RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

サバイバーが生きやすい社会を

2013-06-18 02:42:57 | スタッフ雑感
6/23~25 第一回レイプクライシス・ポスター展

6/23 オープニングパーティー

6/24 PANSAKU(ぱんちゃん)ライブ

6/25 タテタカコライブ


------------------------------------------------

ポスター展まであと5日、というところで、
いろいろと準備も進んできました。

印刷屋さんからポスターがあがってきて、一通り見ると、やはり思い浮かぶことは沢山。
こうして作品を作ってくれた人の想いであったり、ポスター展を開催するにあたり協力いただいた多くの人の顔、
出演を快諾してくださった森さんやPANSAKUさん、タテタカコさん。
まだどういう場が作られていくのかは分からないけれども、
願わくばこの場所が、一人でも多くのサバイバーにとって、心休まる場所になればと思っています。
この場所にこれなくても、
少しずつでも、この会を開くことが、誰かの心に残って、そして、
「サバイバーが生きやすい社会を」つくる原動力の少しだけでも、担えればなと願います。

被害にあった、ということは、多くのことに影響を及ぼすと思います。
もちろん、気持ちの面でもそうでしょうし、生活環境にも影響は及びます。
家庭や学校や職場、多くの場で生き辛さを感じることもあるかもしれないし、
具体的に、金銭的な問題や就労上での問題などが起こることがあるかもしれません。
そのことについて、より簡易な形でサポートが受けられるようになれば少しは生きやすくなるかもしれないし、
被害事態を「他人事」「違う世界のこと」と思わずに、
「誰にでも、自分にも起こり得ること」と人が認識することで、たったそれだけのことで、
サバイバーの生きやすさは増すとも思います。
サバイバーに起きていることは、決して自分自身にとっても無関係ではないんだと思えば、
心ない二次被害は減るのだと思います。

以前、講演の際に「マイノリティに優しくする、ということは分かりましたが、具体的にどうしたらいいのか」というような質問をうけました。
「まったく伝わらなかったんだな、という気持ち」です、と率直に言うしかありませんでした。
自分自身が言いたかったことを伝えるだけの技量のない自分を情けないなとも思いましたが、改めて、
「マイノリティは可哀相な存在じゃないです。優しくしてあげなければいけない存在じゃない。個人の問題は社会の問題です。だからこそ、具体的に困っていることがあればそこに対処できる社会にしなければいけない。」
というようなことを答えました。
これは、「サバイバー」と置き換えることが出来ると私は思っています。

優しくしてあげる、だとか、
助けてあげる、だとか、
気を使ってあげる、だとか、
「~してあげる」系の上から目線って、大概何も解決しません。
その時はいいかもしれないけど、ずっと見守って「あげる」ことなんて出来ないのだし、
してあげちゃったら最後、どうしても人は、その人が「自分の思う姿」になることを望んでしまうから。

人っておもしろい程に多様だし、
想像を遥かに越える力をもっているのだと思います。

だからこそ、
「性暴力ってなんだろう?」
「サバイバーが生きやすい社会ってなんだろう?」
その答えは、100人いれば100通りの答えがあっていいのだと思います。

みんなが違う想いを持っているけれども、
一つのテーマを同じ場所で共有して、それぞれの想いに目を、耳を、傾けていたい。
そしてその場所は、ことごとく、安全な場であるように。
このポスター展でやりたいことは、そういうことなんだろうな、と思っている今日この頃です。

誤解を恐れずに言うと、私は「サバイバー」が好きなのだと思います。
だって、ここまで生き抜いてきたし。
大変なこともあっただろうけども、今生きていることや、これからも生きようとすること、諦めてしまいそうな時、自暴自棄になるような時も含めて、
その姿は、とてもパワフルで、素敵だと思っています。
これからも一緒に生きていたいし、
いや、ていうか、一緒に生きているし。

だからこそ、
「サバイバーが生きやすい社会を」作っていきたいのです。

それに、サバイバーが生きやすい社会って、たぶん、サバイバーじゃない人にとっても、生きやすい社会だと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/9 レインボーカフェ開催

2013-06-02 11:35:40 | RC-NETイベント情報
6月23日~25日 第一回レイプクライシス・ポスター展開催決定


------------------------------------------------------------


今回のレインボーカフェは第二日曜日(6/9)開催です。

レインボーカフェは、性被害体験をもつレズビアン/バイセクシュアル女性のためのお茶会です。
被害にあったこと… それだけでも話せる場所がない。
じゃあ、セクシュアル・マイノリティ女性で被害にあった人はどこに行けばいいの?
セクシュアル・マイノリティだから言えないこともあったはず。
セクシュアリティについても安心して話せるところ、被害についても安心して話せるところをつくりたい。
そんな想いで、このカフェはひらかれます。
今まで誰にも言えなかった、話せなかったことを、安全な場所で話してみませんか?もちろん、話さなくてもOK。
お互いの存在を尊重しながら、まったり過ごしませんか?

お茶やお菓子の持ち寄りも大歓迎です。

☆おしゃべりだけでももちろんOKですが、
おしゃべりが苦手、緊張する・・・という方には、手作りのもの(その時々で変動する何か)で遊ぶこともできます(^^)
前回、なんとここにきて初めてのモビールが完成しましたが、なかなか一度では完成しないので、気長に遊べますw

レインボーカフェでは、もちろん被害体験のシェアや、安心して話せる場所づくりというものを一番においているのですが、
“一人じゃできなかったこと”
“一人では思いつかなかったこと”
を、一緒にやっていければいいなと思っています。


(開催場所は安全確保の為、ご参加の方のみにお知らせします)

第9回目は6月9日(日)
13:00~15:00です。

久々!!モビール作りをします。
あと、ポスター展を前にして、看板作りとかもちょっとしようかなぁ、なんて考えています。
考えてはいますが、
基本的にまったりとお茶をすることがメインとなります。


レインボーカフェのお申し込みは
shoko@rc-net.info までお気軽にご連絡ください。(問合せ担当:RC-NET しょうこ)

http://blog.goo.ne.jp/rc-net/e/a8325fe2ed99afad16f8d3257e98b6e4



レインボーカフェでは、以下のようなお約束を設けています。
ご参加の際にはぜひご一読ください。
みんなで安全/安心な場をつくるために、ご協力いただける方の参加をお待ちしています。





---------------------------------------------------------------

※レインボーカフェは、RC-NETの自主事業として行われています。開催にかかる経費は全て会費等からまかなわれていますが、今後とも継続していくために、ご参加いただける方、また応援いただける方のカンパを金額問わず随時募集しています。もちろん、参加は無料ですが、ちょっと余裕があるという方はお願いします。
会場にカンパ箱が設置してある他、随時カンパ/会費等受け付けておりますので、何卒よろしくお願い致します。
参加はしないけど、応援したい!と思ってくださる方からのカンパも、常時お待ちしております。

振込先はこちら→
郵便振替 00980-8-194971 (レイプクライシス・ネットワーク)
郵貯普通預金 14190-82780161 (レイプクライシス・ネットワーク)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加