新米パピーウォーカー奮闘記

パピーウォーカー初体験の奮闘記!育てたパピーが盲導犬になるまでとその後。一時預かりボランティアのことなど。

6歳になりました

2014年01月28日 | シルク号
久しぶりの更新となりました。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

今もケンネルとステイを続けていますが、
ステイっ子の事は残念ながら事情により載せられない場合もあり・・・。
ブログはお休みのような形になってしまっていました。

このままやめようかとも思ったのですが
(まぁ、実質止めてるに近いんですが
未だ見て下さってる方も沢山いて

またいつかの機会にステイっ子とおでかけしたことなんかは
載せたいなと思います。


さて、そんなことよりも。
少し前のことになりますが、
1月23日、シルクは元気に6歳を迎えました。

S4胎の兄弟達、皆おめでとう
6歳なんて、、本当に時の経つのは早いです。
皆それぞれの場所で、元気に過ごしていることでしょう。
(4兄弟達は全頭盲導犬になり、今は1頭が引退、3頭がお仕事中です。)

元気ならそれで良いのですが、、、いつかまた会いたいな
会えたら嬉しいな~


シルクは誕生日の夜、ご家族がハッピーバースデーを歌ったら
寝ていたのを起きて、「何事?」ときょろきょろしていたそうです。
確か前はスリッパを咥えたんだよね。(ウンウン、分かるよ

  

プレゼントにおもちゃをもらったそうで。



良かったね


先日はパピーレクチャーに参加されたそうです。
PWをやっていても意外とユーザーさんと接点がなかったりするので、
協会で機会を設けたようです。

そういえば私たちの時も、最後のレクでユーザーさんがいらしたクラスも
ありましたが、私たちの時は都合が付く方がいらっしゃらなかったのか
ありませんでした。

シルクは懐かしの場でパピー返りをしたのか、自分にコマンドが出されてる
と思ったのか、「OK!」の合図に遊ぶ気満々の一幕もあったようで。

また、PWさんからも色々な質問があったそうです。
「家でいたずらをしませんか?」
「もともと犬に感心があったのですか?」
「シルクが来て一番変わったことは何ですか?」等々・・・。

ちなみにシルクが来て一番変わったこと。
歩行面とかはもちろんそうなのでしょうが、、、。
「家族が明るくなった」だそうです。
きっと大変なことも沢山あったのだと思いますが、、、それを聞いて
私も嬉しくなりました。

ほんとに犬の存在って大きいですね
ステイッ子が帰る度にプチ廃人のようになるワタシ。

皆、またこれから1年健康で過ごせますように


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加