新米パピーウォーカー奮闘記

パピーウォーカー初体験の奮闘記!育てたパピーが盲導犬になるまでとその後。一時預かりボランティアのことなど。

週末散歩

2017年02月14日 | SW
まずは先日の「マジか、お前」の記事を書いた翌日まさにその場面に遭遇しました。

何度かベランダで促してもしないので、さて散歩に出るかと玄関を出て
鍵をかけていてふと横を見ると、何とそこで「ウーーン」とツーポーズ。(うちはマンション)
「ちょ、ちょ、ちょ、待てよ」と思わずキムタクの台詞が。

そしてそのまた翌日!
何度かお散歩で良さそうな場所でコールしてみても「しませんよ~」「出ませんよ~」と言うので
そっかぁと思っていたらば!
上り坂を上り切ったまさにその場で「ウーーン」と。
え、まさかここで?! オーマイガーッ
お客様は固いコロコロタイプなので、一切れずつ坂を転がっていくではないですか!
きゃ、きゃっ、慌てて一つずつキャッチを試みるも無残に転がっていくツーたち。。。
そして最後に散歩バッグからいっぱいに水の入ったペットボトルまでがゴロンゴロンと
転がり落ち・・・。
その様子はまるでコント、罰ゲーム、もしくはドッキリに引っかかった人。
それにしても、何でここで

思えばワンでも広い場所で言ってるのに、敢えて狭い角っこの植え込みに頭を突っ込んでとか
何でそんな足場の悪い所に?と崖っぽくなってる所で足を震えさせながらしてみたり・・
どうも難所を攻めたくなるようなんです。

はー、びっくりした。


さて週末のお散歩。土曜日はまた江の島へ。
この家はお散歩が好きね~と思われてるだろうけど
この日はとっても喜んで、砂の上ではしゃいで初めてリードが張りました。(10秒程だけ)




調子こいてたら、この後思わぬ所まで波が来て膝下半分水に浸かり靴がチャポンチャポンに。。



 ウェイト~。

 カム!

ボールも持ってきました。






日曜は大きな公園へ。





またボールも。



 河津桜が早くも満開

お客様は被り物をしたラブに会っても



お馬さんに会っても、当然のことながら「無」でございました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

えぇ~っ?!

2017年02月08日 | SW
この数日風が強く冷たいですが、すっかり日が長くなったなぁと感じます。

さて、お客様が一番好きなのは放牧のボール遊び。





この時はちょっとラブらしいお姿になります。
が、10分もしないうちに気が済むのかシューっと元のお姿にお戻りに。 楽!

先日お昼にボール遊びをし、その後3時頃暖かいうちにお散歩に誘ったら・・・。
ものすごーく面倒くさそうに、しぶしぶ起きてトボトボと近づいてきて
「仕方ない、付き合うか~」みたいなノリだったので
「え~、行きたくないの?じゃあ行かなくてもいいよ」と首輪を外したらば・・・。

え?いいの?みたいな顔になり(私にはそう見えた)
いつにない素早い動きでタタターッと布団に戻り、ニコッとし(私にはそう見えた)
コロッと寝ました。



そ、そんな~っ
おばたん、ショック
一体誰のためのお散歩なんだろうか。まさかいつも私の付き合い?
その後2時間ほど寝たらすっきりしたようで、お散歩に行きました。
その前も3時間寝たんだけどな。。



さて、ここで大型犬あるある。

お散歩時公園近辺で台車に乗った保育園の園児たちや幼稚園児に会うことがある。
ここで必ずと言って良いほど、「おっきいわんわん~!」という声。
もしくは「おっきい白いわんわん~!」と形容詞が2つ付くことも。

たまに「わんわん~!」だけであれ?珍しいなと思うや一拍おいて「おっきい~!」と。
どうしても「おっきい~」と言わずにはいられないようです。

そうだよね、今日び小型犬だらけになってしまった世の中。
一昔前は大型犬品評会?のようになっていた大型犬だらけだった横浜のある公園でも
先日行ったら小型犬だらけになっていて・・・。時代でしょうか。

先日は公園にいた小学生男子に「馬が来たぞ~」(狼が来たぞ~のノリで)
「白い馬が来たぞ~っ」って。。
おいおい、この小さきラブを捕まえて。
(25キロ位までの子は小さき、、と感じてしまい)


さて、また別の話です。

先日とあるちょっとオサレな街で、とある超大型犬がお散歩していました。
まるで盲導犬のような素晴らしい歩きと立派なお姿に
皆さんの目が釘付けに。

私は声をかけようかな~と迷いつつすぐ真後ろを歩いていました。
去勢してないんだ、それなのにこの落ち着きはすごいな~と。
少しして、あれ?歩き方が怪しいぞと思うや否や突如公衆の面前でツースタイルに

ご主人ビックリ!「マジか、お前」と言ったのを聞き逃しませんでした。

分かる~、分かりますよ。パピーの時もそうだしステイ40頭。
今まで何度「マジかお前」状況になったことか
思わず、ご主人の肩をぽんと叩きたくなってしまったのでありました。







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

淡々と

2017年02月01日 | SW
先日も海でお散歩してきました。

毎回違う場所に来てるのですが、もう海も4回目。
すっかり尻尾ピーンもなくなり・・・。



おばたん、また来たの。お散歩するなら付き合いますケド・・・的な



サ、サビシーっ!これじゃ普段の散歩と変わらない・・・。
でもね、本当にすごいね。いつでもどこでも変わらぬテンション。
見習って無になり真顔で淡々と歩く中高年コンビ?



ランチを食べて走水神社へ。



さて、おばたんも悟りを開くことができるのでしょうか?
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

近況

2017年01月27日 | PW
23日に、シルクが元気に9歳を迎えました。
兄弟達もみんなおめでとう。
2頭が引退、2頭が現役で頑張っています。

今年のはちゃんちゃんことおもちゃにしてみました。

 左のおもちゃはご家族より

 毎年お祝いして頂いて幸せです。

 人間味溢れてきた?シルクさん。似合ってるよ



音が小さいのでシニア向きと書いてあったおもちゃ。
「但し破壊魔には・・・」の一言が気になったが、、、案の定秒速でおハゲになったよう。
針仕事増やしてかたじけのうございます。

元気に過ごしていて何よりです。また1年健康に過ごせますように



お客様も元気です。
先日江の島に行った時のもの。

とてもとても大人しくて良い子すぎて、ザ・ラブという面なし。
手がかからなすぎて、テンションが低すぎてとまどうという・・・。
波に突進していく子も多いけど、そこもさすがの落ち着き。
しかし嬉しいことに尻尾がピーン! 3分だけちょっとテンションが上がりました。











 黄昏る・・・。


どんな時も「静」と反応「無」。
それはそれはさすがと感心してしまうお客様。
小型犬のギャン吠え  「無」  
鳥 「無」
通行人からの声掛け&撫で  「無」 チーーン。 

指1本で、恐らくリードなしでも全然散歩もできちゃう程。(あくまでも例えです)
達観ぶりに感心しきり。
悟りを開いた証におでこにスタンプでも押したくなってしまいます。

帰宅しても立ち上がりもせず。
初日、夫に黙ってたら帰宅して3、40分気が付かず。
たまに、お!立ったぞと思うも単に寝る体制を変えるだけ、もしくはノビとか。。残念!

朝起きるだけで10年ぶりの再会か!と突っ込みたくなる程のテンションの子もいますが
10犬10色。
いつか尻尾を振ってくれることを目標に奉公しまっす!

ご飯とボール投げの最初の時のみちょこっと躍動感?が見られホッとします。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ごめんよ~

2017年01月13日 | SW
今日はお客様の受診があり、朝ごはん抜き。
さ~、ご飯だ!と待っている姿を見るのが辛い。。

目を合わせるのも何だか、、、。
・・・とリビングを出てチラッと見ると。

 じっと座ってるう

わ~ん、、ごめんよ~。
切ない
見れない
いたたまれないっ

私も朝抜きにするから許してくれ~い!と
ひとまず家にいられなく、2人で力なく散歩に。。

朝は富士山を望めるスポットに行くことが多いのですが
この前より雪が増えてますます雄大な姿に!
やっぱり富士山には雪!



お散歩でご飯を忘れてくれるかしら、、、というかすかな期待とともに帰宅。
暫くしたら疲れたのか、諦めたのか、寝た。。

ごめん、許して~。
おばたん新聞で隠しながらこそっと食べたことを白状します。

受診後に食べられる予定だったのに、それも手違いで叶わず。
結局1食抜くことになってしまい、、、。
ごめんよぉ~、今日は1日謝ってた気がします。

それにしても犬のごはん抜きは辛いです。(本犬もですが人間が


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加