連発するセレネデックみたいなのが流行ってしまって
かえって面白くなくなる懸念がありますね。
プラズマインパクトやプリズムブレイクのDualを撃つより
ラプソディやキュクレインフラッドを連発しているほうが楽ですからね。
またサンダーフラッシュは2枠が消失効果で
1枠がトゥインクルナックルやフラッドフィストを内包するオールマイティダメージです。
これは変でしょう。
キュクレインフラッドのダメージ6点も高いと思いますね。
環境的に7点以上のダメージが必要ないので2D点ダメージに比べリスクが低すぎます。

狂戦士の装備品は思ったより強くないですね。
固有種族だと効果がアップする装備品は、
攻撃力+2とイニシアチブ+2にスペル*、
攻撃力+2と防御力+2とスペル*、
あるいは完了能力で攻撃力ダメージが与えられたりと大盤振る舞いです。
オルクスデックにとってのタイプ狂戦士の装備品はそれと同等以上の関係なのですから
(特定種族であるだけでは足らずその中の英雄オルクスとだけコンボが発生し、
 しかもスペル火枠まで消費するのです)
これらよりもさらに1段高い性能があってよかったはずです。
でも種族ドラゴンが持ってるブリューナクやダークエルフが持ってるブラッドソードには
全然負けてると思います。

装備品といえば邪悪を踏み砕く靴が種族制限がなくなってもまだ弱いくらいの効果ですね。
以前まではあったレベルを下げる効果がなくなっていますので。

細かいところを言いだすときりがないですけど調整が極端だと思いました。
4ボックスでキャロットが3枚揃ったので猫を研究してみたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィンド・ストライク | トップ | 封入率の話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モンコレ」カテゴリの最新記事