さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

共に「後半」勝負?/互いに万全/ヒットマン引退/こちらは狙撃手

2016-08-27 20:39:01 | 関東ボクシング


ということで来月16日の府立ダブルをゴールとして、色々注目試合や話題など。


==================================================


河野公平とルイス・コンセプション、激突は来週水曜日です。
まあ、世界戦といえばこのくらいの試合が年に一回くらい無いと嘘ですから、
取り立てて「よく組んだ」「よくぞ受けた」と褒めるのも却って失礼なのやもしれませんが。

さすがに月末平日に上京は難しく、まあ田口の方がペタルコリンでなくなったこともあり、
ディレイのTV放送で見るとしますが、楽しみは楽しみです。

さて、河野は「後半勝負に持ち込む」と語り
コンセプションはというと、動画で河野を見た上での「分析」を語っています

厳しく言えば河野が語ったのは自信で、コンセプションは分析を語っているわけです。
いずれにせよ、実際にそれを試合の中で具体化し、実現する能力は、また別物なのも事実です。
結局はその能力が勝敗を分けることでしょう。

私は、コンセプションは序盤から叩きに来るものだとばかり思っていて、
それを凌がないと河野には勝ち目がない、という先入観がありましたが、
実際コンセプションはどんな立ち上がりを見せるんでしょうかね。
この辺は非常に面白いというか、興味深いところです。

あと、勝敗を分けるのはやはり防御でしょうか。
河野は悪いですが雑で、ある程度打たれるのを込みで闘うようなところがあります。
コンセプションは強打で相手を押さえ込めず打たれるとき、非常に悪い打たれ方をします。
身体を逃さず、無防備なまま「芯」で喰ってしまう、というか。
この辺の粗を、どれだけ出さずに済むかどうか。その差が明暗を分けるでしょうね。


==================================================


田口良一宮崎亮ともに、コンディション万全とアピールしています。

共に万全、なおかつ「良いとき」の比較をすれば宮崎が勝つ...と思ったりもしますが、
そういう前提には意味は無く、結局は現状の力が全てです。
苦しい展開もありながら、一定以上の相手と闘い続け、勝っている田口の方が、やはり有利なはずです。
逆に言えばこの試合に宮崎が勝つなら、それは相当高く評価され、称えられるべきことでしょう。

この試合は、指名試合としては、残念ながら一定の水準に達していない一戦ではあります。
しかし、カードとしてはそれなりに興味深く、また宮崎亮というボクサーの魅力に、
かつて大いに惹き付けられていた者としては、やはり見逃せない一戦です。

勝敗は知らず、言葉通りの「万全」が見られることを、何よりもまず願っています。


==================================================


京都のヒットマン、徳永幸大引退表明

体格と強打を武器に、真っ向から相手と切り結んでいく数々の試合は、どれも強烈な印象が残るものでした。
日本上位との試合が多く、その内容の濃いキャリアと、京都のジムからの王座奪取は、大いに称えたい業績でした。

今後は大森将平のサポートに回る、と記事にありますが、こちらでも健闘を祈りたいと思います。


==================================================


ヒットマンの次は、スナイパー、狙撃手の話題。

9月4日、座間のセミファイナルについては、以前も少し触れました
その追加というか、井上拓真の対戦相手、フロイラン・サルダールの動画を貼っておきます。

アローヨ戦以降の動画が見つからず、最近の様子がよくわからないのが残念なんですが、
かつて次期世界王者候補と目されたころの、何とも派手なノックアウトをいくつか紹介します。


まず2010年11月23日、レミュエル・オビドス(と読むんでしょうか)戦。
WBOアジアパシフィック、ユースのフライ級王座決定戦。10戦目。
迷彩?柄のトランクスがサルダール。初回、見事なワンツーで強烈なKO。





続いて2011年5月28日、ジャック・アミサ戦。手撮り映像。
これも初回、フックかアッパーかわからんような右で初回KO。
力量差が大きく見える。最後は世に言う「ディレイド・リアクション」か、
それとも単なる嫌倒れか。





2011年12月23日、ネルソン・ラノス、でいいんでしょうか。これまた初回。






こうして見ていると、なんならこの選手がメインでお兄さんに挑戦したって良さそうなものですね。
勝っている試合での様子は、そんなことまで思うほどの強烈な強さです。
しかし...。

2014年6月19日、プエルトリコのバヤモンに遠征。
当時のIBF王者アムナット・ルエンロエンへの挑戦権を賭けて、
マックウィリアムス・アローヨと激突。





若手の頃よりも上体が大きくなっている。
大きく動いて距離で外し、ロングのパンチを打ち込むスタイルだが、
その分構えが低くなっていて、胸を張り気味にも見える。
強打アローヨと闘うにはいかにも危険、自信過剰。

2回、右ダブルの後に左フックを打たれ、直後に距離が詰まったところにもう一発。
顔の真ん中に拳の芯が入った、見た目以上に強烈な一撃。立てず、KO負け。



この後、4連勝ながら、昨年9月9日を最後にブランク中。
今度の試合がほぼ一年ぶりの試合ですね。何があったのかは知りませんが。

しかし、もし状態が良ければ、今時の世界戦なら充分、強豪挑戦者と目されるレベルです。
今回はメインの挑戦者がアレなこともあり、この試合こそ要注目、ですね。
大いに楽しみな一戦です。TVの放送枠にも入れて欲しいですね。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

良いところが全部出た 大森将平、WBC5位ヒメネスに完勝KO

2016-08-25 11:28:57 | 関西ボクシング



昨夜は京都にて観戦してきました。
ひさびさに快調な大森将平の勝利を見ることができました。

WBC5位エドガー・ヒメネスは、戦績は大したことがないですが、ここ最近浮上してきた叩き上げ。
試合ぶりは動画でひとつ、そして今回見たわけですが、目に見えて鮮やかな選手ではなくとも、
全体的に安定していて、良く手が出るし、粘り強さが出る展開になると、非常に厄介、という印象。

対する大森将平は、再起二戦目にしては手強そうな相手で、ちょっとこういう勝負に出るのは早いかな、と
見ていたのですが、これが予想以上に好調で、終わってみれば一方的な勝利を収めました。


初回、大森はジャブから入る。左から右返し。
ヒメネスはじりじり出るが、大森は膝を柔らかく使い、上体を揺すりつつ、突き放すように打つ。
左二発ヒット。ヒメネスはややスピードに欠ける。大森左、ヒメネスのけぞる。続いてボディ。

2回、ヒメネス巻き返したいのか、出てくる。大森はジャブ、ロングのパンチ。左カウンター決まる。
ヒメネス下がる。苦しい展開、スイッチする。大森意に介さず左をレバーへ。続いて左が上に。
大森左右を上下に打ち分け、多彩な攻め。左がまた決まってヒメネス後退。

3回、ヒメネスは足使って回る。大森しっかり見て右ジャブで追い詰めていく。
左ボディ、右フックが決まり、大森さらに詰める。左ロングフック、ボディから上に連打。
全部決まってヒメネス、ダウン。ダメージ深く、カウントアウト。


最初、少しだけ硬いかなと見えもしましたが、すぐに大森が自分の良いときの流れを掴みました。
体格とリーチを生かし、膝を柔らかく使って上体を振り、突き放しつつ前に出て、
多彩な左ストレート、打ち抜きの効いたボディ打ちで攻め上げていく、ベストパターンの大森でした。

こういう流れに乗ったときの大森は、本当に強いなあと改めて感心させられた一戦でした。
相手との相性、展開に恵まれた、という面もあるかもしれませんが、
それでもなお、昨年末のショッキングな敗戦から、わずか二試合目で、こういう試合が出来る大森は、
やはり大したものだなあ、とも。


対するヒメネスは、動き自体は良く、けっして弱い選手ではないはずでしたが、
大森を良い流れに乗せてしまったあと、それを覆す爆発的な何かは持っていませんでした。
もし大森が序盤、どこかで躓きを見せれば、それに乗じて粘りを見せ、接戦に持ち込む力を
持っていたはずですが、今回の試合では、その力はまったく発揮されませんでした。


試合後の報道では、陣営は年内にも世界を、本人はまだ先か、というコメントが出たようです。
私はどちらかといえば本人よりの見解です。
自分の良さを出したときの大森はやはり強い、と思う反面、今回の試合はあまりに「完勝」過ぎた。
そんな風に感じたりもします。

しかし、タパレス戦で序盤に叩かれた反省が、今回の立ち上がりからの好調、
しっかりジャブから入って自分の距離を掴み、その展開を手放さずに突き放し、詰め切った勝利に
存分に生かされていた、という見方も出来る。そういう意見もあることでしょうね。


いずれにせよ、今回の勝利は実に見事でした。
大森将平は、良いときの自分の流れに乗ってしまえば、こんなにも強いのだというところが
存分に見られました。
今後の話はひとまず置くとしても、彼は今、順調な「回復基調」にある。
それを確かめることが出来ました。見ていて、嬉しい気持ちになれた一戦でした。


=============================================


昨日の第一試合は5時半開始、私は6時少し前に、会場に入りました。
プログラムを見ると全部で5試合。4回戦が一試合ありましたがこれは見られず。
女子の試合がふたつと、セミは男子。いずれも日タイ戦で、早々に決着。
内容については記しませんが、皆様ご想像のとおり、というところでした。

で、メインまで25分ほど休憩。
リングアナの方(恰幅のいい方です)が「本日は進行が早くなっておりますので休憩を」と
場内に説明しておられました。

進行が早くなっておりますって、カード並べた時点で誰の目にも明らかやろう。
ひとつたりとも、長引くような試合があるかいや、と心中、ツッコミが出ました(笑)
まあいちいち、そんなことで腹を立てるわけではありませんが...。

で、メインもまた、早く終わって、全試合終了が7時10分(!)。
さすがにこんなのは初めてです。平日ですし、間に合わなかった人もいたかもしれません。


場内の入りは、世界ランカーを呼んだにもかかわらず残念なものでした。
あまりメディアに大きく取り上げられていなかった感もあり、仕方ないのかとも思います。

あと、場内にはTVカメラが入り、リングサイドには放送席ぽいものもありました。
たぶん毎日放送だと思いますが、後日、録画放送でもあるんですかね?
今のところ、どこにも情報がありませんが。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最悪ではないが、やはり残念な終わり方 高山勝成、加納陸を負傷判定で下す

2016-08-20 17:43:29 | 高山勝成



ということで本日の加納陸対高山勝成戦、映像を見ることが出来ました。

関東地方では完全に放送がなく、関西でもTV大阪の受信地域のみで見られるという状況。
あと、中部では生中継があり、九州でも一部録画放送があったとか。

正直、日本やの、関西やのという以前に「近畿地方」すらカバーされていない試合が
「世界」タイトルマッチと称する時点で無理がある、と言いたくもなります。
が、まあそれは置くとして、加納陸と高山勝成、関西最軽量級の
新旧対決として、カード自体は良くも悪くも関心ある試合ではありました。



この試合については以前の記事で、両者の現状について思うところを書きました。
加納が高山に勝つためには、前の試合からさらに大きな伸び幅がないと苦しい、と見ていましたが、
今日の試合を見ると、前のサビージョ戦から、大きく飛躍した何かは感じませんでした。

もちろんそれでもキャリアの浅い、18歳のボクサーとしては充分に大したものですが、
昨年末の苦杯から捲土重来を期す、高山勝成を攻め落とすには不十分だったということでしょう。


初回は加納が左を好打。高山は最初出たものの、その後は加納に先手を抑えられた印象。
もつれたところからしか手が出ず、バランスも崩れ気味。

しかし加納は好スタートの展開を維持させてもらえない。
2回、また左を決め、右アッパーなどものぞかせるが、高山の執拗な巻き返しに遭う。
高山打たれながらも懐に入って連打、ボディも攻める。

3回、高山バッティングでカット。左瞼に大きな傷。しかし手数で圧す。
攻めては離れ、離れては攻め、硬軟自在な闘いぶりで、早々にペースを奪回。
このあたりはさすが高山という感じ。

これ以降、加納は徐々に手数で劣り、左が時折決まるが単発。
右ジャブがほとんど出ないので、高山にしたら、左さえ外せば前に出られる。
5回は高山が再三右で攻め立てる。6回、ドクターチェックで試合終了。

負傷判定は3-0で高山。だいたい、見たとおりの採点だったように思います。


=================================================


序盤に高山が左まぶたを切り、それがけっこうな幅の傷だったのを見たときは、
負傷ドローになるかと思い、暗澹たる気分でしたが、試合は何とか6回まで続きました。
最悪の結末だけは避けられました。

しかし、試合の度に大きな傷が出来、簡単に出血してしまう現状は、どうしても気になります。
相手の加納陸にしてからが、試合成立ラウンドの4回より早く出血した相手に対し、
本来なら考えなくてもいいことまで考えていたのではないか、という疑念さえ抱きます。

TV映像で見る限り、さほどきついバッティングだったとも見えなかったのですが、
それでも傷は相当なものでした。負傷を利して勝った、というような試合内容ではなく、
3回以降は高山がペースを握った試合だったことが救いではありますが。

若い相手に地力の違いを見せたと見える反面、負傷の治癒に時間が相当要るだろうということも含め、
暫定含めて5度目の戴冠は、ちょっと残念なものでもありました。



加納陸は、改めて、年齢やキャリアを考えると、将来が楽しみな好選手のひとりだと思います。
もう少しキャリアを積んで、身体が出来てきたら、高山や原隆二あたりと闘っても、良い試合が出来る、
充分やれるレベルにいけると思います。
現時点ですでに、高山が退けたここ最近の日本人挑戦者たちと、ほぼ同レベルにあるとも見ていました。

そこから大きな成長を遂げていれば、高山攻略の可能性もあるかと見ていましたが、
初回こそ左を再三好打したものの、すぐに突進されて懐に入られ、
そのまた次は足を使われ、という具合に、展開を変える術を知り尽くした高山のキャリアの前に、
せっかくの好スタートを生かせないまま、失点を重ねてしまいました。

負傷判定での負けは、いろいろ思うところもあるかもしれませんが、
現状の力では、試合が続いていたら逆転できたという印象ではありませんでした。
試合運びの巧拙(右ジャブの数が乏しいため、良い距離を維持できない)もそうですが、
体力面でも高山に押されている感もあり、残念ながら、数試合ぶん早い挑戦だった、と言わざるを得ないでしょう。

今後は日本タイトル獲得をひとつの目処として、再起してもらいたいですね。
まだ若いですし、本当の勝負はこれからでしょう。


=================================================


そういうことで、動画紹介しておきます。
たぶんすぐに消えるか、或いは消されるか。
なにやら物々しいですが(笑)
なるべくお早めにご覧ください。











コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

見る度に、着実に強くなっている 拳四朗、健闘の大内淳雅を退け二冠王者に

2016-08-08 14:03:14 | 関西ボクシング



ということで昨日は府立地下にて、拳四朗vs大内淳雅戦を観戦してきました。
BoxingRaiseにてライブ配信がありましたが、出来るだけ多くの人に見てもらえたらいいなぁ、
と素直に思える好試合でした。経過から。



初回から、大内が積極的に出る。早速、右のヒット応酬。手数とアクションの多さでやや大内か。
2回、拳四朗が右ヒット、大内が少したたらを踏む。アッパー、フックを巧く組み合わせた4連打。
拳四朗、また以前より鋭く、強くなっている。拳四朗。

3回、両者、右ヒット。大内が右、ボディ。拳四朗左ボディから上。大内右返す。密度の濃い攻防続く。
手数で大内か。
4回、大内右決めるが拳四朗はその度にジャブを連発。ボディ攻撃も効果的。拳四朗。

私のここまでの採点は38-38。公式は39-37×2、39-38で拳四朗3-0。


5回、採点を聞いた大内、巻き返しにかかったか、ペースアップ。
ワンツーで出て、右決める。拳四朗後退、効いたか。彼の試合で初めて見たシリアスなピンチ。
しかし拳四朗ジャブ出して立て直す。大内スリーパンチ、攻勢を取るが、
拳四朗の左フックが決まり、ロープ際で追撃を受け、ダウン寸前。ロープがなければ倒れていた?
大内もまたここから反撃、打ち合いに。場内歓声の中ゴング。

この試合の、というより今年見た試合の中でもベストラウンドか、という3分間。
攻めた時間は大内の方がやや長いが、好打の際のリアクションの差で、やや拳四朗か?迷う回。


6回、大内取り返しに来る。拳四朗ジャブで間を取り、ボディ。
これが決まると大内が若干ながらペースダウンする。拳四朗振りの小さい左フック。拳四朗。
7回、大内はボディを返すが、拳四朗が敏捷に右を合わせる。拳四朗左で煽って右決める。拳四朗。

8回、両者左の応酬、続いて右の応酬か、と見えたとき、拳四朗の右がカウンターで決まる。
大内ダウン。立った大内、粘って手を出す。10-8で拳四朗。

公式採点79-73×2、79-72。

9回、大内苦しい中、それでも果敢に攻めて右ヒット。しかし左に右を被せられ、また劣勢に。
10回、大内出てワンツー、右。拳四朗左ジャブ、右の上下。大内きつくなってきたか、失速。
終盤、拳四朗が右で追撃。レフェリーが一瞬ストップを考慮したような様子も見える。

11回、大内なおも懸命な反撃。右ボディ決める。しかし拳四朗ジャブで流れを切る。
大内単発ながらヒット取るが、拳四朗は左ボディ、ワンツー、右から左の返しと多彩に攻める。
12回、拳四朗左フックのカウンター。大内一瞬止まるが、最後の意地を見せ奮戦。
右を上下に飛ばす。拳四朗ブロックして右、ヒットを取って抑える。

採点は117-111、119-109、119-108の3-0、拳四朗でした。

採点は大差でした。しかし、試合内容自体は、少し違った印象を残すものでした。


=============================================


拳四朗は、デビュー戦から会場で、或いは映像で全部見てますが、試合の度に着実に成長しています。

最初は小柄で俊敏で、よく左が出て、というイメージだけでした。
しかし徐々に、相手との距離感、間合いの取り方が秀でている、と見えるようになり。
また、少しずつですがパンチ力が増し、スピード感や切れ味も感じるようになり。

堀川謙一との試合では、それらが合わさったひとつの集大成のようなものに見えましたが、
先の初回KO勝ち、そして今回の試合では、従来の良さに加えて、巧さや鋭さがさらに増していました。
2回に見せたコンビネーションは、一目見ただけでは「え、今の組み合わせ、何?」と
見ているこちらの頭が追いつかないようなものでした。

そして、ロリー・スマルポン戦のダウン以上に深刻に見えた5回のピンチ。
私は拳四朗のことを、淡々とペースを刻んでいくのがベストパターンの選手、と見ていました。
故に、こういう展開は最悪のケースのはず、と見えた危機を、彼はその回のうちに反撃して挽回し、
逆に大内をダウン寸前まで追い込む逆襲をしてみせました。

試合の流れを読めて、間が空けば左ジャブを出せて、相手との間合いが見えているクレバーさを持ち、
それに加えてスピード、パワーも増し、そして危機にあっても冷静で、逞しさもある。
デビュー2年かそこらのキャリアで、拳四朗はすでに、日本チャンピオンとして一級品のボクサーになりました。
その着実な成長ぶりは、目に見えて驚異的です。

実力者の大内相手に、攻め込まれる場面があったことは反省材料にせよ、それに対して、
時に距離を外し、ジャブでいなし、カウンターで迎え打ち、ボディを叩いて力勝負でも押さえ込む。
その実力は、真に一級品の王者と呼ぶべきものでした。

この階級の情勢からいって、遠からず世界という話も出てくることでしょうが、
その成否以前に、まずはそのこと自体を書き記し、大いに称えたいと思います。

暇割いて、身銭切って試合を見に来るだけの価値が、彼の試合には確かにあります。
会場では、遠方からの観戦組の方々にも会えましたが、皆さん共々、大いに満足感のある観戦でした。


=============================================


敗れた挑戦者、大内淳雅の健闘についても。

以前、少し書いたとおり、故郷の姫路に戻って以降、艱難辛苦の、というべきキャリアを過ごし、
それを乗り越えて挑んだ二度目のタイトルマッチは、文字通り彼の人生を賭けたものでした。

その実力は日本上位のものでありながら、あと一歩というところで頂点には立てなかった。
その無念を晴らすべく費やした日々の労苦を、そこで培った力を、
彼は拳四朗という俊才との一戦において、存分に発揮しました。

常に果敢に、積極的に攻め、抜群の距離感を持つ拳四朗の防御を突破し、
5回には大チャンスを得もしました。
しかし、ほどなく逆襲され、危機に立ち、それ以降、劣勢が続きます。

それは、傍目に見ているこちらが、これだけ頑張って、また実際強いのに、それでも敵わないのかと
絶望的な気持ちになってしまうような状況でした。

しかし大内は、最後まで勝負を捨てず、果敢に、懸命に戦い続けていました。
終盤の劣勢にあっても、出せる手は全部出し、拳四朗に大勝は許しても、楽勝はさせませんでした。
試合展開がどう、技術がどう、という話を越えて、彼がこの一戦のために、
どれだけ膨大な労苦を費やし、全てを賭けて闘っているのかが、ひしひしと伝わってきました。

敗れてもなお、感動的な、という、いかにもありがちな言葉しか思いつきませんが、
大内淳雅の闘いぶりもまた、勝者である拳四朗と共に、大いに称えたい、素晴らしいものでした。


見終えて、本当に良い試合を見た、というに尽きる一戦でした。
両選手に感謝、そして拍手です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が目を疑う終盤の連続失点 斉藤幸伸丸、またも王座を逃す

2016-08-01 20:39:46 | 関西ボクシング



そういうことで昨日はまたも暑いさなかに、住吉区民センターにて観戦してきました。
簡単に感想。


メインは技巧のサウスポー細川貴之に、タイトル挑戦6度目という斎藤幸伸丸が挑戦。
輪島ジム初の王者誕生という悲願もかかった一戦でした。

立ち上がり、斎藤は手数少ない。もっと圧さないと、と思うが、細川が軽い右ジャブを出す。
初回は、言っては悪いが、どっちも支持したくない内容。

2回、細川は動いてトリッキーなフェイント、そして右ジャブヒット、というよりタッチに見える。
しかしこれでも、ペース掌握の意志我にあり、みたいな感じでポイント行くのかもなあ、と
思っていたらところ、斎藤が出て右。綺麗に決まって細川ダウン。
追撃する斎藤、しかし水に濡れた赤コーナー前のキャンバスに足をすべらせスリップ。

序盤から強打炸裂、ダウン奪取、好スタートというべき展開。
ところがこの後も、斎藤はちょっと見過ぎの印象。もっとがんがん行けばいいのに、というか。
相手が何されたら嫌なのか、困るのか、という発想が、残念ながら見えない。

逆に、がんがん来られたら困る細川は、それが嫌さに一生懸命。
足使って、クリンチして、当たらなくても、格好だけでも、ジャブを出す。
さわる程度のジャブばかりかと思えば、たまに力入れたジャブ、ワンツー。
時折左アッパーのカウンターがこれに混ざる。数発ヒットもあり。

4回後の採点は38-37×3。つまり、斎藤がダウンを奪った2回以外、全部細川。

※この途中採点は細川ではなく斎藤リードでした。コメント欄にて、キュウさんにご指摘いただきました。
お詫びして訂正します。実際はダウンを奪った回と、もう一つが斎藤で、残り二つが細川でした。

私は1,3,4回を全て細川の「競り勝ち」だとは見ませんでしたが、そういう採点もあり得るか。
けっして悪質な「地元判定」でもない。ただただ、試合自体が、どうにも煮え切らない。


5回、同様の展開。6回は斎藤がボディ攻撃で少しペース上げる。やっとか、という感じ。
7回、細川も左アッパーをボディへ。パンチの交換が増えてくる。
8回、細川が赤コーナーで迎え打ち、左当てるが右を食う。斎藤単発で右ヒット。
斎藤出て追い、細川軽いワンツー。終盤、斎藤の左フック?で細川膝をつく。
これはプッシングのようにも見えたが、ダウンの宣告。細川痛い失点。

8回後の採点は76-74×3、斎藤。8回のややラッキーなダウンがあっても、この差。
これまた、こういう採点もあるのだろう、という印象。
とにかく斎藤、パワーで勝っているんだからもっと攻めんと、という感じ。


9回、細川迎え打ち、手数増やす。しかし斎藤が右を決め、細川少し効いたか。
斎藤攻め込んで優勢、細川も左フックを打ち返し、場内沸く。
細川は足が止まり加減。ここは斎藤チャンスのはずが、また見てしまう。甘い。

とはいえ、さすがに、この試合は斎藤のものかと思ったのですが、10回以降、細川も踏ん張る。
左アッパーのレバーパンチが出て、これが効いた?のか、攻めていた斎藤が
ロープ際に後退、ロープを背負って止まる。誘っているようなジェスチャーだったが、
細川の左フックを打たれ、失点。11回も来い来いと誘う仕草を見せ、攻めは散発的。

最終回も打ち合い、ヒットも取っていたのに、スタミナ切れかボディのダメージか、
また自らロープに下がって止まったり、正直不可解、意味不明。
クリンチのあと、細川が手数自体は出す形で終了。


採点は115-111斎藤、あとふたりが113-113のマジョリティドロー。

私は、1回と5回をどっちにしたらいいのかわからず、それを除いて数えると斎藤の勝ちでした。
しかしどういう見方があったとて、実際、8回終了時に、細川が競った回をほとんど抑えているという
公式の採点が出ている以上、それを基準に残り4回をどう闘うかと考えれば、
10回以降の斎藤の闘いぶりは、どうにも納得がいきません。
はっきりいって、充分勝てる試合を、自ら捨てたようにさえ見えました。

試合を見ずに結果だけ聞くと「二回ダウンさせてドロー、地元判定か」と
思われる方もきっといるとは思います。
しかし、内容自体はこういう採点もあり、と思えるものでした。
私は斎藤のパンチの効果を採りましたが、そうでない採点も充分ありえる内容にも見えました。


試合自体については、両者ともに持てる力の限界の中で、懸命に闘ったのかもしれません。
ことに細川は、過去にたくさん見たどの試合よりも、良い身体を作ってきた印象でしたし、
終始自分の持ち味を出して、相手にとってやりにくいスタイルを貫きました。
ただ、序盤に打たれて倒れたのは反省材料でしょう。当然、そのせいでかなり苦しい試合になりましたし。

対する斎藤幸進丸は、序盤から一発でダウンを奪うなど、パワーに秀でたものがあり、
その上に、やや幸運な二度目のダウンを得たにもかかわらず、敗れました。
しかしそれを敵地での悲運とは言えない部分もあると思います。

この内容で、仮に場所が後楽園であったら、甘いジャッジに勝利を告げてもらえたかもしれませんが、
中立の目で見ると、あまりにも手数が出ず、攻めに厚みが足りない。
挙げ句に終盤3回の不可解な失速、後退が招いた連続失点は、見ていて我が目を疑うようなものでした。
いったい何をやっているんだ?あとひとつ、何でも良いから抑えれば勝ちなのに、
途中採点でそう出ているだろうに、と。

正直言って、これではタイトル獲れないな、という、良くない方の納得感が残った試合でした。



ということで、試合後は難波の居酒屋にて、同道した方々と飲み会。
長年に渡る筋金入りの輪島ファンの友人が、怒りと嘆きのあまり方々に火を噴いて、
お店の中は大混乱に陥ったのでした。色んな意味で、ちょっと残念な観戦になってしまいました。



=============================================


前座について、ざっと。
太尊康輝は75キロ契約の試合でイ・ジュヨンと引き分け。
右ロングを思い切り振ってくる韓国人選手を持て余し、危ない場面もあり。不調でした。
6回には相手にバッティングの減点があり、それが無ければ負けていたことになります。

向井寬史は川端遼太郎と3回負傷ドロー。この日随一のシャープな攻防が見られた試合。
2回に向井が見事な左ストレートでダウンを奪うも、3回にバッティングで向井が切り、試合終了。
一発で物凄い出血でした。残念ですが妥当な裁定。

坂本真宏はベテラン諸一宇に判定勝ち。2回に右でダウンを奪うも、諸も粘って反撃。
坂本はどうも試合見るたび身体が重く見え、安易に打たれて苦しみ、打ちつ打たれつになる印象。
この日もその展開を踏襲。試合後、今回は肋骨を傷めていたという話が出ましたが、
そうでなくても似たような試合が続いています。ちょっと心配です。

ストロング小林佑樹は、神之浦博に判定勝ち。強打のサウスポー神之浦ですがスタミナに難あり、
失速に乗じて小林が反撃。序盤打たれて苦しんだものの、挽回して勝利。

4回戦はスーパーバンタム級の一試合だけ。
原優奈(前にも見ましたが、女子ボクサーかと思ったら男子でした)が
今橋将勇(これで「ユキオ」と読みます)に2回見事なKO勝ち。
シャープなワンツーを決めて快勝でした。もう少し、それこそ拳一個分だけ相手から離れたら、
もっと良いな、という印象でしたが。とにかく好選手でした。3戦3勝、これが初KOだそうです。



コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

タイで殊勲/再起二戦目/要らぬ音楽/長谷川戦中継なし?

2016-07-28 09:37:19 | 話題あれこれ




昨日は夕刻からPCの前に座れたので「Thai ch7」で検索したら、
プンルアン・ソーシンユーvsマーロン・タパレスの生中継動画に辿り着けました。
画質はいまいちですが、何とか見られる感じではありました。

見始めたのは5回から。屋外の試合のせいか、両者すでにけっこうお疲れな感じ。

見たところプンルアンが優勢だったようで、タパレスは動きが重く、手もあまり出ない。
プンルアンが強引に出て攻め、右フックだったか、叩きつけるように決めてダウンを奪う。
ボディ攻撃で二度目。この後、タパレスは身体を折って後退、打たれっぱなし。
しかしプンルアンもせっかくの好機に芸が無い。タパレスのガードを動かして、開いたとこ打つ、
というような巧さも鋭さもなく、同じとこに同じパンチを連打。詰め切れず。

6回、タパレスは腹を打たれると苦しそうだが、半ば捨て身で出る。
プンルアンは出鼻に一発右カウンターするが、それで安心したか、またタパレスの攻めを許す。
タパレスは左ストレート、右フック返しを繰り返す。身体ごとぶつかっていくような攻撃。
すると左から右フック、繋ぎも甘い返しながら決まり、プンルアンがダウン。
場内一気にトーンダウンする。

7回、両者疲労とダメージあり、プンルアンがボディを攻めると、レフェリーが分けて
プンルアンにローブローの注意。ほんの短い時間なれど、タパレスに休みを与える。

このあたりはタイの試合では珍しいレフェリング、という印象。
あのままなし崩しにプンルアンが攻めて、押し切っていたかもしれないが、
今回のレフェリーはその可能性を無視して、公正なレフェリングをしました。
よくは知りませんが、試合映像がネットなどで広範に見られるようになった今、
タイの横暴も、徐々に通じなくなってくるのでしょうか?

8回以降は一進一退、徐々にタパレスが立て直しつつ、11回。
タパレスが出て、ボディ攻撃が入ったか、プンルアンが後退するところに追い打ちの左。
これが決まってプンルアン、ロープ際でダウン。ダメージ甚大、立てず。
タイのTV実況が「あーはぁ、はーああーぁ...」と溜息をつく中、試合が終わりました。

マーロン・タパレスは、タイでの挑戦と言うことで、実力どう以前の話として
不利の予想を受けていましたが、色々苦しそうだった中、ボディで倒される危機から
強打を生かして逆転に持ち込みました。
試合内容は快勝と行かず、またプンルアン程度の相手だったから勝てた、という面もありましょうが、
大森将平戦と今回の試合を見るに、強打に加えて粘り強さ、勝負強さも持っているようです。


果たして再来日はあるのかどうか。米国進出を目指す可能性もありますが、
そういう話の前に、誰かが挑戦に名乗りを上げれば、また日本のリングで見られるかもしれませんね。


==================================================


タパレスと言えば、大森将平は再起二戦目でいきなりWBC5位、エドガル・ヒメネスと対戦です。
相手はイバン・モラレスに黒星を付けた選手で、戦績は22勝(16KO)11敗と、負けも多いがKOも多い、
なかなかの難敵ぽいですね。
もう一試合くらい、調整的な試合があるかと思ってましたが、思ったより早く、上位狙いの試合になりました。

これは8月24日、京都府立体育館島津アリーナですが、以前あったGAORAの中継は無い模様。
当日はなんとか観戦したいと思っております。


==================================================


今頃感想ですが月曜日のダブルタイトルマッチ。Boxing Raiseで視聴しました。

ブルベイカーvs高山は、高山のタフネス、闘志が素晴らしかったものの、ポイントは取りきれなかった印象。
やはり打たれる頻度が高く、攻め上げるテンポも若干遅かった。
身体をしっかり回して打つボディブローは良いのがあったんですが...。

岡田博喜は、ラフに身体を翻し、頭も持ってくる青木クリスチャーノを少々持て余し、苦戦気味。
地力も巧さも差があったとは思いますが、そのせいでちょっと迷いが出た部分があったか。
カットしたり拳を傷めたりで、集中を欠いていた印象でした。


Boxing Raiseは二回目の視聴。前回の感想に付け加えると、やはり気になるのは入場曲の音声カットですね。
個人的にはそうでもないですが、やはり普通に見ていて、盛り上がるところのはずなのに...という。
あとはラウンド間にまで、要りもしないBGMを流して、そのせいで音声が消える。
これは正直、何をアホなことやってんねん、と思います。

これは他の興行でもそうですが、何せ暇あったら音楽流しますよね。うるさくて仕方ないんですが。
どういう考えか、理由があるのか知りませんが、こちらにしたら単に会話の妨げでしかありません。
ましてネット中継の際に、その都度、音を消さないといけないのがわかっていて、何をわざわざ...と(呆)。

まあ、始まったばかりの試みですから、声高に文句を言うつもりはないですが、徐々に改善していってほしいものです。


==================================================


チケット完売、当日券販売もなし。予想されていたことではありますが。

大阪城ホールでやれれば、もっとチケット出せたんでしょうけどね。こればかりは何とも。
聞けば選手本人が、頼まれたのを断っている有様だとか。えらいことです。

で、そういう状況にもかかわらず、というか、長谷川穂積のインスタグラムというやつで、
当の本人が「自分の試合は生中継の予定がない」とコメントしているのやそうですね。

前回、地上波で放送された試合で、長谷川が大敗を喫していて、TV編成面での評価がそういうものなのだ、
という想像はしますが、やはり、いくら何でもなぁ...と思います。
以前、山中メインを日テレで、セミの木村悠をG+で、という形でのリレー中継がありましたが、
今回はそれもないようです。G+もBS日テレも、巨人戦なのでしょうか。
もし山中の試合が早く終われば流れる(これも以前、前例ありました)かもしれませんが、
今回はそういう相手ではありませんしね...。

これだけあれこれチャンネルが増えて、それでもこういうことになるんですね。
日テレ系にはもうひとつCSに「日テレプラス」ってのがありますが、最悪これでもいいからやってほしいものです。
MotoGPや、サッカーのアジアチャンピオンズなんかは、これらのチャンネルをフルに使って放送してるんですけどね。

いっぺん、真面目な話、要望メールでもしてみようかなぁ。
会場に来られない長谷川ファンのことを思うと、残念でなりませんね。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今回は弟さんに注目/前向き/ひとつ手前の試合/これも重要試合/今日生中継/9月はリメンバー

2016-07-25 15:18:45 | 話題あれこれ




ということで三ヶ月連続ダブル世界戦の一発目終了、あれこれ試合も話題もありますので、雑感など。


==================================================


「ひょっとしたら年末までずれ込むのかな」と思っていた井上尚弥の次の試合は、9月4日、座間で
少し前ですが発表ありました。

相手は、伝えられているとおりの事情で、最上位の相手ではあるのですが...。
以前見た、石田匠との試合ではあまりに酷い負け方で、
「これでどうやって、河野公平と判定まで闘ったのか」と不思議に思いました。
正直、ノンタイトルの調整試合、という程度にしか受け止められません。
先日の府立メインと同様です。

しかしこの興行、凄いのはセミのカードです。
弟さんこと井上拓真が、フィリピンのフローイラン・サルダールと対戦
あのマックウィリアムス・アローヨ戦で、ガードの低さを突かれてKO負けしましたが、
負けはその一戦のみ。
軽量級離れの強打をロングで飛ばしてくるスタイルで、The Sniper の異名をとる強豪です。

やや自信過剰なところがあり、両手を下げたまま、目と足で外すつもりで、
あの強打アローヨに自分から打ちかかっていって倒された一戦は痛恨でしたが、その後4連勝。
今回は階級を上げることになるのでしょうが、まだ27歳、衰える歳でもなさそうです。

今回は尚弥様のお姿を拝見するためのみならず、この試合こそ必見と思い、見に行くことにしました。
この週は半ばに河野、田口ダブルもあるのですが、平日はそもそも厳しく、
こちらはTVで見られることもありますし、週末の上京を決めました。

もしこの相手に良い内容で勝つようなことがあれば、この日ばかりはお兄さんではなく弟さんが主役でしょう。
別個に見れば、僅か7戦であの安定感と実力は驚異のはずが、いまいち目立たない井上拓真にとり、
大きなターニングポイントになり得るカードだと思います。もちろん、相当厳しい試合になるでしょうが。


それにしてもここのお父さん、本当に厳しい試合組みますね。相当自信あるんでしょうが。
どこぞの一家とはえらい違いや...とは、今更言う意味も無いですけど。


==================================================


統一戦に向け、先方様は前向きと。

しかし、ドクターが9月の試合を難しいと言っているのに、じゃあ10月で、とは、
とてもじゃないが、確かな話とは言えないでしょうね。大晦日なら十分かもしれませんが。

エストラーダの拳が治り、金銭的なメリットがあれば、実現へ向かうであろう、と
普通に見ればそういう話のはずですが、世の中には、普通じゃないこともあったりします。
はてさて、どないなりますのやら。


==================================================


村田諒太の試合、またしても関東ローカルのみの放送。
ええのか悪いのかわかりませんが、YouTubeにもアップされています。
私は関東在住の友人の厚意によって、映像を見られますが、ありがたいことに初回KOだったので、
スポーツニュースでもほぼ一部始終が見られたことでしょう。





良い勝ち方、印象的な勝利、ということには異論ありません。
自信を持って打ちかかり、厳しく詰めて倒した。過去のもどかしい闘いぶりとは違い、ぱっと見て躍動感があります。
ようやく、相手との力量差を、試合の中で形に出来るようになってきた、という印象でもあります。

しかし、世界へ前進、といえる試合だったかどうかというと、ちょっと違うかなと。
これはあくまで「勝てば、世界へ前進」といえるような試合に歩を進めるための、前段階の試合、
ひとつ手前の試合でしかない。

もちろん、その前提で言えば、良い勝ち方でしたし、次の段階への期待を持てる試合でした。
アメリカの、ベガスのリングで、顔見せの試合を経て、さらにその先に進む。
日本のボクサーがこういう形で上位を目指すのは、希有な例だといえるでしょう。
次の試合こそ、いよいよ世界へ向けて、真に重要な一戦になるのかもしれません。

何とか、関西でも放送するか、BSやCSでも見られるようにしていただけると有り難いのですが。


==================================================


あまり騒がれないですが、亀海喜寛がヘスス・ソト・カラスと再戦
9月10日のフォーラム、クアドラスvsロマゴン戦のアンダーだそうで。

なんだかすっかり、米大陸の「リーグ」の一員として定着していますね。
世界挑戦というところまでの壁は高いですが、メインイベンターとしての評価は確かなものでしょう。
これまた、よくここまで来たものだなあ、と感心するしかありません。

これは当日、WOWOWでやるのでしょうかね。英国ではゴロフキンvsブルックがあり、
アンダーもあれこれ組まれていて、ビッグイベントというか、ほとんどお祭りの勢いです。


==================================================


中継と言えば今日は生中継ですね。
高山の相手は、OPBFの正規や暫定やという、ごちゃごちゃした話の当事者です。
スカッと決着を付けてもらいたいものです。
岡田博喜も、この辺の相手でしたら、鮮やかな勝利を期待します。


==================================================


先日放送あった、長谷川穂積も出演した「明石家電視台」の動画、見つけましたので紹介。
自分でアップしようかと思っていたんですが、なんと番組公式なんですね。





まあ色々ありますが「9月はリメンバー」とは、なかなかシャープです。さすが長谷川や...。
これは15分過ぎあたりです。他にももちろん、エエ話もしてますので、是非どうぞ。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「防衛線」の設定見えず グスマン戴冠、和氣慎吾を4度ダウン

2016-07-21 16:04:36 | 関西ボクシング





ということで暑い中、昨日は府立で観戦してきました。

事実上のメインイベント、和氣慎吾vsジョナサン・グスマン戦については、
前記事のプレビューめいた記事で、あれこれつべこべと書きましたが、
試合自体は「こういう風にはなってほしくないなあ」と思っていたものがほぼ全て出た、
という感じでした。ざっと感想を。



初回、和氣はジャブ、ワンツーを見せる。グスマンは右から入って左を返す。
その迫力に場内どよめくが、過去の試合映像そのままの攻め口でしかないのも事実。
これに巻き込まれず、お付き合いせずに、外していけば勝機はあるはず。

そう思っていたのですが、対する和氣は、丁寧に足を使って外すことよりも、
これまでの試合同様、当てたい、打ちたいという意識も見える位置取り。
何より数回あったグスマンの強振のあと、動きが逆に小さくなっている。
そして、ガードもいつも通りというか、いつも以上に低い設定、悪く言えばルーズなまま。


それでも初回はヒットはされず終えはしました。しかし立ち上がりから、
和氣がひとつミスしたら、一気に踏み込まれる、攻め込まれる展開になってしまっている。

和氣は、相手が少ない好機で自分を倒せる力を持つ選手である現実に対し、
これまでの試合とは違う作戦、具体的に言えば攻防の配分や、防御態勢の設定を変えて臨む、
という風には見えませんでした。
「防衛線」の設定が見えず、従来通りの引き込み加減のバランスで立ち上がって、
いざ直面したグスマンの強振に、すぐに圧され、萎縮の兆候が見える。

考えていた中で、最悪の目が出た。それが初回終了後の正直な感想でした。


2回、それでも和氣がぎりぎりでも外していくうちに、良い流れができればと思い見ていました。
その状態がバッティングと、その後の追撃で崩されて以降、試合はワンサイドになりましたが。


序盤、相手が打ってくるときは、まず防御を優先して動き、打ち返すのは後回しにして、
とにかく動いて外す、くらいの意識づけが欲しい。攻めはジャブを格好だけ、という感じで充分。
試合前はそんな風に思っていました。
しかし実際の試合を見ると、そこまでのシビアな「防衛線」は設定されていなかったようでした。


もっとも、仮にその意識づけ、設定が和氣にあったとしても、
結局はグスマンがそれを打ち崩していたのかもしれません。

右から左と返す強打、好機に見せる強打と、冷静かつ狡猾な闘い方は、やはり「上手」と見えました。
ダウンを奪ったあとも、ひとしきり打ったかと思えば和氣のダメージを見る場面もあり。
和氣の反撃が少しでも出れば、間合いを変えて追撃の機会を与えず、一息おいて右のダイレクトで倒した
5回のダウンシーンなど、実に冷静な「ハンター」ぶりでした。

2回のバッティングによる切り込み、5回のゴング後の加撃など、感心しない部分も見えました。
6回以降は時に被弾もしていました。
しかし体力を巧みに温存して、圧倒的なリードを前提に、きっちり勝ちに繋げる試合運びは
これまでの試合でも見られた勝ちパターンで、それを手放すようなことはありませんでした。

今後、このパターン、前提を彼に与えない相手と対したときに、彼の真価が問われるときが来るのでしょう。
それはまた別の話になりますが。


試合全体を見返すと、あとはやはり、6回以降ですね。
和氣の奮戦は立派でしたが、同時に、5回終了時で棄権されているべき試合だったのではないか、とも思います。
もちろん、様々な意見があることでしょうが。


闘い方自体に正直言えば不満もありますが、やはりこういう強敵相手との試合に挑んだ
和氣慎吾に対しては、同時に拍手も送りたい気持でもあります。

良い経験にしてほしい、とは、安易に言っていいのかどうかわかりませんが、
世界上位の実力者と闘って感じたものを、もし再起するならば、生かしていってほしい。
そして、これまでのキャリアで実現しなかった、国内での上位対決などを通じて、それを見せてほしいと。


==========================================================


この試合のあとの井岡一翔に関しては、見事な技巧を披露しての勝利だったと見えました。
感想としては、この磨き上げられた技巧をもって、世界王者に挑んでもらいたい、というに尽きます。
昨年のレベコ連勝により、世界上位の技量は証明されているんですから、そろそろと。

WBAから出たオーダー云々については、実際そうなっていない以上、無意味です。
王者エストラーダが、井岡と闘うことにどのような意義を見出すのか否か、と考えると。
「年末予算」から大盤振る舞いがあるにしても、それでも普通ならドニー・ニエテスの挑戦を受け、
その後はロマゴンを追って、という流れになるのでしょうし。
あと、負傷で休養中ですから、まずは回復してからの話でしょうね。


==========================================================


日本スーパーウェルター級タイトルマッチは、野中悠樹が安定した技巧を見せ、丸木凌介をポイントアウト。
しかし丸木もコンパクトなワンツーなどで、地道に反撃を続け、健闘しました。

OPBFバンタム級タイトルマッチは、山本隆寛がレックス・ワオを初回ノックアウト。
二度のダウンを奪いフィニッシュしたのですが、それがどちらも驚くほど鋭いタイミングのボディブローによるもの。
カウンター気味に、体を締めるタイミングを外されて打たれたらしいワオ、相当ダメージ深く、なかなか立てず。
なんとか立ち上がったあとに見ると、右足が痙攣していて、片足でケンケンしている状態。

予想外の強烈な結末でした。山本隆寛、短い試合でしたがなかなかの充実ぶり。
そろそろ、益田健太郎との対戦なんか、面白そうです。次は久高寛之に連勝したマーク・ジョン・ヤップらしいですが。


==========================================================


前座では6回戦、スーパーフライ級で好試合。
井岡弘樹ジムの幾田颯と、広島三栄ジムの井上太陽が終始、打ち合いを繰り広げました。

長身のサウスポー幾田は、体格で圧倒的優位。対する小柄な井上は、スイッチしながら果敢に出る。
遠いところからロングのパンチで圧倒する幾田に、伸び上がるような連打で対抗する井上。
日本、東洋のあと、世界戦までの合間に挟まれた予備カードということもあり、
場内はさほど盛り上がっていませんでしたが、間断なく続く激しい攻防は見ごたえ十分でした。

結果は幾田が3-0で勝利。これで6戦6勝(2KO)。新人王戦には出ない路線の選手だったようです。
井上は全日本新人王決勝で、帝拳の梶颯に敗れて以来の再起戦で苦杯も、またも果敢な好ファイトを見せました。

これは長丁場も辞さず、会場に足を運んだ者に対する、ちょっとしたご褒美といえる試合でした。いいものを見ました(^^)


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

防御の「品質維持」が問われる 和氣慎吾、強打グスマン「封殺」なるか

2016-07-18 11:10:39 | 関西ボクシング



ということで、今週の大阪を皮切りに、三ヶ月連続のダブル世界戦が行われます。
前座にも日本、東洋のタイトルマッチがあり、和氣慎吾の世界戦まで組まれるということで、
ひさびさに井岡ジム興行に足を運ぶ予定です。
二階席の隅っこから眺める、という感じになりますが、一応生観戦です。


個人的なお目当ては、野中悠樹の試合もそうですが、やはり和氣慎吾ですね。
彼の初の世界戦が大阪で開催とは、想像すらしたことがなかったですが、
世の中どんなことでも起こるものです。
いろいろ事情もありましょうが、日頃関東で和氣を応援している方々からすれば、
やはり不都合なお話ではありましょう。地元岡山からの方々にとっては幸いかもですが。

もう少し早くプレビューめいたことを書こうと思い、ジョナサン・グスマンの動画は
二試合ほど見ていたんですが、今頃になってしまいました。


==================================================


まず動画紹介。昨年10月10日、ダニー・アキノ戦。アキノは17勝(10KO)2敗。
黒のベルトライン、ゴールドのトランクスがグスマン。
母国カナダ国旗の緑、白、赤の三色トランクスがアキノ。





序盤からグスマンのパワーが目につく。ジャブは少なめながら右が伸び、返しの左フック。
3回、左の返しで倒し、右からの連打で二度目。
中盤以降も反撃を試みるアキノを迎え撃つ形で強打を見せる。
9回、右を打ち下ろし、追撃でアキノ倒れ、ストップ。


もう一試合、今年4月29日、メキシコのダニエル・ロサス戦。
ロサスは20勝(12KO)3敗1分。
IBFの「2位決定戦」。




序盤から、左右共に打ち抜きの効いた強打で優勢。
5回終了間際に左フックで倒す。8回も攻勢、最後にロサスが倒れたところでゴング。
この回終了でTKO。


==================================================


21勝21KOのレコードもなるほど、と見て思わせるパンチ力の持ち主です。
しかし、全体的に見て、攻防共に完璧に「出来た」一級品かというと、まだわかりません。
映像が意外に少ないこともありますが、未知数な部分あり、です。


パンチは左右ともに強そう。打ち抜きの効いた打ち方。
この二試合では左フックがダウンを奪う決め手になっている。右からの返しが得意そう。

構えは左を下げ加減。ジャブで作っていくという風ではなく「来る」相手を迎え撃つ型か。
体力温存のために、こういうスタイルを選択しているような印象。

リズムはあまり感じない。強振する傾向あり、と言える部類に見える。
もし長身で速い相手に足を使われたらどうか。サンプル不足なので何とも言えず。

距離はやや遠目、スタンス広めの設定。打ち合って力が出るのは中間距離。
パワーがあり、けっこう正確に当てる。好機を得た時の詰めが厳しく、思い切りの良い判断をする。

反面、ダウンを奪ったあと、慌てて出ずに見て、相手を泳がせているような場面もあり。
後退しながら右カウンターを決めたり、見た目の印象よりも冷静だったりする。

あと、ジャブの後に相手が来たときや、クリンチ間際に肘を使って相手を止める。
良く言えば厳しい対応が身についている、となりますが、悪く言えばダーティー。
これは試合前のルールミーティングなどで、和氣陣営は厳しく言っておいた方がいいかも。


==================================================


ということで、これに和氣慎吾がどう対するか、です。

和氣慎吾の特徴をざっと言うと、長身、サウスポー、身体半分右に出し、相手の身体を
自分の左が当たる最短距離に置いたときの左強打に威力を秘める、というところです。

この距離と位置関係において、いわば「スイート・スポット」とでも呼べる空間に
相手が来たところを打つ形で、和氣は抜群の強さを発揮します。
左もストレートのみならず、左アッパーをいきなり決めて倒した試合もあります。
好機を得れば、相手が世界のトップ選手であろうとも、クリーンKOを実現する力があると思います。


その反面、構えや位置取りが、相手を引き寄せ過ぎではないかと見える場面もあります。
構えの前に、相手のパンチの「通り道」がある。
或いは、良いパンチを打てる立ち位置を相手に許し過ぎている。
そんな印象を持つ場面が、過去の試合では見受けられました。
日本や東洋の相手ならまだしも、これが世界戦となったら...という印象は拭いきれません。


初の世界戦、強打のグスマンに対し、作戦としては当然、足を使うことになるのだと思います。
右リードで牽制し、右回り基本、足で外し、ダックで右に出て、時折左ストレートを伸ばして、
遠ざかりつつ左周りで巻き戻し、また右へ...という繰り返しを上手く続けて、
グスマンの強打を空転させ、徐々にダメージも与えうつ...という流れが理想的でしょう。

しかし、スタイル的にはこの選択が正しいとしても、グスマンの強打と馬力が、
易々とそれを許してくれるわけもなさそうに思えます。
これまでの和氣の闘いぶりが、上記したような「引き寄せ」傾向にあったことを、不安に思いもします。

和氣が勝つには、丁寧に防御して、慎重に立ち上がりを闘うことが前提でしょう。
疲れもせず、ダメージも無い、元気な序盤のうちからこの相手と打ち合うことになってしまったら、
十中八九打ち負けて、悪くすれば倒されるでしょう。

長身、リーチ、大柄なサウスポーであるという自分の利点を生かし、防御の質を落とさずに維持して、
グスマンの強打を封殺する展開を作ることが、勝利への道だと思います。
その流れさえ掴めれば、充分勝機はあるし、鮮やかな形での勝利も期待していいと思うのですが。


==================================================


とまあ、若干堅苦しく書きましたが、共に強打という強みを持つ、日本とドミニカの上位対決です。
ファンとして見れば、純粋に楽しみです。
結果は正直、読みにくいです。共に不安、未知数な部分もあります。
しかし、この日のメイン(というか、単に「いちばん最後の試合」ですかね)のようなカードよりも、
よほどわくわくした気持ちで迎えられる試合です。

和氣慎吾、ジョナサン・グスマン、両者の健闘をまずは祈ります。
そして、内容と結末が、これぞボクシング!と思える、爽快なものであってほしい、と。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「Boxing Raise」初観戦 粉川拓也防衛も、挑戦者の健闘許す

2016-07-16 11:09:29 | 関東ボクシング



ということで、DANGANシリーズの動画配信「Boxing Raise」で、
昨夜は粉川拓也vs大嶽正文の日本フライ級タイトルマッチを観戦しました。

粉川が全体的にヒットで上回って、3-0での判定勝利でしたが、
37歳の挑戦者、大嶽正文の健闘も光った一戦。
スコアは大差でしたが、内容的にはそこまでの差があったかどうか。


粉川はもう少し足や上体を動かして、大嶽のパンチを外せるかと思っていましたが、
序盤、若干足で外す意識に欠け、動き自体が止まり加減。

ジャブ、右、アッパーを交えて打ち勝っていましたが、大嶽も数では劣るものの、
2回には二発、危ないタイミングで右を合わせてくる。
これを食って、粉川のバランスが若干後ろにずれる場面も。

4回は大嶽の右がまたヒット。5回も、大嶽の側にもチャンスありと見える打ち合い。
大嶽はポイント上では劣勢、手数でも劣るが、粉川が打ち合いに応じたこともあり、果敢に打ってくる。

しかし、6回以降は徐々に、粉川がはっきりと打ち勝つ流れに。
大嶽も粘り強く闘いましたが、中盤以降は粉川が軽いながらも連打の数を増やし、
厚みのある攻撃で大嶽を抑え、終盤は明確に突き放す。
最終回はもう一押しでストップも充分あり得る、という印象でした。


粉川は大差での勝利でしたが、全体的に動きを止め加減で、挑戦者大嶽の粘りを引き出し、
それを全部引き受けてしまうような展開に終始しました。
正直、力量には差があったように見えましたが、辛く言えば、このくらいの相手に、
「両者、全力を出し切った熱戦」をやっているようでは、少し先行きに不安あり、です。
確かに、大嶽の健闘は光りましたが、序盤からいいのを打たれる可能性を、安易に与えすぎではないか、
そういう印象も残った一戦でした。


==================================================


さて、動画配信についての感想、雑感なども一応書いておきます。


画質については、当然ながらHD放送のようにはいかず、及第点ぎりぎりかなというところ。
TV(42インチ)とタブレット、両方で見ましたが、同じ印象でした。
機材などの面で限界もあるのでしょう。当面はまあ、仕方ないですかね。


音声に関しては、場内音声のみなのかと思っていたら実況解説あり。

実況の方は、特に酷いとかいうわけではありませんでしたが、ボクシング用語に少し不案内かなという印象も。

解説は、ボクシング芸人こと、やすおかだいごさんと、姫路木下ジム石津マネージャーのふたり。
常日頃見る、TV局による中継ではまず出てこない「○○ジムは今年に入って何勝何敗」
「○○ジムはこれこれこういうスタイルのボクシングで」というようなコメントは、
有料配信ならではの価値がある、という印象。
通り一遍の流れ作業で作られている、としか言えない、従来型のTV中継との差別化をはかるためにも、
このレベルのコメンタリーを継続起用してもらいたい、と期待します。難しいことも多々ありましょうが。


あと、メインイベントに入ってから、まあこれはこちらの接続状況にもよりましょうが、
4回ほど画像が止まりました。一度画面を閉じて、もう一度繋いだら見られましたが、
ラウンド序盤10秒ほどが見られない、という事態が続きました。
これは今後、ちょっと不安ですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加