新米パピーウォーカー奮闘記

パピーウォーカー初体験の奮闘記!育てたパピーが盲導犬になるまでとその後。一時預かりボランティアのことなど。

動物愛護週間?

2009年09月30日 | 日常
9月下旬は動物愛護週間だったのですよね。
他のブログでも取り上げられていましたが、
フジテレビの夜のニュースで3日間に渡り
「命の現場」という、ワンコを取り巻く環境のことについて
特集していました。

見た方も見ていない方もいるかもしれませんが、
(ここにユーチューブの映像を載せるかどうか迷いましたが、
ご覧になってない方にも是非現実を知ってほしいと思います)
本当に憤りと悲しみと絶望の内容ではありましたが
あの映像を全国区で流し、多くの人に現実を知ってもらうという意味では
放映した甲斐があるのではないかと思います。


目を背けたくなることですが、
これは遠い国のことではなく、先進国しかもペット大国と
呼ばれる日本の現実です・・・。


ペットショップに並ぶまだまだ小さな仔犬。
買う人がいるから、悪質ブリーダーが増え・・・。
外も歩いたことがなく、太陽も知らない狭いケージしか知らないまま
糞尿の始末さえされず、ただただ産まされている命があります。

飼えなくなったからといって、簡単にセンターに持ち込む人。
最後さえ、自分で見たくないからといって
他人に簡単に始末を頼む人。
センターでは、苦しまない安楽死ではありません。
二酸化炭素を送られて、徐々に苦しみながら亡くなるのです。
まるでアウシュビッツのようです・・。



よく里親募集のHPを見ていますが、
1歳足らずの子を「大きくなってしまい、飼いきれなく
なりました」「引っ越しするので」
などなど、あきれる理由のものもあります。
たった1年もせずそんな状況になるのに、何で飼ったのか???
それでも、里親さんを探そうとしてるだけまだマシなのか??

やっぱりペットショップで衝動買いするような人がいるとしか
思えません。
お金さえ出せば、誰にでも売ってしまう側も責任があります。
ペットショップで生体という命を扱うのはやめてほしいです。

センターではタダで犬が手に入ると思っている人もいます。
でも、愛護センターではきちっと犬を飼うために
講習を受けなければならないところもあって、結構厳しいです。
「悩んで悩んで、飼わないということも選択の1つです」と
前に聞きました。

里親募集の団体でも、きちっと住環境を見に来たりするところもあります。
それは、簡単な気持ちで引き取ってほしくないから、
そしてもう2度とワンコ達にこんな目にあってほしくないから・・・。



でも嬉しいニュースも入りました。
応援していた保護犬(保護されたお宅で、生死をさまよいましたが
体調もやっとよくなりました)に
里親希望者さんが現れ、トライアルに入りました。
フィラリアは+ですが、全てひっくるめて里親にと希望されています。


とんでもない人間もいれば、こういった人もいるんだと
救われる思いがしました。


日本も法律が変わって、犬達を命として扱ってほしいと思います。


とりあえず自分にもできることということで、殺処分方法の再検討のネットの署名
しました。
署名は簡単にできます。見るとテレビを見て署名に参加した人もたくさん
いるようです。


今日はまじめな内容になってしまいました。


余談ですが、鳩山総理は総理就任前からですが
日本補助犬協会の会長(理事長)なのですよね。
何か変わることもあるのかしら?
なんて思ってしまいました。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お上りさん気分で

2009年09月21日 | 日常
珍しく電車でおでかけ。
浜離宮にコスモスを見に行ってみました。

 キバナコスモス


 コスモス


どちらももう終わりかけギリギリ、結構早いんですね。








水上バスに乗って



浅草まで

 あっちに見えるのは松本零士さんデザインの船「ヒミコ」





  予想外に人出が多くて、浅草寺に行って
甘味を食べて、早々に退散となりました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の社会科見学?!

2009年09月19日 | 日常
シルバーウィークに入りました。
が、我が家は混んでて高い時期には旅行には行かず・・。

こういう時は都内がすいてるってことで
お台場方面へ。
といっても所謂お台場は混んでそうなので
船の科学館と科学未来館へ(シブッ






南極船「しらせ」の中には「タロ・ジロの部屋」が。

 この話も思い出すだけで泣けます・・・



毛利衛さんが館長の科学未来館



ちなみに目の前にあの湾岸署・・・。
数日前は大騒ぎでしたが、今日は静かでした。


 中は広くてとても綺麗です


みんながASIMOを見てる間




私はパロに
あざらし型癒しロボです。めちゃ可愛い




充電をおしゃぶりにするのを考えた人、すごい



癒されるから欲しいけど、買うと35万とか


大人の社会科見学もたまには楽しかったりします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケーキ教室

2009年09月18日 | 日常
久々にケーキ教室に参加してきました。

シャルロットポワールという洋ナシのケーキ

 貴婦人の帽子という意味があるとか。
お皿をつばに見立てると確かに帽子です!

&洋ナシのコンポートを作りました。



写真は先生の見本・・。

ケーキは丸ごとお持ち帰りです
家では作らない(作れない)ものは
教室でやるに限ります。


秋は果物も、これから栗も出てくるし
美味しいものがたくさんあって嬉しいやら困るやら~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽちたま

2009年09月11日 | PW
今日のぽちたまで、盲導犬の引退犬を引き取ったご家族の
ことを紹介していました。

何と、17歳、14歳の2頭と暮らしています。


ワンコ達のことを一番に考えて下さり、本当に良く面倒を見て
いらっしゃる様子にジーンとしました。

実際私も実家で老犬介護のことは見ていますが
本当に大変な所もたくさんあると思います。

でもご夫妻は、本当に優しそうで、しかもワンコ達からも
沢山幸せをもらっている様子でした。


今、簡単に飼ってしまい簡単に捨てる人がたくさんいます

こんな優しいご家族がいるなんて
そして、ワンコ達も生れてからずっと人間を信頼したまま、
ユーザーさんと離れてもこんなに愛してくれるご家族と
過ごせるなんて幸せですよね。


17歳になってもちゃんとトイレを教えたり、車いすで
お散歩に行けたことに感動でした。

私の小さい頃に比べると、犬も本当に長生きになってきました。

盲導犬のボランティアはたくさんありますが
パピーウォーカーはよく取り上げられるけど、引退犬ボランティアの
ことももっと知ってもらいたいなあと思いました。

本当に頭が下がる思いでした・・・
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

シルクと面会 番外編

2009年09月06日 | PW
面会が終わってしまいました・・・。

帰る時にチラッと見たらシルクは気付いて
じーーっとこっちをみてウロウロしクンクン鳴いていました。
これが更に拍車をかけ、私も切なくて悲しくて・・・。


でもワンコは一時のものだから大丈夫なんだと自分に言い聞かせ、
気持ちを切り替えるために、「浅間大社」に向かいました。


立派な神社でした




  富士山の湧水も綺麗




お宮横丁はすごい人







富士宮といえば、焼きそばなんですよね!
前にハーネス近くの「むめさん」では食べました。


ここで焼きそばの食べ比べなどをしつつ

もう1度シルクの所に行くのはちょっとどうしようかとも
思ったのですが、やっぱりもう一度戻ることにしました。





ショップなどを見ていると、おや?もしやあのお顔は
と思って声をかけたら、やっぱり~
記念すべき、うちにステイ第一号で来てくれたトミー君では
ないですか~

     


嬉しい~ まさかここで会えるなんて~
大きくなったのう



更にその後も嬉しいサプライズ


シルクがうちに来る前に1週間お預かりして下さった職員さんと
お母様も偶然いらしててお会いすることができました


それともう1つ、シルクのママのハナちゃんもちょうど今
ハーネスに来ていて、初めて見ることができました




こんな偶然が重なって、やっぱり戻ってきて良かったあ

皆さんとお話もできて、元気が戻ってきました。





デモの担当は美犬のビスケちゃん



歩き方や、「アウト」でボールの出し方がめちゃ可愛かった


職員さんとそのパートナー、ウェーブちゃん






引退犬棟に行くとケーラちゃん達もすぐに寄ってきてくれました。




今17歳の子が2頭います。盲導犬は短命というのは誤解です~。

みんな夏を乗り越えてすごい。



オフィシャルブログで気になってたアイスも食べてきました。



これ、食感も面白くて美味しいです



そろそろ本当に、帰ることになりました。
涼しくなったハーネス、引退犬たちもお散歩に出てきました。













シルク、今日は何だか夢みたいだったよ。
シルクもそんな感じかな?
ずっと見守ってるから、とにかく元気でいてね



おまけ

ショップと帰りにちょっとだけ寄った御殿場アウトレットで買ったもの






ワンコいないのに~

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

シルクと面会

2009年09月05日 | PW
気持ち良く晴れた土曜日
ついにシルクとの面会に富士ハーネスへ行ってきました。

4/5に入所して、9/5の面会、ぴったり5カ月ぶりの再会です。

ハーネスに到着。
駐車場に行く前に左を見ると、茶色ッ子と訓練士さんが遊んでる
間違いなくシルクだ~
ドキドキドキ・・・


車を止めて向かうとさっきの所にはいなかったのですが
すぐに訓練士さんと1頭の子が出てきました。
何だかすごく大きく見えたので、
「はじめまして。こ、こ、この子はシルクじゃないですよね
「シルクですよ」
「えっ、ほんとにシルクですかシルク~


こんな情けない始まりになってしまいました。
だって、本当に大きくなったように感じたのです。


 シルク~



神奈川の面会では一緒に歩いたそうでしたが、こちらでは
まず外で訓練士さんの訓練の成果?を見せてもらいました。

キビキビした動きや集中力、家では見たことのない姿に
すごーいと感動しつつも、何でしょう、この寂しさは・・。
私の知らないシルクの姿に
目の前にいるのに、シルクが遠くに感じてしまいました。


 シルクすごいね



その後、中庭でホース投げでしばらく遊んだり
まったりしたり、お話を聞いたりしました。
午前中人も犬もいない静かな広い空間で過ごせたのは
とても良かったです。











シルクは最初、私達をちょっと分かってないような、
訓練士さんもずっと一緒だったので、戸惑っているようにも、
どうして良いか分からず興奮してるようにも見えました。


が、遊んでる間に何だか急激に分かってきたような感じで
突然飛びついてきたりしていました。


 しばし休憩
 

遊びでも、訓練士さんの言うことは聞いても私のアウトには
すぐには離してくれなかったり・・。
変わってない部分もありました。
シルクは元々まあまあ落ち着いてはいたので、「落ち着いた」という
より、飽きっぽかったのが集中してキビキビしていることに
一番驚きました。


普段の訓練やシルクの課題なんかもお聞きしました。



「シルク、シワがなくなっちゃったみたいだねえ」と言うと
訓練士さんが「そんなことないですよ」とポケットにあった
ボールをちょっと見せると

  キッ


「あった~、やっぱりこれでこそシルクだよお
←おバカです


成長ぶりを見ても、変わってない姿を見ても、元気で安心しても
ウルウルしてしまいます。


その後犬舎を見せてもらいました。
兄のスパイクもいました

面会時間もあっという間に終わりに近づき
最後にまた庭に出てちょっと戯れたり写真を撮ったりしました。



 久しぶりの抱っこ


  むぎゅーっ



最後の最後、シルクは中腰になっていた私の肩に
よく家でやっていたように思いっきり飛びついてきました


シルク~、離れててもずーーっとシルクのこと想ってるし
見守っているよ。
また会えるよね・・。 







面会は終わりましたが、せっかく来たし同じ空間にいたかったので
一度外に出て2時からのデモに戻ってくることにしました。

続く・・。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ペットバー

2009年09月03日 | 日常
毎年この時期まだまだ残暑で暑いというのに
すっかり秋っぽくもなってきました。
楽だけど、ちょっと寂しさも感じます。

久しぶりに友達と元町でランチをしました。


 今話題の鎌倉野菜がふんだんに








これにパンと紅茶がポットでついて、2000円!
リーズナブルで美味しゅうございました






元町はワンコが多いところでもあります。
(いわゆるオサレなね


ワンコのショップもいくつかあります。
(いわゆる大型犬のものはない・・、みたないなとこ



ワンコに優しい街とも言われております。





↑ 何か優しさを見つけられましたか














 
ペットバーという水飲み場がいくつかあったりします。

上の写真の右下    





もちろん、シルクはこういう所に連れてきたことはありません
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワンコの防災?!

2009年09月01日 | 日常
録画してあった、NHKの首都直下型地震のテレビを見て
色々と考えさせられました。

人間はもちろんだけど、これだけのペット大国になった
日本・・。

災害になったらワンコの問題も大変なことになります。


ワンコの防災セットなども売ってますが、
中身を見ると、小型犬を設定してるものが多いですね。


大型犬は、いざという時抱っこできないから、
足場の危険な所を歩く場合に備えての靴とか
歩けなくなった時に運べるもの、などが必要なのかも
カラビナや迷子札も必要ですね。


あと、人間の分とプラスしてお水。これは絶対ですね。
常備薬とかも、あると良いのかもしれませんね。

災害が起こらないのが一番ですが・・。


犬の防災については、ここここに少し載っていました。



地震とワンコと言えば、思い出されるのが新潟の地震の
「マリ」ですが、首都圏ではきっと難しいでしょう。

 
うちには今ワンコはいませんが、考えておこうと思います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加