RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

すべてのひとに、届けなきゃ

2011-11-30 04:19:10 | スタッフ日記
“性暴力”が「女性」というセクシュアリティを持っている人のみの権利問題と捉えられがちな昨今、
性暴力ってなんだろうと考えれば考えるほどに、あらゆる関係性の中で起こる支配的暴力だ、と私は思います。

男女、特にドメスティックな関係性の中「男→女」においてそれが起こりやすいのは事実ですが(夫婦だけでなく親子や兄弟も含み)、もちろん他の関係性の中での被害もたっくさんありますよね。
それ以外にも、「女→男」というものもあれば、「女→女」、「男→男」というケースももちろんあります。
それについて、そのバックグラウンドが違うから一緒に話すべきではない、という方もおられますが、
私自身は、そうしたものを含めた全てが性暴力であり、そのひとつ一つが看過されるべきではない、重大な性的侵害、暴力だと思っています。
そしてその社会的立場もいろいろ。子どももいれば、大人もいる。その中に、学生の人もバイトの人も派遣の人も正社員の人も何もしてない人もいる。仕事一つとってもいろんな職種の人がいる。

それを頭ではわかっていても、実際の相談にあたる時などには、自分の見てきたセクシュアリティ、職種等以外への対応が難しかったりすることもあります。
なぜなら、それを自分自身が想像できないから。
ヘテロな自分にとって、セクシュアルマイノリティの人間関係やパートナーシップについていまいちピンと来ないものがあったりとか、同性間での性暴力=パートナー間での喧嘩、とか言われてしまったり(まず喧嘩で片付くものではないし、パートナーだけが暴力を振るうわけではないし、それは男→女の被害でも一緒)
男性被害者と聞くとまず、被害にコミットする前に、加害者との人間関係にコミットして、「なぜ被害が起きたのか」に念頭をおいてしまったり(それこそ「二次被害」と認識される行為です)、そもそも相談を受けなかったり。

確かに、それぞれの人たちへ暴力が振るわれるバックグラウンドにある社会構造などについてはそれぞれ異なる部分があるとは思うのですが、
それはイコールして被害者が被害者たる所以ではありません。
被害者が被害者たる所以は、加害者が加害者であるということのみに裏付けられます。
被害構造の考察は別途必要なものですが、そんなことは被害者には関係がない。
社会構造の変革は重要なことですが、それを被害者が担うのは別問題。

とにかく、誰に対しても平等な支援がなされる社会を。
そうしなければ、何も解決はしません。
性暴力をなくそう、という心意気は大切なものと思いますが、やっぱり何よりも、いまいる被害者により充実した支援をとどけること。いまいる被害者が、これから出来るだけ負担を強いられず生きて行ける社会をつくること。いまいる加害者を再犯に向かわせないこと。暴力を力で制すということだけではなく、被害者のための加害者更生を、しっかりとプログラムすること。被害者支援を幅広く充実させ、その結果として被害も加害も減少していく社会を作る。それを、とにかく、続けて行く。
被害者が守られない社会に救いはないと私は思います。
被害者が年齢やセクシュアリティや職業等によって差別される現状では、何も変わらないと思うのです。

この世界には暴力が渦巻いている。
だからこそ、それに気づいた人間は、まず自らを振り返ってその暴力を手放さなければならない。
暴力を手にしていない人間なんて、この世にはそういません。
それがいけないのではなく、そのことに自覚的にならなければ、
変えて行くことは出来ない。

あらゆる被害者を守るという視点から被害者への支援するということが、最も社会構造の変革への近道になるんじゃないかと私は思ったりします。



て、キャッチボール部とかフェスとかお茶会とかについてを考えながら、
そんな感じのことを思っている徒然備忘録、でした。

あぁ、キャッチボールしたいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャッチボール部はじめました。

2011-11-30 04:03:33 | スタッフ日記


お知らせしていた「RC-NET キャッチボール部」、先週都内某所にて第一回を開催しました。
ゆる~い宣伝しかしていないので、一回目は参加者も少なく、みんなの都合がいい日に開催しました。

昼過ぎにゆっくり集まって開始です。

まずもって運動などとは縁遠い私としましては、
手がイタイ!!
ふにゃふにゃとボールを投げては取って。疲れるのは疲れるけど、何これ楽しい!

慣れてきたら、ちょっと話とかしながら(それまでは必死すぎて無言。アー!とかワー!とかばかり。笑)、みなさんと交流させていただきました。
話をするっていうことももちろん大切だけど、
何よりも・・・

遊ぶって楽しい!!

大人になると忘れがちになってくる、「遊ぶ」ということ。
友達と会うといえば、飲みいくとか、買い物とか、なんせかんせ「なんらかの目標を達成する」ということがあるのが常になってきてしまって、
とりたてて何もない場所でただ「遊ぶ」ということがあまりなくなっていた気がします。

ただキャッチボールしよう、というだけで、
どこかバックグラウンドが同じような人が、
安心な空間の中で、ゆるゆると遊ぶっていう、それは、実に、ホッとするひとときです。

たのしかったな。
次回はぜひみなさんもご参加くださいませー。

まだまだ、たぶん参加者は少ないので(笑)
ゆるく、日程調整をしながらいきたいと思います。
ご希望も出来る限り反映させていただきますよ。
みんなで遊びましょう。

私、手がイタイから次回はやらかいボールでやろかな。
あ、サッカーとかもいいな・・・。

あと、あったかいコーヒーとかも持っていこっと。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部員募集:RC-NETキャッチボール部

2011-11-06 02:14:16 | RC-NETイベント情報
先日、18年ぶりのキャッチボールを河原でしたら、えらく気持ちよかったので、開催します。

というのは、半分ほんとで半分ちがって、

性暴力被害について、話をする場所は少しずつ増えてきたけれども、

言えなかった、
言う、ことばがみつからなかった

繋がれなかった
繋がる方法がわからなかった

そんな仲間たちのために、何かゆるーい場所が作れないかなぁ、という想いをずっと抱いていました。

また、今年は残念ながら中止になってしまったRC-FESを、以前よりクオリティをアップしてみなさんにお届けする為にも、
RC-NETとして、日頃からみなさんと繋がりあえる場を持ちたい、という思いも、ずっとあったものです。

そこにきて、
降って湧いたようなこの企画、「RC-NETキャッチボール部」
ただただ、キャッチボールをする、というだけの集いです。
なんじゃそりゃ、と思われる方も、一度遊びにきてみたら、案外楽しいかもしれません。

被害について話すということがメインではないです。
ただ、その場に、どことなく共通点をもった人間が集まって、
安全/安心な環境の中で、
ゆったりとした時間をすごす。

その場でシートでも広げてお弁当食べてるもよし、
それぞれの体調などを一番に、それぞれの関わり方をみつけてください。

RC-NET部活計画第一弾として「キャッチボール部」を始動させますが、
今後、みなさんのニーズを伺いながら、いろいろな方向に当事者たちのネットワークを作っていけたらと考えています。

ぜひ、部員になってね♪




RC-NET企画「手放しちゃおうぜ暴力なんて」シーズン1:キャッチボール部始動

キャッチボールをする。
ただ、それだけのくりかえし。特段大したイベントがあるわけでもなく、楽しくのんびり、
自分のペースで過ごす。ただ、「キャッチボール」をする。
話すことばが思い浮かばなくても、ことばにならない想いがあっても、
ただその場で、空のした、手を伸ばして身体を使って、楽しい時間が過ごせたらと思っています。

開催日時:毎月第二or第四土曜日の天気がよさそうな日の午後
開催場所:東京都東部某所(参加者に随時連絡)

お申込み:rc-net@goo.jpまで氏名、連絡先、グローブの有無、体調面の心配等お知らせください
参加要件:性暴力被害当事者及びサポーター、もしくは、そんな気のする方(当面、女性のみ)
お持ち物:グローブ(なければやらかいボールで!)、タオル、飲み物、
     適宜シート、着替えや体調を考慮した持ち物を
主催団体:RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) ホームページ http://rc-net.info


コメント
この記事をはてなブックマークに追加